散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

大内宿~鶴ケ城~相馬野馬追(16)

相馬野馬追(8)
争奪戦(3)
比較的近くに青旗も赤旗も落ちてきた。この内、赤旗を掴んだのは赤字にオレンジの丸がある旗の騎馬武者かなあ。不動明王の旗の騎馬武者かなあ。どうやら後者らしい。だとすると、2度めだぞ。
赤旗を掴んだのは_1
赤旗を掴んだのは_2
赤旗を掴んだのは_3
赤旗を掴んだのは_4
赤旗を掴んだのは_5
赤旗を掴んだのは_6
赤旗を掴んだのは_7
赤旗を掴んだのは_8
赤旗を掴んだのは_9
赤旗を掴んだのは_10
まもなく騎馬武者がとれる高さに到達する。赤のご神旗は誰がとるのだろうか
赤旗を掴んだのは_11
赤旗を掴んだのは_12
赤旗を掴んだのは_13
誰かが確かに赤のご神旗を掴んだ。誰だ、お主は?よく手が伸びたものだ。
赤旗を掴んだのは_14
威勢よく赤のご神旗が振られた。『とったぞおーっ』とばかりに雄叫びを上げているのだろう。
赤旗を掴んだのは_15
長い焦点距離のレンズなら騎馬武者の顔がよく見えたはずなのに。全くわからない。日の丸のような旗のすぐ近くにいる騎馬武者だ。
赤旗を掴んだのは_16
赤旗を掴んだのは_17
赤旗を掴んだのは_18
赤旗を掴んだのは_19
赤旗を掴んだのは_20
見事掴んだのは良かったが、自慢の旗差物が全くわからない。己が誇ろなのだから、きちんとみえるようにしなくちゃ。
赤旗を掴んだのは_21
赤旗を掴んだのは_22
赤旗を掴んだのは_23
赤旗を掴んだのは_24
赤旗を掴んだのは_25
赤旗を掴んだのは_26
赤旗を掴んだのは_27
赤旗を掴んだのは_28
赤旗を掴んだのは_29
赤旗を掴んだのは_30
赤旗を掴んだのは_31
赤旗を掴んだのは_32
赤旗を掴んだのは_33
赤旗を掴んだのは_34
赤旗を掴んだのは_35
連写で追いかけていたのだが、不動明王の旗の騎馬武者がどこかわからなくなってしまった。どこだ?審判役はしっかりと見ていたようだ。
赤旗を掴んだのは_36
赤旗を掴んだのは_37
赤旗を掴んだのは_38

Comments

おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
実戦さながらの争奪戦!
馬蹄の響きが聞こえてきそうです。
流石、Newカメラ、連写も素晴らしいですね♪
LUMIXが調子悪いので、私もα6000欲しくなりました 笑)
 
これだけの騎馬武者が渡り合ってよくけがをしないものですね。
それにしても、参加者は毎年のことで慣れているのですけね。
ニュースで一部やっていましたが、すごいスケールですね。
こんにちは。 
小学校、中学校の運動会でやった騎馬戦を思い出しました。
昔の戦場!こんな光景だったもpでしょうか?
こんにちは 
連写での撮影ですか~
馬の動きが良く解りますね^^
僕もこう言うの好きなので
参加してみたいけど、馬に乗れませんw
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 実戦さながらの争奪戦!
> 馬蹄の響きが聞こえてきそうです。

それが意外に会場が広く、α6000の広角端では、半分くらいしか画面にないらないのです。今回はなるべく見えるようにと望遠端にしましたが、かなり小さくて、お話になりませんでした。何も持たずに行ったただ見るだけに人は、小さすぎて何がなんだかわからなかったかもしれません。双眼鏡は必須かもしれません。
ぶつくさ文句を行っている方が少なからずいました。
でも、大震災の被災地のど真ん中なのです。しかも、放射能汚染問題で、復興が遅れに遅れているところです。お客様は神様ではありますが、もう少し工夫してみる用意をしてこられても良かったのでは。あれをつまんないとほざく人たちは、温かい心など持ち合わせていないのかと、がっかりしたほどでした。

> 流石、Newカメラ、連写も素晴らしいですね♪
> LUMIXが調子悪いので、私もα6000欲しくなりました 笑)

近場を写すのには、かなり連射がききますから、素晴らしいのではないかと思います。問題は少し遠い被写体ですね。
eマウントは、ef-mマウントと同様で、レンズのラインナップが貧弱です。210ミリまでのレンズしかありません。
それ以上ということになると、マウントアダプターでAマウントのレンズを使うしかないようです。SONYはそこが大弱点のような気が。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> これだけの騎馬武者が渡り合ってよくけがをしないものですね。
> それにしても、参加者は毎年のことで慣れているのですけね。
> ニュースで一部やっていましたが、すごいスケールですね。

多分、小さな怪我は数知らずではないでしょうか。死亡事故とか、救急車で搬送されるほどの大怪我でないかぎり、中断されることなく続きます。
安全確保のために係員が異常が起きていないかしっかり見ていますが、騎馬武者たちはアドレナリン出まくり状態で、少しくらいの怪我など気が付かずにやっているんだと思います。
甲冑競馬でも、神旗争奪戦でも、ともに落馬がありました。特に後者の場合の落馬は、皆上ばかりを見ているので、もたもた寝転がっていると非常に危険だと思います。サッと逃げるのでしょう。『柵がなくて池に落ちた』などと騒ぐ過保護の世界ではありません。

Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 小学校、中学校の運動会でやった騎馬戦を思い出しました。

ははは、そうでしたね。騎馬戦は、私も馬でした。柔道部のエースだったので、負ける気がしませんでした。相手の馬の脚を払う脚光を浴びるのはその時くらい。へなちょこ野球部の奴らにはかないませんでした。(´Д⊂グスン

> 昔の戦場!こんな光景だったものでしょうか?

もっと物騒だったと思います。刀も槍も振り回されますし、銃弾も飛び交うのですから。甲冑も勢い丈夫なものにしたのだと思います。仙台藩とは徳川以前からずっといがみあって来た間柄です。犬猿の仲だったと思います。
なので、一度小競り合いが起きれば、かなりの戦いになったようです。お陰で一時は会津若松まで勢力範囲に収めていた伊達政宗ですが、相馬藩の領地侵略はならなかったようです。備えあれば憂いなしの典型だったかもしれません。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 連写での撮影ですか~
> 馬の動きが良く解りますね^^

もう少し、長いレンズじゃないと、必死になってみないとよくわかりませんよね。次回行くときは装備を充実させることを考えなくてはいけません。

> 僕もこう言うの好きなので
> 参加してみたいけど、馬に乗れませんw

かつて、私の従兄も参加したことがありますが、騎馬行列だけの参加だったようです。それでも、付き合った従弟が大変だったとこぼしていました。写真撮影だけの参加が無難かもしれません。
こんばんは 
甲冑にのぼり旗のいでたちでたくさんの騎馬武者が競っているのですから戦さながらの迫力でしょうね。
馬上の人たちはもちろんですがまわりで見物している人たちも手に汗握るとおもいます。
Re: こんばんは 
めぐるさん、こんばんは。

> 甲冑にのぼり旗のいでたちでたくさんの騎馬武者が競っているのですから戦さながらの迫力でしょうね。
> 馬上の人たちはもちろんですがまわりで見物している人たちも手に汗握るとおもいます。

上空から待ち構えて気が逸る騎馬武者たちをじらすかのようにご神旗が舞い降りてきます。そして、最後の一そよぎで泣き笑いが。
決まるのは一瞬の出来事です。皆、固唾を呑んで見守ります。
『やっとぞ~っ』て駆け出す騎馬武者がいて、拍手喝采。男(女)を上げる瞬間ですよね。
AzTakさん 
こんばんは
神旗を獲得した騎馬武者も何回も挑戦できるのですね。
運の良さと予測能力の高さとが余程勝れていないと、何回か獲得することは難しいんでしょう。
AzTakさんの御先祖様も華々しい武勲を挙げられたんでしょうね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、おはようございます。

> 神旗を獲得した騎馬武者も何回も挑戦できるのですね。

そのとおりです。

> 運の良さと予測能力の高さとが余程勝れていないと、何回か獲得することは難しいんでしょう。

複数回獲得するのは、余程の運がなければ難しいように思いました。

> AzTakさんの御先祖様も華々しい武勲を挙げられたんでしょうね。

我が先祖は荒っぽい気性の人だったようで、仙台の武将の首をはねて殿様に見せたということで、取り立てられたと聞いています。地元ではそこそこの家柄だったのでしょう。母の従兄が市長をつとめたりもしていました。
今はすっかり何もなさそうですが。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR