散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

兵庫県内を見て回る(14)

北野の異人館を見て回る(8)
うろこの家(2)
館内2階の様子
1階は通常の客間のようなものだったと思うが、2階は居室であったり、限られた客との夕食を囲む部屋だったりしたのだろう。何となく居住者の思い入れがある感じを受けた。
館内2階の様子_1
館内2階の様子_2
館内2階の様子_3
館内2階の様子_4
館内2階の様子_5
館内2階の様子_6
館内2階の様子_7
館内2階の様子_8
館内2階の様子_9
館内2階の様子_10
館内2階の様子_11
ダイニングルームは超高級。赤坂の迎賓館を思い出してしまった。
館内2階の様子_14
館内2階の様子_15
館内2階の様子_16
館内2階の様子_17
2階からの景観。前庭にある『カリドン(ポルチェリーノ)の豬』などがみえる。
館内2階の様子_19
これは馬車なのだそうだ。説明書きには『王家の橇』と記されてあった。18世紀後半、デンマーク王室が愛用したもので、クルミの木で作られている。
館内2階の様子_20
館内2階の様子_12
館内2階の様子_13
館内2階の様子_21
館内2階の様子_22

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
とにかく豪華すぎる豪邸ですね!
『王家の橇』と書かれていた馬車はやっぱり橇ですよね!
馬に聞かせたのかもしれませんね♪
5枚目の調度品の中に現代のタブレットがあることに
違和感を感じるのは私だけでしょうか?笑)
 
こんにちは。
現代人は日常の中にごく普通に西洋文化が入り込んでいるので
洋館や調度品を見ても素敵なアンテークだなくらいにしか感じませんが、
西洋文化に接したことがなかった当時の人は目に入るもの全てが新鮮で
驚きの連続だったでしょうね。
西洋以外の諸外国はその近代文明に圧倒され、平伏し、植民地化されていくわけですが、幕末明治の人々の負けてなるものかという気骨や気概が素晴らしかったんでしょう。
その気骨や気概は豊かさと引き換えに薄れてしまうんですね(^_^;)。

ryu
こんばんは。 
AzTakさん、
西洋館は、どこもゴージャスですね。調度品は至る所に飾られ家具も装飾性が強くて、廊下の絨毯は映画で見たことがあるとか確かに迎賓館みたい、と
思ったりもします。

当時のこの家に居住者と大勢の使用人やお客を招いてのパーティーなどを想像してみると、このゴージャスさが活きてきますね。

2階からの景色を見ると高台で一階が低く見えますので、坂道に階段と続きますとお疲れになりますね。
でもそのおかげで遠くて行けない洋館を、たくさん拝見することができました。ありがとうございました。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> とにかく豪華すぎる豪邸ですね!
> 『王家の橇』と書かれていた馬車はやっぱり橇ですよね!
> 馬に牽かせたのかもしれませんね♪

ここが最高かなとこの時は思いました。ところが次に行って、考えがころりと変わりました。
なぜかは、先に行けばわかると思います。

> 5枚目の調度品の中に現代のタブレットがあることに
> 違和感を感じるのは私だけでしょうか?笑)

さすが観察眼が鋭いmakiraさんです。私は言われるまで、まったく気づきませんでした。(^^);
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 現代人は日常の中にごく普通に西洋文化が入り込んでいるので
> 洋館や調度品を見ても素敵なアンテークだなくらいにしか感じませんが、
> 西洋文化に接したことがなかった当時の人は目に入るもの全てが新鮮で
> 驚きの連続だったでしょうね。

ものすごいカルチュアショックがあったと思います。

> 西洋以外の諸外国はその近代文明に圧倒され、平伏し、植民地化されていくわけですが、幕末明治の人々の負けてなるものかという気骨や気概が素晴らしかったんでしょう。
> その気骨や気概は豊かさと引き換えに薄れてしまうんですね(^_^;)。
>
> ryu

本当に気骨がありすぎるくらいあったようですね。それが裏目に出たのか、列強に食って掛かって、叩きのめされた。
確かにハングリーさがなくなり、列強何するものぞという気概はなくなってしまったかもしれませんね。まあ、世界の中にあって、底辺に沈みこまず、何とかやっていけるといいのですが。
それにつけても少子高齢化は国力を大いにそぐことになりそうに思います。
Re: こんばんは。 
みすてぃむーんさん、こんばんは。

> AzTakさん、西洋館は、どこもゴージャスですね。調度品は至る所に飾られ家具も装飾性が強くて、廊下の絨毯は映画で見たことがあるとか確かに迎賓館みたい、と思ったりもします。

確かに迎賓館のようになっていますね。当時は絶対にここまでゴージャスではなかったと思うのですが。どうにも、煽られてしまいます。
迎賓館といえば、今は限定的に公開するのみですが、原則公開するという話が出ているようですね。ついでに館内の写真撮影もOKになると、さらに嬉しいのですが。

> 当時のこの家に居住者と大勢の使用人やお客を招いてのパーティーなどを想像してみると、このゴージャスさが活きてきますね。

当時の調度品でも十分にゴージャス感はあったと思います。極東の新興国に過ぎない日本に来た者同士、和気あいあいとパーティーを楽しんでいたのかもしれませんね。

> 2階からの景色を見ると高台で一階が低く見えますので、坂道に階段と続きますとお疲れになりますね。
> でもそのおかげで遠くて行けない洋館を、たくさん拝見することができました。ありがとうございました。

(ΦωΦ)フフフ…、徐々に足腰にきいてきた感じです。その後、休憩時間が大幅に増えました。
こんばんは 
うろこの館って有名ですよね^^
今は世相サンタが飾られているようです。
内部もとても素敵ですね!
次に訪れたときは中にも入ってみたいと思います^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> うろこの館って有名ですよね^^
> 今は世相サンタが飾られているようです。
> 内部もとても素敵ですね!
> 次に訪れたときは中にも入ってみたいと思います^^

もし時間がなくて1館のみというのでしたら、次に取り上げる予定の『山手八番館』の方がよろしいのでは。隣り合っていますが、こちらの方がよりお金をかけています。金満国日本の象徴のようです。
尤も、こればかりは好き好きですが。私は、『山手八番館』の仏像コレクションに驚きました。あれらを持ち出して、悶着が起きなかったのかと思うほどです。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR