散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

何度目かの川崎市立日本民家園(10)

(17)伊藤家住宅(いとうけじゅうたく)《神奈川の村》
旧所在地が、小田急線の沿線同士で、それも近くに位置していた北村家とかなり似た感じだ。竹簀子床や座り流しとか、同じようなものがあるのに驚かされる。
当日、こちらは床上げ公開だったので、竹簀子床の具合はこちらで確認した。

外観
外観_1
ご隠居に用事の人は直接ここから出入りしていたのか。当主が頼りない時は、よくあることだったのかもしれない。
外観_2
屋内
竹簀子床
竹簀子床_1
竹簀子床_2
竹簀子床_3
竹簀子床_4
竹簀子床_5
ここにもあった餅搗機
餅搗機_1
餅搗機_2
やっと見つけたおまじない
魔除けの魚の尻尾が打ち付けてあった。
やっと見つけたおまじない
その他
天井の張り方も酷似している
天井の張り方も酷似_1
天井の張り方も酷似_2
座り流しと無双窓と板張りの床も酷似している
座り流しと無双窓と板張りの床も酷似
機織りもしていたようだ
機織りもしていた
座り流しの隣には食器棚が
座り流しの隣には食器棚
土間他
土間には竈が。その当時の家屋では、当たり前といえば当たり前かな。
土間他_1
土間他_2
土間他_3
土間他_4
ミソベヤも
ミソベヤ
国指定重要文化財
旧所在地:神奈川県川崎市麻生区金程
建物区分:農家(名主の家)
構造形式:入母屋造、茅葺、桁行16.4m、梁行9.1m
建築年代:17世紀末期〜18世紀初期

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
民家園誕生のきっかけとなった川崎の民家
土間はミソベヤとダイドコロに分かれています。ヒロマ境の一番奥は板の間を張り出して炊事場とし、「すわり流し」と水がめが置かれています。ヒロマは家の中心となる部屋で、囲炉裏の後方は台所、前方は日常生活や接客の場として使われました。ここは竹簀子でできた床です。
ヒロマの上手にはデイ(座敷)とヘヤ(寝室)が続きます。デイは正式な座敷で、出入りには土庇(どびさし)に置いた縁台を使いました。なお、正面の格子窓は「シシよけ窓」などと呼ばれ、関東の古民家に一般的なものです。
なおこの住宅は、民家としては神奈川県で最初に重要文化財に指定されました。この家の保存運動をきっかけに誕生したのが日本民家園です。
見どころポイント!
正面の格子窓はシシマド・シシよけ窓などと呼ばれます。「シシ」とは獣のことで、狼や猪などを防ぐためのものといわれています。
流しはしゃがんで作業する「すわり流し」という形式です。

Comments

おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
思ったより床の竹は太いものなんですね!
天井の竹位細いものだと思っていましたが、
これでは直接と言う訳にもいかず、何かを敷かなければ
痛くて仕方がないですね!
いらっしゃった方々も見学の方なんでしょうか?

なかなかお伺いも出来ず申し訳ございません!
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、おはようございます。ホテルで朝食を済ませ、間もなく相馬野馬追へGOというところです。

> 思ったより床の竹は太いものなんですね!
> 天井の竹位細いものだと思っていましたが、
> これでは直接と言う訳にもいかず、何かを敷かなければ
> 痛くて仕方がないですね!

あまり細いものだと私の体重が支えられません。そういうことがなかったくらいには頑丈なようです。
ねっ子rがるときは微妙でしょうが座る分には、何とかという感じでした。

> いらっしゃった方々も見学の方なんでしょうか?

ボランティアの人と見学の人と、両方のようでした。

> なかなかお伺いも出来ず申し訳ございません!

それだけお忙しく飛び回っていらっしゃるのでしょう。熱中症だけはお気を付けくださいね。
 
床の竹敷きが気になりますね・・・ムシロだけで痛いでしょうね。
ゆっくり座って新聞読んで・・・とか無理かなぁ・・・
しかし家の造りはかなりしっかりしているようですね。
小学生のころの田舎育ちでは、何となくこんな感じがあったような記憶もあります・・・もちろん建物の方ですけど・・
こんにちは 
竹簀子床・・・涼しそうですね^^
上に茣蓙だけですか?
僕は座れないだろうな(^^;
足が痛い(爆)
こんばんは 
竹の床というのは案外あったものなのですね。換気が良いのは抜群でしょうけど保温対策がどうなのか疑問が残ります。それより建材として豊富に安価に手に入れられたという事なのでしょうか。屋根の下地にも使われていますから部屋の空気の流れはすーすーかもしれませんね。
AzTakさん 
こんばんは
やはり囲炉裏は火が入っていないとサマになりませんね。
ホッとします。
デッカイ魔除け!!
これなら、熊が行けば追い返されそうです。
シシ(鹿)除けを霧ケ峰、八ヶ岳全体に欲しいですよ。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 床の竹敷きが気になりますね・・・ムシロだけで痛いでしょうね。
> ゆっくり座って新聞読んで・・・とか無理かなぁ・・・

硬い座布団を敷くと案外なんでもない感じでした。尤も30秒くらい試しただけですから、えらそうなことはいえませんが。

> しかし家の造りはかなりしっかりしているようですね。
> 小学生のころの田舎育ちでは、何となくこんな感じがあったような記憶もあります・・・もちろん建物の方ですけど・・

そうですね。今日見に行ってきた相馬地方ですが、そこに住んでいる親戚たちの家は、建て替え前は、茅葺屋根で板張りもしくは畳敷きでした。後から畳敷きにしたのかもしれませんが。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 竹簀子床・・・涼しそうですね^^

確かに。ですが、冬は寒かったのかもしれませんね。

> 上に茣蓙だけですか?
> 僕は座れないだろうな(^^;
> 足が痛い(爆)

(ΦωΦ)フフフ…、そうですか。私は面の皮と同様に尻の皮も厚いようで、…。
長時間座っていればきいてしまうかもしれませんね。
Re: こんばんは 
めぐるさん、こんばんは。

> 竹の床というのは案外あったものなのですね。換気が良いのは抜群でしょうけど保温対策がどうなのか疑問が残ります。それより建材として豊富に安価に手に入れられたという事なのでしょうか。屋根の下地にも使われていますから部屋の空気の流れはすーすーかもしれませんね。

確かに空気の通りは良いことでしょうね。豪雪地帯のそれは、かなり気密性がよくて、私のような者を燻すのが目的で、囲炉裏に火をくべているのかと思うほどですが、こちらはさほど煙たくて仕方がないという程ではなかったような記憶が。
煙でそんなふうに感じるなんて、肥満の者の僻みかなあ。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> やはり囲炉裏は火が入っていないとサマになりませんね。
> ホッとします。

そうですね。こちらは、過去に火事を出してしまったことがあるので、結構慎重に行っているようなんです。
それなんで、何回か行かないと、完全制覇したことにはなれません。

> デッカイ魔除け!!
> これなら、熊が行けば追い返されそうです。

マグロのしっぽなんて、美味しそうだとばかりに食べてしまうのでは。罰が当たるかもしれませんが。

> シシ(鹿)除けを霧ケ峰、八ヶ岳全体に欲しいですよ。

そちらは冗談では済ませられない増え方なんでしょうね。困った話ですね。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR