散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

何度目かの川崎市立日本民家園(2)

(2)井岡家住宅(いおかけじゅうたく)《宿場》
奈良町屋の典型的な形式を備え、しかも現存する最古の部類に属するもので、奈良町の町屋の発展を知るうえで貴重な存在だそうだ。
油屋の時も線香屋の時も可燃物を扱っていたからだろうか。店や座敷には囲炉裏などは無い。土間でに炊きをしていたのでその暖気が多少はあるにしても、相当に寒かったのではないかと思う。

井岡家住宅_1
井岡家住宅_2
井岡家住宅_3
『通り土間』なのだろうが、非常に寒そう。何しろ火の気は竈の火のみだから。人ばかりでなく風もたくさん通り抜けそう。
井岡家住宅_4
神奈川県指定重要文化財
旧所在地:奈良県奈良市高畑町
建物区分:商家
構造形式:切妻造、桟瓦葺、一重、一部二階、桁行7.9m、梁行12.7m
建築年代:17世紀末期~18世紀初期

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
狭い間口を活かした奈良の商家
この建物は奈良の柳生街道に面した商家でした。古くは油屋を営み、のちに線香屋としてその製造販売を行っていました。
外観は正面に庇を設け、吊上げ式の大戸、格子、揚見世(あげみせ)を備えており、商家の面影を伝えています。また、柱などを塗り込んだ外壁や、瓦葺(かわらぶき)屋根は、防災を考慮した町屋の特徴をよく現しています。内部は一方を通り土間とし、居室部は土間に沿って縦一列に三室を並べ、「つし」と呼ばれる中二階(物置)を設けています。正面左側のミセは商いの場で、右側のシモミセは品物の取引に、折りたたみ式の揚見世は品物の陳列に使われました。
見どころポイント!
この家は囲炉裏がなく、かまどで生活をしていました。なお、中央の大かまどは荒神(火の神)を祭るもので、正月の餅つきのとき以外は使いません。
敷鴨居(しきがもい)の溝には、開閉に必要な分だけを彫る「突き止め」という古い手法が用いられています。


(3)佐地家の門・供待(さじけのもん・ともまち)《宿場》
ここは、宿場に組み入れるのはチョットなじまないような気がするが、大人の事情というものだろうか。
武家としては、当時の持ち主である石川家は尾張藩士として知行高250石を相続し、さらに幕末には御普請奉行として50石の加増を得ていたそうだ。そこそこの格式の武士ということになろう。尾張藩の中級武士の家だ。明治になってからの所有者が佐地家だったから、表題のように『佐地家』となっているようだ。違和感があるが、寄贈者の神経を逆なでするようなことは出来なかったのだろうか。
尾張藩の中級武家ということになれば、客人を迎えるにあたって、供待を用意するのは当然のことだったのかもしれない。外から見ればそれなりだが、中は手抜きで安っぽい。お供風情に、立派なものを用意する必要などないと考えたのかな。それにしても、なぜ、別棟にしたのだろうか。御普請奉行となったので、慌てて拵えたのだろうか。

佐地家の門・供待_1
佐地家の門・供待_2
手前左側の小さな間は、門番の部屋。これが私のカメラでは撮れないほど採光のよくない部屋だった。もう少し居住性を良くしても罰が当たらなかったのでは。
佐地家の門・供待_3
佐地家の門・供待_4
佐地家の門・供待_5
佐地家の門・供待_6
川崎市重要歴史記念物
旧所在地:愛知県名古屋市東区白壁
建物区分:武家屋敷付属建物
構造形式:門=棟門、桟瓦葺、塀=延長10.5m、桟瓦葺供待=入母屋造、桟瓦葺
  桁行4.6m、梁行9.2m
建築年代:19世紀初期

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お供が控えた武家屋敷の門
この建物は、もと名古屋城の東南にあり、禄高二百五十石の武家屋敷の出入口でした。主屋は名古屋に残されたため、現在は旧三澤家住宅を主屋に見立てて配置しています。
門は棟門(むなかど)と呼ばれる形式です。両袖部に突出している小屋根は、提灯を吊るすためのものです。供待(ともまち)はお供が主人の帰りを待つための施設で、内部は土間、門番部屋、囲炉裏のある板の間(供待)からなっています。供待が一つの建物として建てられるのは珍しい事例です。屋敷外は漆喰仕上げとして城郭風であるのに対し、内側は中塗りまでとして軒裏も木部を露出させた簡素な仕上げにするなど、体面を重んずる武士の家らしさが現れています。
見どころポイント!
屋敷の外は白い漆喰仕上げ、内側は漆喰を塗らず簡素な仕上げとなっています。
入口の小部屋は門番が使っていました。


(4)三澤家住宅(みさわけじゅうたく)《宿場》
日本民家園は、毎日3~5棟ずつ囲炉裏に火を入れての床上公開を行っているが、この日はここが対象になっておらず、床に上がってみることが出来なかった。結構見どころが多いのに残念。超胴長の体型を活かして、精一杯伸びをして撮ってみたが、…。
外観上の特色は、何と言っても石置板葺の屋根だろう。式台玄関が用意されている家屋だというのに。

三澤家住宅_1
三澤家住宅_2
薬箪笥や薬研など、薬種商を営んでいたなら必ず用意していただろうものが残されていた。我がことでもないのになぜか嬉しくなってしまう。しかし、薬学の知識はどうやって得たのだろうか。商っていた薬剤の種類は限定的だったようだが。
三澤家住宅_3
三澤家住宅_4
三澤家住宅_5
三澤家住宅_6
茅葺屋根でなくてもやはりこの屋根から自然に煙が抜ける。床上げの日だったらよくわかるのだが。
三澤家住宅_7
三澤家住宅_8
神奈川県指定重要文化財
旧所在地:長野県伊那市西町
建物区分:商家(薬種問屋→旅籠)
構造形式:切妻造、石置板葺、一重、一部二階、桁行13.6m、梁行12.7m
建築年代:19世紀中期

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
宿場で薬屋を営んだ板葺き屋根の家
この建物は、中山道から分かれる伊那街道の宿駅、伊那部宿(いなべじゅく)にありました。農業を主とし、代々組頭をつとめてきましたが、江戸時代の末に製薬・売薬業を始めて成功しました。
外観上の特徴は、石置板葺(いしおきいたぶき)のゆるい切妻造屋根と上手の門構え、それから式台玄関です。板葺の屋根は良材に恵まれた山間部の地域性によるものです。間取りにはこの宿場の半農半商的性格が現れています。通り土間で大戸口から敷地奥へつなぐのは町屋の特徴です。一方、土間後部をウマヤとし、囲炉裏のあるオオエを中心に構成する点はこの地方の農家と共通しています。
見どころポイント!
栗の板を使った屋根は横木と石だけで押さえてあります。
展示してある看板は、薬屋と旅館を営んでいたときのものです。

Comments

 
こんばんは

この民家園は川崎市生田の・・・
小田急線の向ヶ丘遊園駅から徒歩15分弱位の所ですね
結婚して数年間は ココの近所に住んでいたので 
とても懐かしい場所です。
裏山が似ているけれど、こんなに綺麗だったかな?・・・と
思いつつ 眺めていました。

よちよち歩きの子供たちを連れ、遊ばせたもので
懐かしさも一入です。
 
昔の商家ですね こんなにきちんと保存しているんですね
商人さんたちの忙しい姿が浮かんでくるようです 神奈川になるんですか 見てみたいです
 
昔の家屋も今ではすっかり見なくなってしまいましたが、こうして保存されることは良いことですね。
説明の札がローマ字と、英語になっているのが楽しいですね。
主催者の皆さんに見て頂こうの精神が現れています。
AzTakさん 
こんにちは
田舎でもカナリの旧家でなければ、残っていないでしょう。
それと宿場全体を景観保存条例などで保護している所くらいしか、旧家は見られなくなりましたね。
ちわ~(^^) 
木製の流し、炊事の広い土間、へっついさん(かまど)、板の間と囲炉裏、木製の荷車、
時代がワープしたような、懐かしいような(^◇^)
石を置いた板ぶき屋根・・・これは僕も実際に見たことがありませんわ。
Re: タイトルなし 
> こんばんは

そらまめさん、こんばんは。

> この民家園は川崎市生田の・・・
> 小田急線の向ヶ丘遊園駅から徒歩15分弱位の所ですね
> 結婚して数年間は ココの近所に住んでいたので 
> とても懐かしい場所です。
> 裏山が似ているけれど、こんなに綺麗だったかな?・・・と
> 思いつつ 眺めていました。

天気次第で裏山が綺麗に見えることもあるようです。

> よちよち歩きの子供たちを連れ、遊ばせたもので
> 懐かしさも一入です。

よちよち歩きのお子さんを連れてだと、親の難行苦行だったかもしれませんね。でも、何も隅から隅まで見て回るばかりが楽しみ方ではないですから、お子さんたちにも印象に残ったことでしょう。
Re: タイトルなし 
SONOPHOTOさん、こんばんは。

> 昔の商家ですね こんなにきちんと保存しているんですね
> 商人さんたちの忙しい姿が浮かんでくるようです 神奈川になるんですか 見てみたいです

多少朽ちていた部分もあったことでしょうが、文化財指定を受けられなくならない範囲での修復をした上で、展示していると思います。
場所としては川崎市多摩区枡形というところです。川崎市というと、海沿いの工業地帯を連想されると思いますが、そこから一番遠いところになると思います。空気は非常に綺麗です。
こんばんは 
古民家をこちらでよく見せていただきます^^
僕も助手も大好きな被写体なので、楽しませて頂いています^^
暗い中での撮影、お疲れ様です~
おくどさん(かまど)が大好きな助手がとても喜んでいます^^
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 昔の家屋も今ではすっかり見なくなってしまいましたが、こうして保存されることは良いことですね。

川崎市に固定資産税がガバガバ入ってきた頃に、この施設を造ったと聞いています。
いまでも、かなり大規模な園内なのですが、これを2倍にしようとしていたとか。そんな折り、確保していた空き地で、國の地質の実験に貸し出したところ、地すべりが起きて園を拡張するのが難しくなったことと、寄贈してくれた地元の自治体が焦ったようです。貴重な文化財をなんで川崎市にくれてやるのという、動きが段々起きてきたとか。
そんなこんなで、拡張はできないままのようです。

> 説明の札がローマ字と、英語になっているのが楽しいですね。
> 主催者の皆さんに見て頂こうの精神が現れています。

sellingなどと書かれていますが、あまりに意味不明では。なんとなく想像がつく程度かなあ。
昔の調剤薬局と書くのか、単なる売り場と書くのか。後者の意味にしたかったのでしょうか。でも、主たる部屋であり、客の希望を聞き取り調剤する部屋でもあったんですよね。そのように表記すべきなのに、何とも手抜きな表示かと。
川崎市には多数のシルバー人材登録があるのでしょうから、もう少し親切な説明資料があってもと個人的には思います。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 田舎でもカナリの旧家でなければ、残っていないでしょう。
> それと宿場全体を景観保存条例などで保護している所くらいしか、旧家は見られなくなりましたね。

そうですね。一番のネックは茅葺屋根のメンテナンスでしょうかね。これまでは茅葺屋根は出てきませんが、これから、どんどん出てきます。いくら金をかければいいのかわからないほどですしから。最近は、地元にそのまま『景観保護』で残すか、それとも別の場所に移設して展示するか、どちらかのようで川崎市に寄贈してくれるようなことはないかもしれませんね。
Re: ちわ~(^^) 
めぐるさん、こんばんは。

> 木製の流し、炊事の広い土間、へっついさん(かまど)、板の間と囲炉裏、木製の荷車、
> 時代がワープしたような、懐かしいような(^◇^)

ここまでは、如何に大阪府でも、半世紀前くらいまで少しはあったことでしょうね。

> 石を置いた板ぶき屋根・・・これは僕も実際に見たことがありませんわ。

これは材木が有り余る土地の屋根の葺き方のようです。ごくごく特殊なものだと思います。
土地に寄って、特色が出るものなんですねえ。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 古民家をこちらでよく見せていただきます^^
> 僕も助手も大好きな被写体なので、楽しませて頂いています^^
> 暗い中での撮影、お疲れ様です~

しょっちゅう同じ被写体を取り上げて申し訳ありません。出不精なもので、行き先が限られてしまうんです。
それでも、今月下旬に相馬野馬追と秩父のほっつき歩きとを敢行する予定で居ます。多少は目新しい被写体を登場させられますかねえ。

> おくどさん(かまど)が大好きな助手がとても喜んでいます^^

このおかげで見たいTV番組を満足に見ることが出来なくて、私にはチョット恨みがましいところがなくはないのですが。
お蔭で飯炊きはうまくなりました。何しろおこげを盛大につくったりすると、情けないことになりますから、必死になってやりました。
Re: タイトルなし 
こんばんは。

> 井岡家住宅、日本の住宅の原点のような位置になるんでしょうか。私は三河出身ですが、土間は子供のころよく見ました。薪を使うのに火事の危険性が少なく汚れも気にならない・・・きわめて合理的な仕様だろうと思います。

初期の奈良の町家の典型なんだそうです。大学の時の学部総代だった女性が、奈良の町家を改造して…などと話していたので、チョット気になっているんです。京都の町家と奈良の町家とどう違うのかよくわからないわたしは、その話に加わることが出来ませんでした。
土間は日本中で殆ど同じように作ったことでしょうね。土間が家屋の維持の上で果たした意味は大きいのでしょうね。園内には、他では土間にしているところを板張りにした家屋が1棟あります。そこは、別の意味ですごいところでした。

> 寒さより、湿気による害に配慮したのでしょうか。本当に寒そうですね。

通り土間は考えたものでしょうが、現代人には居心地が良くないものかもしれませんね。
 
なつかしい〜
土間に釜もある!懐かしい光景に昔を思い出しました。
囲炉裏もある!!
タイムスリップを楽しませてもらいました。
それにしても懐かしいなあ・・・
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> なつかしい〜
> 土間に釜もある!懐かしい光景に昔を思い出しました。
> 囲炉裏もある!!
> タイムスリップを楽しませてもらいました。
> それにしても懐かしいなあ・・・

私にも懐かしいものでした。
これから先、土座とか板の間ならぬ竹簀子床など珍しいものも出てきます。あまり見たことがないのではないかと思います。
土座は絶対に隙間風が入ってこないから、案外快適なんだとボランティアの方は言うのですが、土の上に敷いてあるむしろからちょいちょい虫が出てくることがあるのが欠点だそうです。
今回の超大型台風などで大水が出たら、地面と同じ高さの土座は水浸しになり、居場所が亡くなってしまいます。(^_^;)
脇道にそれてすみません。m(_ _)m

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR