散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

またも出かけた日本民家園(18)

(23)菅原家住宅《東北の村》
外観
グシグラという屋根棟
神社にあるそれを思わせる。何ともすごいものだ。
外観_1
外観_2
外観_3
外観_4
外観_5
外観_6
外観_7
角(かど)に角(つの)があるような独特のやり方。今まで気づかなかった。
外観_8
屋内
間取り
間取り
アマヤ
濡れた雨具は、ここにつるした。湿気を屋内に持ち込まないようにしたのだろう。
屋内_1
ニワ・ナヤ・モノオキ・イナベヤ
屋内_2
このくらいの隙間は雪の時には囲いをするだろうから、気にならなかったと思う。
屋内_3
使いやすそうな座り流し。武者窓もしっかり備えてあったようだ。熊などが顔をのぞかせても困るだろうから、当然なのだろう。
屋内_4
オメエ
火棚のついた囲炉裏がある。しっかり木をくべたのだろう。家族が集う現在のリビング的な間だろう。
屋内_5
屋内_6
シモデ
こちらにも囲炉裏があったが、火棚はつけていない。囲炉裏としては補助的な位置づけだったのではなかろうか。その先に見える畳の間はカミデ。
屋内_7
表示にはデイと書かれてあった。間取り図と表記が異なるなあ。でも『下デイ』という意味合いなのだろう。客をもてなすことができる少しかしこまった部屋のようだ。
屋内_8
シモデの外から中を見た様子。奥はオメエだ。
屋内_9
カミデ
『上デイ』ということなのだろう。床の間やアミダサマと呼ばれる仏壇・仏具入れなどがある。
屋内_10

神奈川県指定重要文化財
旧所在地:山形県鶴岡市松沢
建物区分:農家(肝煎の家)
構造形式:寄棟造(高ハッポウおよびハッポウ付き)、妻入、一部二階、背面庇付、茅葺、桁行15.8m、梁行9.6m
建築年代:18世紀末期
屋根に高窓のある豪雪地帯の家

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
教育委員会の解説
古来より霊山としての信仰を集めた出羽三山の湯殿山・月山を東にひかえた、山形県東田川郡朝日村の田麦俣は、美しい外観を持つ「ハッポウ造」民家のふるさととしてよく知られている。菅原家住宅は同じ朝日村だが、田麦俣とは谷ひとつを隔てた大鳥川沿いの松沢に所在していた。同じ村のうちでも、田麦俣の民家とは外観も間取りも異なり、むしろ南に隣接する越後の朝日山麓の民家に親近性を持つといわれる。
菅原家は代々肝煎を勤めたと伝える有力農家で、その主屋は18世紀末頃の建築と推定されている。妻側に設けられた入口の上部2階はセガイで持ち出し、高ハッポウと呼ばれる開口部を設ける形が、この家の外観の最も大きな特徴である。この地方は有数の豪雪地帯で、高ハッポウは積雪時の出入口としても利用したようである。また、屋根の平側にも開口部(ハッポウと呼ぶ)を設け、小屋裏の採光と換気に役立てている。急勾配の屋根の棟上に置かれた、神社の置千木を思わせるようなグシグラも特徴的である。
土間への出入口は妻側に設けられたアマヤの奥に置かれる。アマヤは今でいう風除室、あるいは雪よけのための施設だろう。床上は4室からなり、表(南)にデイ(シモデ)・カミデイの2室の客座敷を置く。田麦俣ではこれらは妻側に置かれるから、両者は異なる系統の間取りである。カミデイは唯一の畳敷の部屋で、床の間の隣りにアミダサマが設けられるのもこの家の特色である。村の人々がここに集まって、大きな数珠をみんなで繰回しながら念仏を唱える、いわゆる百万遍念仏を行ったというから、肝煎という家柄ならではの施設であったのだろう。竿縁天井を張るが、竿縁が床の間に直交する、いわゆる床刺しであるのが珍しい。デイの裏側のオメエはこの家の中心で、大きな囲炉裏の上にはアマダナが設けられ、衣類の乾燥や、食物をいぶして保存するためなどに用いられた。ウーヘヤは寝室で、ここには低い中2階が設けられている。ウーヘヤを除く部屋の天井は高く、デイ及び土間は根太天井、オメエは竹簀子天井である。また壁は土壁を用いず、すべて板壁である。
構造は4周の半間幅を下屋とし、チョーナ梁を用いるのは合掌造と同じである。オメエの上部を除いて板敷の2階が造られ、一部は3階とする。高ハッポウのある妻側2階は床が一段低いが、これは積雪時の出入りを考慮してのことだろう。田麦俣の特徴ある多層民家の形成は、明治期に入って養蚕が盛んになり、そのために必要な床面積を増やすために2階・3階を設け、そしてそこの換気や採光のための開口部が必要となったため、ハッポウや高ハッポウが造られた結果とされている。菅原家も多層民家ではあるが、建立時期は田麦俣のハッポウ造よりも古く、そのため高ハッポウも小さい。平側のハッポウも旧状にならって取り付けられているが、創建時にあったか否かは明らかでない。
以上のように、菅原家住宅は同じ村内でありながら田麦俣の民家とはやや異質な多層民家であり、また高ハッポウを持つ民家としては古く、この地方の養蚕と民家の形式の関係を知るうえで重要な遺構である。


以上で、『またも出かけた日本民家園』シリーズは終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。

Comments

 
こんにちは。
東北は貧しく貧農が多かったイメージですが
この菅原家住宅はとても立派な造りですね。
茅の厚さも半端なく、相当の名家だったのでしょう。
東京でさえ昭和までは銭湯がたくさんあったくらいですから
個人宅にお風呂が無いのは普通だったのでしょう。
今でもアジア各地は沐浴が主流でお風呂(湯船)が当たり前なのは
日本くらいみたいです。

ryu
こんにちは 
この茅葺屋根、面白いですね~~
屋根の真ん中に障子がある!
部屋があるんでしょうか?
屋根裏部屋って子供の頃からの憧れです^^
こんばんは 
古民家といえど自分の年齢をおもえばそんなに遠い昔の家では無いようにもおもいます。明治からこっちでしょうか。我々の子供時代のちょっと前ぐらいからでしょうか。住まいを含む文化がものすごいスピードで劇的に環境が変化してきたように感じます。私たち人類はいったいどんな風な所に向かっているのでしょう・・・(笑)
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 東北は貧しく貧農が多かったイメージですが
> この菅原家住宅はとても立派な造りですね。
> 茅の厚さも半端なく、相当の名家だったのでしょう。

身贔屓があるのかもしれませんが、この家屋が日本民家園の中で私が一番好きな家屋です。
相当にしっかり作ってありますね。これならば、日本有数の豪雪地帯にあっても、長持ちするのは当然だったかもしれません。

> 東京でさえ昭和までは銭湯がたくさんあったくらいですから
> 個人宅にお風呂が無いのは普通だったのでしょう。
> 今でもアジア各地は沐浴が主流でお風呂(湯船)が当たり前なのは
> 日本くらいみたいです。
>
> ryu

江戸時代は、よほどのことがない限り、内風呂はなかったようです。内風呂が普及したのは、昭和30年代以降でしょうかね。
丹前を着込んで、湯たんぽを抱いて、ひたすら寒さに耐えていたのでしょうか。
米沢の家はそこまでしなくとも十分に暖かく、南部の家は我慢比べ状態だったようにおもいます。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> この茅葺屋根、面白いですね~~
> 屋根の真ん中に障子がある!

ハッポウと呼ばれている明り取りの窓がついていたようです。1階部分が雪でふさがれてしまうと、こういう工夫がなされていないと暗くて困ったことなのでしょう。なぜか最初に見た時から、この屋根の形状が好きになりました。一目ぼれです。

> 部屋があるんでしょうか?
> 屋根裏部屋って子供の頃からの憧れです^^

ロフトでしょうかね。主たる占有者はお蚕さんのようですが、人間以上に手厚く保護されていたように思います。
Re: こんばんは 
めぐるさん、こんばんは。

> 古民家といえど自分の年齢をおもえばそんなに遠い昔の家では無いようにもおもいます。明治からこっちでしょうか。我々の子供時代のちょっと前ぐらいからでしょうか。住まいを含む文化がものすごいスピードで劇的に環境が変化してきたように感じます。私たち人類はいったいどんな風な所に向かっているのでしょう・・・(笑)

日本の民家のばあい、長持ちしない木や紙でできていましたからねえ。建て替えは必然だったのでしょう。そこへ、開国で生活様式が激変しましたから、家屋もそうした生活様式の変化に合わせて、激しく変わりましたよね。
これから先は、どう変わっていくのでしょうか?

Body

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

11月18日(土)夜から11月19日(日)夜は、岐阜基地航空祭2017を見に出かけています。その間、私からのアクセスはできません。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR