散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

等々力渓谷を歩く(4)

等々力不動尊御本堂への階段を登る途中、左への小さな石段を入ると役行者の神変窟がある。役行者が不動の滝で打たれたと伝わる話も一部にはあるのだが、本当だろうか。どうも、『1300年前推古帝の頃、役の行者(役の小角〉が霊夢を見、不動尊を彫られた。ときが過ぎ、800年前、和歌山の根来寺の興教大師がある夜夢を見られ、「武蔵野国調布の丘」に不動尊を祀るよう告げられた』ということのようで、ここで修行をしたということはなさそうに思う。

神変窟
手前の様子
まるで、この地で修行していたかのように見える。前述のとおり、私はそのようなことはなかったと考えている。しかし、ここに神変窟を用意した関係者はそうは考えなかったのかもしれない。
岩場の斜面に祀られた小さなお堂。両手で抱えられるほどの大きさだが祀られているのはガマカエルだとか。木標の文字は消えそうだった。写真でも見えているように、『役行者神変…』と、かすかに一部が読める程度。

神変窟の手前の様子
神変窟とされるところ
役行者の修行を否定する根拠があるわけではないが、役行者が籠もったという証拠も何もなさそうだ。而、真相はどうなのだろうか。
神変窟とされるところ_1
神変窟とされるところ_2
神変窟とされるところ_3

満願寺別院等々力不動尊
恥ずかしながら、場所が少し離れている満願寺の方には行ったことがなく、いつも別院の等々力不動尊に参拝するだけで済ませている。
渓谷から役行者の神変窟を経由して、等々力不動尊に上っていく。
等々力不動尊に上っていく
不動明王の倶利伽羅剣
さらに階段を登ると不動明王の倶利伽羅剣があった。右へ下れば弁天堂桜と梅林の明王台、左へ上れば本堂へと向かう。
倶利伽羅剣_1
倶利伽羅剣_2
倶利伽羅剣_3
舞台
季節には桜や紅葉の名所となるのだろう。また、豆まきもここから行うとか。多目的施設のようだ。
舞台_1
舞台_2
舞台_3
手水舎
この辺りからの景観は最高
手水舎_1
手水舎_2
境内に足を踏み入れる
かなりきれいな境内だ。折から『茅輪念珠潜り』の準備中だったようで、茅の輪が用意されていた。
境内に足を踏み入れる_1
境内に足を踏み入れる_2
境内に足を踏み入れる_3
境内に足を踏み入れる_4
境内に足を踏み入れる_5
境内に足を踏み入れる_6
境内に足を踏み入れる_7
境内に足を踏み入れる_8
境内に足を踏み入れる_8_2
境内に足を踏み入れる_9
境内に足を踏み入れる_10
境内に足を踏み入れる_11
境内に足を踏み入れる_12
弁天堂と弁天池
弁天堂と弁天池_1
弁天堂と弁天池_2
弁天堂と弁天池_3
地蔵堂
地蔵堂_1
地蔵堂_2

滝轟山明王院
本尊は不動明王で真言宗智山派に属し満願寺の別院で、寺伝によれば、1300年前推古帝の頃、役の行者(役の小角〉が霊夢を見、不動尊を彫られた。
800年前、和歌山の根来寺の興教大師がある夜夢を見られ「武蔵野国調布の丘」に不動尊を祀るよう告げられた。大師は不動尊を背負って、「調布の丘を経巡り、此地に来たり、澤泉を山頭より噴出するを見、併も山頭の辺り瑞雲霊愛雲建す。大師はその霊地なるを悟り、一宇を建立す。」「玉川栞」と、開基が物語られている。
本堂は、江戸末期の建造である。拝殿は昭和27年、山門は、昭和43年8月、満願寺改築の折移築したものである。


以上で『等々力渓谷を歩く』シリーズはお終いです。最後までご覧いただき有り難うございました。

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
等々力渓谷は自然溢れる渓谷だけかと思ったら
稲荷や不動尊まで楽しめるとは!
ますます、1回は行ってみる価値のありそうなところに思えました♪
役の小角は実在したとは知りませんでしたが
空を飛ぶとかはまさかですよね♪
おはようございます! 
神社・仏閣に行かれたら、ご朱印って言うの押してもらうんですか? 日陰の道は涼しそうですが、長いもん注意して歩いて下さい!
こんにちは。 
「茅の輪くぐり」見たい行事ですね。
左・右・左と8の字に三回くぐるようですね。
茅の輪の中に見る神社の構図が良いですね。
 
等々力渓谷のシリーズは楽しめました。
茅の輪の季節ですね。あちこちで見かけます。
くぐったことは一回もないのですが・・・
AzTaKさんは健脚ですね。私はリタイヤしてから体重がかなり増し、
長い階段が苦手になりました(^^;
こんにちは 
あの空海が開いたという高野山も時代と共に内部は乱れて覚鑁上人(興教大師)が立て直そうとするも権力と対立して離れ、根来寺を開祖したといわれます。澱めば腐敗するという事なのでしょうけど、世界模様を眺めましても人の心の正体を長い目で見据えた宗教や政治が必要かもしれませんね。
こんにちは。 
役行者の伝承がこんな東方の地にもあることに興味深々でした。役小角は壬申の乱期に天武・持統とのかかわりがある人物なので、推古天皇とは時代的にも接点がなく、修験道の広がりとともに後付けされた物語でしょうね。でも、日本は至る所山があり、谷があり、不動明王を祀る場所には事欠かなかったというわけですね。というか、この等々力も昔はもっと険しく神秘的な場所であったのだろうと、より想像をたくましくして楽しみました。茅輪くぐりは、葛城にも残る行事です。なんか、すごい身近な感じがしました。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 等々力渓谷は自然溢れる渓谷だけかと思ったら
> 稲荷や不動尊まで楽しめるとは!
> ますます、1回は行ってみる価値のありそうなところに思えました♪

一度だけでも騙されたと思って出かけても宜しいのではないかと思います。

> 役の小角は実在したとは知りませんでしたが
> 空を飛ぶとかはまさかですよね♪

そのくらい超人的な能力の持ち主だったのでしょうね。伊豆大島に流されたが、昼だけ伊豆におり、夜には富士山に行って修行したと伝えられます。それが本当の話だとすると、まさしく空飛ぶスーパーマンですね。伝説は、本当にものすごい超人ということになっているようです。
私個人は実は伊豆大島ではなく、呪術で伊豆の葛城山の近くを伊豆大島と捕吏に錯覚させたのではと思っています。そこから韋駄天を飛ばして富士山修行を夜な夜な行っていたのではないかと思っています。ふざけた解釈をするなって叱られてしまうかもしれませんが。
それでも大変な健脚ぶりです。
Re: おはようございます! 
kazさん、こんばんは。

> 神社・仏閣に行かれたら、ご朱印って言うの押してもらうんですか? 日陰の道は涼しそうですが、長いもん注意して歩いて下さい!

御朱印帳は何冊か持っていますが、いつも持参し忘れて、空白が最後まで埋まったことがありません。あの字ですが、非常にうまい人から、もしかしたら私のほうがうまく書くんじゃないかと思うくらいの人まで、本当に色々ですね。概してうまい人が多いようですが。

長いものは本当に苦手なので、有毒無毒にかかわらず、見た途端に猛ダッシュして逃げることでしょう。そういう時は靭帯が細くなっていても関係なく、ダッシュで30mくらいはイケるのでは。昔は100mほど逃げたのですが、さすがにそこまでの元気はありません。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 「茅の輪くぐり」見たい行事ですね。
> 左・右・左と8の字に三回くぐるようですね。

恥ずかしながら、人が集まる行事は気後れして、見た(参加した)ことがないんです。参加したい気持ちがかなり強いのに。困った性分です。

> 茅の輪の中に見る神社の構図が良いですね。

本当は神事なんでしょうね。昔のことだから神仏混交でやっていて、有る時から寺社は別々になっていきましたが、行事の方はそう簡単に割り切れなかったのでしょう。このお寺さんでも連綿として続けられているようです。
AzTakさん 
こんばんは
水が涸れることの無い所には、信仰が宿りますね。
言い伝えはともかく、どこでも古くから命の源泉として湧き水は大切にされてきました。
その多くが残されています。
これからも涸れないことを祈ります。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 等々力渓谷のシリーズは楽しめました。

暫くは、遠くに行けないので、近場の短いシリーズを続けていく予定でします。考えたら、馬事公苑以来、行き先は全て無料のところばかりです。この後も、小網代の森、世田谷の民家園、静嘉堂文庫と。その後も、これまた無料のキリンビールの見学に行く予定です。
たまには、お金を支払う行き先も混ぜないといけませんね。(^_^;)

> 茅の輪の季節ですね。あちこちで見かけます。
> くぐったことは一回もないのですが・・・

茅の輪くぐりは私もやったことがないんです。人混みが苦手なこともありますが、行こうと思っている内に、その日を忘れてしまうズボラさが災いしているようです。(^_^;)

> AzTaKさんは健脚ですね。私はリタイヤしてから体重がかなり増し、
> 長い階段が苦手になりました(^^;

私は肥満体の割には階段の駆け上がり駆け下りが得意でした。最近は、膝が不如意なこともあり、ゆっくり踏みしめるように歩くことにしています。怪我をするよりはマシですね。
インナーマッスルを鍛えると、良い姿勢が保て、さっさと歩くことができるようになるはずなんですが、なかなか思ったほどには行っていません。
Re: こんにちは 
Meguruさん、こんばんは。

> あの空海が開いたという高野山も時代と共に内部は乱れて覚鑁上人(興教大師)が立て直そうとするも権力と対立して離れ、根来寺を開祖したといわれます。澱めば腐敗するという事なのでしょうけど、世界模様を眺めましても人の心の正体を長い目で見据えた宗教や政治が必要かもしれませんね。

ふふふ、耳が痛い話です。
覚鑁上人(興教大師)は空海以来の傑物だったようですね。出る杭は打たれるだったのか、大変な生涯を歩んだようですね。その興教大師との関わりが寺伝で伝えられるのに、あまりに偉大な人物過ぎて、覚鑁上人(興教大師)側の紹介記事には、等々力不動のことは小さすぎる話なのかまったく出てきませんねえ。
やはり、仏教の世界では関東の位置づけはかなり低いのでしょうかね。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 役行者の伝承がこんな東方の地にもあることに興味深々でした。役小角は壬申の乱期に天武・持統とのかかわりがある人物なので、推古天皇とは時代的にも接点がなく、修験道の広がりとともに後付けされた物語でしょうね。でも、日本は至る所山があり、谷があり、不動明王を祀る場所には事欠かなかったというわけですね。というか、この等々力も昔はもっと険しく神秘的な場所であったのだろうと、より想像をたくましくして楽しみました。茅輪くぐりは、葛城にも残る行事です。なんか、すごい身近な感じがしました。

関東のお寺さんは、本当に関り合いがあったのか、あれば良いという願望だったのか、とにかく奈良・京都との縁があることを主張したがりますね。まあ、一生懸命奈良や京都に近づこうとする涙ぐましい願望があるのでしょう。
等々力は国分寺崖線のはずれの方で、昔は相当に水がわき出したようです。それこそ滝が落下する音は、轟いたのだと思います。
割と最近になって遊歩道が作られるまでは鬱蒼とした森であり、イタチやたぬきが生息していたようです。滝行も本格的に行われていたんだと思います。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 水が涸れることの無い所には、信仰が宿りますね。
> 言い伝えはともかく、どこでも古くから命の源泉として湧き水は大切にされてきました。
> その多くが残されています。

ここは武蔵野台地を古多摩川が削ったと言われる国分寺崖線の端っこであり、相当豊富に水が出るので有名なところなんですよ。と言いながら、水脈がずたずたにされてしまった影響で徐々に出水量は減っていますが。それでも何とか枯れずに来たようです。
その多摩川を挟んだ川向うでは、分水堰なる構築物があり、うまく水を分けあったりしたようです。一度見てみたいものです。

> これからも涸れないことを祈ります。

そうあってほしいものですね。
こんばんは 
茅の輪くぐり、子供の頃に近くの天満宮で
やったことがあります^^
くぐる順序があったようですが、全く知らず
周りを適当に走り回ったことを思い出します^^
懐かしいです♪
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 茅の輪くぐり、子供の頃に近くの天満宮で
> やったことがあります^^
> くぐる順序があったようですが、全く知らず
> 周りを適当に走り回ったことを思い出します^^
> 懐かしいです♪

わたしは、いつも気づくのは事後ばかり。今回初めてくらいに事前に知ったのですが、出不精と人混みの中に行くのが嫌で、またもやパスしてしまいました。一度くらいは参加したい気持ちがあるのですが、…。どうも意志薄弱で困ります。
普通は神社のほうでやる行事なんでしょうね。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR