散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

梅の季節の三渓園(3)

臨春閣(2)
『観梅会』開催中の三渓園。梅が終わると次は桜。この季節にふさわしい名前の御殿だなあ。
第二屋と第三屋
臨春閣(2)_1
臨春閣(2)_2
臨春閣(2)_3
臨春閣(2)_4
第二屋
臨春閣(2)_5
臨春閣(2)_6
第三屋
臨春閣(2)_7
臨春閣(2)_8
臨春閣(2)_9
臨春閣(2)_10
臨春閣(2)_11
臨春閣(2)_12
瓢箪文手水鉢
臨春閣(2)_13
臨春閣(2)_14
臨春閣(2)_15

Comments

AzTakさん 
こんにちは
臨春閣(春が間違ってましたね、失礼しました)
春です。
こんなにも素晴らしい庭園を見に行けるだけでも良いですね。
このような所で終日ゆっくりと出来たら・・・・
贅沢ですね。
こんにちは 
豊臣秀吉が使った手水鉢ですか!
戦国時代が大好きな僕、ワクワクするし、
興味が湧きます^^
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 臨春閣(春が間違ってましたね、失礼しました)
> 春です。
> こんなにも素晴らしい庭園を見に行けるだけでも良いですね。
> このような所で終日ゆっくりと出来たら・・・・
> 贅沢ですね。

その昔は最高の住宅地だったようですよ。ところが目の前の海が埋め立てられ、日石のコンビナートができたりして、海の眺めはよくなくなってしまいました。が、この敷地内だけでも17.5haもありますから、借景など気にせずに十分楽しむことができます。
もう少し暖かくなれば、スケッチなどを楽しんでいる人がいっぱいですが、今は多少寒さが勝っているかもしれませんね。
タイミングが良ければ内部公開になっていることもあります。好きな方にはたまらないことでしょうね。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 豊臣秀吉が使った手水鉢ですか!
> 戦国時代が大好きな僕、ワクワクするし、
> 興味が湧きます^^

原三渓氏は有名な秀吉フェチの方だったようです。臨春閣も秀吉の御殿だと思って購入したくらいでしたから。
彼が見る目がなかったというより、新政府ができてからの大混乱が、名建築であっても行方知れずになってしまったものが少なくなく、大金持ちので名に聞こえたコレクターであった原三渓氏のもとには、本当かウソかわからないような売り込みもたくさんあったのでしょうね。
臨春閣は残念ながら徳川木の紀州藩の建物でしたが、それでも吉宗が幼少の折に滞在していたことがあったようですよ。腐っても(実際には腐ってなどいませんでしたが、)立派な鯛だったようです。
手水鉢はまぎれもない本物のようです。

次回も、秀吉ゆかりのものが登場します。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR