散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜山手界隈を歩く(6)

ベーリック・ホール(1)
週末だと結婚式が行われていたりして、1階の半分ほどを見ることができなかったりするが、この日は幸いにも全部見ることができた。
こんな素晴らしい家屋がセント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎だったのか。B.R.ベリック氏の子息がセント・ジョセフ・インターナショナル・スクールのOBだったのかな。日本国内に数ある寄宿舎でも最上級のものだったんだなあ。

外観
スペイン風の建物か。本当に優美な建物だ。
ベーリック・ホール(1)_1
ベーリック・ホール(1)_2
ベーリック・ホール(1)_3
ベーリック・ホール(1)_4
ベーリック・ホール(1)_5
ベーリック・ホール(1)_6
ベーリック・ホール(1)_7
ベーリック・ホール(1)_8
室内(1)
ベーリック・ホール(1)_9
ここから先の空間は、結婚式の時には貸し切りになってしまい、見ることができない。この日は貸し切りの日ではなかったので、ゆっくり見ることができた。息をのむような美しい空間だ。
ベーリック・ホール(1)_10
ベーリック・ホール(1)_11
ベーリック・ホール(1)_12
ベーリック・ホール(1)_13
ベーリック・ホール(1)_14

べーリック・ホール(旧ベリック邸)は、イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、昭和5(1930)年に設計されました。第二次世界大戦前まで住宅として使用された後、昭和31(1956)年に遺族より宗教法人カトリック・マリア会に寄付され、平成12(2000)年まで、セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用されていました。現存する戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の建物で、設計したのはアメリカ人建築家J.H.モーガンです。モーガンは山手111番館や山手聖公会、根岸競馬場など数多くの建築を残しています。600坪の敷地に立つべーリック・ホールは、スパニッシュスタイルを基調とし、外観は玄関の3連アーチや、イスラム様式の流れをくむクワットレフォイルと呼ばれる小窓、瓦屋根をもつ煙突など多彩な装飾をつけています。内部も、広いリビングやパームルーム、和風の食堂、白と黒のタイル張りの床、玄関や階段のアイアンワーク、また子息の部屋の壁はフレスコ技法を用いて復元されているなど、建築学的にも価値のある建物です。平成13(2001)年横浜市は、建物が所在する用地を元町公園の拡張区域として買収するとともに、建物については宗教法人カトリック・マリア会から寄付を受け、復元・改修等の工事を経て、平成14(2002)年から建物と庭園を公開しています。

ベーリック・ホールを紹介した『はまれぽ』の記事にjump

Comments

 
こんにちは!”はまれぽ”早速お気に入りに登録しました。横浜の洋館は品格がありますね。勉強になります。またこれからも楽しみにして見ています。有難うございます。
 
こんにちは。
明治以降、日本に居住した欧米人はあまたいたことでしょうが
小泉八雲のように日本文化を愛し、日本人により近づこうとしたのは
ごくわずかな人なんでしょうね。
現在の交通、通信状況とは雲泥の差があったことでしょうから
せめて住まいだけは洋風にして母国を感じたかったのでしょう。
私は今、海外にいてたまに日本食は恋しくなりますが
建物は快適なら何風でもかまいません。

ryu
AzTakさん 
こんばんは
熊の寄宿舎(木の穴ぼこ)、とは大分違いますねえ。
熊も次回の結婚式?にはここにしたいね。
Re: タイトルなし 
tugumi365さん、こんばんは。

> こんにちは!”はまれぽ”早速お気に入りに登録しました。横浜の洋館は品格がありますね。勉強になります。またこれからも楽しみにして見ています。有難うございます。

これらの建物は、横浜市の所有物件になっていますが、殆ど寄付してもらったものを移設し、補修したもののようです。一番多いのがマンションを建てるために取り壊さなければいけないとか、老朽化したために建て替えるとか、そういう事情が出来したときでしょう。
『それくらいならば、引き取らせてください』ということを粘り強く働き掛け、市の財産の組み入れたんだと思います。
それを補修し、さらに耐震工事をも施し、無料で一般公開しています。『全然モトが取れないじゃないか』と思われるかもしれませんが、損して得取れなんでしょうね。結局、その分以上に地元にお金を使っていくお客様が殆どのようです。
横浜市は、一生懸命頑張っています。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。タイのリゾートは如何ですか?快適なことでしょうね。

> 明治以降、日本に居住した欧米人はあまたいたことでしょうが
> 小泉八雲のように日本文化を愛し、日本人により近づこうとしたのは
> ごくわずかな人なんでしょうね。
> 現在の交通、通信状況とは雲泥の差があったことでしょうから
> せめて住まいだけは洋風にして母国を感じたかったのでしょう。
> 私は今、海外にいてたまに日本食は恋しくなりますが
> 建物は快適なら何風でもかまいません。
>
> ryu

お雇い外国人だったり、より有利な商売を展開しようとやってきたりした商人だったりしたのでしょう。気取ってはいても、それなりに気疲れする生活だったのかもしれませんね。
同様な立場に置かれたら、私も母国のような住まい方を希望したことだと思います。
わけのわからない国だった日本で、精神のバランスを崩さないで生きていく。大変なことだったのでしょうね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 熊の寄宿舎(木の穴ぼこ)、とは大分違いますねえ。
> 熊も次回の結婚式?にはここにしたいね。

結構な人気のようですよ。私が通っている教会も、かつて三浦知良などの有名人が結婚式を挙げた事例が続き、式場としての人気が異常なほど高まり、挙式希望者が大挙詰めかけて、断るのに苦労したようでした。
べーリック・ホールは特に新婦側の人気が高いようです。まあ、そうだろうなと思います。
こんばんは 
洋館にも色んな様式があるんですね^^
明治大正時代にこんな建物を見せられた
日本の庶民はびっくりしたでしょうね~
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 洋館にも色んな様式があるんですね^^
> 明治大正時代にこんな建物を見せられた
> 日本の庶民はびっくりしたでしょうね~

明治の末には、『外国人居留地』という縛りがなくなり、一般庶民も外国人も、ある程度行き来できるようになっていたのでしょうかね。だとしても、生活しやすさから、かたまって住んでいたのではないかと思います。
そういう外国人がいっぱい住んでいる地区に、今のように気軽に一般庶民が行けたかどうかは知りませんが、見た人たちから情報が伝わったことでしょうね。『すごいらしいぜ』…はカルチュア・ショックになっていったのかもしれませんね。
Re: タイトルなし 
tugumi365さん、こんばんは。

> こんにちは!”はまれぽ”早速お気に入りに登録しました。横浜の洋館は品格がありますね。勉強になります。またこれからも楽しみにして見ています。有難うございます。

”はまれぽ”は結構頑張っているようですね。気になることがあると、”はまれぽ”ではどういう風に説明しているのか気になって、すぐに検索してみたりします。大したものですね。
横浜も素晴らしいと思いますが、旧函館区公会堂や五島軒などが私の物心ついたときにイメージだったので、その意味ではレトロに関しては、ラッキーなスタートだったのかもしれません。
贅沢空間 
どこを見ても、遊びの空間が多いですね。
今は合理的の考えと地価、建設費などでこのようは贅沢な、
余裕を持つことが出来ないのですね。

小鳥の撮影は「カワセミ」が一番容易です。
それに綺麗で夢を与えてくれますし。。

餌を取る場所が決まっていて、何か所を回っているようです。
今日はここが好いと思えば、何回も来ます。
テレトリーを持っていますから同じカワセミです。

小鳥は消化器全体が小さいから、1時間も待てば再度やってくると聞きました。
そのような場所は糞が落ちていて白くなっています。
鮮度が良ければ、今日も来るかも知れません。
一度観たら、そこは撮影場所です。
魚を採るまでジッとしていて、動きませんから、
アングルを変えて複数のカットを撮る余裕もあります。

尤も、背景等を選ぶなら。。それも選ぶ条件になりますね。
それと静止画像になり勝ちです。

それでも魚を咥えた画像くらいの生活画像は撮れます。
これから若葉の中の枝に留った画像はお勧めです。
Re: 贅沢空間 
ijinさん、こんばんは。

> どこを見ても、遊びの空間が多いですね。
> 今は合理的の考えと地価、建設費などでこのようは贅沢な、
> 余裕を持つことが出来ないのですね。

もしかしたら、一握りの人はこういう住まいを持っているかもしれませんが、一般的には無理でしょうね。
建築単価が恐ろしく高いものにつくことなんでしょうね。

> 小鳥の撮影は「カワセミ」が一番容易です。
> それに綺麗で夢を与えてくれますし。。
>
> 餌を取る場所が決まっていて、何か所を回っているようです。
> 今日はここが好いと思えば、何回も来ます。
> テレトリーを持っていますから同じカワセミです。
>
> 小鳥は消化器全体が小さいから、1時間も待てば再度やってくると聞きました。
> そのような場所は糞が落ちていて白くなっています。
> 鮮度が良ければ、今日も来るかも知れません。
> 一度観たら、そこは撮影場所です。
> 魚を採るまでジッとしていて、動きませんから、
> アングルを変えて複数のカットを撮る余裕もあります。
>
> 尤も、背景等を選ぶなら。。それも選ぶ条件になりますね。
> それと静止画像になり勝ちです。
>
> それでも魚を咥えた画像くらいの生活画像は撮れます。
> これから若葉の中の枝に留った画像はお勧めです。

カワセミさんですか。撮ってみたいものですね。久しく野にいるカワセミは見たことがないので、居そうなところで、何とか行くことができる場所探しから始めなければなりませんね。
いずれにしても、頭に入れて、そちらに向けて、舵を切ってみたいと思います。
情報有難うございました。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR