散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

兵庫県内を見て回る(3)

出石(いずし)にて(2)
出石城跡
もともとは、標高321mの有子山山頂を天守とする有子山城があったそうだ。登城がさぞかし大変だったことだろうと思ったのだが、1604年(慶長9)、小出吉英により有子山城の山上の丸および天守部分が廃され、有子山城山麓の郭および館のみを出石城と命名し幕府に居城として届けた。それにともない平地に、堀で囲まれた三の丸が築かれ、下郭、二の丸、本丸、稲荷丸が階段状に築かれたそうだ。
そうか、途中から形式よりも実利を重視したんだ。山麓の郭でも十分、天守閣の代用となる。

以下はfree画像2点
お城の見取り図
お城の見取り図
山上の本丸があった、その跡
山上の本丸があった、その跡
一部写真にレンズフードの問題でケラレが出ている。この旅行後、正しいレンズフードに交換した。今回は我慢して見ていただきたい。
登城橋
登城橋
登城門
登城門
本丸西隅櫓が見えてきた
こじんまりとした櫓だ。手前に石垣が積んである一画は二の丸跡。上の見取り図の通り、かつての二の丸はもっと広かった。
本丸西隅櫓が見えてきた_1
本丸西隅櫓が見えてきた_2
本丸跡
本丸跡_1
本丸跡_2
本丸は思ったよりも狭い。本丸御殿も相応の大きさだったのだろう。考えてみれば、江戸城の本丸だってそう広くはないのだから、藩の格式相応なのかもしれないが。
本丸跡_3
本丸跡_4
本丸西隅櫓
建物の内部に立入ることはできないようだ。東隅櫓と西隅櫓とは1968年(昭和43年)に復元されたそうだ。これが有ると無いとでは景観がまるで違う。
本丸西隅櫓_1
本丸西隅櫓_2
感応殿
この社殿は、感応殿といい、出石藩主仙石氏の祖権兵衛秀久公を祀っています。公は美濃(岐阜県)の人で、豊臣秀吉に仕えて功があり洲本、高松の城主となり一時勘気を受けて浪人しましたが、小田原攻めで奮戦し小諸城主に返り咲きました。その豪勇のほどは大盗賊石川五右衛門を捕らえた豪傑として伝説化されています。仙石氏は、公のあと子の忠政が信州上田に移り玄孫政明が宝永三年(一七〇六)に出石に移封されて五万八千石を領し以来廃藩まで七代百六十三年間続きました。明治に入って旧家臣らによって本丸跡に公を祀る感応殿が建立され今日に至っています。以後町の人々は本丸を権兵衛さんと愛称をもって呼び、例祭は五月の祥月命日に行われています。
感応殿
本丸跡からの眺め
ここからの眺めはさほど良くない。大変でも、一段上にある曲輪稲荷郭に上った方が眺望は遥かに良い。
本丸跡からの眺め
東隅櫓
東隅櫓
曲輪稲荷郭
本丸を見下ろすような形になっている。藩主は気にしなかったものなのだろうか、とこちらが気になってしまった。次回そちらの様子を取り上げる。
曲輪稲荷郭

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!2日に車中泊とは
ハードなスケジュールでしたね♪
写真展の作品は素晴らしいものですね!
信州の蕎麦の技法が兵庫の出石で花開いたのですね♪
全国の城廻の旅もいいな~!
おはようございます! 
兵庫県内を見て回る(3)ですから、次回が楽しみですね!いつもながらAzTakさん風の写真のとらえかた、文面すごいですね。
こんにちは。 
石垣がスゴイですね。
今にも崩れそうな所も見受けられますが、長年この状態を保っているのですから、計算されて積み上げられているのでしょうね。
 
こんにちは。
出石城の石垣は野面積みですね。
以前は素朴というか、粗野といいましょうか
垢抜けない田舎城の石垣だと思い込んでいましたが
穴太積みを知って、見た目以上に緻密でとても頑丈だと知りました。
人間もそうですが外見だけで判断しちゃいけないですね(^_^;)。

ryu
 
AzTakさま こんにちは
今回は、兵庫県見て歩きの旅ですね。
出石城の石垣は、原石をそのまま使って積み上げた珍しい石垣なのですね。
300年も前に積み上げられた石垣が崩れることもなく現存しているとは、当時技術の素晴らしさを伺い知ることが出来ます。
名物の「出石皿そば」と「鴨汁蕎麦」を食されたようですが、「出石皿そば」は5枚が一セットのようですので、ボリューム満点ですね。
これでしばらく旅は大丈夫のようですね・・・・・・
こんにちは。 
出石の蕎麦は美味しい印象が残ってます。とくに茹で汁にとろみがあって最後まで美味しく楽しめるのは、やはりお客さんが多いからでしょうね。ブロガーさんのご案内ということですが、AzTakさんの一日行程にびっくりだったんではありませんか。強行軍のようにありましたが楽しい旅のようで何よりでした。
こんばんは 
出石城跡ですか!
天守閣が無いのは残念ですが、
石垣が凄いです^^
こう言う石垣を見るとお城好きの
血が騒ぐ僕です^^
こんばんは 
車中泊2・・・マイカーでお出かけだったのですか。長時間運転でも腰が大丈夫そうで何よりです。大阪からですと近いですが行ったことの無い所ばかり。いつも兵庫は大阪湾寄りの高速道路を素通りです。歴史とか建造物にも興味を持った方が何かと楽しいかもしれませんがどうも自然のほうへ足が向いてしまいます。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!2日の車中泊とは
> ハードなスケジュールでしたね♪

makiraさん、こんばんは。確かにちょっとハードだったかもしれませんね。神戸の北野の異人館見学で張り切りすぎました。あとで考えたら、坂を上ったり、下りたりで、自分が足腰が痛い身の上なんだということを最後の最後に感じました。

> 写真展の作品は素晴らしいものですね!

すごいハイレベルでした。クローズアップした作品は東西南北さんの作品でしたが、実にすごい作品ばかりでした。
ホストのkazさんの作品もすごかったのですが、展示してある場所の関係で、うまく撮れませんでした。買ったばかりのレンズだったので、CPLフィルタなどの手配を失念していて、涙をのみました。
kazさんの作品は、この後にコウノトリがいた田んぼのところで、撮ったものをいただきましたので、そこで紹介したいと思います。

> 信州の蕎麦の技法が兵庫の出石で花開いたのですね♪
> 全国の城廻の旅もいいな~!

そうですね。とてもおいしかったです。信州から伝えたかったのが肯ける相当に高いレベルでした。
詳しくは知らないのですが、城下の人たちと殿様との関係がぎすぎすした感じじゃなかったように思いました。人格の優れた藩主だったのでしょう。
Re: タイトルなし 
こんばんは。

> 兵庫ですか、凄いパワ-ですね。

(ΦωΦ)フフフ…、夜行バスでの旅が好きなんです。見てみたいものが見つかれば、疲れはあまり感じない方です。まあ、言ってみればおバカです。

> 過酷な国替えも文化の交流には貢献しているんですね。
> 城の写真いいですね。特に不揃いな石垣の様子が野性的で魅力的です。

国替えの隠れた効用だったかもしれませんね。
石垣に関しては『野面積みというものなのかな』などと思いながら見ていました。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 石垣がスゴイですね。
> 今にも崩れそうな所も見受けられますが、長年この状態を保っているのですから、計算されて積み上げられているのでしょうね。

記事に編集するときにしみじみ見ました。上っているときは、足腰が痺れたりしないかなということが心配で、しっかり見る余裕がありませんでした。
実は、あそこが当初の本丸ではなく、最初は有子山の頂上にあったそうです。登城する侍諸氏は本当に『登って』いく必要があったようです。息子が大きくなったら、すぐに隠居願を出したくなるような環境だったと思います。今の本丸のところにしたのは、当時の藩主の優れた決断だったと思います。
そういうことで山の中腹に作ったので、石垣は、美しさよりも堅牢性を重視したのだと思います。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 出石城の石垣は野面積みですね。
> 以前は素朴というか、粗野といいましょうか
> 垢抜けない田舎城の石垣だと思い込んでいましたが
> 穴太積みを知って、見た目以上に緻密でとても頑丈だと知りました。
> 人間もそうですが外見だけで判断しちゃいけないですね(^_^;)。
>
> ryu

(ΦωΦ)フフフ…、垢ぬけしませんか、そうかもしれませんね。
傾きが大きくなるたびに修復を繰り返さなければならない姫路城とは出来が違うものかもしれませんね。

外見も中身も共に冴えない私には、耳が痛い言葉です。せめて、カメラの腕前だけでももう少し向上すればいいのですが。
Re: タイトルなし 
> AzTakさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 今回は、兵庫県見て歩きの旅ですね。
> 出石城の石垣は、原石をそのまま使って積み上げた珍しい石垣なのですね。
> 300年も前に積み上げられた石垣が崩れることもなく現存しているとは、当時技術の素晴らしさを伺い知ることが出来ます。

そうですね。それを言うと、傾きが出てきやすい姫路城の問題が出てきま須が、あちらは、どちらかというと、石垣の積み方よりも地盤の問題がったのでしょう。旭化成の子会社の杭打ち工事が世間を騒がせていますが、同様な問題があったように思います。

> 名物の「出石皿そば」と「鴨汁蕎麦」を食されたようですが、「出石皿そば」は5枚が一セットのようですので、ボリューム満点ですね。

「出石皿そば」は、非常ののど越しが良く、味もよいのですが、ボリュームが極端に少なく、あれで満腹になるのは少食の方のみのように思いました。

> これでしばらく旅は大丈夫のようですね・・・・・・

おかげさまで、足腰の大きなトラブルはなく済みました。とはいうものの、筋肉が相当にへばった状態で、カイロ+鍼灸治療を受けに行ったものですから、先生が驚いた顔をしていました。もう少し、負荷を小さくした旅行にすべきかと反省しました。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 出石の蕎麦は美味しい印象が残ってます。とくに茹で汁にとろみがあって最後まで美味しく楽しめるのは、やはりお客さんが多いからでしょうね。ブロガーさんのご案内ということですが、AzTakさんの一日行程にびっくりだったんではありませんか。強行軍のようにありましたが楽しい旅のようで何よりでした。

出石そばは非常にうまいと話には聞いていました。何とかして食べに行きたいものだと思ってはいたのですが、足がない身にはどうすることもできませんでした。
今回は、先方が私がおバカだということで、疲れるだろうに遠走りをしてくださいました。おかげで、出石蕎麦を食べ、お城を見て、さらに運良く、放鳥されているコウノトリさんを見ることができました。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 出石城跡ですか!
> 天守閣が無いのは残念ですが、
> 石垣が凄いです^^
> こう言う石垣を見るとお城好きの
> 血が騒ぐ僕です^^

石垣は確かに頑丈に作ってあった感じですね。積み方がとても巧みだったようです。
天守閣はあの位置ならば櫓が東西にあるしいらなかったように思いました。
江戸城にもわずか数十年しか天守閣がなく、大火で焼け落ちた後の再建は、会津藩主保科正之に諫められ、断念したようです。ということで、関東のめぼしいお城は、江戸に遠慮してか、許されなかったのか、天守閣を造らないお城だったようです。
Re: こんばんは 
めぐるさん、こんばんは。

> 車中泊2・・・マイカーでお出かけだったのですか。長時間運転でも腰が大丈夫そうで何よりです。大阪からですと近いですが行ったことの無い所ばかり。いつも兵庫は大阪湾寄りの高速道路を素通りです。歴史とか建造物にも興味を持った方が何かと楽しいかもしれませんがどうも自然のほうへ足が向いてしまいます。

私は、恥ずかしながら完全なペーパードライバーです。運転の適性が皆無で、車は運転しない方が長生きできそうですから。
自分で運転していったら、現地で寝てばかりで役に立ちません。夜行バスのお世話になりました。
今は、少しだけ割増の運賃で、快適に乗車できるようになっているようです。熟睡しながら、大阪駅で降りました。三宮まで向かうつもりでいましたが、三田に向かうには、大阪駅で降りた方が早くつけるので切り替えました。
朝一番から動き回ることができるので、夜行バスは割と使う方です。

ときどき、自然に触れたくなったら、福島に行くようにしています。
そこまでの時間的な余裕がない時は、近隣の川や丘を歩きまわっています。山の上だけは敬遠しています。


Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR