散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本静嘉堂文庫(6)

次大夫堀公園民家園(6)
旧加藤家住宅主屋
喜多見にあった加藤家の屋敷から移築した主屋だそうだ。ということは、この近辺の純然たる農家だったようだ。喜多見でも養蚕などが行われていたんだ。しかし、本当にお蚕さんを見た時は驚いた。もこもこ動いていた。子供の頃に見たきりだったので、60年ぶりくらいかな。

あれまあ、麦だ
別棟の小屋の軒には収穫したばかりの麦が干されていた。頃はまさしく麦秋だ。栽培中の蕎麦はそば打ち教室で使われるようだが、こちらは?
あれまあ、麦だ
主屋外観
むちゃくちゃ大きな家屋というわけではない。昔の養蚕農家としては標準的な大きさだったのでは。
主屋外観
屋内の様子
屋内の様子_1
屋内の様子_2
屋内の様子_3
あの石臼は何を碾いていたのだろうか。酒屋兼業の家でも見かけたが。
屋内の様子_4
屋内の様子_5
屋内の様子_6
養蚕をしていた。次大夫堀公園民家園も岡本公園民家園も体験教室が盛んに行われているようだ。その面では充実している感じ。
養蚕をしていた_1
養蚕をしていた_2
養蚕をしていた_3
養蚕をしていた_4
もうまもなくお蚕さんはお役御免の時期かな。可愛そうだけど、仕方がないことだろう。それにしても幼虫の時にはあんなに大きかったのに、蛹になると小さくなるものだ。ダウンサイジングもいいところだ。
養蚕をしていた_5
その他
藍染めのグループもいた。前に見たもろみをも使うのだろうか。
藍染めのグループ
そばも栽培されていた。そば打ちのグループも存在するとのことだ。
そばも栽培されていた_1
そばも栽培されていた_2
唐箕が置かれていた。ひょっとして、これも現役選手?
唐箕が置かれていた
ちょっと壊れた焙炉もあった。お茶をも作っていたのだろうか。
ちょっと壊れた焙炉もあった

世田谷区指定有形文化財(建造物)
昭和56年5月20日指定
江戸時代
桁行7間(12.7m)、梁間4.5間(8.0m)、寄棟造、茅葺
物置付、間口1.5間(2.7m)、奥行4間(7.2m)
喜多見にあった加藤家の屋敷から移築した主屋は、江戸時代末の安政2年(1855)以前に建てられたと推定されています。間取りは整形四ッ間型といい、俗に田の字型とも呼ばれる形式で、関東地方では江戸時代後期の農家に一般的に見られた間取りです。
加藤家では明治期に養蚕を盛んに行なっていたので、主屋にはスノコ天井や煙出し櫓など、養蚕のための様々な工夫が見られるのも特徴の一つです。
村内の一般的な農家の屋敷として復元されています。


次大夫堀公園の様子
素人が手で植えたようだ。今どきは機械で植えたほうが整然と植えられるのかなあ。
次大夫堀公園の様子_1
次大夫堀公園の様子_2
次大夫堀公園の様子_3
次大夫堀公園の様子_4
次大夫堀公園の様子_5

次回は、岡本公園民家園を取り上げる前に、次太夫堀の下流にあたる二ヶ領用水の一部を取り上げてみたい。

Comments

 
昔の人の生活ぶりが伺えますが、それにしても大変な生活力だと思います。
どのようにして生活を維持していたのか、私の知識では理解できません。
現代文明にどっぷりつかってしまった一老人には、当時の人々が生活を工夫していたことに対しもすごいなと思います。
 
懐かしい窯だ、我が家では小さかった頃もちつきで
このうす使っていました。
囲炉裏もあってもう懐かしさいっぱいです。
子供の頃の我が家にタイムスリップした感じです。
 
こんにちは
面白いですね 囲炉裏のある古民家 素敵ですね わらと土の香りが漂ってきそうです 実際に見たことが無いので興味深いです おうちの台所って土間だったんですね 冬は寒いんでしょうね 楽しませていただきました ありがとうございます
 
AZTAKさま こんにちは
旧加藤家住宅主屋は江戸時代後期の農家に見られる田の字型の間取りだったようですね。
此方でも普通の農家は藁葺屋根に田の字型の間取りが一般的でした。

加藤家は養蚕を盛んにされていたようですが、昔はこちらでも養蚕が行われておりましたので、お蚕さんを見ると懐かしき気がいたします。
こんにちは。 
お蚕さんから糸が取れて、布になる、何かお蚕さんを見ていると不思議な気がします、一番先に誰が糸になることを見つけてのでしょうね?昔の人は色々と工夫をされて生活されていたのが良く分かりますよね。
 
煤の溜まったむき出しの梁が懐かしいですね。
当地も以前は蚕を育てている家もあったようです。
こんな風に家の中で大切に育てていたのでしょうね。
こんにちは~♪ 
養蚕のようす、すごく懐かしく見させていただきました。
実は群馬に親戚がいて小さい時に行ったことがあるんです。

農家の小屋で養蚕をしていて、
お蚕さんが桑の実を食べるそのザワザワとした音をなんとなく覚えています。
古くなったその小屋、もう養蚕はしていませんが残っているんです。

小さい時のことがとても懐かしくなって、
お蚕さんが桑の実を食べる様子、あの時以来、始めて見ました~♪
本当に懐かしい...見せていただいてありがとう(*^-^*)♪
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 昔の人の生活ぶりが伺えますが、それにしても大変な生活力だと思います。
> どのようにして生活を維持していたのか、私の知識では理解できません。

やはりそれなりの土地を所有していたのでしょうね。借地して耕作する小作百姓や大規模農家に住み込んで就農する下人百姓などを抱えていて、それなりの上がりがあったのだと思います。

> 現代文明にどっぷりつかってしまった一老人には、当時の人々が生活を工夫していたことに対しもすごいなと思います。

基本は農業で、年貢を納めることを求められましたから、首吊りをしたくなければ、なんとかして年貢を納める必要がありました。そのためには、生活を工夫しただろうし、農業の仕方も工夫したのだと思います。
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> 懐かしい窯だ、我が家では小さかった頃もちつきで
> このうす使っていました。

餅搗きは親戚のところにお願いして、我が家も大人が行って杵を振り上げていたりした記憶が。なので、お正月を過ぎると餅などは一切ない生活に。
竈は隣が製材所で、材木の切れ端がいくらでもあったので、それをもらって炊飯などに使っていました。ということで、飯炊きは私の重要な仕事でした。飯炊きだけはうまいものです。なにせ失敗するとまずいのを食べなければいけませんから、必死にやりました。

> 囲炉裏もあってもう懐かしさいっぱいです。

囲炉裏もありましたか。いいですねえ。普通の家だったので、そんなものを作るわけには行かず、親戚の家で、羨ましげに見ていた記憶があります。

> 子供の頃の我が家にタイムスリップした感じです。

そうですか。今にして思えば。古きよき昔の贅沢な暮らしだったかもしれませんね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

SONOPHOTOさん、こんばんは。

> 面白いですね 囲炉裏のある古民家 素敵ですね わらと土の香りが漂ってきそうです 実際に見たことが無いので興味深いです おうちの台所って土間だったんですね 冬は寒いんでしょうね 楽しませていただきました ありがとうございます

お勝手が土間にない家は殆ど存在しなかったと思います。まれにあるのですが、その殆どが居間と土間の境目で、どちらにしても相当寒かったと思います。
まあ、冷蔵庫がある時代でも水道がある時代でもありませんでしたから、真ん中には作りにくかったのでしょうね。

余談ですが、大学の仲間では、北海道出身者がダントツの寒がりでした。案外寒さに強いのは、北関東や南東北出身者でした。鍛えられていたんでしょうね。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 旧加藤家住宅主屋は江戸時代後期の農家に見られる田の字型の間取りだったようですね。
> 此方でも普通の農家は藁葺屋根に田の字型の間取りが一般的でした。

住みやすいし、囲炉裏の熱も利用しやすかったというような理由があったのでしょうね。

> 加藤家は養蚕を盛んにされていたようですが、昔はこちらでも養蚕が行われておりましたので、お蚕さんを見ると懐かしき気がいたします。

お米と養蚕は一番暮らしを潤すものだったのでしょうから、どこでも盛んに行われていたのでしょうね。江戸時代でも、いくら贅沢禁止令などが出されても、多少首を引っ込める程度で、盛んに行っていたのでしょうね。
Re: こんにちは。 
みこたんさん、こんばんは。

> お蚕さんから糸が取れて、布になる、何かお蚕さんを見ていると不思議な気がします、一番先に誰が糸になることを見つけたのでしょうね?昔の人は色々と工夫をされて生活されていたのが良く分かりますよね。

本当に、素材として使えないものかどうかよく研究していたのでしょうね。そして、光沢があって、なんとも言えない軽さがあることに気づいたのでしょう。本当に色々と自然素材の使い方を工夫していたんですね。

PS.今日から3日間、六本木ヒルズのアリーナで、「京の夏の旅」キャンペーン40回記念特別イベントが行われます。
雨の中、夕方、出かけてきました。はるばる祇園祭の「大船鉾」が出てきました。出来上がったばかりの山鉾なので、きれいなものでした。
よく調べずに行ったのですが、今夕は山鉾の組み立てとオープニングセレモニーだったんですね。雨の中で濡れても買わな無い装いを施して、濡れては困るものは今日は飾らずじましでした。大船鉾のお囃子演奏は、明日と明後日とに行われるようです。
京都市長のオープニングの挨拶などは申し訳なかったのですが、失礼させていただきました。
Re: タイトルなし 
S-masaさん、こんばんは。

> 煤の溜まったむき出しの梁が懐かしいですね。

そうですね。黒光りしていますが、上の方には手が届かず、煤だらけだったんでしょうね。

> 当地も以前は蚕を育てている家もあったようです。
> こんな風に家の中で大切に育てていたのでしょうね。

貴重な現金収入のモトだったので、それはそれは大事に扱われていたんでしょうね。
私も怒られたりすると、お蚕さんのように扱われたいなどとすねたものでした。(^_^;)
こんばんは。 
カイコといえば、桑です。僕がまだ小学生のころには、近所の畑にも桑があって、その実を失敬しながら遊んでいました。朱いのは酸っぱいので黒い実を探して口に放り込んでいたことを思い出しました。学校では理科の時間に何かの観察でカイコを飼って、桑当番がありました。当番が回ってくると、そこらの畑から勝手に葉をむしってくるという、いま考える大雑把な時代でした(笑)。
Re: こんにちは~♪ 
ハーモニーさん、こんばんは。

> 養蚕のようす、すごく懐かしく見させていただきました。
> 実は群馬に親戚がいて小さい時に行ったことがあるんです。
>
> 農家の小屋で養蚕をしていて、
> お蚕さんが桑の実を食べるそのザワザワとした音をなんとなく覚えています。
> 古くなったその小屋、もう養蚕はしていませんが残っているんです。

お蚕さんは、若い人はほとんど見たことがないのでしょうね。私も実に久しぶりに見させてもらいびっくりしました。
養蚕農家の出身の同僚によりますが、お蚕さんは大食漢らしく、桑の葉をかなり運んできてもあっという間に無くなってしまうとのことで、結構大変な作業だったようです。

> 小さい時のことがとても懐かしくなって、
> お蚕さんが桑の実を食べる様子、あの時以来、始めて見ました~♪
> 本当に懐かしい...見せていただいてありがとう(*^-^*)♪

繰り返しになりますが、世田谷で養蚕の様子を観察できるとは予想もしていませんでした。驚きましたし、嬉しかったです。
Re: こんばんは。 
HARUさん、こんばんは。

> カイコといえば、桑です。僕がまだ小学生のころには、近所の畑にも桑があって、その実を失敬しながら遊んでいました。朱いのは酸っぱいので黒い実を探して口に放り込んでいたことを思い出しました。

桑の実は私も大好きです。ですが、近隣にはどういうわけか養蚕農家がなく、桑も植えられていませんでした。父の実家などに行った折にいっぱい食べました。
居間でも桑の実のジャムがあると買おうと思うのですが、意外にお高いものなんですねえ。今どきは高級食材になってしまったようです。

> 学校では理科の時間に何かの観察でカイコを飼って、桑当番がありました。当番が回ってくると、そこらの畑から勝手に葉をむしってくるという、いま考える大雑把な時代でした(笑)。

ははは、今だったら、怒鳴り込まれてしまうかもしれませんね。桑はなかったのですが、目の前が海で、潜って小魚などを突いて、それを焼いて食べました。それだけでは足らず、その辺の畑から、じゃがいもやとうもろこしを失敬してきて、それも焼いて楽しみました。どうしようもないクソガキの生活を送っていました。
AzTakさん 
こんばんは
大変失礼だとは思いますが、麦、米、蕎麦、お蚕さんなどとても健気に励んでいる、という感じがしますね。
少しづつ作って始末していくには大変でしょうに。
変なことが気になっちゃいました。
??石臼で粉に挽くのかしら??
こんばんは 
あ、蚕だ!
上質な絹糸が採れるんですよね^^
今は見なくなりましたね~~
ああ、野麦峠の映画を思い出してしまいました。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 大変失礼だとは思いますが、麦、米、蕎麦、お蚕さんなどとても健気に励んでいる、という感じがしますね。
> 少しづつ作って始末していくには大変でしょうに。
> 変なことが気になっちゃいました。
> ??石臼で粉に挽くのかしら??

そば打ち教室があり、蕎麦の花はその関係者が植えているようです。もしかしなくても、それを碾いたのも足しにするようです。
お米の方は、私には、田植えしてあったのが、「うるち米」か「もち米」か区別がつきませんでした。もしかして、もち米だったら、餅搗き大会用の足しにするのでしょうね。
みんな使い道があるようですよ。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> あ、蚕だ!
> 上質な絹糸が採れるんですよね^^
> 今は見なくなりましたね~~
> ああ、野麦峠の映画を思い出してしまいました。

普通の絹だとおもいます。といっても絹自体がかなり高級な糸になりますが。
本当に高級なものとされるので、天蚕というものがあると聞きました。単に桑の近くに蛾を放しておいてまゆ玉ができるのを待つというものじゃなさそうです。緑がかった上品な色合いをしていると聞きました。

『ああ、野麦峠』の映画があることは知っていますが、仕事はたしかに厳しかったことでしょうが、『女工哀史』というほどのものばかりではなかったように思います。あの当時は、皆生きるのが厳しい時代でした。ちょっと、色眼鏡で見すぎているような気がしています。
こんばんは 
麦や蕎麦の栽培から粉ひき麺打ち、蚕を飼って繭から糸紡ぎ機織り、藍染めまでしていたのですかね。昔の農家はいろんなことをしたのですね。
Re: こんばんは 
めぐるさん、こんばんは。
遅くなりました。m(_ _)m

> 麦や蕎麦の栽培から粉ひき麺打ち、蚕を飼って繭から糸紡ぎ機織り、藍染めまでしていたのですかね。昔の農家はいろんなことをしたのですね。

多分、機織りまではしていたのかもしれませんが、藍染めはしていなかったのではと思います。あれは体験教室用のものではないかと。根拠はいくら検索しても、世田谷で藍染めをしていたという話が出てこないからです。
まあ、それにしてもほとんど自給自足の生活だったのかもしれませんね。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR