散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

梅の季節の三渓園(5)

月華殿
秀吉だけでなく家康ゆかりのものも、この三渓園に受け入れたようだ。尤も木幡山伏見城は秀吉が築城したのだが。移設前は、旧三室戸寺金蔵院の客殿だったのか。すごいなあ。今では、どんな金満家であってもそんなことは不可能なのだろう。
月華殿_1
月華殿_2
月華殿_3
月華殿_4
月華殿_5
月華殿_6
月華殿【重要文化財】1603年(慶長8年)建築 <貸出施設>
初代徳川家康により、京都伏見城内に建てられたものといわれています。1918年(大正7年)に春草廬と共に移築されました。三溪が建てた金毛窟とつながっています。
ひとこと&みどころ
障壁画は、桃山時代の画家 海北友松(かいほうゆうしょう)によるものと伝えられます。

月華殿平面図
月華殿平面図
金毛窟
一畳台目とは何と狭い茶室なんだろうか。外から見ても相当に小さく見える。亭主と客一人が相対する感じだろうか。息が詰まりそうだ。
茶室そのものは手前の部分。奥まったところは通路と水屋とだろう。もともとは、月華殿に付属していた茶室は同じ園内にある春草廬とつながっていたのか。複雑だなあ。
金毛窟_1
金毛窟_2
金毛窟 1918年(大正7年)建築 <貸出施設>
三溪が建てた一畳台目(いちじょうだいめ)の極小の茶室です。
ひとこと&みどころ
金毛窟という名は、床柱に京都大徳寺の山門 金毛閣の高欄の架木を使用していることにちなみます。

金毛窟平面図
金毛窟平面図
天授院
何でもないような地蔵堂に見えるが、これも国指定の重要文化財。北鎌倉の廃寺に捨て置かれていたものか。これを原家の持仏堂にしたのだ。う~~ん、すごい。
天授院
天授院【重要文化財】1651年(慶安4年)建築
もとは、建長寺の近くにあった心平寺の地蔵堂で、1916年(大正5年)に移築されました。建築様式は禅宗様を主体としています。
ひとこと&みどころ
三溪園では、原家の持仏堂とされました。

Comments

http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
おはようございます
ここは一度訪問したことがあって懐かしく拝見しました 閑静で素敵ですねえ
小鳥の声が聞こえてきそうです(*'▽')
 
AZTAKさま こんにちは
当時の原家の財力たるやものすごいですね。
豊臣家・徳川家所縁の建物が移築されているとは、ビックリですね・・・・・
現代の資産家もとても太刀打ち出来ませんね。
この先どんなものが現れるのか楽しみです。
AzTakさん 
こんばんは
お大尽のすることは理解に苦しみます
そんなに財力が有るんですねえ
重要文化財を集めて来るんですから・・・
そのお蔭で見れるんですけれども。
今では出来ないでしょうね。
現在ではせいぜいゴッホの絵を買うくらいのモノでしょうか?
もっとも、明治では眼を着ける人もいなかったかしら?
Re: http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
> おはようございます

SONOPHOTOさん、こんばんは。

> ここは一度訪問したことがあって懐かしく拝見しました 閑静で素敵ですねえ

心が洗われるような感じがしますね。確かに素晴らしい建物尽くしではありますが、嫌みな感じが全くしません。元からそこに存在していたかのようです。猪築後、もう百年以上も経つものも少なくなく、どっしりと根を下ろした感じに思えます。

> 小鳥の声が聞こえてきそうです(*'▽')

この一角では見つけられませんでしたが、園内の別の場所には、アオジ、シジュウカラ、メジロなどが居ました。
Re: タイトルなし 
こんばんは。

> 落ち着いた建物が多いですね。友人が横浜にいますので、機会があったら行ってみたいです。

ぜひぜひお出かけください。そちらからだと、横浜線で桜木町からバスで行くのが一番楽でしょう。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 当時の原家の財力たるやものすごいですね。
> 豊臣家・徳川家所縁の建物が移築されているとは、ビックリですね・・・・・
> 現代の資産家もとても太刀打ち出来ませんね。
> この先どんなものが現れるのか楽しみです。

本当にすごいですね。原三渓こと原富太郎氏は、想像がつくかもしれませんが、絹で財を成しました。
あの世界遺産になっている富岡製糸場なども所有していました。桁外れの金持ちですね。

遂には伊藤博文の名前まで登場します。いろいろな評価がなされていますが、移設して百年超過のものが少なくありません。この地にしっかりと根を下ろしたように思います。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> お大尽のすることは理解に苦しみます
> そんなに財力が有るんですねえ

(ФωФ)フフフ・・・、僻まないでくださいね。ほとんどすべての人がかなわないはずですから。
横浜といえば、絹貿易です。原家もそれで財を成しました。あの富岡製糸場を所有していましたし、横浜市内にレトロな帝蚕倉庫が残っていますが、そこの社長だったし、今の横浜銀行の頭取でもありました。
横浜市に寄付する前から、市民に開放していたりもしたようです。
> 重要文化財を集めて来るんですから・・・
> そのお蔭で見れるんですけれども。
> 今では出来ないでしょうね。
> 現在ではせいぜいゴッホの絵を買うくらいのモノでしょうか?
> もっとも、明治では眼を着ける人もいなかったかしら?

誰も目を付けなかった古建築に着目して収集した。恐るべき慧眼の持ち主だったと思います。
移築するって言っても、移設した建物の多くは、半分腐れかけで素人目には使い物にならないものだったと思います。
それを文化財の価値を損なわないようにうまく修復しながらの移築です。ものすごい金がかかったことでしょう。
岩崎弥太郎でさえも殆ど手を出さなかった分野です。

こんばんは 
三渓園は本当に綺麗な所ですね~~
秀吉だけではなく、家康の建てたものもあるんですか!
僕は家康が大好きなんです^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 三渓園は本当に綺麗な所ですね~~
> 秀吉だけではなく、家康の建てたものもあるんですか!
> 僕は家康が大好きなんです^^

千姫の建てた仏堂もあります。何と旧東慶寺仏殿です。鎌倉の縁切り寺ですね。
横浜に来る用事があれば、スルーするわけにはいかないようです。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR