散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

兵庫県内を見て回る(16)

北野の異人館を見て回る(10)
外観が素晴らしいのに、それとは無関係にさらに一段豪華な室内装飾とが組み合わせたのをずっと見てきた。最初は驚いたが、だいぶ見慣れてきた。その筈だったが、ここの室内装飾には一番驚かされた。びっくりして声が出てこないほどだった。
山手八番館(1)
入り口脇にある国宝の複製の像
向かって右側が『天燈鬼像』、左側が『龍燈鬼像』。いきなり度肝を抜かれた。
原型は奈良興福寺の国宝館に安置されている国宝。それを複製したもののようだ。オリジナルは木製だが、こちらは、屋外設置が可能な青銅製。

入り口脇の像_1
入り口脇の像_2
入り口脇の像_3
入り口脇の像_4
入り口脇の像_5
入り口脇の像_6
外観はこんなふう
チューダー様式の塔屋が3棟連結する個性的な外観だそうだが、内部に入ると装飾に圧倒されて外観がどうだったかなど即座に忘れてしまった。
外観_1
外観_2
チューダー様式(Tudor style)は、イングランドの15世紀末頃から17世紀初頭までの建築様式。ハーフティンバー様式の木造住宅建築なども多く含まれ、特徴的なチューダー・アーチ(扁平尖頭アーチアーチ)が導入された。
入口上部のステンドグラス
4枚のステンド硝子が入口上部に作りつけられている。これはおそらく、建築当初からあったものではないかと思うが、どうだろうか。入口上部に収まる程度なので、それほど大きなものではないが、見事な出来栄えだ。後で調べたら、400年前にドイツで作られたものだ。400年も前のものか。日本の400年前とは、比べ物にならない。してみると、他の装飾同様に、あとから取り入れられたものなのかなあ。
入口上部のステンドグラス_1
入口上部のステンドグラス_2
入口上部のステンドグラス_3
入口上部のステンドグラス_4
マコンデ彫刻
ピカソに影響を与えたといわれる東アフリカのマコンデ族のひときわ異彩を放つ彫刻作品。確かにピカソの作品のようだが、あのピカソが真似をした方なのか。
マコンデ彫刻_1
マコンデ彫刻_2
マコンデ彫刻_3
マコンデ彫刻_4
マコンデ彫刻_5
マコンデ彫刻_6
マコンデ彫刻_7
マコンデ彫刻_8

山手八番館は、兵庫県神戸市北野町にある異人館。旧サンセン邸とも。
大正時代、サンセンの自邸として建設された。チューダー様式の塔屋が3棟連結する個性的な外観で、館内はロダン、ブールデル、ベルナール、レンブラントをはじめとする西洋と東洋の彫刻を中心とする美術品が所狭しと飾られている。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
塔状の家屋が3つ連なる風変わりな建築(チューダー様式)で入口上部のステンドグラスの美しさは格別。館内は近代彫刻の父ロダン、ブールデルの名作が並び、一室には東アフリカ、マコンデ族の異色の木彫や原始美術がたくさんある。
壁には、バロック時代の巨匠レンブラント、ドイツ・ルネッサンスの代表的な画家デューラー、18世紀イギリスの風刺画家ホーガースらの版画を展示。2階には、ガンダーラやタイなど日本の仏像のルーツとなる仏陀や菩薩像が厳かに鎮座。彫刻と版画と仏像を3本の柱にした名観で、芸術の香り高い館だ。

Comments

異人館 
おはようございます!

異人館をこれだけ見て廻るのは、体力的にも
お財布的にもかなりのご負担ですね〜
さすがAzTak様です❗️
神戸の友人曰く、以前のような賑わいはなく
特に平日は寂しい状態と聞いていたのですが
どうでしたか? 少し触れられていましたが
老朽化などの問題もあるようですね⁉︎

400年前のステンドグラスにピカソに影響を
与えた彫刻のコレクション等々、亭主さんは
かなりの芸術愛好家だったのですね‼︎
AzTakさん 
こんにちは
ピカソはアフリカ民族の彫刻に影響されたのでしょうか?
そのピカソが縄文土偶、土器を見たことが有るのでしょうか?
見せたかったですねえ
こんにちは。 
才ある人は才を見つける!
私のような凡人はこの彫刻の何処がよいのか分らない(泣)
この家の主も才があったのでしょうね。
 
こんにちは。
マコンデ彫刻は私的には好きな民族彫刻ですが
ただ置いてあるだけで、民族や文化的背景が感じられずもったいない感じ、
ちょっと宝の持ち腐れかも(^_^;)。
この手の彫刻どこの国がルーツかはわかりませんが
似たようなお土産がタイやインドネシアなどでも見かけます。
日本のカラス天狗もルーツはヒンドゥーのガルーダ神だそうですから
世界の文化はあんがいつながっているのかも。

ryu
Re: 異人館 
> おはようございます!

京都花大黒 店主さん、こんばんは。

> 異人館をこれだけ見て廻るのは、体力的にも
> お財布的にもかなりのご負担ですね〜
> さすがAzTak様です❗️

今までのところ8館で3000円というチケットの範囲内です。が、まもなくそれは終わり、単独や共通のチケットを買い足しました。結構高いんです、横浜なら、ほぼ0円なのにと思いながらも。再訪できるかどうかわからない年になってきましたから、頑張ってみようと思いました。

> 神戸の友人曰く、以前のような賑わいはなく
> 特に平日は寂しい状態と聞いていたのですが
> どうでしたか? 少し触れられていましたが
> 老朽化などの問題もあるようですね⁉︎

老朽化は間違いなくある感じです。横浜の場合は、殆どの西洋館を市が抑えていますから、計画的に補修もできるのですが、こちらは難しいのでしょうね。
USJ他いろいろな行先が増えてきましたから、一極集中という感じではなく、平日は楽に見物できる感じだと思います。

> 400年前のステンドグラスにピカソに影響を
> 与えた彫刻のコレクション等々、亭主さんは
> かなりの芸術愛好家だったのですね‼︎

あれは今の持ち主の趣味なんだと思います。特別に飾り立てなくても十分素晴らしいのでしょうが、高い入館料を申し受けるためには仕方がないのでしょうかね。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ピカソはアフリカ民族の彫刻に影響されたのでしょうか?

そう説明書きには書かれてありました。私もなるほどと思ったくらいでした。

> そのピカソが縄文土偶、土器を見たことが有るのでしょうか?
> 見せたかったですねえ

また、さらに独特の画風に発展していったかもしれませんねえ。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 才ある人は才を見つける!
> 私のような凡人はこの彫刻の何処がよいのか分らない(泣)
> この家の主も才があったのでしょうね。

私の写真が平板で作品の良さを打ち消してしまいました。
どうしようかと思ったくらいですが、実物は間違いなく素晴らしいと思いました。
所有者もそのエピソードを聞いて、一生懸命集めたのでしょう。
ここの飾り立てはすごいものがいっぱいあるのですが、何といっても2階の仏像コレクションに心惹かれました。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> マコンデ彫刻は私的には好きな民族彫刻ですが
> ただ置いてあるだけで、民族や文化的背景が感じられずもったいない感じ、
> ちょっと宝の持ち腐れかも(^_^;)。

そうかもしれませんね。タンザニアのマコンデ高原に住むマコンデ族の作品だとか。材質は黒檀だそうです。
かなり独特な作品だと思いました。

> この手の彫刻どこの国がルーツかはわかりませんが
> 似たようなお土産がタイやインドネシアなどでも見かけます。
> 日本のカラス天狗もルーツはヒンドゥーのガルーダ神だそうですから
> 世界の文化はあんがいつながっているのかも。
>
> ryu

確かに東南アジアの民芸品と似ているところがあるかもしれませんね。もしかしたら、何らかのつながりがかつてあったのかもしれませんね。
真偽のほどは定かではありませんが、いわきのジャンガラ念仏踊りが沖縄に伝わってエイサーに発展していったという話もあります。たとえ地域的に少し離れていても、文化は案外つながるものなのかもしれません。
こんばんは 
やはり異人館は中に入らないと駄目ですね~~
色んな芸術作品を見ることが出来るんですね!
冬場は寒くなるので、室内撮影はもってこいだし
この冬の間に一度、行って見ようかな^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。
昨晩は、早朝に秩父から戻ってきた疲れが相当あったようで早くに寝てしまいました。爺化は相当に進んできたようです。(^^);

> やはり異人館は中に入らないと駄目ですね~~
> 色んな芸術作品を見ることが出来るんですね!
> 冬場は寒くなるので、室内撮影はもってこいだし
> この冬の間に一度、行って見ようかな^^

ガラスケースに入っているものも少なくありません。CPLフィルターは反射をいささかでも抑えるのに必携のようです。
それもこれも結構採光性の良い部屋が多いからなんでしょうね。
見晴らしがよく、日光がたっぷり入ってくる家屋。贅沢この上ない話です。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR