散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

川越ミニ散歩(4)

時の鐘
あいにく耐震工事の真っ最中。真下や、塔をくぐった先の薬師神社に行くことが出来なかった。仕方がないので、真下と奥の様子は、前回撮影データで示す。
この鐘の音を聞いた記憶があったかなあ。聞いた記憶があったような無いような。

時の鐘_1
時の鐘_2
時の鐘_3
時の鐘_4
前回訪問時の記録から
時の鐘_2013訪問時_1
時の鐘_2013訪問時_2
時の鐘_2013訪問時_3
時の鐘_2013訪問時_4
時の鐘_2013訪問時_5
川越の蔵造りの街並みを代表する観光名所で市のシンボルとなっている。地元では鐘撞堂と呼ばれることが多い。3層構造の塔で、高さは16メートル。古くは鐘撞き守が決まった時間に時を知らせていたが、現在では機械式で1日4回(午前6時、正午、午後3時、午後6時)川越城下に時を知らせている。
川越まつり会館
ここは、秩父と違い、山車を交替で常時2台展示している。それがとても嬉しい。雨が強くなってきたので、先を急ぎたかったが、『本日は入場無料扱いです』の呼びこみの声と、NHKの特別展示とあらば、井上真央も多部未華子も見ることができるという考えが頭をよぎる。急に入ることに決めた。現金過ぎたかなあ。
館内展示の一部
館内展示の一部_1
館内展示の一部_2
館内展示の一部_3
建造中の山車
建造中の山車
本物の山車
2基が交代で展示されているそうだ。想像以上に貫禄がある。
本物の山車_1
本物の山車_2
本物の山車_3
本物の山車_4
車輪とキリン
秩父では1基のみ使用されていたキリンによる方向転換が、川越では行われている。こちらのほうが、情緒はなくとも、効率的なのだろう。
車輪とキリン_1
車輪とキリン_2
車輪とキリン_3
車輪とキリン_4
川越まつりポスター
これがなくては存在意義無しということになってしまうよね
川越まつりポスター_1
川越まつりポスター_2
こんなものもあった
こんなものもあった_1
こんなものもあった_2
外観
蔵造り店舗風にして、場違い感を消しているのかなあ…free画像を借用
外観
国の重要無形民俗文化財に指定され「関東三大祭」の一つである「川越氷川祭」(川越まつり)に関する資料を展示・伝統を保存するために2003年(平成15年)9月28日に開館した。建築は川越の蔵造りのデザインとなっている。

Comments

 
大きな山車ですね~
見上げるご婦人方が小さく見えます。
しかもなかなか風格がありますね。
どんなお祭りを繰り広げるのか興味津津ですね。
こんにちは。 
川越のシンボルとも言える「時の鐘」ですね。
川越は仕事の関係で何度か訪れましたが、近くで「時の鐘」を見たことがありませんでした。

ようやく自由が利くようになり、ブログもすこしずつ復帰体制に入ります。
お気遣いありがとうございました。
こんにちは 
わわ、立派な山車ですね。

川越のお祭りってどんなでしょう。
興味が出てきました。
AzTakさん 
こんにちは
時の鐘はどんな音がするんでしょうか?
聞いてみたいです。
山車は凄い立派ですね。ポスターも。
実物を見たくなりましたよ、何時の日か・・・。
川越まつり会館の二階のサッシ?せめて茶色か黒にして頂きたいような。
 
AzTakさま こんにちは
時の鐘は、情緒あふれる蔵造りの町並みにひときわ高くそびえる川越のシンボルで、時代が変わり鐘つきの方法が、鐘つき守りから機械仕掛けへと変化しても、昔と変わらず今も蔵造りの町並みと同様に、城下の頃の面影を残す建造物で、江戸時代初頭から城下の町に時を告げ、庶民に親しまれてきた時計台なのですね。

川越祭りは「関東三大祭」に数えられる大きな祭りなのですね。
特に山車が立派で、沢山の山車が蔵造りの町並みを練り回るさまは想像しただけでも素晴らしいと思います。
川越まつり会館に展示してある2基の山車を見ても素晴らしいと思います。


こんにちは。 
鐘楼は16mもあるんですか。火の見櫓としても活躍しそうな建物。川越の街並みが一望できそう。上に登れるなら保存協力金を払ってでも登ってみたい人はたくさんいるように思うんだけどなあ。高いとことが苦手なAzTakさんにはちょっと悩みどころかもですが(笑)。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 大きな山車ですね~
> 見上げるご婦人方が小さく見えます。
> しかもなかなか風格がありますね。

二重の鉾と伸縮自在の迫り上げ式構造とが特徴だそうです。
写真で言うと、赤い部分とその上の人形の部分とが、エレベータ式に繰り出される仕掛けなんだそうです。本来、これは城の門をくぐる際に伸び縮みできるようにした仕掛けだとか。
ということで、伸び上がったところを見ると大きく見えますね。

> どんなお祭りを繰り広げるのか興味津津ですね。

私も、ローカルニュースなどで、ちらっと見ただけです。此処の映画も見ましたが。実際に見てみないと何ともコメントしようがありません。
こんばんは 
時の鐘。江戸の初期とはずいぶん歴史がありながら、ずいぶん新鮮な印象です。山車もまたそうですが、木で作った暖かい感じと日本の伝統の魅力がありますね。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 川越のシンボルとも言える「時の鐘」ですね。
> 川越は仕事の関係で何度か訪れましたが、近くで「時の鐘」を見たことがありませんでした。

猛烈サラリーマンには仕事中に近くの名所旧跡をみる余裕などなかったのでしょう。
時間の余裕ができたら、ゆっくり回っていただきたいものです。
板張りですから、自分のような重量級が上がったら、床が抜けないか気になりました。多分、上がらせてはくれないと思いますが。

> ようやく自由が利くようになり、ブログもすこしずつ復帰体制に入ります。
> お気遣いありがとうございました。

案外短時日で復活できて、本当に良かったですね。
私の方は、なんとか症状が気にならないくらいに落ち着かないかと格闘中ですが、当面は気にしつつもそろそろと動く状況が続きそうです。
Re: タイトルなし 
こんばんは。

> この塔、火の見櫓かと思っていましたが、時報が目的だったんですか。思い込みも困ったものです。工事中で中に入れないのは残念ですね。

時の鐘は、川越のものが有名なようですね。江戸にもいくつかあったようです。知らないうちにかなりの数を見て回っていたようです。吉田松陰が処刑された十思公園にあるものは、新しすぎてがっかりした記憶があります。
現代だと、カリヨンがあるところもありますが、音量が桁違いでしょう。

http://www.tokyo-kurenaidan.com/okamoto-tokinokane1.htm

私も書くときは間違えずに『時の鐘』と書くくせに、その実、いつも火の見櫓を見るようなつもりで見上げています。(^_^;)
函館に短期間住んでいた時、ハリストス正教会が100m未満の距離でしたので、鐘の音がガンガン聞こえてきました。あれは、『間もなくミサがはじまるよ』って知らせるものです。定時に鳴るものではありますが、時の鐘とは意味合いが違っていますよね。
Re: こんにちは 
うづらさん、こんばんは。

> わわ、立派な山車ですね。

エレベータ式でせり上がる仕掛けがあるんだそうです。何でそうしたかというと、城門をくぐり抜けるためだそうです。
川越大火で作りなおしたら、江戸よりも立派になってしまったそうです。

> 川越のお祭りってどんなでしょう。
> 興味が出てきました。

太鼓や笛にとりくまれているうづらさんにはお囃子がどんなものか気になることでしょうね。
実は私も行ったことがありません。見てみたいものですが、今の足腰の状態では、今年もパス確定です。う~~ん。
10月の第3土曜日と、その翌日の日曜日に行われます。 当日は29台の山車が登場します。夜に行われるお囃子合戦である『曳っかわせ』は最大の見所のようです。もし行くことがあったら、様子を聞かせてください。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 時の鐘はどんな音がするんでしょうか?
> 聞いてみたいです。

聞いた記憶があるのですが、どんなだったか忘れてしまいました。と言うか少し離れた喜多院にいたので、多分これが時の鐘の音なんだろうなと思ったくらいでしたが。

> 山車は凄い立派ですね。ポスターも。
> 実物を見たくなりましたよ、何時の日か・・・。

私も見てみたいものです。かなり遅くまで粘っても家に帰り着くことができるはずですが、足腰の具合が良くなく、立ちっ放しは今はNGです。

> 川越まつり会館の二階のサッシ?せめて茶色か黒にして頂きたいような。

そうですよね。あまり悪口ばかり書くと叱られてしまいそうなので、遠慮しておいたのですが。
Re: タイトルなし 
> AzTakさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 時の鐘は、情緒あふれる蔵造りの町並みにひときわ高くそびえる川越のシンボルで、時代が変わり鐘つきの方法が、鐘つき守りから機械仕掛けへと変化しても、昔と変わらず今も蔵造りの町並みと同様に、城下の頃の面影を残す建造物で、江戸時代初頭から城下の町に時を告げ、庶民に親しまれてきた時計台なのですね。

そうなんですが、明治の中頃の川越大火で、この時の鐘も焼失の憂き目に。それでも、律儀に昔通りにすぐ再建したようです。
風情があっていいものだと思います。

> 川越祭りは「関東三大祭」に数えられる大きな祭りなのですね。

そうなんです。「石岡のお祭」「佐原の大祭」「川越祭」が定番なのでしょうが、誰が勝手に決めたんだという向きもあります。
『秩父の夜祭』は、「川越祭」より凄いじゃないかとか、江戸のまつりはどうしてくれるのだとか。
まあ、そういうものに数え上がられるほどの賑やかなお祭りだと理解しておいてください。

> 特に山車が立派で、沢山の山車が蔵造りの町並みを練り回るさまは想像しただけでも素晴らしいと思います。
> 川越まつり会館に展示してある2基の山車を見ても素晴らしいと思います。

そう思います。あのアクリルケースがなければ最高ですが。それでは、いつなんどき傷つけられてしまわないか、担当者の気が休まらないのでしょう。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 鐘楼は16mもあるんですか。火の見櫓としても活躍しそうな建物。川越の街並みが一望できそう。上に登れるなら保存協力金を払ってでも登ってみたい人はたくさんいるように思うんだけどなあ。高いとことが苦手なAzTakさんにはちょっと悩みどころかもですが(笑)。

そうでしたね。ここからなら、確かに蔵造りの町並みを俯瞰できますね。
高所恐怖症の私は考えもしませんでした。多分、鐘楼内には立入禁止なんでしょうが、これが、立ち入りが許されたとしても、私だったら、床を踏み抜いてしまいそうです。文化財の毀損などという大罪を犯してはいけませんよね。
Re: こんばんは 
めぐるさん、こんばんは。

> 時の鐘。江戸の初期とはずいぶん歴史がありながら、ずいぶん新鮮な印象です。山車もまたそうですが、木で作った暖かい感じと日本の伝統の魅力がありますね。

時の鐘は、明治中期の川越大火で焼失してしまいました。すぐさま、以前の同様に作りなおされたそうです。それからでも百数十年経ちます。自分たちのお店だけでなく、時の鐘までもすぐさま再建したとは、川越商人の心意気が感じられます。
維持管理が大変でも、木造建築物は、日本人の感性にピッタリ合いますね。
 
川越のこの街並みは有名ですよね。
いつか行ってみたいと思っています。
川越まつりですか、この写真パネルを見ただけでも
その賑わいを感じます。
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> 川越のこの街並みは有名ですよね。
> いつか行ってみたいと思っています。

我が家からは、企画切符が販売されていて、往復の電車賃とバス乗り放題がついています。
安く行けるし、それほど遠くもないのですが、なかなか行く機会を作らないでいました。ですが、皆さんの写真を見ている内に、どうしても行ってみたくなりました。

> 川越まつりですか、この写真パネルを見ただけでも
> その賑わいを感じます。

川越まつりも凄いようです。江戸時代の北の守りとして重要な藩として位置づけられ、藩主は幕府の大役に任ぜられることが通例だったようです。そういう実力藩だったので、まつりも賑やかなものになっていったのでしょうね。
その川越まつりもいいのですが、『栗より美味しい十三里』というキャッチコピーを考えた川越商人のセンスの良さにも惹かれます。その芋菓子を食すのも楽しみの一つかと。
こんばんは 
川越では時の鐘が有名ですよね^^
今日は僕は山車に目が止まりました!
こう言うの好きなんですよね~~
特に車輪! 大好き^^
良いものを見せて頂きました^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 川越では時の鐘が有名ですよね^^

はい、時の鐘も有名です。

> 今日は僕は山車に目が止まりました!
> こう言うの好きなんですよね~~
> 特に車輪! 大好き^^
> 良いものを見せて頂きました^^

車輪に関しては、非常に頑丈ですが、山車そのものがめちゃくちゃ重量級ですから、うっかり足を轢かれたりしたら、足は切断しなくてはいけないでしょう。鉄輪が嵌めてある本格的なものですね。
お早うございます! 
川越を可成り細かく回りましたね。
私も2回行きましたが、これ程細かく見ませんでした。
まつり会館も知りませんでした。
古い町並みは良いですよね、私も好きです。
見たことがない所を見せて頂き有難う御座いました。
 
昔、新狭山(西武線、本川越の2駅前)の社宅にに居た時、家族で夜観に行きました。山車が行路ですれ違う際、「曳っかわせ」といってお囃子の
競い合いを行い、迫力が有り見応えが有りました。
Re: お早うございます! 
hiroさん、こんばんは。

> 川越を可成り細かく回りましたね。
> 私も2回行きましたが、これ程細かく見ませんでした。

どういうふうに回るかは好き好きですが、以前はかなり体力の地震があったので、どこでも平気という感じだったのですが、今回は、自信がなく、及び腰で歩きました。

> まつり会館も知りませんでした。

知ってはいましたが、有料だし、入ったことがありませんでした。無料という呼びこみとNHKの特別展という誘い文句に惹かれました。(ΦωΦ)フフフ…、けちくさい爺さんです。

> 古い町並みは良いですよね、私も好きです。
> 見たことがない所を見せて頂き有難う御座いました。

最後のお寺さんだけは見たかったのですが、ひとしきり雨脚が強くなり、諦めざるを得ませんでした。
Re: タイトルなし 
ぬか屋さん、こんばんは。

> 昔、新狭山(西武線、本川越の2駅前)の社宅にに居た時、家族で夜観に行きました。山車が行路ですれ違う際、「曳っかわせ」と
> いってお囃子の競い合いを行い、迫力が有り見応えが有りました。

川越まつりをご覧になりましたか。すごかったでしょうね。
私も現役で体力があった頃に行きたかったのですが、未だに行くことができていません。
何れ、行ってみたいと思います。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR