散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

長谷寺~光則寺~極楽寺~満福寺(6)

光則寺(2)
「當山第三世日續聖人 宿谷左衛門光則古墳」と書かれた石碑
當山第三世日續聖人とは宿谷左衛門光則のことを指すように見える。うろちょろしてみたが、手掛かりは他にないし、やぶ蚊に刺されるのでたまらず退散。
>「當山第三世日續聖人 宿谷左衛門光則古墳」と書かれた石碑_1
>「當山第三世日續聖人 宿谷左衛門光則古墳」と書かれた石碑_2
本堂
本堂の格天井を鎌倉彫で飾ることになり、完成した天井絵136枚が今年(2015年)の3月27日、本堂内に展示された。本堂は通常、非公開だが、本格工事前に天井絵を間近に見てもらおうと期間限定で公開することにしたそうだ。もうとっくに公開は終わってしまったが、いずれかに機会に公開されるかもしれない。
本堂
本堂は、慶安三年(1650)、江戸時代初期のものですが、寛政十二年(1799)と関東大震災の修理などを経ており、比較的新しく見えます。
桁行五間、梁間五間で、正面と両側に縁をめぐらします。外側は、角材を使い、縁長押と内法長押がめぐらされています。舟肘木が丸桁を支える比較的簡単な構造になっています。正面中央は、両開きの桟唐度になっていて、軒は、一軒の半重垂木となっています。内陣は、内法貫と頭貫でつなぎ、柱の上に出三斗を配します。木鼻は、17世紀中期の特徴を示すそうです。


本堂左手にある。主張しぎることもしなさすぎることもないちょうどよい感じの池だ。
池_1
池_2
池_3
池_4
山門の上部
もう少しきちんと撮れればよかったのだが。リハビリ中で、先を急ぎがちになってしまったようだ。
山門の上部_1
山門の上部_2

『四季の光則寺山野草と茶花マップ(2004年版)』へjump
光則寺写真集へjump

長谷駅まであと少しというところで、修学旅行の中学生たちが猛ダッシュ。あれを逃すとあと12分。長谷駅は上下線が交差する駅なのが。彼らが急ぐということは、私も急がねばならない。釣られて私も走った。足腰の不調などと言ってはいられない。

極楽洞
極楽寺へ向かって一駅だけ江ノ電に乗る。その途中に明治40年に建設された極楽洞がある。
桜橋からみた極楽洞
煉瓦造りの坑門だとわかるだろうか。明治40年に建設された。アーチの頂部に2か所の要石を備えたデザインは、全国的にも珍しいものだそうだ。
桜橋からみた極楽洞_1
桜橋からみた極楽洞_2
藤沢行きの電車からみた極楽洞
長谷側からは『千歳開道』と呼ぶこともあるそうだ。元内閣総理大臣の松方正義が『千歳開道』と揮毫したからだとか。
藤沢行きの電車からみた極楽洞
鎌倉行きの電車からみた極楽洞
煉瓦造りの坑門だとわかるかな。確かに要石が2つあるぞ。
鎌倉行きの電車からみた極楽洞_1
長谷側の出口には落石防止のためか、少し鋼板で継ぎ足しがなされているようだ。だから、長谷側の坑門がどうなっているのか確認しにくいようだ。
鎌倉行きの電車からみた極楽洞_2
土木資産認定のプレート
土木資産認定のプレート_1
土木資産認定のプレート_2
桜橋
巨大な水道管が邪魔して殆ど見えないが、間違いなく桜橋だ
桜橋

極楽寺
境内は一切合切、撮影禁止&写生禁止で面白くもなんともない。また、来てしまったが、後悔を重ねただけだった。いっそのこと、立ち入り禁止扱いにしてくれたほうがいいほどだ。
極楽寺_1
極楽寺_2
極楽寺_3
極楽寺_4

Comments

AzTakさん 
おはようございます
江ノ電の極楽洞が土木遺産とは知りませんでした。
鎌倉には、古くからのモノから近代のモノまで遺産にすべきモノが多いですね。
写真撮り自由の所と、禁止の所と、何故禁止なのでしょうか?
もっと知らしめても良いように思いますが。
こんにちは 
光則寺さん。
ワタクシもヤブ蚊と蜂に追われて退散いたしました。
もう少し涼しくなってからのほうがよかったのでしょうかね。
こんにちは 
へえ~江ノ電の極楽洞は土木遺産なんですね^^
昔の技術力に感動です!
橋やトンネルなど、大好きです♪
Re: タイトルなし 
こんばんは。

> まだまだやぶ蚊は健在ですか、それに体調崩さないように気を付けてください。私も膝が少々悪く、これから足腰は益々大切と痛感しています。

私の血など吸ったら、死んでしまうかもしれないのに、勇敢なやぶ蚊がいたものです。
私の場合は、右ひざの靭帯部分断裂で、へっぴり腰で歩くようになり、…というようなことがそもそものけちのつけはじめだったのでしょう。
すべり症を食い止めるためにはこの周囲のインナーマッスルを鍛えるしかないようです。それができなければ手術するかでしょうね。

> 極楽寺、茅葺の山門は立派ですが、境内が全て撮影禁止とは驚きますね。

そこまで徹底しなくてもよさそうに思いますが。昨日や今日に始まった話でもなさそうで、WEBを検索しても、どこにも境内の写真もスケッチもありませんね。
Re: AzTakさん 
> おはようございます

のんびり熊さん、こんばんは。

> 江ノ電の極楽洞が土木遺産とは知りませんでした。

これができるまでは、腰越(旧腰越町)のほうから鎌倉の小町・大町など(旧鎌倉町)に行くのは大変だったのでしょうね。
それゆえ、義経が『鎌倉に入るな』と腰越で足止めを食らったのも、不思議なことではなかったのでしょう。そうはいっても義経主従ですから、山道を歩けば鎌倉に入るのはさほど難しいことではなかったと思いますが。

> 鎌倉には、古くからのモノから近代のモノまで遺産にすべきモノが多いですね。

そうかもしれませんね。でも、世界遺産登録は見送られたんですよね。話ばかりで、ものが残っていないじゃないかと。

> 写真撮り自由の所と、禁止の所と、何故禁止なのでしょうか?
> もっと知らしめても良いように思いますが。

いろいろ思うところがあったのでしょうね。撮り鉄さんが邪魔な杭を片っ端から引っこ抜いたのと同じような不作法が過去にあったのかもしれませんね。
Re: こんにちは 
うづらさん、こんばんは。

> 光則寺さん。
> ワタクシもヤブ蚊と蜂に追われて退散いたしました。
> もう少し涼しくなってからのほうがよかったのでしょうかね。

(ФωФ)フフフ・・・、そう思ったのですが、花がなくなってしまう時期も寂しいかなと思い、強行しました。
光則さんの寺で光則寺ですか。私も名前に寺をつけると京都の有名なお寺さんになります。新幹線から五重塔が見えますよね。
まあ、ケチな私めが寺を遺すわけもありませんが。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> へえ~江ノ電の極楽洞は土木遺産なんですね^^
> 昔の技術力に感動です!
> 橋やトンネルなど、大好きです♪

確かに要石が2つあるようですね。変わったものですね。
極楽寺から先は海が見えて風光明媚な景観が楽しめます。写真を撮りまくったら一週間くらいはすぐに経ってしまいます。

今日はお会式に行ってきました。ずっと立ちっぱなしだったので、腰がいささか悲鳴を上げています。おまけにどんどん良くなる法華の太鼓を至近距離で聞かされて、耳も悲鳴を上げています。(^^);

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR