散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

兵庫県内を見て回る(28)

萌黄の館…国指定重要文化財 (1)
『白い異人館』と呼ばれていたが、昭和62年(1987年)からの修理で建築当時の淡いグリーンの外壁に復元されて、『萌黄の館』と呼び名が変わってしまったのか。案外軽い歴史なんだなあ。
なかなかいい感じの外観だ。『風見鶏の館』と近接して建っている。個人的にはこの『萌黄の館』の方が好みだ。窓枠が非常に凝っているとてもクール。
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_1
1階を開放式、2階をガラス張りとしたベランダコロニアル様式という様式だそうだ。
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_2
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_3
さりげなくステンドグラスで飾られている。このくらいの飾り方がいい感じ。
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_4
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_5
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_6
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_7
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_8
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_9
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_10
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_11
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_12
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_13
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_14
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_15
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_16
萌黄の館…国指定重要文化財 (1)_17

明治36年(1903年)、アメリカ総領事ハンターシャープ氏の邸宅として建築されました。木造2階建て、下見板張りの異人館で、2つの異なった形のベイ・ウインドー(張り出し窓)を始め、アラベスク風模様が施された階段、重厚なマントルピースなど、贅沢な意匠が随所に見られます。その後、昭和19年(1944年)に小林秀雄氏(元神戸電鉄社長)の住宅となりました。
昭和55年(1980年)に国の重要文化財に指定され、長らく“白い異人館”と呼ばれていましたが、62年(1987年)からの修理で建築当時の淡いグリーンの外壁に復元されて、この名が名付けられました。2階のベランダからは、神戸港まで見渡せる素晴らしい眺望が広がります。


近代建築の専門家が解説している記事にjump

Comments

 
萌黄の館 シンプルで上品ですね。2階のガラス枠のデザインも素敵です。少年Hのロケに使われた様ですが 今度ビデオで確認してみたいと思います。





 
こんにちは。
奇しくも今日は阪神淡路大震災から21年目の日ですね。
拝見してきた洋館もかなり被害があったことでしょうが
ぱっと見は何もなかったかのように修復されているようですね。
『萌黄の館』は比較的シンプルな飾りつけなので、ほっとします(^^ゞ。

ryu
こんにちは 
萌黄の館、外観を一枚、撮った記憶があります^^
中はこんなになっていたんですね^^
今度、行った時は中に入ろうと思います。
http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
ここもまた 素敵ですね
時代に降り立って人々も垣間見てみたい気がしました
クラシカルな雰囲気 大好きです(*'▽')
こんばんわ! 
ここまでシリーズが盛りたくさんなら、本ができますね!
自費出版如何ですか?
こんにちは。 
白から萌黄に!その年代によって変わっては欲しくないですね。
これまでとは違ってシンプルな佇まいに安らぎがあります。
過剰な飾り付けよいこの方が良いです。
Re: タイトルなし 
tugumi365さん、こんばんは。

> 萌黄の館 シンプルで上品ですね。2階のガラス枠のデザインも素敵です。少年Hのロケに使われた様ですが 今度ビデオで確認してみたいと思います。

そうですね。神戸市が賃借して公開しているだけあって、派手な室内装飾にはせず、当時の暮らしぶりをそのままに公開している感じがしました。生活感がある分、見る人には落ち着きを感じさせるようです。
そうは『いうものの、かなりお金がかかっている建物のようです。

妹尾河童氏の原作本を映画化したとか。私も見たことがありません。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 奇しくも今日は阪神淡路大震災から21年目の日ですね。
> 拝見してきた洋館もかなり被害があったことでしょうが
> ぱっと見は何もなかったかのように修復されているようですね。

被害があったのか否か把握はしていません。が、何事もなかったような感じになっていますね。
以前に行ったときには、震災からそれほど経っていなかったので、まだ、神戸市内には、そのツメ跡が残っていました。
そのあとに行ったときには、痕跡など全く残っていませんでした。
わが福島もそういう日が早く来るといいのですが。千里の道も一歩からですね。

> 『萌黄の館』は比較的シンプルな飾りつけなので、ほっとします(^^ゞ。
>
> ryu

私も、ほっとしました。気が緩んで写真を殆ど撮っていませんでした。(^^);
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 萌黄の館、外観を一枚、撮った記憶があります^^
> 中はこんなになっていたんですね^^
> 今度、行った時は中に入ろうと思います。

(ФωФ)フフフ・・・、私も外観だけを見ただけでした。その欲求不満が募っていたので、しつこく見たつもりだったのですが、例によって見落としが多くて、…。
ここは一番落ち着けました。
もう一つおすすめは、シュウエケ邸でしょうか。疲れて外から見ただけでしたが、中に入ると非常に素晴らしいようです。今も住宅として現役のようで、一部公開なんだそうです。
Re: http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
SONOPHOTOさん、こんばんは。

> ここもまた 素敵ですね
> 時代に降り立って人々も垣間見てみたい気がしました
> クラシカルな雰囲気 大好きです(*'▽')

ここと、風見鶏の館とは、神戸市が管理しているので、過剰な装飾はなく、当時の雰囲気を想像しやすい感じになっています。
もともとの住宅の造作が立派だったようで、それだけでも十分価値があるように思います。時間があれば、ぜひ。
Re: こんばんわ! 
kazbouさん、こんばんは。

> ここまでシリーズが盛りたくさんなら、本ができますね!
> 自費出版如何ですか?

あはは、そんなレベルではありません。取り上げたいところはピンボケの写真だったり、撮り漏らしたり。
なかなか思うようにはいかないものです。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 白から萌黄に!その年代によって変わっては欲しくないですね。

びっくりするようなイメチェンだったようですね。重文の建物の呼称まで変わってしまうんですから。

> これまでとは違ってシンプルな佇まいに安らぎがあります。
> 過剰な飾り付けよいこの方が良いです。

本当にそう思いました。風見鶏の館と2つでようやく落ち着きました。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR