散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

大内宿~鶴ケ城~相馬野馬追(4)

大内宿(4)
町並み展示館(2)
これは本陣の備品かなあ
これは本陣の備品かなあ
以下は本陣の備品を示したものではない。前回の記述にあったように、戊辰戦争の戦場になってしまったからである。おそらく当時の近郷の本陣や民家で使われていたものを集めたのだろう。ということで、私には分かりかねるものが少なくなかったので、説明はごく少なめでご覧頂きたい。
昔懐かしい竿秤や皮革製のトランクなどがある
昔懐かしい竿秤や皮革製のトランクなどがある
居間にて
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが展示されていた
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_1
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_2
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_3
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_4
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_5
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_6
おひつの保温道具『いずみ』だと思うが、会津では『飯いずっこ』と称したようだ。
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_7
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_8
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_9
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_10
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_11
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_12
居間の囲炉裏の回りには、当時使用されていたような食器などが_13
居間にはこんなものもあった
居間にはこんなものもあった_1
居間にはこんなものもあった_2
土間にて
土間と思しきところには、民家で使われていたと思われる道具類が。莚編み機とかスルス(摺臼)とか。川崎の日本民家園にも同じようなものがあった。
民家で使われていたと思われる道具類_1
民家で使われていたと思われる道具類_2

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
大内宿に行かれたのですね!
良かった~♪ AzTakさんより先に行って!
私の何倍も詳しくレポートされていてびっくりです!
流石、AzTakさんと言う気持ちでいっぱいです!
茅葺の家はたくさんレポートされているAzTakさんには
あまり珍しくないとは思いますが、私には新鮮でした♪
大内宿の後、鶴ヶ城にまた行かれるのですね!
再度、行った思いが出来るのかと楽しみです!
なかなかお伺いも出来ず誠に申し訳ございません。
 
建物自体もすごいですが、民家の家財道具もすごいですね。
価値的は判断は無知ですが、よくこれだけ残してあるなと感心します。
私の世界では、こうしたレポートがないと知らないまま終わってしまいますね。
 
こんにちは。
非常に厚みのある発色の、実に素敵な写真達ですね。その濃厚な色合いが
年輪を重ねた品々をより味わい深く表現する一助になっていると感じました。
AzTakさん 
こんにちは
まだ使えそうな民具がいっぱいありますね。
30年ほど前、もち米を蒸かす蒸籠が傷んだので親が買って来いというので、木曽の職人の所に直接買いに行き、喜んでくれてオマケにくれたまげわっぱの弁当箱、塗もしてない白木のままでしたが、いまだに現役ですよ。
使いこなせば愛着がわきます。
こんにちは 
幼い頃にこんな道具をいくつも見たと思います。梅雨が明けてからの猛暑が厳しいですね。ウォーキングも多少セーブしながらですが・・・今日はサボりました(笑)。お互いにこの時期はボチボチぐうたらが良いかもしれませんね。
こんにちは。 
大内宿。再現でもヤラセでも、これだけの規模の茅葺古民家群を勢揃いさせて、見ごたえも観光としては最上級ですね。会津はそのうち訪れたいと思っていますが、こんな大きな付録があるんだあ。いやあ、いいところ、紹介していただいてラッキー。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 大内宿に行かれたのですね!
> 良かった~♪ AzTakさんより先に行って!
> 私の何倍も詳しくレポートされていてびっくりです!

時間があれば、高倉神社に行ったのですが、時間がなくて残念でした。
第77代後白河天皇の第2皇子似仁王が治承4年(1180)5月、平家追討に失敗して信濃から上野、そして桧枝岐を越えてこの地に草鞋を脱いだと言われているそうです。
同じ立場の護良親王の鎌倉宮が宮内庁の手で手厚く保護されているというのに、こちらは、そういう恩恵にはあずかっていないようです。どんなところなのか見たかったです。

> 流石、AzTakさんと言う気持ちでいっぱいです!
> 茅葺の家はたくさんレポートされているAzTakさんには
> あまり珍しくないとは思いますが、私には新鮮でした♪

見るもの聞くもの、何でも食いつきたくなる方なので。こんなところが残っていたんだと、驚きました。

> 大内宿の後、鶴ヶ城にまた行かれるのですね!
> 再度、行った思いが出来るのかと楽しみです!

以前に行った時には、茶室麟閣の庭に碇草が咲いていて、今回は蓮華升麻が咲いていました。
それを見ることが出来ただけでも超ラッキーでした。

> なかなかお伺いも出来ず誠に申し訳ございません。

介護疲れで身体を悪くしないようにご注意くださいね。
私の方は遊びすぎで、猛烈な夏バテ状態です。体力低下を実感した夏です。
我が家では、あと1週間ほどで伊豆から大型台風がやってきます。それをやり過ごすと少し平穏な日々が戻るかなあ、…。
こんばんは 
皮のトランクに鉄瓶!
懐かしい風情です^^
こう言うものを鑑定団に出したらいくらになるんでしょうね?
ちょっと違う角度で見てしまいましたw
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 建物自体もすごいですが、民家の家財道具もすごいですね。
> 価値的は判断は無知ですが、よくこれだけ残してあるなと感心します。

よほどハイカラなものは、どなたか篤志家のご寄付なんでしょうね。家財道具と思しきものは、この宿場の家々からの寄付ではないでしょうか。そんなふうに勝手に考えました。
この辺りの言い回しって、福島出身の私には、ごくごく自然な感じで理解できる感じです。都会の言い回しも微妙に福島訛りの言い方に変化するものなんですね。

> 私の世界では、こうしたレポートがないと知らないまま終わってしまいますね。

東北の寒村の話ですから。知らないのは当然です。というか、福島出身の私も知らないところでした。

Re: タイトルなし 
> こんにちは。

なかまちさん、こんばんは。

> 非常に厚みのある発色の、実に素敵な写真達ですね。その濃厚な色合いが
> 年輪を重ねた品々をより味わい深く表現する一助になっていると感じました。

有難うございます。
写真の話とは別に、どんどん燻して、飴色の輝きがもっと出ればいいのですが、…。木製食器などは、時々湿らせて過度に乾燥しないようにしたり、…。
何もしないと、茅葺屋根ばかりでなく、展示品もひび割れたりしそうです。地方の博物館の展示は、大切にする余り、使いものにならない展示品を作り出しているのかもしれません。ここは大丈夫かなあと心配になりました。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> まだ使えそうな民具がいっぱいありますね。
> 30年ほど前、もち米を蒸かす蒸籠が傷んだので親が買って来いというので、木曽の職人の所に直接買いに行き、喜んでくれてオマケにくれたまげわっぱの弁当箱、塗もしてない白木のままでしたが、いまだに現役ですよ。
> 使いこなせば愛着がわきます。

しっかり保管に励んでいるようですが、木製食器などは使い込んで湿り気などを与えないとダメになってしまいそうです。
曲げわっぱも使い込めば、寿命まで律儀に機能してくれることでしょうが、…。こちらのは、どうでしょうかねえ。
Re: こんにちは 
めぐるさん、こんばんは。

> 幼い頃にこんな道具をいくつも見たと思います。

そちらにもありましたか。私のところは田舎でしたし、同じ県内でしたから、似たようなものがいっぱいありました。
ただ、あんなかさばる道具は欲しくても、うさぎ小屋のような狭い家屋では、収納に困ってしまいますね。

> 梅雨が明けてからの猛暑が厳しいですね。ウォーキングも多少セーブしながらですが・・・今日はサボりました(笑)。お互いにこの時期はボチボチぐうたらが良いかもしれませんね。

今年は完全な夏バテで参っています。昨年までは暑さを楽しむ余裕があったのに、今年はまるで駄目。体力低下を思い知らされています。何とか立ち直るべく、甘酒でも飲みましょうかね。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 大内宿。再現でもヤラセでも、これだけの規模の茅葺古民家群を勢揃いさせて、見ごたえも観光としては最上級ですね。会津はそのうち訪れたいと思っていますが、こんな大きな付録があるんだあ。いやあ、いいところ、紹介していただいてラッキー。

この大内宿は恥ずかしながら10年くらい前までは知りませんでした。
高校に進学するために福島県を出たのがちょうど50年前。その年に鶴ヶ城の天守閣が漸く再建されましたが、大内宿は全く知られていない存在でした。というか、女元の人もひっそり暮らしていたんだろうと思います。
ところが、何が幸いするかわからないものですねえ。そんなひっそりしたところがいいというとんでもない話に。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 皮のトランクに鉄瓶!
> 懐かしい風情です^^
> こう言うものを鑑定団に出したらいくらになるんでしょうね?
> ちょっと違う角度で見てしまいましたw

家を建て替えるときに似たようなものを道具屋さんに見てもらいました。大した見積額にはならなかった記憶が。意外でしたが、アケビのつるで編んだカゴなどのほうが、よほど、高い見積額に。
鉄瓶は、中国の人たちが買い占めているようで、ものすごく高くなっているようですね。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR