散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

第47回愛馬の日(6)

流鏑馬(2)
2回目に入る
見事的中
最後の分もピンボケだが的に当たって跳ね返っていた。3射3的中だったような記憶があるが、どうだっただろうか。
見事的中_1
見事的中_2
見事的中_3
見事的中_4
見事的中_5
見事的中_6
見事的中_7
見事的中_8
見事的中_9
見事的中_10
見事的中_11
見事的中_12
見事的中_13
見事的中_14
見事的中_15
的中シーン
的中するときの格好って、本当に様になっている。こうでなくちゃ、当たらないということなのだろう。
的中シーン_1_1
的中シーン_1_2
的中シーン_1_3
的中シーン_1_4
的中シーン_1_5
的中シーン_2_1
的中シーン_2_2
的中シーン_2_3
的中シーン_2_4
的中シーン_2_5
的中シーン_2_6
的中シーン_2_7
的中シーン_2_8
全的中だったかなあ
一の的は私の位置からは、殆ど見えない。したがって、その時にメモしておかないと、後日ではどうだったか、記憶があいまいになってしまう。(^^;)
記憶では、全的中はこの的で1回、次の的で1回だったから、この時は2的中だったかもしれない。

全的中だったかなあ_1
全的中だったかなあ_2
全的中だったかなあ_3
全的中だったかなあ_4
全的中だったかなあ_5
全的中だったかなあ_6
全的中だったかなあ_7
全的中だったかなあ_8
鏑が外れたわけでもないのに、見事に的に突き刺さった。鏑矢だから大丈夫などと油断していてはいけないのだ。
全的中だったかなあ_9
全的中だったかなあ_10
全的中だったかなあ_11
全的中だったかなあ_12
全的中だったかなあ_13
続く6シーン分をカット
全的中だったかなあ_20
全的中だったかなあ_21
全的中だったかなあ_22
全的中だったかなあ_23
全的中だったかなあ_24
全的中だったかなあ_25

Comments

おはようございます! 
現地で実際に見てみると、迫力に圧倒されて感動ものでしょう・・・。
今日は! 
長い間ご無沙汰して申しわけありませんでした。
線維筋痛症の悪化で長い間ブログを休ませて頂きました。
体中の筋肉痛と関節痛でダウンしていました。
特に腰の痛みが酷くくの字になって歩いていました。
漸く痛みが和らぎ何時もの状態になりました。
もう少し休養してから写真を撮りに出かけたいと思っています。
お休み中もご訪問頂いていたようで有り難う御座いました。

朝晩の冷え込みが厳しくなりましたのでAzTakさんも風邪を引かないよう注意して写真撮影楽しんでください。
有り難う御座いました。
こんにちは 
土煙をあげて疾走する馬から放つ矢。勇壮感たっぷりで。しかも、連写でピントも合わせて上手に撮っていますねえ。お見事です。隣家の二階から写メの方。特等席ですね(笑)。いやあ、これ面白いなあ。
凄いコトですよね〜 
こんにちは!

流鏑馬ってこんなもの〜と意識した事はありませんでしたが・・・
馬に乗れるだけでなく、操れないと出来ませんよね〜
弓も普通に引くだけでも大変ですね〜

馬を走らせ、無理な体勢から弓を放ち的を射る
しかもこの衣装を着て‼︎
そう考えると、この方々の凄さに驚きました❗️

ご紹介有難うございました。
こんにちは。 
流鏑馬!勇ましいですね。
時速何キロくらいで走っているのでしょうか?
意外と的が煎る位置に近いなと思いましたが、角度の関係でしょうか?
 
こんばんは
日本の伝統馬術をますます発展させて欲しいですね。
素晴らしいです。
馬は馬で懸命に走り、人は人で的を射る。
まさに人馬一体です。
呼吸も見事!!
Re: タイトルなし 
こんばんは。

> 流鏑馬・・凄い迫力ですね。疾走する馬上で弓を射る・・この技術が今も伝承されていることに驚きます。服装もいいですね。どのくらいの継承者がいるのかはわかりませんが、貴重な文化遺産のような気がします。

むちゃくちゃ多いというほどはいらっしゃらないようです。お金だって相当かかることでしょうから。
担い手としては、小笠原流とか武田流とかになるのでしょう。そのほかに、神社の氏子自らが奉納する場合もあるようです。
最後のケースにいわきの飯野八幡宮などが該当します。小笠原流とか武田流とかにはかなわないのかもしれませんが、一度見てみたいものです。
Re: おはようございます! 
kazさん、こんばんは。

> 現地で実際に見てみると、迫力に圧倒されて感動ものでしょう・・・。

こういうイベントは生で見ると鳥肌ものです。そして、家に帰って撮影データをチェックしてみると、自分の下手さ加減に大々々ショック。あっという間に駆け抜けていってしまいますから、難しいのは承知していましたが、いやになるほど撮り遅れています。
数を数えながらタイミングを計っていたのですが、…。
Re: 今日は! 
hiroさん、こんばんは。

> 長い間ご無沙汰して申しわけありませんでした。
> 線維筋痛症の悪化で長い間ブログを休ませて頂きました。
> 体中の筋肉痛と関節痛でダウンしていました。
> 特に腰の痛みが酷くくの字になって歩いていました。
> 漸く痛みが和らぎ何時もの状態になりました。

実は私も足腰の不調に見舞われて少し蟄居気味にしていたのですが、hiroさんの苦しみに比べたら、ふんどし担ぎと大横綱くらい違うことでしょう。
どうなのかなあ、とは思っていました。少し快方に向かってよかったですね。

> もう少し休養してから写真を撮りに出かけたいと思っています。
> お休み中もご訪問頂いていたようで有り難う御座いました。
>
> 朝晩の冷え込みが厳しくなりましたのでAzTakさんも風邪を引かないよう注意して写真撮影楽しんでください。
> 有り難う御座いました。

ゆっくりじっくり、傑作を引っ提げて登場ください。こちらは、いつまで経っても、駄作のオンパレードで、困ったものです。
Re: こんにちは 
HARUさん、こんばんは。

> 土煙をあげて疾走する馬から放つ矢。勇壮感たっぷりで。しかも、連写でピントも合わせて上手に撮っていますねえ。お見事です。

いえいえ、ど下手で困ってしまいます。斯くなる上は、道具にすがりたいところですが、我が家の奥さんがなかなか承知してくれません。もう少し、いろいろなところに出張って、コツを覚えないといけないようです。

> 隣家の二階から写メの方。特等席ですね(笑)。いやあ、これ面白いなあ。

あの建物のガラス側が芝生の馬場です。先ほど、母衣引きを行っていた馬場です。あの建物から実況放送をしたり、競技委員が目を光らせていたりします。あのお姉さんは、先ほど司会をしていたお姉さんでしょう。
細かいことを言えば、あそこから撮るのはご法度のような気が。
ちなみにあの芝生の馬場で東京オリンピックの馬場競技が行われます。その時は、無料観戦というわけにはいかないのでしょうね。でも、世界のレベルを見てみたいものです。少なくとも、あと5年死なずにいなくては。
Re: 凄いコトですよね〜 
> こんにちは!

京都花大黒 店主さん、こんばんは。

> 流鏑馬ってこんなもの〜と意識した事はありませんでしたが・・・
> 馬に乗れるだけでなく、操れないと出来ませんよね〜
> 弓も普通に引くだけでも大変ですね〜
>
> 馬を走らせ、無理な体勢から弓を放ち的を射る
> しかもこの衣装を着て‼︎
> そう考えると、この方々の凄さに驚きました❗️
>
> ご紹介有難うございました。

本当に何から何まで桁外れの馬事ですよね。流鏑馬をやらないまでも、馬術を嗜んだら、知らず知らずのうちにインナーマッスルが鍛えられ、腰痛と無縁でいられるかもしれません。尤も、その前に財布がほころびてしまうかもしれませんが。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 流鏑馬!勇ましいですね。

本当に郵送ですね。

> 時速何キロくらいで走っているのでしょうか?

そうですね。瞬間的には相当なスピードになるようです。ですが、速ければいいってものでもないようです。
何せ速いと次の的があっという間に来てしまいます。
この時も、3週間前にこのグループに加わったばかりの若駒がいました。これがむちゃくちゃ飛ばすんです。おかげでこの馬に乗る射手のタイミングと合わず、的中率が下がってしまう不具合もありました。
難しいところですね。

> 意外と的が射る位置に近いなと思いましたが、角度の関係でしょうか?

その通りです。的と射手の距離と、射手と我々の距離とは2倍くらいありました。あんなに近いと、角度がどんどん変わって、相当に射当てるのが難しくなるだろうなと思いました。
Re: タイトルなし 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 日本の伝統馬術をますます発展させて欲しいですね。
> 素晴らしいです。
> 馬は馬で懸命に走り、人は人で的を射る。
> まさに人馬一体です。
> 呼吸も見事!!

本当にそうですね。的中率も相当ありました。すごいものだと感心しっ放しでした。
斯くなる上は、上京して見に来ませんか。
こんばんは 
流鏑馬って平安時代からあるんですね~~
脈々と受け継がれてきた歴史を感じます^^
全国各地で行われているようですね^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 流鏑馬って平安時代からあるんですね~~
> 脈々と受け継がれてきた歴史を感じます^^
> 全国各地で行われているようですね^^

そうらしいですね。時代時代で流行り廃れがあったとは思いますが、脈々と今日まで受け継がれてきたようですね。明治以降は苦難の時が続いたのではないかと思います。関係者の苦労は大変なものだったと思います。
隣にいた3人の若い女性グループが夢中になって応援していました。市販のような年配者でも格好良く映るようです。
その隣にいた私めはどう贔屓目に見ても、格好良くは見えないようですが。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR