散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

清澄庭園・深川江戸資料館など(9)

深川江戸資料館(3)
長屋の住民たち
【木場の木挽職人】
昔は、製材するって言っても、便利な製材用の機械など無く、鋸で切り出すしかなかったんだろう。そういう職人は少なからずいた事なんだろう。無茶苦茶ガテン系の仕事だったのだろう。佐賀と木場とはそれほどの距離ではなかったから、木場の木挽職人がこの町にも居たのだろう。
衝立が部屋の隅においてある。あとに登場する三味線師匠や船頭、舂米屋の職人のところにもある。着替えが必要な職業のエチケットだったのだろうか。
畳は江戸間で4畳か。かなり狭いなあ。何だかんだで6畳程度か。でも、他では余り見られない畳敷きだぞ。狭いけれどもちょっぴり贅沢だったんだ。う~~ん。

木場で働く職人らしく、大鋸や鳶口、大工道具が置かれています。箱膳は夫婦二人分、女房の化粧道具もあります。
木場の木挽職人_1
確かに箱膳は夫婦二人分、夫婦暮らしだったんだ。女性も多少はお化粧をしたのかな。
木場の木挽職人_2
木場の木挽職人_3
【読み書き、手習い、裁縫、三味線師匠】
於し津さんか。小股の切れ上がった良い女を連想してしまうが、そんな人物だったのだろうか。障子に書いてあるデザインは何を意味したのだろうか。
読み書き、手習いなども教えていたのか。どうせ簡単なものだろうと言うなかれ。くずし字など今の人には殆ど読めないはずだから。

読み書き、手習い、裁縫、三味線を教える師匠の長屋。室内はもとお店のおかみさんだった人らしいたたずまいです。
読み書き、手習い、裁縫、三味線師匠_1
読み書き、手習い、裁縫、三味線師匠_2
読み書き、手習い、裁縫、三味線師匠_3
読み書き、手習い、裁縫、三味線師匠_4
読み書き、手習い、裁縫、三味線師匠_5
読み書き、手習い、裁縫、三味線師匠_6
【船頭】
お客を送迎するだけでなく、機会があれば投網などもしていたのか。其れくらい出来ないと船頭とは呼べなかったのかなあ。
それにしても、投網は乾いたものを網繕いのために持ち込んでいるのだろうか。濡れたままでは畳が腐ってしまう。

船宿升田屋の船頭の住む長屋。室内には投網や手甲脚絆などが置いてあります。
船頭_1
船頭_2
船頭_3
【舂米屋の職人】
舂米屋の職人って、必要だったのだろうか。米俵を蔵に収納したり、店に出したりする、運搬作業が中心かな。最下級の職人だったのかもしれない。
舂米屋上総屋の通い職人とその女房、2歳の子供が住む。小さな子供の家らしく、入り口には風邪除けのお札や疱瘡除けの俵の蓋、裏の物干し竿にはおしめが干してあります。
舂米屋の職人_1
舂米屋の職人_2
舂米屋の職人_3
舂米屋の職人_4
【棒手振】
剥き身の政助さんか。剥いた貝は、深川丼用のあさりが中心かな。商売柄、板の間暮らしか。他の畳暮らしの住人たちが羨ましかったのではないだろうか。
そういえば、この辺で深川丼をいただくんだった。

アサリやシジミを天秤棒で担いで売り歩く棒手振の住む長屋。畳も敷かず質素な生活振りがうかがわれます。
棒手振_1
棒手振_2
棒手振_3
【長屋の井戸ほか】
井戸と便所とは至近距離にあって、お世辞にも清潔とは言いがたいが、昔はみんなこんなものだったのだろう。それで死んでしまうような人は、生命力のない人物として淘汰されたのだろう。
井戸と共同便所、ゴミ溜め、お稲荷さんがある長屋住民の共有スペースです。
長屋の井戸ほか_1
長屋の井戸ほか_2

以上で『清澄庭園・深川江戸資料館など』シリーズは終了です。最後までご覧頂き有難うございました。

Comments

おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
昨日の地震にはビックリでしたね!
久しぶりの揺れで東海沖地震や富士山噴火が
現実のように思えてなりませんでした 汗)

何と言っても最後の
「あけはなし たれかけ 無用」とはいい言葉ですね 笑)
うちのトイレに貼ってもおかしくないです 笑)
読み書き、手習い、三味線師匠といった教養的なことで仕事になるとは、
日本人の教養の高さが納得ですね♪
AzTakさん 
こんにちは
そういえば、深川には何回となく行きましたが、深川丼は一回も食べなかったなあ。
食べておくんだったです。
ムカシ、親父が趣味で投網を打っていました。
乾かして修理して、甕の柿渋につけて糸を締めていましたね。
鮒、鯉、ドジョウ、メダカ、エビ、などがご馳走でしたよ。
網は今も有りますが、もう生ナシで、使えません。
 
今日は久しぶりに良い天気で、身の回りの片付けが山ほどあります。
画像を拝見していますと、少し家具が多いくらいでよく似た雰囲気だなぁと思います。間違いなく子孫ですね(^^;;
こんにちは 
よく出来ていますね~~
江戸時代の雰囲気が伝わってきます^^
時代劇のセットにも使えそうですね!
こんばんは 
最後の最後に「あけはなし たれかけ 無用」。
いいですね。
これで締めたAzTakさんのセンス、素敵です。
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 昨日の地震にはビックリでしたね!
> 久しぶりの揺れで東海沖地震や富士山噴火が
> 現実のように思えてなりませんでした 汗)

最初の縦揺れがすごかったですね。まあ、でも長周期地震動ではなく、収まる前に安心しちゃいましたが。
比べてはいけないのでしょうが、東北大震災の怖さと比べたら、屁のようなものだったと思いました。

> 何と言っても最後の
> 「あけはなし たれかけ 無用」とはいい言葉ですね 笑)
> うちのトイレに貼ってもおかしくないです 笑)

如何にも江戸っ子が書きそうな文言ですね。
覗こうと思えば覗くことができると思いますが、あえてそうしないことがエチケットだったのでしょうね。

> 読み書き、手習い、三味線師匠といった教養的なことで仕事になるとは、
> 日本人の教養の高さが納得ですね♪

そうですね。いい女が教えてくれるのなら、なお一層教わる方も身が入ったのかもしれません。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> そういえば、深川には何回となく行きましたが、深川丼は一回も食べなかったなあ。
> 食べておくんだったです。

私も会社が寄託していた倉庫が越中島にあり、深川にはよく出没しましたが、専ら飲むばかりで、食事中心というのは、…。
食べておけばよかったのにと思います。

> ムカシ、親父が趣味で投網を打っていました。
> 乾かして修理して、甕の柿渋につけて糸を締めていましたね。
> 鮒、鯉、ドジョウ、メダカ、エビ、などがご馳走でしたよ。
> 網は今も有りますが、もう生ナシで、使えません。

メダカなども網に入ってきましたか。凄いですね。深川でもやっていたのでしょうね。ハゼやボラが中心でしょうかね。
私のところは、目の前が海で、親戚縁者の殆どが漁業関係者だったのです。ただで毎日のように活きの良い魚が手に入ったので、川魚を食べる習慣はありませんでした。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 今日は久しぶりに良い天気で、身の回りの片付けが山ほどあります。
> 画像を拝見していますと、少し家具が多いくらいでよく似た雰囲気だなぁと思います。間違いなく子孫ですね(^^;;

一番、今と違うのは、たった一間ですから、衝立が重要な役目を果たしたのでしょうね。戸を開けられた時、素裸だったら困ったのでしょうね。まさか、あの陰で事に及ぶようなことはしていなかったと思いますが。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> よく出来ていますね~~
> 江戸時代の雰囲気が伝わってきます^^
> 時代劇のセットにも使えそうですね!

そんな感じですね。
私の勤め先にも、配管技能等を習得させるために、模擬ハウスが幾つもありました。ああいうのは変なところがリアルなんです。見た目は大したことがないんですが。
其れに比して、こちらは見た目重視のようでした。随分調べて、うるさ型に『これはおかしいぜ』って言われないように、気合を込めたようです。
Re: こんばんは 
うづらさん、こんばんは。

> 最後の最後に「あけはなし たれかけ 無用」。
> いいですね。
> これで締めたAzTakさんのセンス、素敵です。

ははは、妻には呆れられています。
世の中にはいろいろな仕掛けがあるようです。セーヌ巡りの船に乗る前に用足しをしたら、いわゆる和式でした。其れは往々にしてあることでしょうが、洗浄水が床から勢い良く流れてきたんです。其れが全て便器の中に流れこむようになっていました。ちょっと便器の端を汚してしまってもOKなんです。
そのことを思い出しました。変な話でごめんなさい。
行きたい処が〜 
おはようございます!

庭園も資料館も、その規模の
大きさに驚きました‼︎

1人で、ゆっくりと東京の街を散策出来る
時に『清澄庭園・深川江戸資料館』へ
行かせて頂きますね!
楽しみです〜(≧∇≦)

ご紹介有難うございましたm(_ _)m
Re: 行きたい処が〜 
> おはようございます!

京都花大黒 店主さん、こんばんは。

> 庭園も資料館も、その規模の
> 大きさに驚きました‼︎
>
> 1人で、ゆっくりと東京の街を散策出来る
> 時に『清澄庭園・深川江戸資料館』へ
> 行かせて頂きますね!
> 楽しみです〜(≧∇≦)
>
> ご紹介有難うございましたm(_ _)m

冒頭で写真だけ出した『旧東京市営清澄庭園店舗住宅』もなかなかレトロなものです。お出かけになるならば、ついでにこちらも見ておいてください。その内に、老朽化で取り壊されてしまうかもしれません。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR