散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秩父夜祭_2015(15)

宮地屋台
3番目は宮地屋台。ここからは屋台の登場だ。
近づいてきた
ここからは、屋台を運営維持する保存会の人たちの衣装に注意。この白のコートが何とも粋。
路面を見ると、轍跡がくっきり。笠鉾や屋台は相当な重量で、なおかつ車輪が硬いのだろう。
近づいてきた_1
近づいてきた_3
近づいてきた_4
近づいてきた_5
女性陣も頑張っている。華があっていいなあ。
近づいてきた_6
近づいてきた_7
近づいてきた_8
いよいよ
囃子手は笠鉾の6人から、こちらは4人に減っている。規模相応なのかなあ。
いよいよ_1
いよいよ_2
いよいよ_3
いよいよ_4
いよいよ_5
いよいよ_6
いよいよ_7
いよいよ_8
見えない部分も派手に飾られているようだ。大したものだ。
いよいよ_9
いよいよ_10
いよいよ_11
いよいよ_12
いよいよ_13
いよいよ_14
いよいよ_15
いよいよ_16
いよいよ_17
いよいよ_18
いよいよ_19

Comments

 
AzTakさん、こんばんは♪

こちらでは年末の雰囲気を感じることがないのですが
今年もAzTakさんの秩父夜祭のお写真で
日本の師走を楽しむことが出来ました。
来年もぜひお願いします^^

今年も変わらぬお付き合いをしてくださり、どうもありがとうございました。
2016年がAzTakさんとご家族の皆様にとって
健康でよいお年となるようお祈りしています。
 
こんにちは。
ぱっと見は似たような山車ですが、よくよく見ると規模の大きな2階建て(?)とやや小振りな平屋(?)があるんですね。
京都祇園祭りの鋒も各町内ごと微妙に形も大きさも違いますが
それと同じようなものでしょうか。
山車の天上にも見事な絵が描かれていますね。
細部まで趣向を凝らしまさに動く美術館のごとくです。

ryu
こんにちは 
立派な山車ですね~~
施された彫刻の飾りつけもさることながら
天井に描かれた画も素晴らしいです!
こんにちは。 
年末は賑やかに祭りで締めくくるのが良いですね。
山車も立派ですが、参加している人の表情が良いですね。
こう云う祭りが続く限りこの国も安泰ですね。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは♪

Mikaさん、こんばんは。

> こちらでは年末の雰囲気を感じることがないのですが
> 今年もAzTakさんの秩父夜祭のお写真で
> 日本の師走を楽しむことが出来ました。

秩父夜祭が日本の師走の代表といえるかどうかは別問題として、少しでも日本のことを懐かしく思う気持ちの一助になれたのであれば、それはうれしいことです。
カナダでは、年末年始も降誕節のまま。あれやこれや目まぐるしく行事が入り込む日本とは大違いなことでしょう。
覚悟を決めて永住の地としても、故国を懐かしく思い出すのは当然でしょう。ネット環境の充実も捨てたものではありませんね。

> 来年もぜひお願いします^^

頑張るつもりではいます。そのためには、来年前半で、足腰の不調を何とかしなくてはいけません。多少動き回っても大丈夫な体に戻したいと考えています。

> 今年も変わらぬお付き合いをしてくださり、どうもありがとうございました。
> 2016年がAzTakさんとご家族の皆様にとって
> 健康でよいお年となるようお祈りしています。

ありがとうございます。お互いに健康に留意して来る年が楽しい1年であるといいですね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> ぱっと見は似たような山車ですが、よくよく見ると規模の大きな2階建て(?)とやや小振りな平屋(?)があるんですね。

そうですね。笠鉾はもともとは3層のものですから、略式装備にするにしても屋根をつけなくてはいけないのでしょうね。それなので、1.5階建てのような感じになっているのでしょう。もう一方の屋台は、もともとに形ですから、行ってみれば平屋建てですね。

> 京都祇園祭りの鋒も各町内ごと微妙に形も大きさも違いますが
> それと同じようなものでしょうか。

祇園祭のことはあまり知りませんが、こちらのものは、笠鉾か屋台かという類型があり、その中で、各町会が意匠を凝らして、独特のものを作り上げていったんだと思います。

> 山車の天上にも見事な絵が描かれていますね。
> 細部まで趣向を凝らしまさに動く美術館のごとくです。
>
> ryu

昔は、秩父はえらく景気の良い街だったのでしょうね。それだけのお金をつぎ込む余裕があったのでしょう。本当に見事です。
これからは、どうして維持していくべきかは、よく考えていくべきことでしょうね。
国の重要有形民俗文化財に指定されたからといって、お金が無尽蔵に国から与えられるわけではなく、修理費用の按分した分の負担だけになるのでしょう。あとは、臨時駐車場や有料観覧席の収入などがある程度でしょう。それだけではこの物入りのお祭りの収支を賄うのは厳しいものがありそうです。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 立派な山車ですね~~
> 施された彫刻の飾りつけもさることながら
> 天井に描かれた画も素晴らしいです!

そうですね。この素晴らしいお祭りをずっと続けていくことができるようにしていってもらいたいものです。
何か外部から協力できることはないかと思っているのですが、なかなか見いだせないでいます。(^^);
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 年末は賑やかに祭りで締めくくるのが良いですね。
> 山車も立派ですが、参加している人の表情が良いですね。
> こう云う祭りが続く限りこの国も安泰ですね。

そうですね。ずっと続けられるといいなと心から思っています。
まあ、しかし男連中はいいものの、おかみさんたちは忙しくて大変でしょうね。そこで口をとんがらせないのが粋ということなのでしょう。

Body

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

11月21日(火)は、旧徳川家松戸戸定邸を見に出かけています。私からのアクセスは相当に遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR