散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

何度目かの川崎市立日本民家園(14)

(23)菅原家住宅(すがわらけじゅうたく)《東北の村》
合掌造りとはまた違った豪雪地帯に対応した家屋。どちらのほうが寒さに強かったのだろうか。
外観
外から見た格好がものすごく良い。惚れ惚れするほどだ。
外観_1
屋根に高窓(ハッポウ)を設けて採光の工夫していたのだそうだ。どれくらいの効果なのかは、屋内の写真で確認されたい。
外観_6
外観_2
外観_3
外観_4
外観_5
グシグラという屋根棟
茅葺屋根の屋根棟としては、
 1)竹簀巻き(たけすまき)…編んだ竹で棟の茅を巻く構造。日本各地で多く見られる。
 2)置千木(おきちぎ)…木を組み合わせて棟を覆う構造。木材の豊富な山間部に見られる。
 3)笄棟(こうがいむね)…茅を棟に積み重ね、屋根から突き出させた木材に締めて固定する構造。
 4)芝棟(しばむね)…意図的に木や草を生やし、その根で棟の弛みをなくす構造。

などがあるようだ。このクシグラは置千木に類するものなのだろう。
グシグラという屋根棟
家屋内部
家屋内部_1
家屋内部_2
家屋内部_3
家屋内部_4
家屋内部_5
家屋内部_6
家屋内部_7
家屋内部_8
高窓(ハッポウ)を設けて採光の工夫をしているので、眩しいほどの光が射し込んでいた
家屋内部_9
家屋内部_10
神奈川県指定重要文化財
旧所在地:山形県鶴岡市松沢
建物区分:農家(肝煎の家)
構造形式:寄棟造(高ハッポウおよびハッポウ付き)、妻入、一部二階、背面庇付、茅葺、桁行15.8m、梁行9.6m
建築年代:18世紀末期

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
屋根に高窓のある豪雪地帯の家
湯殿山麓の田麦俣(たむぎまた)集落やその周辺には、ハッポウ造と呼ばれる独特の民家が分布しています。養蚕のために二層三層をつくり、屋根に高窓(ハッポウ)を設けて採光の工夫をしたその姿は、非常に特徴的です。
菅原家住宅もこのハッポウ造の民家で、高い軒や板壁で囲った外観などに豪雪地域の家づくりがうかがえます。
豪雪は間取りにも影響しています。大戸口前のアマヤ(前室)をはじめ、ニワ(土間)に物置やイナベヤ(板敷)を設ける点などは、雪の多い冬場の暮らしを考慮した工夫です。
見どころポイント!
雪に濡れたものを脱げるよう、入り口にアマヤを設けています。
積雪時にも立て付けが悪くならないよう、敷居に車が設けてあります。


以上で『何度目かの川崎市立日本民家園』シリーズを終了します。最後までご覧頂き有難うございました。

Comments

おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
たくさんの日本家屋をありがとうございます。
ご苦労様でした♪
南北に長い日本は暑さ寒さは当然のことですが
豪雪に対応した家づくりやその地方地方の特産品である
馬や蚕の飼育場所を上手く組み込んだものが多いですね!
茅葺屋根の屋根棟の4種類は勉強になりました!
一初が花を咲かせる芝棟が一番好きです 笑)
 
面白い屋根の形ですね。クシグラですね。
豪雪地帯の生活の知恵なのでしょうが、寒い地域でやはりこれだけオープンな建物は想像できないほど寒かったことでしょう。
AzTakさん 
こんにちは
菅原家住宅はほんとにスッキリしていて素晴らしくカッコいいですねえ。
クシグラですか、この建築を象徴する構造だと思います。
高窓も建物のあらゆる線が整っていて、とても良いです。
こんいちは。 
私の祖父が萱葺きの職人で、子供の頃何回か張り替えを見たことがあります。
どんな作業だったかは覚えていませんが。
屋根棟も色々あるのですね~。
我家も子供の頃は萱葺き!もうどんな屋根棟だったかは記憶にありません。
こんにちは。 
たしかに、カッコイイですねえ。見るからに手が込んでいて見栄えもスカッとして瓦屋根とは違う趣を感じます。屋根の合わせにいろんな種類があることも、それぞれの土地の特性が出ているのだということを知りました。茅葺屋根を見るときにこういう知識があると別な見方が出来て楽しくなりますね。
 
綺麗な茅葺き屋根ですね。
この茅葺きを上から撮っているので屋根が強調されて
うまい撮り方ですね、さすが!!
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。
2泊3日の秩父小旅行から戻りました。初日は豪雨で、レッドアローが反応までしか運航しないで、その先は各駅停車で行ってくれなんですが、それも途中まで。
どうなることかと思いましたが、雨が上がり、秩父までそのまま行くことができました。そして、本日も豪雨の予想。今日の観光は取りやめにしました。いやはや大変な旅行でした。

> たくさんの日本家屋をありがとうございます。
> ご苦労様でした♪
> 南北に長い日本は暑さ寒さは当然のことですが
> 豪雪に対応した家づくりやその地方地方の特産品である
> 馬や蚕の飼育場所を上手く組み込んだものが多いですね!

そうなんですねえ。合掌造り以外はみな同じものなどという呆けた認識は吹っ飛びました。(-_-;)

> 茅葺屋根の屋根棟の4種類は勉強になりました!
> 一初が花を咲かせる芝棟が一番好きです 笑)

makiraさんはきっとそう思われることだろうなと思っていました。
Re: タイトルなし 
こんばんは。

> 屋根棟の置千木、手の込んだ造りですね。実用?洒落っ気?、両方かもしれませんがいいです。

神社などに多い形だとか。その美しさを取り入れたものなんでしょうか。花頭窓や唐破風などと同じで、格好の良いものは取り込みたくなるのが日本人でしょうかね。

> 囲炉裏で煙った屋内の感じがとても素晴らしいです。

あれは、私を燻ったのかと思ったほどです。あのくらい滞留していないと寒くてやっていられないのでしょうね。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 面白い屋根の形ですね。クシグラですね。

神社みたいで格好がいいなと思ったら、やはり神社の様式を取り入れたようですね。

> 豪雪地帯の生活の知恵なのでしょうが、寒い地域でやはりこれだけオープンな建物は想像できないほど寒かったことでしょう。

冬は、一階は閉じ込められても仕方がないというような感じの囲い方をするようです。そう簡単に煙も逃げない感じのようで、煙たいこと煙たいこと。まるで、私を燻したのじゃないかと思うほどでした。
関東地方に大雪が降ったら、さぞかし似合う感じなんでしょうね。機動力がない私には、写真を撮りにいくことができませんが。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 菅原家住宅はほんとにスッキリしていて素晴らしくカッコいいですねえ。
> クシグラですか、この建築を象徴する構造だと思います。
> 高窓も建物のあらゆる線が整っていて、とても良いです。

頑丈に作らないと一家全員が凍死などという悲惨な事態が出来しないとは限りませんから。危ない箇所は囲いなどをして、寒さに備えたのでしょうね。結構機能的な美しさがあるように感じました。
東北人好みなんでしょうかね。
Re: こんいちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 私の祖父が萱葺きの職人で、子供の頃何回か張り替えを見たことがあります。
> どんな作業だったかは覚えていませんが。

そうでしたか。次に少し取り上げる大内宿では、住民が茅葺屋根を葺く組織を結成しているんだそうです。
そうでもしないと、よほどの金持ちしか、維持できなくなってしまうのでしょうか。

> 屋根棟も色々あるのですね~。
> 我家も子供の頃は萱葺き!もうどんな屋根棟だったかは記憶にありません。

屋根のてっぺんは私もよく見てはいませんでした。たぶん、竹簀巻き(編んだ竹で棟の茅を巻く構造)が多かったんでしょうね。
置千木、笄棟、芝棟だったら記憶に残ると思うんです。違うかなあ。数限りなく見たはずなのに、まったく注意してみていませんでした。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> たしかに、カッコイイですねえ。見るからに手が込んでいて見栄えもスカッとして瓦屋根とは違う趣を感じます。屋根の合わせにいろんな種類があることも、それぞれの土地の特性が出ているのだということを知りました。茅葺屋根を見るときにこういう知識があると別な見方が出来て楽しくなりますね。

蘊蓄のHARUさんでも、知らないことがありましたか。私などは全く知らず、ずいぶん調べまわりました。芝棟などはどうやって思いついたのか、いまだに不思議です。
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> 綺麗な茅葺き屋根ですね。
> この茅葺きを上から撮っているので屋根が強調されて
> うまい撮り方ですね、さすが!!

隣の芝棟の家屋が工事中で、近づけなかったので、どこか撮る場所がないか探したんです。そのときついでに撮りました。
うまくもなんともない怪我の功名だったかもしれません。
こんばんは 
雪国の屋根は急傾斜ですが葺くのが大変かもしれません。茅葺き屋根は囲炉裏とセットで燻すことで長持ちするのでしょうね。それにしても内部から見たら隙間が多いし冬は寒そうです。
白旗を掲げて逃避行 
またまたご無沙汰いたしました。

先にCDお送り下さって有難うございます。
私が興味を持って拝見した記事。

もう一度拝見して説明記事を筆記して、CD拝見しました。
コメント考えているうち疲れが出たりして中断。

体調はだいぶ改善してきました。改善すれば次なる願望。。八千穂高原。
家族の反対はありますが、暑さに負けて明日発ちます。

ランが効けば時々お尋ねさせて頂きます。

暑さ厳しい折お元気で!!!!
こんばんは 
『川崎市立日本民家園』シリーズ、最終回、お疲れ様でした^^
僕も助手もこう言う建物が大好きです!
都会でこう言う建物が見られるって良いですね~~
維持は大変でしょうが、ずっと残して欲しいです^^
Re: こんばんは 
めぐるさん、こんばんは。

> 雪国の屋根は急傾斜ですが葺くのが大変かもしれません。茅葺き屋根は囲炉裏とセットで燻すことで長持ちするのでしょうね。それにしても内部から見たら隙間が多いし冬は寒そうです。

たぶんですが、1階の隙間などは東北の日本海側では問題にならないのだと思います。とんでもない豪雪地帯でしょうから、囲いをするでしょうし、降り積もった雪で風もさえぎられることなのでしょう。問題は、その氷に囲まれたような環境でしんしんと冷え込むのをどう防いだかでしょう。
大き目の囲炉裏が二つ。はぜるような薪を盛大に燻しています。これを簡単には屋外に抜け出ないようにして暖を確保していたのだと思います。
Re: 白旗を掲げて逃避行 
> またまたご無沙汰いたしました。

ijinさん、こんばんは。1週間のうちに相馬野馬追と秩父観光とをやって、私のほうは疲労困憊状態です。
このまま放置すると完全な夏バテ状態でしょうから、少しのんびりしようかと考えています。

> 先にCDお送り下さって有難うございます。
> 私が興味を持って拝見した記事。
>
> もう一度拝見して説明記事を筆記して、CD拝見しました。
> コメント考えているうち疲れが出たりして中断。

まあ、こんなイベントもあったという記録です。うまい写真はほかの方のもので見ていただいて、こちらは、淡々と記録していった感じです。

> 体調はだいぶ改善してきました。改善すれば次なる願望。。八千穂高原。
> 家族の反対はありますが、暑さに負けて明日発ちます。

八千穂高原、いいですね。すずしくて、空気がきれいで最高の避暑地かと思います。

> ランが効けば時々お尋ねさせて頂きます。
> 暑さ厳しい折お元気で!!!!

いろいろとケチがつきつつありますが、東京オリンピックは石にしがみついても見てみたいものですね。それまでは、お互い頑張りましょう。
静養して体力をチャージしてください。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 『川崎市立日本民家園』シリーズ、最終回、お疲れ様でした^^
> 僕も助手もこう言う建物が大好きです!
> 都会でこう言う建物が見られるって良いですね~~

たまたま比較的我が家から行きやすい場所にあってよかったです。

> 維持は大変でしょうが、ずっと残して欲しいです^^

本当にそうですね。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR