散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本静嘉堂文庫(9)

岡本公園民家園をあとにして、付近を歩く

岡本八幡神社
岡本公園民家園の旧横尾家住宅椀木門を出て、すぐのところにある鳥居をくぐり、長い石段を上る。そうすると見えてきた社屋。岡本八幡神社の創建年代は不詳らしいが、新編武蔵風土記稿には岡本村に記載されている神社がこの神社のみで、岡本村の開村当時からの鎮守社であったと考えられるとのこと。
鳥居の近くには、松任谷正隆・由実夫妻が寄付した灯籠があるとのことだが、全く気づかなかった。よく見ると、ちゃんと写っていた。

岡本八幡神社_1
岡本八幡神社_2
岡本八幡神社_3
岡本八幡神社_4
岡本八幡神社_5

岡本静嘉堂文庫(1)
岡本八幡神社から左斜め前方に降りる道がある。その辺りに岡本静嘉堂文庫の裏口があった。何やら大規模な修復工事中のようだが、入ってはいけないと書かれてはいなかったのでダメ元で入ってみた。
裏口から入ってみる
裏口から入ってみる_1
裏口から入ってみる_2
裏口から入ってみる_3
由緒ありそうな建物が見えてきた
これが静嘉堂文庫の建物だ。堂々たる佇まいだ。1924年築だそうだ。美術館の方は入館料を支払えば、だれでも入館可能なようだが、この文庫の方は、和漢の古典籍を保存し、永く後世に伝えることを使命として活動している専門図書館。そのため、利用には所定の手続きが必要となるそうだ。平たくいえば、一般の方はお断りとのこと。
多分、見てもちんぷんかんぷんの内容のようで、残念と思う気持ちも起きなかった。

由緒ありそうな建物が見えてきた_1
由緒ありそうな建物が見えてきた_2
由緒ありそうな建物が見えてきた_3
由緒ありそうな建物が見えてきた_4
由緒ありそうな建物が見えてきた_5
美術館は秋まで休館中
私でも入ることができるはずの美術館が向かって右側にあった。国宝、重文がズラリの展示内容なのだそうだが、工事中で秋まで休館中。残念。
文庫の関係者には工事中なので気をつけて回るようにとだけ言われた。この状態では、左側の道を下るしか選択肢はない。

美術館は秋まで休館中
長い長い下り坂を下る
反対だとつらいつらい上り坂だ。お金持ちの世界は大変なものだ。下り坂は浮世離れした気持ちのよい坂だった。
長い長い下り坂を下る_1
長い長い下り坂を下る_2
長い長い下り坂を下る_3
長い長い下り坂を下る_4
谷戸川を渡る
谷戸川を渡る_1
谷戸川を渡る_2
案内図を見る
どうも納骨堂に上っていけそうだとわかった。かなり長い坂を降ってきたが、目指すはこんもりした小山。ちょっと厳しそうだと覚悟しながら登ってみることにする。
案内図を見る
少しだけ入るとこんな表示が
国分寺崖線の説明だ。う~~ん、国分寺崖線では金蘭も観察できるのか。ここは薄暗くてダメなようだが。
国分寺崖線の説明だ
初っ端からこんな感じ
初っ端からこんな感じ
またも表示板が
生物の森は通常は立入禁止のようだ
生物の森は通常は立入禁止のようだ
いよいよ先に進む橋を渡ろうとするとカルガモがいた
岩の近くに1羽だけかと思ったのだが、岩などはなく、3羽がごく近くにいたようだ。国分寺崖線は湧水が豊富なようだ。その割には、等々力渓谷は寂しかったが。
橋を渡ろうとするとカルガモが_1
橋を渡ろうとするとカルガモが_2
橋を渡ろうとするとカルガモが_3

静嘉堂文庫(せいかどうぶんこ)は、東京都世田谷区岡本にある専門図書館及び美術館。日本および東洋の古典籍及び古美術品を収蔵する。三菱財閥の第2代総帥岩崎弥之助(号・静嘉堂)・第4代総帥岩崎小弥太父子の所有した庭園と遺品の古典籍・古美術コレクションを基礎として発足した財団法人静嘉堂の運営で、東京都世田谷区岡本の岡本静嘉堂緑地にある。
数多くの貴重な古典籍と古美術品を収蔵しており内外の古典籍を研究者向けに公開する私立の専門図書館であると同時に、併設する静嘉堂文庫美術館を通じて収蔵品を広く一般に公開する美術館活動を行っている。事業主体は、公益財団法人静嘉堂。


静嘉堂文庫に関する案内記事へjump

Comments

おは 
岡本静嘉堂緑地の生物の森と書いてある看板には「鳥や昆虫を観察しよう」と書いてありますね。カルガモが遊んでいるけど小鳥さんも居そうな気配が・・・(^^)/
 
豊かな自然を残したい気持ちと、地域開発との板挟みがかいま見えるようです。
開発なのか自然保護なのか、行政はいずれ難しい判断に迫られそうですね。そうならないことが理想でしょうけど。
AzTakさん 
こんにちは
なにやら難しい由緒ある古文書やらなにやら、熊には縁が有りません。
国分寺崖線は結構広い範囲なんですね。
等々力渓谷とは水脈が別なんでしょうかね。
せっかくの渓谷が少し寂しいです。
こんにちは。 
武蔵野台地と多摩川がつくる独特の景観。僕の住む町も河岸段丘の町ですが、崖線というのは初耳でした。崖線添いの湧き水や森など、「緑の生命線」と呼ばれる多様な自然環境は大変興味深いです。関西在住の僕らは、ひとくくりで東京と呼びますが、この生活環境は実に面白いです。
Re: おは 
めぐるさん、こんばんは。

> 岡本静嘉堂緑地の生物の森と書いてある看板には「鳥や昆虫を観察しよう」と書いてありますね。カルガモが遊んでいるけど小鳥さんも居そうな気配が・・・(^^)/

生物の森と反対側を谷戸川が流れています。そちらはトンボの生息する湿地らしいです。而、生物の森にはどんな鳥さんがいるのでしょうね。カルガモさんが、人相の悪い爺さんが来たから注意をするように触れ回ったかもしれませんね。(^_^;)
冗談はさておき、色々といるような気がします。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> なにやら難しい由緒ある古文書やらなにやら、熊には縁が有りません。

三菱の4代目総帥の小彌太氏が洋風かぶれじゃなく、日本古来の文化を大事にしていこうじゃないかと積極的に動いたとか。
私などとは心がけが違ったようです。(^_^;)

> 国分寺崖線は結構広い範囲なんですね。
> 等々力渓谷とは水脈が別なんでしょうかね。
> せっかくの渓谷が少し寂しいです。

全く同じ水脈ですが、等々力が一番端っこにあり、一番開発が進んでいる一画にあるので、水脈がずたずたにされたのでしょう。
この辺りはさほどでもなく、間断なく水が湧いているようです。今頃の夕方に行けば、まだ、蛍を見ることができるかも。

Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 武蔵野台地と多摩川がつくる独特の景観。僕の住む町も河岸段丘の町ですが、崖線というのは初耳でした。崖線添いの湧き水や森など、「緑の生命線」と呼ばれる多様な自然環境は大変興味深いです。関西在住の僕らは、ひとくくりで東京と呼びますが、この生活環境は実に面白いです。

ここも岩崎さん関連の土地ですが、殿ケ谷戸庭園というのが国分寺市にあります。それこそ、国分寺崖線のおおもとの土地近くです。当然ながらこんこんと湧き水があります。こちらも、どういうわけか、岩崎さん関連の土地だったんです。すごく痺れるような邸宅が残っているんですよ。もちろん、立派な庭園も。まったく、東京はちょっといいなと思うと、…。
羨んでも詮無い話ですね。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 豊かな自然を残したい気持ちと、地域開発との板挟みがかいま見えるようです。
> 開発なのか自然保護なのか、行政はいずれ難しい判断に迫られそうですね。そうならないことが理想でしょうけど。

たぶん、ここはこれ以上は開発されないと信じています。ユーミンだけじゃなくて、オピニオン・リーダーになりうる方がいっぱい住んでいそうな高級住宅地です。当分、静かな住宅地が維持されそうに思います。

但し、上で言及したことは、この近辺だけの話です。国分寺崖線はずっとつながっていて、自分のところが大丈夫でも、途中がずたずたにされると思わぬ影響を受けてしまうことは十分に考えられることでしょうね。その辺まで考えると、環境維持は大変かもしれませんね。
こんばんは 
大都会東京にも緑が沢山あるんですね~~
この時期、緑は良いです!
目にも優しいし、涼しいですからね^^
僕達も緑を追いかけて出かけますが
虫がいるのが難です(^^;
虫除けスプレーが離せませんw
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 大都会東京にも緑が沢山あるんですね~~
> この時期、緑は良いです!
> 目にも優しいし、涼しいですからね^^

世田谷にはまだ残っていた、という感じでしょうか。ふんだんに緑があるというわけではありませんが、国分寺崖線に剃った時には結構残っていますね。開発がしづらい端っこの土地だったからかもしれません。

> 僕達も緑を追いかけて出かけますが
> 虫がいるのが難です(^^;
> 虫除けスプレーが離せませんw

ここに限って言えば、きれいな水ばかりで蚊はいませんでした。
飛んでくると、『ワタシの血は毒の血だぞ。ついでに腹の中は真っ黒だぞ』って言うのですが、聞く耳を持たない相手のようです。(^_^;)

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR