散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

梅の季節の三渓園(12)

旧燈明寺本堂
まさか、三重塔ばかりでなく本堂までが、この三渓園にやってくるとは、さすがの原三渓氏も思いもつかなかったことだろう。
34年もの長い期間、解体格納された挙句、遂には、自主再建を断念し、三渓園に寄贈されたのだから。それから5年がかりで、移築・保存作業が行われ、1988年に中世密教寺院の姿がよみがえったのか。う~~ん。
旧燈明寺本堂_1
旧燈明寺本堂_2
旧燈明寺本堂_3
旧燈明寺本堂_4
旧燈明寺本堂_5
旧燈明寺本堂_6
旧燈明寺本堂_7
旧燈明寺本堂_8
室町時代初期の建築。上記三重塔があった燈明寺の本堂で、1948年まで京都府加茂町(現木津川市)にあったが、同年の台風で大破し、長年解体格納されていた。1982年三溪園に移築。

建造物修理アーカイブの「旧燈明寺本堂」の記事にjump
公開される建物情報<第3回>「旧燈明寺本堂」の記事にjump

横笛庵
『旧東慶寺仏殿』と『横笛庵』とがすぐ近くに並ぶように建っている。片や『縁切り』で、片や『縁結び』にゆかりがある。ちょっと皮肉だったかもしれない。
戦火で焼失してしまった『横笛の像』は、時頼から寄せられた千束の恋文をもって自ら作ったといわれる自身の像といわれるのか。そのとおりだったとすると、平安時代末期ということになる。そちらの焼失の方が、文化的には惜しい話かもしれない。
この横笛像が、かつて「縁結びの像」として知られた。悲恋が何故縁結びに転化していったのか不思議だ。

横笛庵_1
横笛庵_2
建築は明治41(1908)年。奈良・法華寺からの移築ともいわれるが、由緒の詳細は不明。平家物語に登場する女性・横笛の像が内部に置かれた(戦時中に消失)ことから、この名がある。横笛は、高倉天皇の中宮・建礼門院(平清盛の娘・徳子)に仕えた女性で、平家物語に清盛の従者・斉藤時頼(滝口入道)との悲恋が語られている。内部にあった像は、この横笛が時頼から寄せられた千束の恋文をもって自ら作ったといわれる自身の像といわれ、かつて「縁結びの像」として知られた。

『旧東慶寺仏殿』と『横笛庵』とを取り上げた『はまれぽ』の記事へjump

その他
『かんかばし』
時期が到来すれば、蛍が舞うそうだ。残念ながらその季節の夕べに行ったことがなく、当然見たことがない。
かんかばし
虚子句碑
『鴨の嘴よりたらたらと春の泥』…まさに今頃に読まれた句のようだ。それにしても達筆だなあ。
虚子句碑_1
虚子句碑_2
鳥さん
鳥さん_1
鳥さん_2
鳥さん_3
鳥さん_4
鳥さん_5
鳥さん_6
薹がたった
とまではいかないかな
薹がたった

そのうちに池の傍らに花菖蒲が花を咲かせ、蛍が舞い、やがて、紅葉が美しく彩る。そんな風に四季を刻んでいくことなのだろう。計算されつくした素敵な庭園だ。

以上で『梅の季節の三渓園』シリーズは終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。

Comments

 
三渓園は出かけてみたい場所の一つですが、中々実現しません。
庭園は大好きなので機会があれば出かけてみたいです。
おじさん(アオサギ)が松の木の上で良い景色だな~~と言っているかもしれませんね。
 
AZTAKさま こんばんは
梅の季節の三渓園シリーズ、良いものを沢山拝見させていただきました。
目にすることのできないものばかりで大いに勉強になりました。
有難うございました。
AzTakさん 
こんばんは
へえ~~
三重塔だけでなく、本堂までもが押しかけてきましたか。
人徳ですかね。
??サギの塔に、フキノトウ・・・。
こんばんは 
シリーズ最終回、お疲れ様でした^^
三渓園の美しさを堪能させていただきました。
横浜に行く時は必ず、寄ってみたいです^^
Re: タイトルなし 
hiroさん、こんばんは。

> 三渓園は出かけてみたい場所の一つですが、中々実現しません。
> 庭園は大好きなので機会があれば出かけてみたいです。

本牧三之谷の地名がさすように、谷の最奥部に三渓園があります。多少上ったり下ったりしなくてはいけませんが、茶店もいくつかあり、のんびり休みながらゆっくり回るつもりならば、何とかなると思います。
決して、所要時間の半分で回ろうなどという田中陽希氏みたいなことは考えずに、ゆっくり回れば、いろいろ楽しむことができるのではと思います。
時々内部公開などもありますから、それに合わせていくのも一興かもしれません。

> おじさん(アオサギ)が松の木の上で良い景色だな~~と言っているかもしれませんね。

目の前の爺さんがしょぼくれてなにも撮れていないようなので、大サービスしてくれたように思いました。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんばんは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 梅の季節の三渓園シリーズ、良いものを沢山拝見させていただきました。
> 目にすることのできないものばかりで大いに勉強になりました。
> 有難うございました。

本当に原三渓氏は後世の人たちに空前絶後の大きなプレゼントをしてくれましたね。こちらに来られることがありましたら、一日をやりくりして、足を運んで見られたらと思います。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> へえ~~
> 三重塔だけでなく、本堂までもが押しかけてきましたか。
> 人徳ですかね。

何ということでしょうね。自力再建をギブアップせざるをえなかった側の無念さがあり、他方では、思いもかけない寄贈の申し出を受けた側の喜びと。複雑な感情の交差があったことなのでしょうね。

> ??サギの塔に、フキノトウ・・・。

(ФωФ)フフフ・・・、おじさんギャグが炸裂ですね。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> シリーズ最終回、お疲れ様でした^^
> 三渓園の美しさを堪能させていただきました。
> 横浜に行く時は必ず、寄ってみたいです^^

写真が下手なので、文章でごまかそうとするのですが、こちらも駄文で、…。あまり写真がうまい人が撮ったのを信じていくと、それほど良くは感じなかったりしますが、ここは、外れ無しの景観だと思います。カメラマンとしては、撮影し甲斐があるように思います。
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
釘などを使用してない昔の建物ならではの
解体・移築ですね♪
解体後34年間の格納ですか!
三溪園は旧燈明寺本堂の救世主ですね♪
鳥さん達 
この日の鳥さん達。綺麗に撮って貰っていますね。
キンクロさんのお目眼がぱっちり。

アオサギさんも貫禄があります。

メジロさんも出番を待つが如し。

鴨さんが緩んだ水の底を突いて、餌を探しているのですね。
高浜虚子さんが歌を読んで、間もなく私がこの世に出ました。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 釘などを使用してない昔の建物ならではの
> 解体・移築ですね♪

和釘は使用してはいたとは思いますが、西洋風の釘などは使用してはいなかったと思います。
それがために、再建をする方向での解体が比較的しやすかったのだと思います。

> 解体後34年間の格納ですか!

何とか再建を果たしたかったでしょうに、無念さが募ったことでしょうね。
そうでなければ、34年もの長い期間、格納しておいたりしなかったと思います。

> 三溪園は旧燈明寺本堂の救世主ですね♪

我々にとっては日の目を見ることになったのですから、ありがたいことでした。原三渓氏もあの世で驚いていることでしょう。
Re: 鳥さん達 
ijinさん、こんばんは。

> この日の鳥さん達。綺麗に撮って貰っていますね。
> キンクロさんのお目眼がぱっちり。
>
> アオサギさんも貫禄があります。
>
> メジロさんも出番を待つが如し。

鴨さんたちは間もなく涼しいところへ帰っていくのでしょうね。
アオサギさんやメジロさんは居残りでしょうね。ぐるりと山が取り巻いていますから、餌に困ることも、塒に困ることもなく過ごせることなのでしょう。
まもなく南からの鳥がやってきますが、撮れるでしょうか?

> 鴨さんが緩んだ水の底を突いて、餌を探しているのですね。
> 高浜虚子さんが歌を読んで、間もなく私がこの世に出ました。

そういう内容の句のようですね。何でもない情景を描いたのに、なぜか、印象に残る句のように思いました。さすが虚子大先生です。
この時分の生まれでしたか。育ちざかりが戦中戦後で、さんざんひもじい思いを体験させられた世代ですね。あと10年くらいは少なくとも頑張らないと人生のモトがとれなさそうです。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR