散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秩父小旅行(2)

第1日目(2)
秩父神社
孫がとっくに興味をなくしているのを無視し、ぐるりと一周する。我慢するのも社会勉強の内だ。内周を一周りするのはそんなに大変ではないが、外周は結構ある。境内には、『柞(ははそ)の森』があるからのようだ。柞って何だか知らなかったが、ひょんなことからコナラの古名だとわかった。昨日や今日名づけたものではなさそうだ。
秩父神社鳥居
秩父神社鳥居
鳥居をくぐった辺り
この下境内に秩父夜祭の屋台や笠鉾がまずは駆けつけて、お参りする。
鳥居をくぐった辺り_1
鳥居をくぐった辺り_2
鳥居をくぐった辺り_3
神門
下境内と本境内を分ける位置に立つ。華やかな朱塗りで、小さいながらも美しい門だ。
神門_1
神門_2
神門_3
神門をくぐった辺り
正面に徳川家康が建てさせた権現造りの社殿がみえる。華やかな感じの社殿だ。
神門をくぐった辺り
秩父神社社殿
天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進した由緒ある社殿。家康の意向を反映した建物であり、後に日光東照宮を造営した際に、参考にしたものであると言われる。それほどのものなのに、埼玉県の有形文化財指定どまり。この国の文化財の指定基準はどうなっているのだろうか。
拝殿正面
拝殿正面の彫刻には虎が多くあり、左方に左甚五郎作の「子宝 子育ての虎」も見られる。これは家康が寅年・寅の日・寅の刻生まれであることが由来しているそうだ。徳川の威光を示し、祭神を守護する神の使いとして彫られたとされる。
拝殿正面_1
拝殿正面_2
拝殿正面_3
拝殿正面_4
拝殿正面_5
拝殿正面_6
拝殿東の彫刻
拝殿東の彫刻
本殿東の彫刻
左甚五郎の彫刻と言われる有名な『つなぎの龍』。『つなぎの龍』は秩父観音霊場札所15番・少林寺の近くの天ヶ池に棲みついた龍が暴れると彫刻の下に水溜りができていたことから、この彫刻の龍を鎖でつなぎ留めたところ、龍が現れなくなった不思議な伝説が語られている。実際に鎖でくくられているのがお分かりになるだろうか。
本殿東の彫刻_1
本殿東の彫刻_2
本殿北の彫刻
『北辰の梟(ふくろう)』。身体の柔軟性が極端にない私には、驚いてしまうポーズだ。意外に小さな彫刻作品だ。
体は本殿(南)を向いているのに、顔だけ180度逆の方向(北)を向いて、祭神である妙見菩薩を守っている。妙見菩薩は北辰菩薩とも呼ばれ、北辰すなわち北極星を神格化したものといわれている。北極星は、昔から『道しるべ』として利用されてきただけでなく、天空の星が北極星を中心に回って見えるため、尊い星として崇拝の対象ともなった。北辰のふくろうが一日中、真北をずっと見つめているのは、北極星の方向から妙見神が現れるから。そして、ふくろうは古くから知恵のシンボル。秩父神社が祀る八意思金命も知恵の神として崇敬されている。こうしたことから、思慮深い神の使として、社殿北面に施された。
本殿北の彫刻
本殿西の彫刻
『お元気三猿』。日光東照宮の三猿は、『見ざる・聞かざる・言わざる』として有名だ。その先輩格の彫刻物である秩父神社の三猿は、日光のそれとは全く違ったいる。『よく見、よく聞いて、よく話そう』といった仕草を表しているのだそうだ。私には何がなんだかよくわからないが。ともあれ、『お元気三猿』として称されている。
本殿西の彫刻
弊殿西の彫刻
『瓢箪から駒』。こんな故事だったのかなあ。
馬に関する諺の一つに「瓢箪から駒」がある。意外なところから意外な発見や出会いがあることを表す諺であるが、その意味するところは開運招福である。そのため、社殿西側にはこの諺に因んだ彫刻が施されている。
弊殿西の彫刻
拝殿西の彫刻
拝殿西の彫刻
現存するご社殿は、天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進されたもので、江戸時代初期の建築様式をよく留めていることなどから、埼玉県の有形文化財に指定されています。また、毎年12月3日に行われる例祭は、「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財に指定され、京都の祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭のひとつに数えられています。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
永禄12年(1569)、秩父郡内の有力神社に悲劇が訪れる。武田信玄の秩父侵攻によって、妙見宮も焼き払われてしまった。天正元年(1573)には再建を図ったが実現しなかったという。天正19年(1591)、徳川家康は御朱印地10石、除地7石を安堵し、新たに50石を寄進した。翌天正20年(1592)には、家康の命によって現在の「秩父神社社殿」(妙見宮を中心として)の形が再興された。風格ある荘厳な美しいたたずまいを見せる権現造りの社殿はそのとき再興されたものである。

Comments

大好物です! 
こんばんは!

秩父神社のご社殿が家康公の寄進だということは
何かで拝見したのですが〜

こんなに立派で、華やかだとは・・・
極彩色に彩らた彫刻は〜『私の大好物!』
虎も龍もお猿さんも全部見たいです‼︎
秩父神社、近いうちに寄せて頂かないと〜♪
あっ!夏以外で〜(^^)
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
大旅行から帰ってすぐに秩父旅行とは!
なんてタフなんでしょうね~♪
秩父神社はAzTakさんには秩父夜祭で行き慣れた処ですね!
夜とはまた違った趣や発見があるんでしょうね♪
それにしてもお孫さんは偉いですね!
おじいちゃんの社寺仏閣回りに付き合うとは・・・
将来が楽しみですね!
嫌いじゃないラーメン、↓の「珍達ラーメン」は食べてみたいですね♪
元気になるんでしょうか 笑)
いつもお気遣い頂き本当にありがとうございます!
 
立派な佇まいな神社ですねえ
まさに日光の東照宮を思わせるような絢爛豪華な模様に
ただただため息です。
これは重要文化財ですよねえ〜。
 
見るからに荘厳な感じの神社ですね。
家康の移行で再興されただけあって、東照宮の感じがすでにありますね。
あまりに遠くていけないのが残念です。
 
こんにちは
会津、相馬、秩父と忙しいですね。
夏バテしている暇が有りませんよ。
さすが、家康が寄進しただけあって素晴らしいです。
彫刻はじっくりと見たいです。
三猿は日光の三猿と対になっているんでしょうか?

↓ お孫さんの夏休みのお付き合いですか~
古い街並みも良いもんですね。
AzTakさん、今日は! 
秩父へ行かれたんですね。
私も秩父は何回も行ってますが、秩父神社は行かなかったです。
良く奥秩父の「三十槌の氷柱」を撮りに出かけていました。
秩父市内から50分近く奥へ行きます。
秩父会館へ行って夜祭りに使用する山車を見たことはあります。
秩父神社は立派な神社ですね。
近くを通りますが立ち寄ったことがありませんでした。
今度行く機会がありましたら立ち寄ってみたいと思います。

AzTakさんも色々なところへ遠出しているので体調は良さそうですね。
此処に来て猛暑がおさまり少し楽になりましたね。
 
AzTakさん こんばんは。


『孫がとっくに興味をなくしているのにぐる~っと一周』のフレーズがおもしろ~い。
私も神社仏閣、この年になっても興味がわかない^ ^
一通り見て回るんですが....

孫さん、興味がなくても一緒にこんなところまわったって
想い出として残っていると思います。
 
見事な彫刻ですね
昔、秩父はバイクでしょっちゅう、通っていましたが
その頃は神社仏閣に興味が無かったので、見逃していました
最近は、お寺や神社に行くと落ち着きますね(笑)
Re: 大好物です! 
> こんばんは!

京都花大黒 店主さん、こんばんは。

> 秩父神社のご社殿が家康公の寄進だということは
> 何かで拝見したのですが〜
>
> こんなに立派で、華やかだとは・・・
> 極彩色に彩らた彫刻は〜『私の大好物!』
> 虎も龍もお猿さんも全部見たいです‼︎
> 秩父神社、近いうちに寄せて頂かないと〜♪
> あっ!夏以外で〜(^^)

東照宮を作るときに家康公はどんなものを思い描いていたか、ここで頭に叩き込んでかかったと言われています。国宝や重文指定を受けていないのが不思議なほどです。

秩父には、見どころがいっぱいあるんですよ。武甲山があるので想像がつくかもしれませんが、小さな鍾乳洞があります。
札所めぐりも出来ます。
荒川の渓谷美も楽しめます。谷が深いので、私はチョット苦手なんですが。
龍勢などというものもあります。
秩父鉄道には、SLも走っています。
夜祭も祇園祭とはまた違った趣きがあります。
レンタカーで回れば、色々行けると思います。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 大旅行から帰ってすぐに秩父旅行とは!
> なんてタフなんでしょうね~♪

誤解なさらないように。タフではなく、孫の都合にピンポイントで合わせただけなんです。
案の定、私は強烈な夏バテで、20日ほどぐーたらしていました。

> 秩父神社はAzTakさんには秩父夜祭で行き慣れた処ですね!
> 夜とはまた違った趣や発見があるんでしょうね♪

元々は昼の秩父に通っていました。クリスチャンなのに、元気な頃は札所めぐりもしたんですよ。

> それにしてもお孫さんは偉いですね!
> おじいちゃんの社寺仏閣回りに付き合うとは・・・
> 将来が楽しみですね!

仕方なし無し付き合ってくれたのでしょう。それでも、記憶の片隅には残るかもしれませんね。

> 嫌いじゃないラーメン、↓の「珍達ラーメン」は食べてみたいですね♪
> 元気になるんでしょうか 笑)
> いつもお気遣い頂き本当にありがとうございます!

好きなのでよく食べていますが、私の場合は、特別元気になったという話はありません。(^_^;)
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> 立派な佇まいな神社ですねえ
> まさに日光の東照宮を思わせるような絢爛豪華な模様に
> ただただため息です。

本当に立派な神社ですよねえ。
秩父宮雍仁親王が会津のお姫様を妃殿下にしたことで、やっと会津の市民権がいささか回復した。そのこととあわせて、有り難い神社です。

> これは重要文化財ですよねえ〜。

『最低でも』そう思います。と言うと鳩山由紀夫の真似のようですが、私は彼が大嫌いです。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 見るからに荘厳な感じの神社ですね。
> 家康の意向で再興されただけあって、東照宮の感じがすでにありますね。
> あまりに遠くていけないのが残念です。

家康がどうして一の宮でもない神社にここまで肩入れしたのか私にはわかりませんが、江戸の入城するに当たり、関東を見て歩いた折に、この秩父神社にお参りしたようです。
何か感じるものがあったのでしょうか。偉人の考えるところは凡人の私にはわかりかねますが、何かを感じたのかもしれません。
天下を取る直前の勢いのあるときに見た。その感じが再興を命じた理由なのでしょうかね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 会津、相馬、秩父と忙しいですね。
> 夏バテしている暇が有りませんよ。

それが、最近では記憶に無いくらいひどい夏バテになってしまいました。情けない話です。

> さすが、家康が寄進しただけあって素晴らしいです。
> 彫刻はじっくりと見たいです。
> 三猿は日光の三猿と対になっているんでしょうか?

日の出の勢いの家康が、己が力を誇示すべく、力の限りを尽くしたのでしょうね。本当にパワー溢れる感じです。
スピリチュアルの人達が言っているのを真似したわけではありませんが。
三猿はどうなんでしょうねえ。日光のそれは古典に基づくオーソドックスな話のようですが、こちらは、かなり自由にやらせたように見えます。本当のところはどうだったのか、よくわかりません。

> ↓ お孫さんの夏休みのお付き合いですか~
> 古い街並みも良いもんですね。

日本全国、どこにでもあったのでしょうが、ここのは何とか残りましたね。それだけ建物がしっかり建ててあったのかもしれませんし、それなりに暮らしていける経済力があったのでしょうかね。
Re: AzTakさん、今日は! 
hiroさん、こんばんは。

> 秩父へ行かれたんですね。
> 私も秩父は何回も行ってますが、秩父神社は行かなかったです。

かつての勤務先の保養所があった関係で、毎年出かけていました。
色々近場は回りました。

> 良く奥秩父の「三十槌の氷柱」を撮りに出かけていました。
> 秩父市内から50分近く奥へ行きます。

凄いんだそうですね。私は運転がド下手ですし、最近は車なしの身に転落してしまったので、行くことができていないでいます。

> 秩父会館へ行って夜祭りに使用する山車を見たことはあります。

本物の迫力はあんなものではありません。屋台の中から響いてくる秩父囃子。重低音がきいていて、凄いです。
また、笠鉾は例年、上部を省いた形で曳行されますが、正装状態で曳行されたことがありました。それはそれは見事なものでした。
交通規制があるので、昼間、市内の曳行を見て、夜もその続きを見るか、観覧席から屋台や笠鉾が集結してくるのをじっと待つか。どちらか択一になります。
どちらも甲乙つけがたいですが、ものすごく寒いので、夜がふけてからの寒さに対する備えが不可欠です。

> 秩父神社は立派な神社ですね。
> 近くを通りますが立ち寄ったことがありませんでした。
> 今度行く機会がありましたら立ち寄ってみたいと思います。

そうですね。見て損はないと思います。

> AzTakさんも色々なところへ遠出しているので体調は良さそうですね。
> 此処に来て猛暑がおさまり少し楽になりましたね。

ところがひどい夏バテで、20日ほど逼塞していました。昨日、実に久しぶりに少し長めに歩いたら、再びダウン。情けない話です。でも、ホンの少しだけ涼しくなりましたね。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん こんばんは。

azさん、こんばんは。ご無沙汰しています。

> 『孫がとっくに興味をなくしているのにぐる~っと一周』のフレーズがおもしろ~い。
> 私も神社仏閣、この年になっても興味がわかない^ ^
> 一通り見て回るんですが....

段々枯れてきたのでしょうか。こういうものが嫌ではなくなりました。
一生懸命神社仏閣を回っています。秩父にもカトリック教会がありましたが、これは勝っるくパスしてしまいました。(^_^;)

> 孫さん、興味がなくても一緒にこんなところまわったって
> 想い出として残っていると思います。

まあ、小3ですから。記憶には残るでしょうね。同じ年に福島から出てきて横浜市内を観光して回ったことが記憶に残っています。何より、ホテルニューグランドだったと思うのですが、そこのレストランでのことです。何席か離れた客が、ケチャップとタバスコとを間違えたんだと思います。たっぷり掛けて食べようとした瞬間に絶叫して飛び上がったのを記憶しています。ケチャップにしては、けったいな形状の瓶でしたし、そんなものをテーブルの上に置くわけはないのに不思議だなあと思って、それとなく観察していました。
餓鬼の頃からいけ好かないマセガキだったかもしれません。
Re: タイトルなし 
ぼびぱぱさん、こんばんは。

> 見事な彫刻ですね
> 昔、秩父はバイクでしょっちゅう、通っていましたが
> その頃は神社仏閣に興味が無かったので、見逃していました
> 最近は、お寺や神社に行くと落ち着きますね(笑)

若い頃は、なんとなく辛気臭く感じる側面があったかもしれませんね。不思議と人間が枯れるとそんなに嫌でなくなるかもしれません。
そう思いだした頃が、人間の盛りの時期かもしれません。仕事にも遊びにも、うんとお気張りください。
こんばんは 
神社仏閣は大好きです^^
お孫さんは少し退屈だったかもしれませんが
僕達には最高です!
彫刻がとても美しいですね^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 神社仏閣は大好きです^^
> お孫さんは少し退屈だったかもしれませんが
> 僕達には最高です!
> 彫刻がとても美しいですね^^

徳川家康が権力を握ったばかりの頃です。何が理由で肩入れしたくなったのか今ひとつ判然としませんが、絵お入場前に関東地方見回りの印象が再興だったのだと想像しています。
そして、信玄に焼かれてしまった社殿をもったいなく思い、再建を決意したのでしょう。やるからには、己の権勢の程を見せつけてやる。そういう決意があったのかもしれません。左甚五郎を始めとした当代一流の職人を惜しげもなく投入したのだと思います。
こんばんは 
お孫さんがすっかり興味を・・・笑えます。たしかに子供にとっては地味すぎですよね。でも、僕は大事なことだと思います。きっと大きくなって思い出すことがあると思います。最近は遠足なども神社名刹をスルーします。結果、大人になっても日本の伝統や文化に興味も知識もない人が多いです。おじいちゃんと行く旅は、あんなのだったと思い返せるだけでも大きな財産かと。
Re: こんばんは 
HARUさん、こんばんは。

> お孫さんがすっかり興味を・・・笑えます。たしかに子供にとっては地味すぎですよね。でも、僕は大事なことだと思います。きっと大きくなって思い出すことがあると思います。最近は遠足なども神社名刹をスルーします。結果、大人になっても日本の伝統や文化に興味も知識もない人が多いです。おじいちゃんと行く旅は、あんなのだったと思い返せるだけでも大きな財産かと。

そうであってくれるといいのですが。今のところは『爺さんといった時は猛烈に暑かったなあ』くらいが正直な感想でしょう。もう少し経ってから、記憶の片隅にでも残っていてくれればと思います。
英語が話せても、日本の文化を何も知らないのでは、国際人として恥ずかしい限りです。そうなれるかどうかは別として、その準備機会を与えるくらいはしておくのもあながち無駄ではないと信じたいものです。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR