散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

スパリゾートハワイアンズ1泊旅行(6)

スパリゾートハワイアンズ到着2日目(2)
塩屋埼灯台
被災地跡
被災地跡の薄磯地区には、自然公園を作るのだそうだ。かつては多くの人が暮らしていたのだろうに、見る影もない。こんなに高くかさ上げするんだ。
被災地跡_1
被災地跡_2
被災地跡_3
帰りにも同じ道を通った
被災地跡_4
被災地跡_5
漸く灯台下に到着
漸く灯台下に到着_1
漸く灯台下に到着_2
漸く灯台下に到着_3
『喜びも悲しみも幾年月』の記念碑
『喜びも悲しみも幾年月』という映画作品があることを知っている人は少なくなってきたかもしれない。映画の原作となった主婦の手記は、この塩屋埼灯台の灯台長夫人のものだった。
『喜びも悲しみも幾年月』の記念碑
灯台への道の中腹から見た景観(灯台の北側)
薄磯海水浴場があった辺りなのだが、見る影もない。突き出した山の裏側が先ほどの整地を行っていた場所。
灯台への道の中腹から見た景観(灯台の北側)
もう少しで灯台が立つ場所
もう少しで灯台が立つ場所
こんなものがあった
こんなものがあった
灯台が立つ場所
灯台が立つ場所_1
灯台が立つ場所_2
灯台が立つ場所_3
豊間海水浴場側(灯台の南側)
右上に見えるのは豊間海水浴場の辺り。白砂青松かつ鳴き砂の海岸だったのだが。今にして思えば、津波の被害をまともに受けてしまう地形だったのかもしれない。
豊間と薄磯とで実に100人以上の方が亡くなられた。

豊間海水浴場側(灯台の南側)
真下から見た灯台
ここまででも十分怖いのに、さらに上まで上がる勇気はわいてこなかった
真下から見た灯台
薄磯海水浴場の方向(灯台の北側)
かつては美しい海水浴場だったことがお分かりいただけるだろうか
薄磯海水浴場の方向(灯台の北側)_1
薄磯海水浴場の方向(灯台の北側)_2
薄磯海水浴場の方向(灯台の北側)_3
薄磯海水浴場の方向(灯台の北側)_4
灯台の近くには、美空ひばりの歌碑がある
聞こえてくる美空ひばりの『みだれ髪』。大変な名曲をまさに絶唱している。素晴らしい。
灯台の近くには、美空ひばりの歌碑がある
美空ひばりの歌碑
美空ひばりさんは、時々疲れると極秘で常磐湯本温泉のとある旅館の女将のところに、のんびりしに来ていたそうだ。女将ととめどない話をし、湯に入って気力を充実させて、東京に戻っていったそうだ。
そんな縁があり、再起第一作の作品は、この塩屋崎を歌いこんでくれたようだ。

美空ひばりの歌碑_1
美空ひばりの歌碑_2
美空ひばりの歌碑_3
美空ひばりの歌碑_4

Comments

 
こんにちは。
中通りの人間が海と言えば薄磯、豊間、勿来ですから
塩屋崎燈台も含めて馴染みの地です。
大津波さえこなかったら地震そのもの被害はそう大きく無かっただけに
返す返すも残念でした。

神田正輝さんのお母さん“旭照子”さんの縁で
“ひばり”さんが、まだお元気の頃新宿コマの特等席でショーを観たり、
楽屋を訪問できたのがいい思い出です。

ryu
こんにちは 
ここの灯台があの有名な映画のモトだったんですね~~
乱れ髪もこの岬が歌われていたんですか!
勉強になりました^^
 
こんにちは
薄磯地区には多くの人が暮らしていたようですが、津波で住み慣れた土地を追われて出て行った人たちが、嵩上げした土地に再び帰ってきて公園を利用する日が来るのでしょうか・・・・・
穏やかな海に見えますが、津波とはつくづく恐ろしいものだと思います。
津波さえなければこんな恐ろしい災害は起きなかったでしょうに、未だに災害住宅で多くの人が暮らしておられると思うと胸が苦しくなります。
2020年のオリンピックも大事ですが、災害地の一日も速い復興を願わずにはいられません。
この地には、有名な人の記念碑が残されているのですね。

「喜びも悲しみも幾年月」の歌手は若山彰で、尾道出身の人だったと記憶しております。
随分ヒットしましたが、この歌を知る人はもう多くはいないと思います。

「みだれ髪」は美空ひばりさんの大ヒット曲ですね。
この歌に美空ひばりさんと縁の地である「塩屋崎」が歌い込まれていするとは知りませんでした。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 中通りの人間が海と言えば薄磯、豊間、勿来ですから
> 塩屋崎燈台も含めて馴染みの地です。
> 大津波さえこなかったら地震そのもの被害はそう大きく無かっただけに
> 返す返すも残念でした。

そうですか。薄磯、豊間も風光明媚なのですが、すぐ後ろが崖なので、大津波が高くなりやすかったのでしょうね。
私が毎日泳いでいた永崎海水浴場は、後ろが田畑だったので、大津波が幸いにも高くならずに済みました。死者数が1ケタ違ったのは、そこにあったのかもしれません。

> 神田正輝さんのお母さん“旭照子”さんの縁で
> “ひばり”さんが、まだお元気の頃新宿コマの特等席でショーを観たり、
> 楽屋を訪問できたのがいい思い出です。
>
> ryu

そうでしたか。美空ひばりさんの生のステージには行けずじまいでした。
特に再起後のステージは、自分の残された時間を意識していたのでしょうね。神がかったようなステージだったようです。一度は見て聴いておきたかったです。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> ここの灯台があの有名な映画のモトだったんですね~~

この塩屋埼灯台を含めて、日本のほとんどの灯台は無人化がすすめられているようです。
したがって、灯台守という海上保安庁の職員はいなくなってしまったようです。時代が変わったんですね。

> 乱れ髪もこの岬が歌われていたんですか!
> 勉強になりました^^

どこでもよかったのでしょうが、美空ひばりさんが感謝の気持ちを込めて、『塩屋埼』を歌いこんでほしいと作詞の星野哲郎氏にお願いしたのだと思います。地元の人には大変に有難いことでした。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 薄磯地区には多くの人が暮らしていたようですが、津波で住み慣れた土地を追われて出て行った人たちが、嵩上げした土地に再び帰ってきて公園を利用する日が来るのでしょうか・・・・・
> 穏やかな海に見えますが、津波とはつくづく恐ろしいものだと思います。

ここに住んでおられた方の多くは亡くなりました。空の上から、見ることがあるのでしょうかね。

> 津波さえなければこんな恐ろしい災害は起きなかったでしょうに、未だに災害住宅で多くの人が暮らしておられると思うと胸が苦しくなります。
> 2020年のオリンピックも大事ですが、災害地の一日も速い復興を願わずにはいられません。

福島県には、なかなか人が集まらず、工事がなかなか進まなかった事情がありました。
それでも工事はいずれ終わることでしょう。問題は、農林水産県である福島県が独り立ちしていくためには、福島県産品がもとのように売れないことにはどうにもなりません。結局は諦めて県外に去っていく人もあることでしょう。
『頑張れ日本』の中には、福島県は含まれないのでしょうか。

> この地には、有名な人の記念碑が残されているのですね。
>
> 「喜びも悲しみも幾年月」の歌手は若山彰で、尾道出身の人だったと記憶しております。
> 随分ヒットしましたが、この歌を知る人はもう多くはいないと思います。

「喜びも悲しみも幾年月」の映画は、私が初めて見た映画でした。地元では大評判だったようです。

> 「みだれ髪」は美空ひばりさんの大ヒット曲ですね。
> この歌に美空ひばりさんと縁の地である「塩屋崎」が歌い込まれていするとは知りませんでした。

下から2枚目の写真に、サビの部分ですが、「塩屋岬」とはっきり写っています。「塩屋岬」が「塩屋崎」のことだと気づかない人は少なくないのでしょうね。

PS.サンフレッチェは、今のところ2-0でリードしていますね。大したものです。
 
こんばんは、
塩屋埼灯台は広がる海に大空のお写真は綺麗ですね。わたしも今年の初夏には福島、仙台に行きを思いながら悪天候続きで、流れてしまいました。
地図まで載せて頂きまして、大変ご親切です。やはりこの海辺は津波がきそうな場所ですね。

ところで灯台は登られなくて正解です。しばらく前に、灯台を気軽に登ってみました。ところが激狭の段差の恐い急階段を登り、
下りる時は後ろに若者がわたしに合わせながら下りているので、手すりのない急階段を下りきりました。
翌朝、普段使わない筋肉、その他が変に痛くなりました。
よく神社などで何十段もある階段よりもキツかったのです。
足腰は大事ですね(;^_^  洋館シリーズからスパへと撮影が広範囲ですね。
たくさんのお写真を、ありがとうございました。
Re: タイトルなし 
> こんばんは、

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 塩屋埼灯台は広がる海に大空のお写真は綺麗ですね。わたしも今年の初夏には福島、仙台に行きを思いながら悪天候続きで、流れてしまいました。
> 地図まで載せて頂きまして、大変ご親切です。やはりこの海辺は津波がきそうな場所ですね。

過剰に心配するのもどうかと思いますが、あの時はすごかったですね。
それまで津波警報が出ていても、せいぜい20-30cm程度で50cmを超えることは殆どありませんでしたよね。だから予測できなかったのでしょうね。
自身の方は、1週間ほど前から頻発していたので、近いい内に大きな地震が起きなければいいなと心配していた矢先だったようです。

> ところで灯台は登られなくて正解です。しばらく前に、灯台を気軽に登ってみました。ところが激狭の段差の恐い急階段を登り、
> 下りる時は後ろに若者がわたしに合わせながら下りているので、手すりのない急階段を下りきりました。
> 翌朝、普段使わない筋肉、その他が変に痛くなりました。
> よく神社などで何十段もある階段よりもキツかったのです。
> 足腰は大事ですね(;^_^  洋館シリーズからスパへと撮影が広範囲ですね。
> たくさんのお写真を、ありがとうございました。

灯台に上らなかったのは、単に異常なほどの高所恐怖症だからです。観音埼灯台には上ったのですが、高さが違う感じで、途中で竦んでしまいそうな感じがあったので、パスしました。

火曜日からは、秩父夜祭を取り上げようと考えています。時間があれば、見ていただけたら幸いです。と言いながら、超自転車操業状態なおで、まだ何も準備できていないのですが。(^^);
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
震災の後はまだ更地なんですね!
もう何年もたっているのに、ゴミを片付けただけで
復興は進んでいないように思えます。
被災された方々のご苦労が身に染みて感じられます。
灯台はAzTakさんが登れないくらいの結構高台にあるようですから、
津波の被害はなかったのでしょうね!
霧信号用ラッパとは霧笛のことでしょうか?
襟裳岬灯台の下でテントを張った時、霧笛の音で眠れなかったことを思い出しました♪
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんにちは。

> 震災の後はまだ更地なんですね!
> もう何年もたっているのに、ゴミを片付けただけで
> 復興は進んでいないように思えます。
> 被災された方々のご苦労が身に染みて感じられます。

個人の土地を国が買い上げて行う工事です。権利者が死んでしまったりして、相続者との交渉などは困難を極めたのだと思います。基本的に、すぐ海が見える場所への住宅建設は行わないようです。仮設住宅などへ入居して、身の振り方を模索しているのだと思います。
福島県は今は保護政策で何とか糊口をしのいでいる状況にあるのですが、いずれは自立していかなくてはいけないでしょう。
魚が売れない、お米が売れない、野菜が売れない、果樹が売れない。そういう状況の中で、自立していけるのか。そこが、根本の問題だと思っています。
国の動きの緩慢さもありますが、国民の手の差し伸べ方にも、大いに問題があると思います。


> 灯台はAzTakさんが登れないくらいの結構高台にあるようですから、
> 津波の被害はなかったのでしょうね!

津波の被害はなかったですが、地震の被害は相当にあったようです。灯台にアクセスが許されるようになったのはつい最近のことです。

> 霧信号用ラッパとは霧笛のことでしょうか?
> 襟裳岬灯台の下でテントを張った時、霧笛の音で眠れなかったことを思い出しました♪

そうでしたか。そのような設備が予備的にいまでもあるのでしょう。ですが、今はこの世界も進歩し、基本的には2か所の灯台が出す信号の受信具合で、自船がどの位置にいるかわかる。そういうやり方が主流になっているようです。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR