散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

国分寺市内の国分寺崖線に沿って歩いた(7)

武蔵国分寺跡
再利用の計画が起きては、その動きを阻止する歴史を繰り返してきたようである。ということでまだ、武蔵国分寺跡が残っているのだ。それにつけても、おおよそ600年も存在し続けた武蔵国分寺が焼失してしまったのは何とも惜しいことだった。
武蔵国分寺跡案内図
武蔵国分寺跡案内図
武蔵国分寺跡案内図
武蔵国分寺跡位置関係図
雪の印のようなものが湧水源を示しています。国分尼寺跡辺りも含めて結構あります。
武蔵国分寺跡位置関係図
講堂
実際に敷地に立ってみると、かなり広い敷地だ。よく更地にすると、こんなものかと驚くのが常だが、それでもかなりの広さに感じるということは、建物が実際にあれば、相当に大きく感じたことだろう。
武蔵国分寺跡_講堂_1
武蔵国分寺跡_講堂_2
武蔵国分寺跡_講堂_3
武蔵国分寺跡_講堂_4
金堂
此処が金堂の跡かなあ
武蔵国分寺跡_金堂_1
武蔵国分寺跡_金堂_2
武蔵国分寺跡_金堂_3
武蔵国分寺跡_金堂_4
この看板は?
この看板は?
日本最大の寺院であった武蔵国分寺
1333年(元弘3年)新田義貞は上野国新田庄で鎌倉幕府討伐の兵を起こします、武蔵国久米川、小手指原で幕府軍を破った義貞は分倍川原にて援軍あわせて10万余の軍勢と成った幕府軍と戦い大敗して堀金(埼玉県狭山市)まで後退し、その際に武蔵国分寺に火をかけて焼き払ってしまいます。
8世紀半ばから大凡600年間続いた寺院は此処に全てを消失してしまうのです。
さて消失してしまった武蔵国分寺ですが如何なる寺院であったのでしょうか?
国分寺とは皆さん御承知の通り奈良期、8世紀の頃に聖武天皇により全国の60余ヶ国に国営寺院を配置する様に命じられて建てられた寺です。武蔵国では武蔵国府(東京都府中市)から北へ2kmの地点(東京都国分寺市)が選ばれました。
当時、武蔵国では蝦夷との対立関係から国府に近く、尚且つその対立関係の沈静化を願い寺院の規模は他国分寺より大きく築かれ、東西900m、南北550mと本山奈良東大寺と並ぶ国内最大級の寺でした、その内部は中心の伽藍から東に七重の塔が聳え、西に国分寺の尼寺が在り、尼寺と中心の伽藍の間に奈良期の官道、東山道が通されていました。

真言宗豊山派国分寺(2)
仁王門
国分寺墓地の先に階段がある。そこを上ると仁王門に到達する。日頃は訪れる人も殆ど居ないようで、説明書きなどを読んでいたら、たっぷりやぶ蚊に刺されてしまった。
真言宗豊山派国分寺_仁王門_1
真言宗豊山派国分寺_仁王門_2
真言宗豊山派国分寺_仁王門_3
薬師堂
仁王門からさらに階段を上ると、薬師堂が見えてくる。建物自体は国分寺市指定文化財に過ぎないが、中に鎮座まします『木造薬師如来坐像』は、国指定重要文化財だ。大将3年に指定されているとのことなので、最近のインフレ指定のものではなさそうだ。
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_1
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_2
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_3
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_4
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_5
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_6
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_7
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_8
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_9
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_10
本村八幡神社
更に隣り合うようにもう一つ階段があり、上ってみた。国分寺と隣接している本村八幡神社のようだ。境内には、「土師竪穴住居跡」の案内板が立っているようだ。夏バテで体調が全く戻っていない私には、、もう見て回る気力が残っていなかった。
国分寺跡の発掘調査に際して、竪穴住居跡が見つかったのか。縄文人が生活していたんだ。よく見ておくのだった。

本村八幡神社_1
本村八幡神社_2
本村八幡神社_3
都立武蔵国分寺公園
やっと崖線の上部まで上ってきた。此処が、この近隣の湧水源の供給水源になっているそうだ。もう此処を見て回る元気は残っておらず、撤収と相成った。
都立武蔵国分寺公園_1
都立武蔵国分寺公園_2

以上で、『国分寺市内の国分寺崖線に沿って歩いた』を終了します。最後までご覧頂き有難うございました。

Comments

 
市では歴史公園の整備を進めているようですが、早く出来上がるといいですね。それにしても広範囲な地域にたくさんの史跡遺産がありますね。
七重燈がすごいですね。どれだけの建築技術を持っていたのでしょう。
地図上の野川懐かしい! 
はるか昔の東京転勤の時に、最初は東横線も綱島に半年住んでた時に、カワセミ撮りで中央道近くの野川へ電車で行ったことがらいます。たぶん、この野川でしょう・・。

いつもすごい距離歩かれてますが、お疲れのないようにして下さい。
AzTakさん 
こんにちは
武蔵の国の国分寺は、東国の砦と鎮守の為だったんですか。
それ故に大寺院を建立したんですね。
戦とは言え、これだけの寺院を焼いてしまったのは、何とも惜しい事です。
京都を焼かなかった米軍には、やはり感謝すべきなんでしょう。
こんにちは 
国分寺建立の詔で建てられたことを町の名に残しているくらいなので、開発計画に反対する住民運動が起こるのは当然ですよね。高度経済成長期に壊された遺跡は数えきれませんから。国分寺とセットの尼寺の跡が長い間分らなかったというのも不思議な感じですが、廃寺後の土地利用の複雑な変遷があったのかと思ってしまいます。個人的には「跡」ではなくて、「再建」して、名実ともに国分寺市の顔になってほしいです。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 市では歴史公園の整備を進めているようですが、早く出来上がるといいですね。それにしても広範囲な地域にたくさんの史跡遺産がありますね。

どこまで気が利いた整備を進めるのでしょうか。今のままだと基盤だけの詰まらない公園になってしまうことでしょうね。
少し先行している鎌倉市の永福寺の遺構の整備を参考にしてもいいのでは。最も、鎌倉市の方も少しマシな程度ではありますが。

> 七重塔がすごいですね。どれだけの建築技術を持っていたのでしょう。

東寺の五重塔よりも5mも高かったなんて凄いことですね。避雷針の文化があれば、落雷被害をも回避できたかもしれませんが。その後の焼き討ちがあったので、何れにしても消え去る運命にあったようですね。
Re: 地図上の野川懐かしい! 
kazさん、こんばんは。

> はるか昔の東京転勤の時に、最初は東横線も綱島に半年住んでた時に、カワセミ撮りで中央線近くの野川へ電車で行ったことがあります。たぶん、この野川でしょう・・。

野川は国分寺市内の日立製作所中央研究所の池から流れ出している川で、真姿の池の湧水などをあわせて、川らしくなり、最終的には多摩川に注ぎます。昔は汚れた川だったようですが、生活排水を流さないようにしたりして、清流が戻りつつあるようで、カワセミさんなども棲みついているようですね。
ダダっ広い多摩川よりも、観察や撮影などはしやすいことなんでしょうね。私は誰にも負けない鈍臭さがあるので、行っても何も発見できない可能性大ですが。

> いつもすごい距離歩かれてますが、お疲れのないようにして下さい。

距離は大したことがないのですが、ときどき下肢が痺れてしまうんです。それと強烈な夏バテとのダブルパンチで、外出頻度が激減してしまいました。
状況改善に向けて足掻いている最中です。何とか、めどを付けないと尻に火がつきそうです。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 武蔵の国の国分寺は、東国の砦と鎮守の為だったんですか。
> それ故に大寺院を建立したんですね。

平安時代後期の蝦夷との争いの最前線は今の福島県辺りだったと思いますが、奈良時代の聖武天皇のときはまだ押されていて関東だったのでしょうかね。何れにしても、少し離れた安全なところに武蔵の国の国分寺を置いたのでしょうね。東大寺に匹敵する広さだといいますから、相当なものだったようですね。

> 戦とは言え、これだけの寺院を焼いてしまったのは、何とも惜しい事です。

600年も経過していましたから、往時の勢いがあったのかどうかも疑わしいですね。
それでも、たとえ僧侶の数が少なくなっていたにしても、大伽藍は無傷のまま残っていたはずです。残ってさえいれば、魂を込めることは可能だったかもしれません。惜しいことだったですね。
> 京都を焼かなかった米軍には、やはり感謝すべきなんでしょう。
Re: こんにちは 
HARUさん、こんばんは。

> 国分寺建立の詔で建てられたことを町の名に残しているくらいなので、開発計画に反対する住民運動が起こるのは当然ですよね。高度経済成長期に壊された遺跡は数えきれませんから。国分寺とセットの尼寺の跡が長い間分らなかったというのも不思議な感じですが、廃寺後の土地利用の複雑な変遷があったのかと思ってしまいます。個人的には「跡」ではなくて、「再建」して、名実ともに国分寺市の顔になってほしいです。

そうですね。国分僧寺ほどには国分尼寺は女の館だったので、資料を残しにくかったのでしょうか。それとも、敷地の関係で崖線よりも前方に出る形で作られた僧寺都崖線沿いにこじんまり作られた尼寺とでは、埋もれの度合いが違ったのかもしれませんね。

再建はどの辺までするのでしょうか。それだけの可能性を秘めているだけにもったいない話です。ですが、一地方自治体では荷が重すぎる感じがしないでもありません。
こんばんは 
シリーズ最終回、お疲れ様でした^^
神社仏閣は何度出かけても、何度見ても
飽きませんね~~
建築技術にも驚かされます^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> シリーズ最終回、お疲れ様でした^^
> 神社仏閣は何度出かけても、何度見ても
> 飽きませんね~~
> 建築技術にも驚かされます^^

ただひとつで、それがぼろぼろだったとしても、残っていれば有りがたかったのですが、地上に残ったものは礎石のみ。多分、それも当たりを付けて発掘してやっと見つかられたものでしょう。
奈良時代の建物が鎌倉時代末まで600年。その時でも既に古色蒼然としていたのでしょうね。
七重塔だけでも見たかったですね。一つだけ復元する資金があるのだとすれば、私の見解ではこれでしょうか。尤も、日本一の座を奪われることになる東寺が黙っているわけはないかもしれませんが。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR