散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秩父夜祭_2015(17)

新年あけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

中町屋台
屋台の前後を飾る鬼板は、4台の屋台の中で最も大きい。その彫刻は、天の岩戸開きやスサノヲノミコトの大蛇退治など日本神話を題材にしているのだそうだ。6町会の中で唯一、恵比寿の幕、鯛の幕の2枚の後幕を持ち、12月2日、3日と違う後幕を見ることができるのもこの町会の特徴。前日から逗留したことがないので、恵比寿の幕を見たことがない。一度見てみたいものだ。

美しい鬼板
日中に撮影しておいた分
こちらは、天の岩戸を閉して隠れてしまった天照大神が出てくる場面。鬼板の中でこれを表しているのだから、お見事。タイミングよく、元旦の冒頭を飾ることができた。
美しい鬼板
ちかづいてきた
遠くからでもくっきりはっきり確認できる大きな鬼板。これぞ、中町屋台の特色だ。
ちかづいてきた_1
ちかづいてきた_2
ちかづいてきた_3
『中町』の『町』の字が『甼』の字だ。粋なものだ。それはよかったのだが、花の女性陣が霞んでしまった。
ちかづいてきた_4
ちかづいてきた_5
ちかづいてきた_6
ちかづいてきた_7
いよいよ
鬼板の天照大神がはっきり見える。乏しい光量でも輝いて見えるのだから、やっぱりすごい。
天岩戸を一生懸命曳いている。その姿が、綱を引く人たちを象徴しているように見える。屋台にふさわしい題材のように思えた。
いよいよ_1
いよいよ_2
いよいよ_3
いよいよ_4
いよいよ_5
いよいよ_6
いよいよ_7
いよいよ_8
いよいよ_9
いよいよ_10
いよいよ_11
いよいよ_12
いよいよ_13
いよいよ_14
いよいよ_15
後ろの鬼板は、スサノヲノミコトの大蛇退治の場面とのことだ。日中は、残念ながら後ろの鬼板を撮る機会がなかった。
いよいよ_16
いよいよ_17
いよいよ_18
いよいよ_19
いよいよ_20

Comments

謹賀新年 
新年 あけましておめでとうございます

旧年中は、たくさんのコメントを頂戴し本当に
有難うございました、本年もどうぞよろしく
お願い致します。

鬼板というのですね
素晴らしい彫刻を生で拝見したいです‼︎
お題が岩戸隠れの神話とは驚きました
私が所属する岩戸山と同じです〜♪
あけましておめでとうございます 
今年も宜しくお願いします!
足腰の様子をみながら、写真散歩お楽しみください。
健康あっての写真です。お互いに頑張りましょう。
 
明けましておめでとうございます。
最近は、寒さにかまけて撮影・・サボっていますが
Aztakさんの行動力にはほとほと脱帽です。
今年も元気に行きたいものです。

本年もよろしくお願いいたします。

 
新年あけましておめでとうございます。
新春に相応しい天岩戸の見事な鬼板ですね。
健康で素晴らしい1年になるよう願っています。

どうぞ今年も宜しくお願いします。

ryu
 
明けましておめでとうございます。
いつも訪問させていただくだけで、コメントも残さず申し訳ありません。
今年も宜しくお願い致します。
おめでとうございます♪ 
あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いします。

今年も素敵な画を見せてくださいね^^
 
Aztakさま 
明けましておめでとうございます。
昨年は、沢山コメント頂き有難うございました。
今年も何かとよろしくお願い申し上げます。
鬼板に表されたれた彫刻は素敵ですね。
天の岩戸開きやスサノヲノミコトの大蛇退治の場面は、神楽演目にも出て来ますが、このような立派な鬼板は珍しいのではないでしょうか・・・・・
今年も健康に気を付けながら、取材活動をしてください。
楽しみにしております。
謹賀新年 
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
元旦に 
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

笠鉾・屋台が僕の地方のだんじりと大きな違いの一つが彫刻の彩色ですねぇ。
木目生地彫刻が当たり前との意識には新鮮な気がします。
提灯飾りも祭りの人の装束やらなにやら土地柄の違いというのも楽しみです。
まぁゆっくりとした曳航のようですからだんじりの様にけが人が出ないと思いますし安心ですね。
Re: 謹賀新年 
> 新年 あけましておめでとうございます

京都花大黒 店主さん、こんばんは。

> 旧年中は、たくさんのコメントを頂戴し本当に
> 有難うございました、本年もどうぞよろしく
> お願い致します。

こちらこそよろしくお願いいたします。

> 鬼板というのですね

箱棟の両端に鬼瓦の代わりとして取り付ける木製の棟飾りのことで、鬼面のないものをいうのだそうです。秩父特有のものではないようです。

> 素晴らしい彫刻を生で拝見したいです‼︎

12月2-3日でないとみることができません。商売の書き入れ時ですからねえ。本当に罪作りな祭りです。
屋台会館にレプリカが展示してありますが、重厚感に欠け、お勧めできません。

> お題が岩戸隠れの神話とは驚きました
> 私が所属する岩戸山と同じです〜♪

そうなんですよねえ。こちらの祭りは祇園祭のような洗練された美しさではなく、ある種独特の美しさがあるように思います。
Re: あけましておめでとうございます 
> 今年も宜しくお願いします!

kazさん、こんばんは。今年もよろしくお願いいたします。

> 足腰の様子をみながら、写真散歩お楽しみください。
> 健康あっての写真です。お互いに頑張りましょう。

本当にそうですね。私も今年前半にはある程度、少し無理をしても大丈夫になるように、体調を整えようと考えています。

どこでどう歯車が狂ったのか、激しく動き回ることができたはずなのに、…。

インナーマッスルの衰えが良くない循環をし出した一番の原因なのでしょうが、そう簡単には鍛えられないものですね。と言いながらも、諸悪の根源は断たなくては。ちょっと辛いものがありますが、頑張ろうと思います。
インナーマッスルの衰えが原因で、腰椎下部のすべり症が起き、周辺の筋肉が疲労状態に陥ってしまい、血液がここで滞っているようです。その結果、足への血流が良くなくなり、間欠性跛行の症状をきたしているのだと思います。
この件に関しては、手足の血管を広げ血流をよくする薬の投与を受けようと思っています。

本当かなあとは思いつつも、他に思いつかないので、当面はこれでいきます。
Re: タイトルなし 
> 明けましておめでとうございます。

JSKさん、こんばんは。

> 最近は、寒さにかまけて撮影・・サボっていますが
> Aztakさんの行動力にはほとほと脱帽です。
> 今年も元気に行きたいものです。

働くのをやめると、本当に動かなくなります。動かなくなると本当に動けなくなります。
ということで、どんどん出歩きましょう。私はJSKさんと違って、囲碁・将棋のような高等な知的ゲームなどできないので、ひたすら歩き回るしかありません。
足腰の不具合を直して、もう少し動けるようにしたいものです。

> 本年もよろしくお願いいたします。

本年もよろしくお願いいたします。
Re: タイトルなし 
tgryuさん、こんばんは。

> 新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

> 新春に相応しい天岩戸の見事な鬼板ですね。
> 健康で素晴らしい1年になるよう願っています。

万人の願うことですが、私の年齢になると、願うばかりでなく、それなりに行動に移さないといけないようです。
と言いながらも、3が日は駅伝など、TV桟敷での観戦三昧です。殆ど動かず、散歩三昧の看板を下ろさないといけません。(^^);

> どうぞ今年も宜しくお願いします。
>
> ryu

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Re: タイトルなし 
しろしろⅡさん、こんばんは。

> 明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

> いつも訪問させていただくだけで、コメントも残さず申し訳ありません。

こちらこそ、何もコメントできなくて申し訳ありません。
私の父は、定年後によって暮らしをするんだと息巻いていましたが、夢のまた夢、48歳でこの世を去りました。息子の私は、車でだったら、私も全国各地を回って歩けるかなと思っていたのです。ところが思いもかけず、車の運転が苦手になる一方で、今でも車なしの生活です。
気まま旅を楽しんでいらっしゃる方を見るとものすごく羨ましいのですが、まねできないでいます。

> 今年も宜しくお願い致します。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Re: おめでとうございます♪ 
土佐けんさん、こんばんは。

> あけましておめでとうございます。
> 旧年中は大変お世話になりました。
> 本年もよろしくお願いします。

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

> 今年も素敵な画を見せてくださいね^^

素敵な画は撮れないと思いますが、いろいろなところへ出かけて、しつこく写真を撮ってこようと思っています。呆れられてしまうかもしれません。(^^);
Re: タイトルなし 
> Aztakさま

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 明けましておめでとうございます。
> 昨年は、沢山コメント頂き有難うございました。
> 今年も何かとよろしくお願い申し上げます。

こちらこそよろしくお願いいたします。

> 鬼板に表されたれた彫刻は素敵ですね。
> 天の岩戸開きやスサノヲノミコトの大蛇退治の場面は、神楽演目にも出て来ますが、このような立派な鬼板は珍しいのではないでしょうか・・・・・

二つとして同じものを作ることができない手作りです。重厚感も十分にあります。
今じゃ、お金がかかり過ぎて、新規に作ることなどできかねるのかもしれませんよね。

> 今年も健康に気を付けながら、取材活動をしてください。
> 楽しみにしております。

物見高い爺さんなもので、あちこち見て回りたいと思います。『あいつは馬鹿だ』と呆れられてしまうかもしれませんが、いろいろなものを見て回りたい気持ちはかなり強いものがあります。そのために、足腰の調子を整え、…。
Re: 謹賀新年 
S-masaさん、こんばんは。

> あけましておめでとうございます。
> 本年もよろしくお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
毎日、S-masaさんの写真を見させていただいていますが、差は絶望的なほどに開きっぱなしで、その差がますます拡大しています。
こちらは、端から芸術性の追求はあきらめ、あくまでも、記録主体でいきたいと思っています。でも、少しは、華のある写真もあればなあ、などとも思うのです。(^^);
Re: 元旦に 
めぐるさん、こんばんは。

> 新年あけましておめでとうございます。
> 今年もよろしくお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

> 笠鉾・屋台が僕の地方のだんじりと大きな違いの一つが彫刻の彩色ですねぇ。
> 木目生地彫刻が当たり前との意識には新鮮な気がします。
> 提灯飾りも祭りの人の装束やらなにやら土地柄の違いというのも楽しみです。

秩父は昔から絹の大生産地で、その市の最終日に来てくれたお客様をもてなす意味合いがあったようです。
それくらいですから、衣装に凝るのは当然といえば当然の流れでしょうね。かなり大もうけした時期もあったようで、この祭りにかける意気込みはすごいものがあったのでしょうね。

> まぁゆっくりとした曳航のようですからだんじりの様にけが人が出ないと思いますし安心ですね。

ところが過去に屋台が倒れて死亡事故が起きています。それから、かなり安全管理に気を配っているようです。
秩父もゆっくりばかりでなく、格闘する要素もあるんです。次回分の末尾にあるように、団子坂を上るのは、本当に大変で、見ていると、こちらも力が入ってしまいます。
 
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
今年も 素敵なお写真楽しみにしております。
あけましておめでとうございます 
昨年はAzTakさんの記事にたくさん刺激を受けました。
過去記事も楽しく拝見させていただいております。
秩父、最終まで楽しみです。

お身体ご自愛しつつ精力的なご活躍、楽しみにしております。
本年もよろしくお願いいたします。
Re: タイトルなし 
ヒデさん、こんばんは。

> 明けましておめでとうございます。
> 今年もよろしくお願い致します。

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

> 今年も 素敵なお写真楽しみにしております。

素敵な写真は狙っても撮れないので、文章をごちょごちょ挿入して、ごまかしてばかりです。(^^);
記録用写真なのですが、それでももう少しマシな写真にならないものかと悩んでいます。
少しはましになるように努力していきます。
Re: あけましておめでとうございます 
うづらさん、こんばんは。

> 昨年はAzTakさんの記事にたくさん刺激を受けました。
> 過去記事も楽しく拝見させていただいております。
> 秩父、最終まで楽しみです。

有難うございます。嬉しくて木に上らなくていけないところですが、あいにく私は豚でなくカバでした。
足腰の負荷軽減のために、ほんの少しだけ減量に励もうかと思っています。

> お身体ご自愛しつつ精力的なご活躍、楽しみにしております。
> 本年もよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いいたします。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR