散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

川越ミニ散歩(3)

蔵造りの街の中心へ
川越の歴史ある店蔵『陶舗やまわ』などが見えてきた
ちょっとワクワクしてきてしまう。爺さんなのに。
蔵造りの街の中心へ_1
蔵造りの街の中心へ_2
蔵造りの街の中心へ_3
蔵造りの街の中心へ_4
陶舗やまわ
連続テレビ小説「つばさ」の舞台は川越で、陶舗やまわの外観が多部未華子演じるヒロインの実家という設定だった。一生懸命見た記憶がある。
この建物は、川越大火直後の明治26年に建てられた蔵造り店舗なんだな。本当に立派なものだ。

陶舗やまわ_1
陶舗やまわ_2
時の鐘から程近く、特に観光客が賑わう一画に川越市指定有形文化財「原家住宅」があります。
川越大火直後の明治26年に、元々呉服商を営む山本平兵衛が建てた蔵造りです。現在は「陶舗やまわ」が店を構え、地元陶芸作家の作品などが所狭しと並んでいます。よく屋根を見ると「山本」と書かれた瓦があり、当時を物語っています。
観光のポイント
外観は、川越の代表的な蔵造り構造をよく見てとれます。
屋根は、大きな鬼瓦にカゲ盛り、背の高い箱棟。2階の観音開扉は火災時にガッチリ締め火の手から守ります。また、観音開扉の下の目塗台は、火災発生時に観音扉を閉めた後、扉の目地に土などを塗り込む為の物です。

深善ほか
ごつい蔵造りの建物が並ぶそのさまは実に壮観だ。刃物商まちかん、深善美術表具店などだ。よく見ると卯建もある。
深善ほか
近江屋長兵衛商店・きんちょう・近長魚店
『時の鐘』のすぐ近くにある。別に蔵造りの建物ではないのだが、一番街に面した一階部分の瓦屋根には、近長の文字が入った台座の上に布袋尊の像を載せている。気が付かなかったが、通りの向かいにある陶舗やまわでは鍾馗様の像を載せているそうだ。そちらは、京都ふうかなあ。案内に記されてあったので、写真を拡大してみたが、鍾馗様どこにあるのかわからない。(^_^;)
近江屋長兵衛商店・きんちょう・近長魚店_1
近江屋長兵衛商店・きんちょう・近長魚店_2
近江屋長兵衛商店・きんちょう・近長魚店_3
川越市幸町の鐘つき通り入口に、手作り豆腐の店・近江屋長兵衛商店があります。以前は青果商近長でしたが、現在は、枝豆寄せ・胡麻・柚子・芋豆腐など、様々な種類の豆腐を販売しています。
熊重酒店
外壁には漆喰の剥離を防ぐため銅板をまいている外観から、蔵造りの建物のように見えないかもしれないが、まごうかたなき蔵造りの建物だ。
熊重酒店_1
熊重酒店_2
熊重酒店の建物は、川越市指定文化財の滝島家住宅。明治28年(1895)、2代目滝島重蔵によって建てられました。間口3間、奥行3間の切妻造り。下屋庇(げやびさし)付の土蔵造りで、外壁には漆喰のはく離を防ぐため銅板をまいています。
福田家住宅
おばさんたちは素通り。他の蔵造りの立派な建物と肩を並べる川越市指定文化財なのだが。下手にジロジロ見られても、商売がやりにくいかもしれない。
福田家住宅_1
福田家住宅_2
寄棟造り妻入り形式で、2階には観音開扉の小さな窓のみ。川越の町並みの中ではユニークな存在です。川越市指定文化財。
服部民俗資料館
ここは無料公開していたのか。知らなかった。どうせなら、雛人形が特別公開されている時に見てみたいものだ。
服部民俗資料館
埼玉県川越市の幸町にある服部民俗資料館は、もとは照降商(てりふりしょう、傘や下駄を扱う靴屋)と薬種商を営んでいた商家・服部家住宅でした。
建物は江戸時代後期の商家の面影を残す切妻造り平入り。川越大火の直後、明治26年(1893)に上棟式を行なったと伝えられています。
昭和59年(1984)に服部民俗資料館を開館し、代々同家に伝わる商家の民具を中心に一般公開(無料)しました。館内には下駄や雪駄、薬の広告看板などが陳列され、座敷には帳場が置かれています。これらの民具は集めたものではなく、服部家で実際に使用されていたものです。春になると、江戸時代の人形師・仲秀英(なかしゅうえい)の手になる名品、嘉永5年(1852年)の銘を持つひな人形が特別公開されます。

Comments

おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
足腰相当いたそうですが大丈夫でしょうか?
あまり無理せずに♪
足腰は痛くてもこれだけ詳しく紹介されているなら
手の方と頭の方はしっかりしていますので安心です 殴)笑)
よくもこれまで詳しく・・・お疲れ様です!
 
河越いい街並みですね〜
朝霞市に5年程住んでいたのですが
その頃は興味が無く惜しいことをしました
また、じっくり行ってみたいですね
AzTakさん 
こんにちは
蔵造りの街、街灯、信号機などが景観に配慮されていて落ち着きます。
自販機は仕方ないかな?
日本には(国外はほとんど知りませんが)自販機はま街の一部なんでしょうか。
こんにちは。 
この街並みを俯瞰で見れる場所ってないのでしょうか。先の銀行の屋上なんかは一般に開放されているとか、いや、銀行はないだろうなあ。火の見やぐらに昇って街並みを上から眺めてみたい気がしますね。
 
いい町並みですね、光と影が際立って、一段と瓦屋根の幾何模様が美しく、瓦と木と壁のコントラストが目に優しいです、古民家の屋根瓦に魔除けとして載せられる鍾馗さんではなく、布袋さんというの福福しくていいですね、見飽きない町並みですね。
 
やはり1~5枚目で”うだつ”がありますね。
”うだつ”は2階の屋根の両端にしっくい塗の”うだつ”を配置することで防火作用があります。四国徳島の美馬市脇町が有名です。奈良でも見かけます。
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 足腰相当いたそうですが大丈夫でしょうか?
> あまり無理せずに♪
> 足腰は痛くてもこれだけ詳しく紹介されているなら
> 手の方と頭の方はしっかりしていますので安心です 殴)笑)
> よくもこれまで詳しく・・・お疲れ様です!

痛い訳ではなく、どちらかと言うと間欠的にやってくる痺れが問題なのです。痛みがないだけマシな状態かもしれません。
太極拳の稽古、混雑した電車で立ちん坊、などその場でしゃがむ訳にはいかない時が問題です。さらに、歩行中も、『あと少しだから歩ききってしまおう』などと思うと、脚の制御がうまく出来ないので、蹴躓いたりもします。

頭はおかげさまでよくも悪くもなっていないようです。長期的にはインナーマッスルを鍛えて、スベリを抑えるようにしたいのですが、更に加齢が進行すると、歩行に支障が出そうで心配です。
Re: タイトルなし 
ぼびぱぱさん、こんばんは。

> 河越いい街並みですね〜
> 朝霞市に5年程住んでいたのですが
> その頃は興味が無く惜しいことをしました
> また、じっくり行ってみたいですね

ちょっと前までの川越は玉石混交状態で、だんだん、撤退していく店舗が目立ったようですよ。このままでは川越の魅力ある街がなくなってしまうとの危機感を抱いた有志らが立ち上がり、行政も動かしていったようです。
そういう状況だったので、川越の街が見違えるほど良くなったのは最近のことらしいです。
たぶん、以前近くにお住まいだった頃は、正当な評価だったんだと思います。

ですが、いまは、街を上げて盛り立てようとしています。一度、足を運ぶ価値はありそうに思います。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 蔵造りの街、街灯、信号機などが景観に配慮されていて落ち着きます。
> 自販機は仕方ないかな?
> 日本には(国外はほとんど知りませんが)自販機はま街の一部なんでしょうか。

外国人が日本に来てびっくりするのは自販機の豊富さのようです。つや消しであることは否めませんが、手軽に、利用できる利便性も捨てがたいものでしょう。
まあ、できることなら、景観を損なうような設置は極力控えてほしいものですね。お互い気分よくいきたいものです。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> この街並みを俯瞰で見れる場所ってないのでしょうか。先の銀行の屋上なんかは一般に開放されているとか、いや、銀行はないだろうなあ。火の見やぐらに昇って街並みを上から眺めてみたい気がしますね。

あれば、絶対そういう写真を撮らせてもらうことでしょうね。地名からしても、山などはありそうにもない感じです。
ドローンなどを上げて、いい気になって撮っていて、落下させて貴重な文化財を破損させてしまったりも出来ないでしょうし。
ヘリのチャーターくらいでしょうかね。そうなると、会社組織で金を捻出しないと出来ませんよね。

もともと川越城には天守閣がなく、その代わりに小高い丘に監視小屋を作って備えたそうですが、そこからはどうでしたかねえ。行ってみたはずなのに、まったく記憶に無いです。政治家がとぼけているのではなく、私の場合は、本当に記憶にありません。困った話です。
Re: タイトルなし 
みこたんさん、こんばんは。

> いい町並みですね、光と影が際立って、一段と瓦屋根の幾何模様が美しく、瓦と木と壁のコントラストが目に優しいです、古民家の屋根瓦に魔除けとして載せられる鍾馗さんではなく、布袋さんというの福福しくていいですね、見飽きない町並みですね。

京都のように一貫して観光の中心で在り続けたところと違い、川越は浮沈があったようです。そこから這い上がってきたのです。
何と言っても空爆を受けなかったことが幸いしています。その後、戦後の経済成長期に中だるみがありましたが、そこも、市民たちが立ち上がり、魅力ある街に仕立てあげていったようです。

鍾馗さんでなくて布袋さんでよかったのか。よくわかりません。でも、みるとホコっとしてしまいます。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> やはり1~5枚目で”うだつ”がありますね。
> ”うだつ”は2階の屋根の両端にしっくい塗の”うだつ”を配置することで防火作用があります。四国徳島の美馬市脇町が有名です。奈良でも見かけます。

ふふふ、よく見ていらっしゃいますね。
自分の家にも設置してみたいものですが、残念ながら、我が家の和風建築は20年ほど前に取り壊してしまいました。まあ、うだつのあがらない男が見栄を張っても仕方がないのですが。
こんばんは 
重厚な蔵作りの家が沢山並んでいますね~
助手が大好きなので、連れて行ってやりたいな。
喜ぶだろうな~~
埼玉県ですか・・・遠いな(^^;
Re: こんばんは 
土佐けんさん、おはようございます。

> 重厚な蔵作りの家が沢山並んでいますね~
> 助手が大好きなので、連れて行ってやりたいな。
> 喜ぶだろうな~~

そう思いますよ。是非お出かけください。

> 埼玉県ですか・・・遠いな(^^;

池袋から最寄り駅まで20分位でしょうか。秩父に行くのに比べれば、まだまだ近いです。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR