散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

兵庫県内を見て回る(4)

出石にて(3)
有子山稲荷神社
本丸よりも一段上にある。神社だから殿様よりも高いところに位置していても構わなかったのだろうか。驚いたことに江戸時代から身分を問わず参詣が許可されていたそうだ。あまり格式などを気にする藩主ではなかったようだ。
曲輪稲荷郭に1604年の築城時から現在地に鎮座する城の鎮守である。城郭内にありながら、江戸時代から身分を問わず参詣が許可されていた。城の麓から始まる石段の参道には、37基の鳥居が並び、157段上った右手に稲荷郭があり、その奥に社殿がある。
参道
期待していなかったが紅葉が見事だった
参道_1
参道_2
参道突き当り
ここで右折するが、かつてのお城に登城するにはさらに急峻な道を延々と登らなければいけないようだ。山頂部のお城を廃城にする決断をしてくれて助かった。
参道突き当り_1
参道突き当り_2
かつてはこの山上にあったのだ。想像しただけでも気が滅入るほどだ。標高321m。三の丸からでも標高差は200m以上はありそうだ。
有子山の山頂
曲輪稲荷郭跡
いまは有子山稲荷神社本殿の他には何もない。
曲輪稲荷郭跡
有子山稲荷神社本殿
有子山稲荷神社本殿_1
有子山稲荷神社本殿_2
有子山稲荷神社本殿_3
有子山稲荷神社本殿_4
曲輪稲荷郭跡からの眺望
曲輪稲荷郭跡からの眺望_1
曲輪稲荷郭跡からの眺望_2
曲輪稲荷郭跡からの眺望_3
曲輪稲荷郭跡からの眺望_4
麓にある拝殿
麓にある拝殿_1
free画像を借用
麓にある拝殿_2

Comments

おはようございます! 
神戸の坂やら気づくのが遅れましたね、AzTakさんにはきつかったのに気がつかなくて・・・・。有馬温泉でも案内してお帰りになられたほうがよかったですね!来年も元気なら展示会2回目をやります、次回のテーマは、「季節感あふれるヤマセミ」になりました。これが実に難しいのです。ジャンルが違う旅写真やスナップ写真のブログもやりたいですが、AzTakさんみたいに上手く撮れないでしょう・・・。
腰は大丈夫ですか?
 
こんにちは。
身分制度が今とは想像も付かないくらい厳格だった江戸時代に、本丸よりも上にある有子山稲荷神社の参詣を認めていたとは心の広い藩主だったんですね。
福島県の旧長沼町勢至堂峠に殿様清水という湧水があるのですが、
街道の崖下にあり、百姓や庶民が歩く道の下に湧く清水など、殿様にはとても飲まされないと、家臣が諌め、名前こそ殿様清水ですが、殿様は一度も口にできなかったと言う逸話が残っています。
そのくらい当時の士農工商制度は表向き厳格だったんですね。

ryu
Re: おはようございます! 
kazさん、こんばんは。

> 神戸の坂やら気づくのが遅れましたね、AzTakさんにはきつかったのに気がつかなくて・・・・。有馬温泉でも案内してお帰りになられたほうがよかったですね!来年も元気なら展示会2回目をやります、次回のテーマは、「季節感あふれるヤマセミ」になりました。これが実に難しいのです。ジャンルが違う旅写真やスナップ写真のブログもやりたいですが、AzTakさんみたいに上手く撮れないでしょう・・・。
> 腰は大丈夫ですか?

足腰は旅行中は大丈夫でした。大人が気ままにやっていることなので、すべて自己責任ですが、幸いに事故もなく過ごせました。ありがとうございました。
翌日の北野の異人館制覇で草臥れて、その後、たっぷり時間があるので、夜景でもと思ったのですが、そちらはパスしちゃいました。帰りのバスでは疲れたのか熟睡。早朝の霞が関に降り立ちました。無人の霞が関の様子が新鮮で、写真を撮ろうかなと思いましたが、如何にも挙動不審者のようで、やめておきました。
やっぱり2回目は少しハードルが高くなるようですね。1年間の宿題ですね。これでどうだとばかりに、皆さんが傑作を引っ提げてくることなのでしょうね。
こんばんは 
出石で紅葉にも出会えたんですね^^
沢山の鳥居が並んでいますね~~
伏見稲荷の千本鳥居を思い出します^^
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 身分制度が今とは想像も付かないくらい厳格だった江戸時代に、本丸よりも上にある有子山稲荷神社の参詣を認めていたとは心の広い藩主だったんですね。

私はそう解釈しました。もしかしたら、何か別の理由があったのかもしれません。

> 福島県の旧長沼町勢至堂峠に殿様清水という湧水があるのですが、
> 街道の崖下にあり、百姓や庶民が歩く道の下に湧く清水など、殿様にはとても飲まされないと、家臣が諌め、名前こそ殿様清水ですが、殿様は一度も口にできなかったと言う逸話が残っています。
> そのくらい当時の士農工商制度は表向き厳格だったんですね。
>
> ryu

普通はそうですよね。でも、私の同級生だったある藩主の子孫など、偉ぶったりしないいい奴でした。ヒエラルキーの頂点に立つ藩主も孤独な存在だったのかもしれませんね。本当は、普通に生活したかったのかもしれません。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 出石で紅葉にも出会えたんですね^^

何とかですね。神戸の例の場所と比べたら、まだまだでしたが。

> 沢山の鳥居が並んでいますね~~
> 伏見稲荷の千本鳥居を思い出します^^

ここもお稲荷さんなんだなと実感しました。この段差ですから、千本鳥居のように続いたら、山頂にまで到達してしまいます。相当に厳しいことになると思います。もうへばって写真など撮れなかったでしょうね。
ある程度で終わってくれて助かりました。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR