散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

清澄庭園・深川江戸資料館など(1)

まだ行ったことがなかった清澄庭園に行ってみようと思い立った。せっかく足を伸ばすので、夏バテの身体でも何とか行ける範囲にある周辺の様子も見てみることにした。
今回はすべてEOS M3で撮影した。画面が全般的に暗いのは、雨が降らないのが不思議な程の曇天だった所為だ。

清澄庭園(1)
清澄庭園敷地に隣接する建物
結構味わいのある建物のように思う。ここは渦中のお子ちゃまと評された柿沢未途議員の選挙区なのか。
清澄庭園敷地に隣接する建物
清澄白河駅から一番近い清澄庭園の門
締め切り扱いで、敷地にそって200mほど先から入る必要ありか。チョット前までは門前仲町駅からアクセスする都合からなのだろうかなどと考えた。しかし、敷地の地図を見れば、清澄通りは正式な出入口には適さないのがよく分かる。
清澄白河駅から一番近い清澄庭園の門
正門の手前の通用門
面倒だからここから入った。
正門の手前の通用門
大正記念館入口
有料予約制施設である大正記念館入口はこちららしい。今回は借り切りの客ではないので、こちらは無縁。大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を移築したものだそうだが、縁起が悪いとかそういうことは気にならなかったのだろうか。それにしても『大正記念館』とは、思い切った名前をつけたものだ。
大正記念館入口
大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を移築したもの。しかし、最初の建物は戦災で焼失したため、昭和28年に貞明皇后の葬場殿の材料を使って再建、平成元年4月に全面的に改築されました。集会場として利用できます。

いよいよ庭園内に入る

園内マップ
園内マップ
全国各地から集められた銘石が惜しげも無く使われている
その様子はおいおい見ていくことにする
全国各地から集められた銘石が惜しげも無く使われている
まずは大正記念館前を通り、磯渡りの辺りまで歩く
まずは大正記念館前を通り、磯渡りの辺りまで歩く_1
まずは大正記念館前を通り、磯渡りの辺りまで歩く_2
まずは大正記念館前を通り、磯渡りの辺りまで歩く_3
まずは大正記念館前を通り、磯渡りの辺りまで歩く_4
まずは大正記念館前を通り、磯渡りの辺りまで歩く_5
まずは大正記念館前を通り、磯渡りの辺りまで歩く_6
まずは大正記念館前を通り、磯渡りの辺りまで歩く_7
まずは大正記念館前を通り、磯渡りの辺りまで歩く_8
まずは大正記念館前を通り、磯渡りの辺りまで歩く_9
まずは大正記念館前を通り、磯渡りの辺りまで歩く_10
まずは大正記念館前を通り、磯渡りの辺りまで歩く_11
泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」です。この造園手法は、江戸時代の大名庭園に用いられたものですが、明治時代の造園にも受けつがれ、清澄庭園によって近代的な完成をみたといわれています。
この地の一部は江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。享保年間(1716~1736年)には、下総国関宿の城主・久世大和守の下屋敷となり、その頃にある程度庭園が形づくられたようです。
明治11年、岩崎弥太郎が、荒廃していたこの邸地を買い取り、社員の慰安や貴賓を招待する場所として庭園造成を計画、明治13年に「深川親睦園」として一応の竣工をみました。弥太郎の亡きあとも造園工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水を造り、周囲には全国から取り寄せた名石を配して、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」が完成しました。
清澄庭園は、関東大震災で大きな被害を受けましたが、この時図らずも災害時の避難場所としての役割を果たし、多数の人命を救いました。岩崎家では、こうした庭園の持つ防災機能を重視し、翌大正13年破損の少なかった東側半分(現庭園部分)を公園用地として東京市に寄付し、市ではこれを整備して昭和7年7月に公開しました。
また、昭和52年には、庭園の西側に隣接する敷地を開放公園として追加開園しました。ここには芝生広場、パーゴラなどがあります。また、サクラの木が20本ほど植えられ、春のお花見の場となっています。なお、庭園の方は、昭和54年3月31日に東京都の名勝に指定されています。

Comments

 
AzTakさん、おはようございます♪

むむっ、またしても行ったことのないところが・・・
こんなんじゃぁ、生まれも育ちも東京です、とは恥ずかしくて言えない(笑)
AzTakさんは本当色々なところをご存知ですね^^

地図を見たら、敷地内に図書館もあるんですね。
お天気のよい日にのんびりとここの庭園で本を読んでみたいです。
あれ?でも、東屋はあるけれどベンチはないですね。
日本庭園だからなのかな・・・
でも、こんな風に手入れの行き届いているお庭は歩くだけでもよいですね♪
 
清澄庭園は本当にきれいに手入れされた公園ですね。
「回遊式林泉庭園」もなかなか見ごたえがあります。
やはり戦災にはあったのですね。(日本中たたかれましたからね~)
京都御苑のお公家さんの跡地にこんな感じのところがあります。
AzTakさん 
こんにちは
懐かしいですねえ
東京勤務時代、浜町明治座近くに住んでいたので、清澄橋、大橋などを通ってチャリンコで行きましたよ。
ムカシと少し趣が違うような・・・何十年もたてば記憶が怪しくなります。
年月が経てば改良したりするんでしょうね。
池の鯉に餌を上げたりしました。
AzTakさん、今日は! 
清澄庭園へ行かれたんですね。
私も5DMarkⅢを買ったとき試し撮りに出かけたのが清澄庭園でした。
綺麗に手入れされた見事な松の木が有ったのを覚えています。
矢張り日本の庭園は気分が落ち着き良いですよね。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、おはようございます♪

Mikaさん、こんばんは。

> むむっ、またしても行ったことのないところが・・・
> こんなんじゃぁ、生まれも育ちも東京です、とは恥ずかしくて言えない(笑)
> AzTakさんは本当色々なところをご存知ですね^^

恥ずかしながら、行ったのは今回が初めてでした。しかし、都内に岩崎家の息のかかった公園がいくつあるんでしょうか?
凄いものです。

> 地図を見たら、敷地内に図書館もあるんですね。
> お天気のよい日にのんびりとここの庭園で本を読んでみたいです。

本当にそうですよね。そうなると、まるでカナディアン・スタイルかもしれませんね。

> あれ?でも、東屋はあるけれどベンチはないですね。
> 日本庭園だからなのかな・・・
> でも、こんな風に手入れの行き届いているお庭は歩くだけでもよいですね♪

いえいえ、綺麗なベンチが随所にあります。むちゃくちゃ広いとまでは言えないにしても、それでもかなりの広さです。
健脚の人ばかりではありませんから。ベンチがないと辛い向きも多いと思います。
歩くには気分が良い感じです。次回からの写真で間違いなくそう思われるのでは。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 清澄庭園は本当にきれいに手入れされた公園ですね。
> 「回遊式林泉庭園」もなかなか見ごたえがあります。

次回からやや詳しくご案内させていただきます。

> やはり戦災にはあったのですね。(日本中たたかれましたからね~)

確かに関東大震災で邸宅が焼け落ちたり、戦災で大正記念館が焼失したりしました。
でも、関東大震災の時は、この庭園に避難した人の多くが命を失わずに済んだようです。そのことがあって、岩崎家は、当時の東京市に庭園の東半分を公園用地として寄贈したのだそうです。やるものです。

> 京都御苑のお公家さんの跡地にこんな感じのところがあります。

次回からの写真をみると、お公家さんの其れに勝るとも劣らないものであると思われるかもしれません。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 懐かしいですねえ
> 東京勤務時代、浜町明治座近くに住んでいたので、清澄橋、大橋などを通ってチャリンコで行きましたよ。
> ムカシと少し趣が違うような・・・何十年もたてば記憶が怪しくなります。
> 年月が経てば改良したりするんでしょうね。
> 池の鯉に餌を上げたりしました。

明治座には何度か歌舞伎などを見に行きました。あの小屋は、超短足の私でもいささか窮屈な感じがしましたが、それはともかくとして粋なところにお住いだったようですね。
細かい写真は次回以降に載せます。イメージ通りでしょうかね。
Re: AzTakさん、今日は! 
hiroさん、こんばんは。

> 清澄庭園へ行かれたんですね。

はい、行きました。岩崎家の息のかかった庭園で、見落としがあるのも残念に思っていました。漸く行くことが出来ました。

> 私も5DMarkⅢを買ったとき試し撮りに出かけたのが清澄庭園でした。
> 綺麗に手入れされた見事な松の木が有ったのを覚えています。
> 矢張り日本の庭園は気分が落ち着き良いですよね。

私も5DMarkⅢをぶら下げていきたいものです。遠く及ばないカメラ・レンズでの撮影です。いい写真が撮れたのでしょうね。

庭園は極楽気分でした。作庭において、庭石の効果が絶大だなって思いました。あれは本当に凄いです。
こんばんは 
東京にある庭園は縁も無くてさっぱりわからないのですが、紀伊国屋文左衛門とか岩崎弥太郎とかのゆかりの庭園という事では多少親近感が・・・。(^^)
Re: こんばんは 
めぐるさん、こんばんは。

> 東京にある庭園は縁も無くてさっぱりわからないのですが、紀伊国屋文左衛門とか岩崎弥太郎とかのゆかりの庭園という事では多少親近感が・・・。(^^)

次回以降、少し細かく見ていきます。多分、『おお、凄い』と思われるシーンがいくつかあるのではないかと思います。
大大名の庭園ではなく、民間人のつくった庭園です。凄いなあと思います。特に効果な巨石を惜しげも無く使用して、庭園の格を上げているのは見事だと思います。
私個人としては、浜離宮とか芝離宮とかよりも数段上を行く庭園だと考えています。
こんばんは 
清澄庭園、広くて美しい所ですね~~
日本庭園は本当に良いですね^^
ん?」岩崎弥太郎?
高知出身の大金持ちですな^^
あやかりたいものですw
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 清澄庭園、広くて美しい所ですね~~
> 日本庭園は本当に良いですね^^

敷地の半分ほどが有料の庭園になっています。敷地の全部が庭園でなくてよかったです。夏バテが十分回復していない身には、卒倒しかねないところでした。

> ん?」岩崎弥太郎?
> 高知出身の大金持ちですな^^
> あやかりたいものですw

土佐の高知の出身ですね。都立庭園の内でも、岩崎家絡みは、旧岩崎邸庭園、六義園、清澄庭園、殿ヶ谷戸庭園があります。三井・住友・鴻池といったところは皆無ですから、その凄さのほどがわかろうというものです。その代わり、大阪では事情が違うのでしょうね。
あやかれればよいですが、相手があまりにビッグすぎて、…ですね。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR