散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

兵庫県内を見て回る(20)

諸事情で中断していた『兵庫県内を見て回る』シリーズを再開します。
北野の異人館を見て回る(14)
北野外国人倶楽部(1)
明治の後期に建てられた旧フリューガ邸だそうだ。そのお屋敷を、開港当時の外国人の会員制倶楽部・サロンに見たてて再現したのかな。個人の邸宅ならば、2階の展示やキッチン、メイド部屋、ベッドルーム等も合点がいくのだが、この建物そのものが在りし日の外国人のサロンだと言い張るのは、どうにも首肯しかねる。
とはいうものの、猥雑なプライベート博物館として考えるならば、それなりに面白いかも。

エントランスにて
エントランスにて_1
エントランスにて_2
男性には無縁の空間
コスプレして写真にという趣向のようだが、どうやら女性限定のサービスのようだ。外観だけを撮った。チャペルの後方に見えているのが、これから入ろうとしている主屋。
男性には無縁の空間_1
男性には無縁の空間_2
展望塔の家
震災以降公開されていないようだ。うろこの家かと一瞬思わなくもなかったが、方角が少し違うので、調べていた。漸く何の建物かだけわかった。
展望塔の家
玄関と1階の様子(1)
当時、日本に来ていた外国人たちの寛ぐことができるサロン。それを再現したようだ。
玄関と1階の様子(1)_1
玄関と1階の様子(1)_2
玄関と1階の様子(1)_3
玄関と1階の様子(1)_4
玄関と1階の様子(1)_5
玄関と1階の様子(1)_6
玄関と1階の様子(1)_7
玄関と1階の様子(1)_8
玄関と1階の様子(1)_9
玄関と1階の様子(1)_10
天井までのびる大型暖炉が圧巻。表面に精妙な浮彫が施された豪華版で、フランスのブルボン王朝(1589~1830年)の貴族が使っていたものだそうだ。それは疑わないが、開国当初の神戸の外国人サロンにこれが置かれていたのだろうか?そこまで、華やかな暮らしが営めるほど、外国人はありがたい存在だったのだろうか?
玄関と1階の様子(1)_11
玄関と1階の様子(1)_12

Comments

こんばんは 
北野異人館、調度品が良いですね~~
素敵です!
助手が行きたがっていますし、
僕もテーブルフォトの練習に行ってみたくなりました^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 北野異人館、調度品が良いですね~~
> 素敵です!
> 助手が行きたがっていますし、
> 僕もテーブルフォトの練習に行ってみたくなりました^^

私のような爺さんより、壮年までの方向きかもしれません。
と言いながら、今日はもっと若者向きかもしれない高校サッカーの準々決勝を見に行きました。会場が近いので帰りは20分ほどのんびり歩いて帰ってきました。これから先は、レッズの本拠地での試合になります。そんな遠いところまで見に行く気にはなれません。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR