散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

会津若松~いわき~相馬・南相馬(3)

鶴ケ城(2)
ちょうど50年前に再建された天守閣(1)
てっぺんには鯱が誇らしげにのっている
これが実際に元のお城にもあったかどうか。あったという説と無いという説とがあるようだ。名古屋城の金鯱に対して、こちらは銀鯱。もちろん、あったかどうか疑わしいものだから、色などはわかっていないようだ。
てっぺんには鯱が誇らしげにのっている_1
てっぺんには鯱が誇らしげにのっている_2
free画像を借用
てっぺんには鯱が誇らしげにのっている_3
正面出入口近くから見た様子
昔はこの石畳の階段をのぼりおりしたのだろう。結構、段差がきつそうだ。殿様は御殿にいただろうから、普段はのぼりおりはしなかったと思う。
正面出入口近くから見た様子_1
正面出入口近くから見た様子_2
若松城写真 天守東南面之図
国立公文書館デジタルアーカイブから借用
若松城写真 天守東南面之図
明治6(1873)年12月、若松県(現在の福島県北部)権令沢簡徳は右大臣岩倉具視に、戊辰戦争で砲弾をうけ、その後修復もされずに雨ざらしになっている若松城は見るに堪えないので撤去し、後日改築してほしい旨建白しました。その際、現状を知らせるために提出したのがこの6枚のガラス湿板写真です。若松城は翌明治7(1874)年7月に解体されます。本写真の含まれる「公文附属の図」は、平成10年「公文録」とともに、国の重要文化財に指定されました。
案外ワイルドな感じの出入口とその周辺の様子
出入口から入ったところが1階。2-3階は撮影禁止だが、ここは禁止されていない。
案外ワイルドな感じの出入口とその周辺の様子_1
案外ワイルドな感じの出入口とその周辺の様子_2
この一画は『塩蔵』として利用されていたとのこと。塩はこの地にあっては貴重なものだったのかなあ。
案外ワイルドな感じの出入口とその周辺の様子_3
案外ワイルドな感じの出入口とその周辺の様子_4
案外ワイルドな感じの出入口とその周辺の様子_5
4階から見た様子
4階からは、近くはよく見えるものの、少し遠くにいるかもしれない敵の様子は見えにくい感じだ。5階からほどの見晴らしの良さはない。天守閣に意味合いとは何だったのだろうか?
4階から見た様子_1
4階から見た様子_2
4階から見た様子_3
4階から見た様子_4
4階から見た様子_5
走長屋、鉄御門、南走長屋、干飯櫓と続く。下に降りてからよく見ておくのだったが、茶室「麟閣」に気を取られて、見るのを失念した。そのことが残念でならない。
4階から見た様子_6
4階から見た様子_7
4階から見た様子_8
4階から見た様子_9

Comments

お早う御座います! 
鶴ヶ城ですね、懐かしく思います。
数年前に兄夫婦と出かけたことを思い出しました。
兄貴は2年前に亡くなりましたが、兄貴との最後の旅行地でした。
AzTakさんの写真を見て私も此の景色を見たことを思い出しました。
私は秋景色でしたが、春も良いですね~~~
懐かしい風景を見せて頂き有り難う御座いました。
 
名古屋城に一歩ゆずって銀の鯱にしましたか。

歯が金色に光ってますが、金の入れ歯に・・・これは失礼ですか
おはようございます 
AzTakさん、会津に行かれたのですね。
戊辰戦争という悲しい歴史を経て、今もたくましくも
魅力的な姿を私たちに見せてくれる街でしたね。
武家の街という印象がありましたが、
中心の商店も歴史ありなお店がたくさんありましたね。
そちらの方を再訪してちゃんと拝みたい気持ちです。
2年前の訪問時の思い出を蘇らせて下さり感謝いたします。
またお邪魔します。
 
鶴ヶ城って綺麗ですね~・・・というか、歴史が頭をよぎりますが、
それだけに重みがありますね。
ワイドレンズの効果がとてもすてきですね。
私は超ワイドレンズは持っていませんので、
手に入れたいですね~
AzTakさん 
こんにちは
天守閣の写真がよく残っていました。
写真を添えて改築を陳情するなんぞは、当時としてはよく気が付きましたね。
鶴ヶ城は、遠くでチラッと見ただけですので是非見たいです。
Re: お早う御座います! 
hiroさん、こんばんは。

> 鶴ヶ城ですね、懐かしく思います。
> 数年前に兄夫婦と出かけたことを思い出しました。
> 兄貴は2年前に亡くなりましたが、兄貴との最後の旅行地でした。

そのような思い出がありましたか。思い出が残っているようですね。

> AzTakさんの写真を見て私も此の景色を見たことを思い出しました。
> 私は秋景色でしたが、春も良いですね~~~

S-masaさんの教えていただきわかったのですが、桜の盛りの時は城内が桜で包まれたような感じになるようです。かなり素敵なようです。

> 懐かしい風景を見せて頂き有り難う御座いました。

やはり半日の滞在では、時間的制約があり、あちこち中途半端な歩き方になってしまいました。
『あれ、中途半端な感じだなあ』と思われるかもしれません。その点はご容赦ください。
Re: タイトルなし 
つぅたろうさん、こんばんは。

> 名古屋城に一歩ゆずって銀の鯱にしましたか。

名古屋城も鶴ヶ城もハザマが修復再建を請け負ったのです。そういう因縁があったようですね。

> 歯が金色に光ってますが、金の入れ歯に・・・これは失礼ですか

鶴ヶ城の場合は、建設資金が潤沢にはなかったのでしょうか。歯が金歯だろうが、目にダイヤモンドが輝こうが、寄付していただいたものを四の五の言わずに有難く受領したようです。
Re: おはようございます 
kozoh55さん、こんばんは。

> AzTakさん、会津に行かれたのですね。
> 戊辰戦争という悲しい歴史を経て、今もたくましくも
> 魅力的な姿を私たちに見せてくれる街でしたね。
> 武家の街という印象がありましたが、
> 中心の商店も歴史ありなお店がたくさんありましたね。
> そちらの方を再訪してちゃんと拝みたい気持ちです。
> 2年前の訪問時の思い出を蘇らせて下さり感謝いたします。
> またお邪魔します。

わずか半日強の探訪でしたので、残念なところがありました。
御三階雅ある阿弥陀寺で特別公開中だとの情報を得たのですが、時間が押してしまい、回るのを断念せざるを得ませんでした。それが残念です。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 鶴ヶ城って綺麗ですね~・・・というか、歴史が頭をよぎりますが、
> それだけに重みがありますね。

そうですね。幕末に争乱の舞台になったのは、京都、函館と会津若松とだったと思います。そのうちでも、最も悲惨な争乱でした。うまく立ちまわるだけが生き方ではなかったにせよ、無念な歴史になってしまいました。

> ワイドレンズの効果がとてもすてきですね。
> 私は超ワイドレンズは持っていませんので、
> 手に入れたいですね~

私はM2の時にトリプルレンズキットで購入しました。割安感があったからです。超広角レンズは一番使っているレンズになりました。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 天守閣の写真がよく残っていました。
> 写真を添えて改築を陳情するなんぞは、当時としてはよく気が付きましたね。
> 鶴ヶ城は、遠くでチラッと見ただけですので是非見たいです。

明治5年に神父と生糸商とが養蚕視察のため函館から横浜まで旅行をし、若松城に立ち寄った。その時に取らせた写真が残っているようです。
時の県令も外国人のやり方を真似たのかもしれませんね。
こんばんは 
海の近くで育ったものですから塩をあまり意識したことが無いのですが・・・。
会津は海が遠いですから新鮮な魚介類は猪苗代湖のものでしょうし、
鶴ヶ城に塩蔵が設けられていたという事は塩もきっと貴重だったのでしょう。

白虎隊の飯盛山は城からそんなには遠くなさそうですね。
Re: こんばんは 
Meguruさん、こんばんは。

> 海の近くで育ったものですから塩をあまり意識したことが無いのですが・・・。
> 会津は海が遠いですから新鮮な魚介類は猪苗代湖のものでしょうし、

(ΦωΦ)フフフ…、そうかもしれませんね。新鮮な海の幸は昔は臨むべくもなかったでしょうが、美味しいコメ、酒、山菜、果実、…そういうものはたくさんありました。『宝の山よ♫』と歌われるくらいでしたから。

> 鶴ヶ城に塩蔵が設けられていたという事は塩もきっと貴重だったのでしょう。

塩は貴重だったことでしょうね。但し、この辺は海の塩ばかりでなく山塩を使用していたかもしれません。

磐梯山のふもとにある大塩裏磐梯温泉は、「グリーンタフ」と呼ばれる地層に閉じ込められた太古の海水の成分が、高温の地下水に溶け出して源泉になったものです。長い年月でその海水成分は高度に変質し、海水に比べ塩素イオンが少なく硫酸イオンが多い、特殊な泉質になりました。実はこれこそが、味わいや風味が海塩とは違う大きな要因と考えられています。
弘仁年間(810~824)のこと、弘法大師(空海)がこの地を訪れ、老婆の家に泊まった。塩がなくて難儀している様をあわれみ、護摩を焚くこと17日目、ついに岩から塩水が湧き出した。
「大塩橋の側にあり、強き桃黄色、石崖を伝え川に流れる。温度39度、甚だしきかん味、反応は中性にして、蒸散すればアルカリ性」


> 白虎隊の飯盛山は城からそんなには遠くなさそうですね。

飯盛山からお城はどこかわからなくて、望遠レンズで探しました。自刃した時はくすぶっていたことでしょうから、容易にその場所がわかったと思いますが。
歩けば、結構な距離があると思います。
戊辰戦争 
徳川300年の内戦のない時期。
武士は刀を持つすべも、強固な武士根性も消えうせていたkじゃとも、
お思っていましたが、、、、

幕末は不穏。
NHKの松下村塾を観ていますが、国を憂う勢力が二つの別れて、壮絶な戦い。

若松城も歴史を進めたお城。
今の日本で往時のような愛国の心は誰も持ち合わせがないように思えます。

文字ばかりではなく、画像を観れば、心にしむものがあります。

欠かさぬブログへの投稿。
そのための取材旅行など、絶え間ない行動何時もながら感じ入っています。

ご訪問いただき、祝いの言葉を残して下さってありうがとうございます。
Re: 戊辰戦争 
ijinさん、こんばんは。

> 徳川300年の内戦のない時期。
> 武士は刀を持つすべも、強固な武士根性も消えうせていたころとも、
> 思っていましたが、、、、

そうですよね。でも、会津藩士は日々の鍛錬を怠らなかったようです。三浦半島も一時は警備の任にあたっていましたし、幕末の京都でも大活躍(立場によって見方が違います)もしました。
その意味で、他の藩からすれば、戦いに打って出る覚悟も備えもあったのかもしれません。

> 幕末は不穏。
> NHKの松下村塾を観ていますが、国を憂う勢力が二つの別れて、壮絶な戦い。

会津も新政府の人達から見れば嫌なやつに映ったことでしょうが、けっして、それだけで行動したのではありません。その点はご理解いただきたく思います。

> 若松城も歴史を進めたお城。
> 今の日本で往時のような愛国の心は誰も持ち合わせがないように思えます。

持ち合わせていないかは別として、かなり薄くはなってきていることでしょうね。

> 文字ばかりではなく、画像を観れば、心にしむものがあります。

会津の生き方は、何か切ないものがありますよね。一生懸命に生きてきたのに、報いられずに人権をも剥奪されたかのような日々を送らなければならなかった日々。辛かったと思います。

> 欠かさぬブログへの投稿。
> そのための取材旅行など、絶え間ない行動何時もながら感じ入っています。
>
> ご訪問いただき、祝いの言葉を残して下さってありうがとうございます。

5年後のオリンピック馬術競技を馬事公苑で直接見ることを楽しみにしていました。ですが、昨日ホースショーを見に行き、あのあまり大きくない観客席に外国からのお客様が来ることを考えると、TV観戦が良さそうに思いました。
少々肩を叩かれたような気がしても、お互いそれを見るまでは、お迎えを断固拒絶しましょう。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR