散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

日米親善よこすかスプリングフェスタ 2015(2)

基地見学者が、今回最初に目にする艦船は、潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」だった。最初は全容が見えなかったので、ビルのようにも見えなくもなかった。常識的に考えれば、ねずみ色のビルは陰気臭くていけない。それほどの大きさだ。

潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」
前回の基地開放イベントの時には、「エモリー・S・ランド」を遠目に見たが、少し離れた位置だったので、こんなに巨大だとは思わなかった。今回同型の「フランク・ケーブル」を至近距離から観察して、その巨大さに改めて驚いた。全長がほぼ200mほどある。
ロサンゼルス級原潜4隻を一度に横付けさせることができるのか。う~~ん。
水・食料・魚雷・その他物資の補給、潜水艦乗組員の休養、簡単な潜水艦の修理などが主任務なのかな。
潜水艦そのものが機密の塊なので、潜水艦母艦も当然、それに準じた取り扱いを受けるのだろう。出回る情報量はごく少ないようである。

本来は第7艦隊全体の旗艦であるブルーリッジの居場所に堂々と停泊していた
右側に見えるのは原子力空母ジョージ・ワシントン。超広角レンズを使用しているので、あちらのほうが小さく見えるかもしれない。
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_1
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_2
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_3
プラントのように見えて仕方がない
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_4
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_5
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_6
船尾を見て、漸く艦船名が見えた。艦船番号がAS-40なのに、Aは省略されている。そういうものなのだろうか。
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_7
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_8
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_9
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_10
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_11
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_12
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_13
洋上での様子
以下の3点はFREE画像を借用した
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_14
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_15
潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」_16

本艦は攻撃型原子力潜水艦に対する補給や支援を目的に建造された「エモリー・S・ランド」級に属しており1979年10月に竣工。現在はロサンゼルス級原潜専用に改造されています。
本艦は一度に4隻のロス級を横付けさせて補給等を行います。原潜部隊にとってなくてはならない艦です。
「フランク・ケーブル」(要目は米海軍公式サイトによる)
基準排水量13,911㌧
満載排水量22,978㌧
全長197,8㍍
幅25,9㍍
喫水8,84㍍
主機蒸気タービン、1軸
出力20,000馬力
速力21ノット
乗員1,500名(定数)
40㍉単装機銃2基
20㍉単装機銃4基

Comments

 
潜水艦の補給船なのですね。
想像でですが潜水艦は単独行動が多いように思いますが、補給艦は頼りなのでしょうね。
ちなみに私は最近どうしたわけか閉所恐怖症になりましたので、もし若くても潜水艦乗りは無理です(^^:
 
AzTakさん、こんばんは♪

確かに、お写真を拝見するとどーんとしているその姿はビルのようですね。
ビルと言っても表参道にあるようなおしゃれなビルではなく
どちらかというと新宿の裏通りにある雑居ビルのような(笑)
もう少~し綺麗な色にしてもいいのでは?と、思いましたが
クルーズ船ではないですものね(^^;
陰気臭くても、やっぱり目立たないねずみ色が一番なのでしょうね^^
 
こんにちは

潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」は 水・食料・魚雷・その他物資の補給、潜水艦乗組員の休養、等が主任務なのですね。
全長200mもある巨大艦船ですね!

写真右に小さく見える、原子力空母ジョージ・ワシントンは全長333 m、全幅 76.8 mもあるようですが、目の前にすると、とてつもない巨大な原子力空母
なのでしょうね。

潜水艦母艦でさえデッカイのに、実物を見みないと想像もできません。
AzTAkさん 
こんにちは
全長200メートル??
熊が歩いて約3分の距離・・・
大きさが写真だけでは良く分かりません!?
潜水艦母艦ということは、当然太平洋上での補給も有るわけですよね。
それなりの荒波でもやっちゃうんだ!
凄いもんですね。
こんにちは 
お恥ずかしい事ですが、ぜんぜん国防意識にかけているもので自衛隊の事もアメリカ軍の戦力も無知なのです。
潜水艦母艦という存在も知りませんでしたけど国を守るためにこういう船もあるのだと教えられます。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 潜水艦の補給船なのですね。

補給の側面が一番大きいのでしょうね。何しろ潜水艦に積載できる物量は限られます。定期的に食糧や水などの補給は必要です。米海軍のエモリー・S・ランド級は、原子力潜水艦用の母艦だそうです。ディーゼル潜水艦用の母艦とどこが異なるのか、私にはわかりません。単なるびしの補給だけを行っているのではなさそうに思います。

> 想像でですが潜水艦は単独行動が多いように思いますが、補給艦は頼りなのでしょうね。

上述のような事情があります。付かず離れずで行動するようです。
その他、潜水艦を機能させるためには、海洋観測艦なども不可欠なんだそうです。

> ちなみに私は最近どうしたわけか閉所恐怖症になりましたので、もし若くても潜水艦乗りは無理です(^^:

それはそれは、難儀なことですね。私の場合は、肥満体ですから、迅速な行動ができずにらくごする可能性大でしょうね。(^_^;)
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは♪

Mikaさん、こんばんは。

> 確かに、お写真を拝見するとどーんとしているその姿はビルのようですね。
> ビルと言っても表参道にあるようなおしゃれなビルではなく
> どちらかというと新宿の裏通りにある雑居ビルのような(笑)
> もう少~し綺麗な色にしてもいいのでは?と、思いましたが
> クルーズ船ではないですものね(^^;
> 陰気臭くても、やっぱり目立たないねずみ色が一番なのでしょうね^^

今の時代では大して意味を持たないことかもしれませんが、昔は、相手に見つけられたら攻撃を受ける。見つからなければ攻撃を受けない。そういう時代には、目立たない色が決定的に重要だったのでしょうね。それでねずみ色になっていったのだと思います。
いまは、色で策敵するような時代ではありません。ステルス性を高めることのほうが決定的に重要なのでしょう。
塗色は昔の名残なのでしょうね。
こんばんは 
軍艦にも余り詳しく無い僕ですが
画から迫力が伝わってきます!
200mもあるんですか~
凄いですね!
Re: タイトルなし 
> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 潜水艦母艦AS-40「フランク・ケーブル」は 水・食料・魚雷・その他物資の補給、潜水艦乗組員の休養、等が主任務なのですね。

重要な任務でしょうね。主任務は何かはベールに包まれているので、よくわかりません。

> 全長200mもある巨大艦船ですね!

ほんとうに大きく見えました。「フランク・ケーブル」はグアムが母港ということになっていますが、東京湾口などが中国の潜水艦隊群のとの対峙状態にあるので、横須賀にいるのが普通なのかもしれませんね。

> 写真右に小さく見える、原子力空母ジョージ・ワシントンは全長333 m、全幅 76.8 mもあるようですが、目の前にすると、とてつもない巨大な原子力空母
> なのでしょうね。

確かにでかいです。ですが、ジェット戦闘機が着艦する目標としては、極めて小さいかもしれません。
なので、光学着艦装置を配置し、どのように見えるかで適正進入角度を維持しているかを知るとかの工夫をしているようです。アシアナ航空機の事故があったばかりですから、ご理解いただけると思います。
まあ、そういうことはありますが、相当に大きかったです。たった一度だけですが、艦内に入りました。

> 潜水艦母艦でさえデッカイのに、実物を見みないと想像もできません。

やっぱり大きいですよ。どうしても見たいときには、横須賀港を1時間で回る軍港クルーズというのがあります。それで基地内に停泊しているときには見ることができます。但し、居ない時は何ヶ月も居ないんです。北朝鮮が不穏な動きをしたとか、中等がきな臭かったりするときなどは、お留守になってしまいます。自衛隊と違って、出動はものすごく速いです。
Re: AzTAkさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 全長200メートル??
> 熊が歩いて約3分の距離・・・
> 大きさが写真だけでは良く分かりません!?

陸上競技場でも直線距離で200mは確保できません。多分、スタンドの入れたくらいの長さかと。
それを間近で見たら、卒倒しそうな感じになりませんかねえ。

> 潜水艦母艦ということは、当然太平洋上での補給も有るわけですよね。
> それなりの荒波でもやっちゃうんだ!
> 凄いもんですね。

あまりにも荒天の時には中止するのではないでしょうか。『それなり』というアバウトな基準ではなく、厳しい基準があるのだと思います。但し、潜水艦に事故などが発生した時には、四の五の言っていられませんから。
海上自衛隊のものは、潜水艦救難艦という名前になっているんです。
Re: こんにちは 
Meguruさん、こんばんは。

> お恥ずかしい事ですが、ぜんぜん国防意識にかけているもので自衛隊の事もアメリカ軍の戦力も無知なのです。
> 潜水艦母艦という存在も知りませんでしたけど国を守るためにこういう船もあるのだと教えられます。

尖閣諸島でメタンハイドレートが見つかってから、状況が一変したようです。習近平が中国の指導者ですし、かなり真剣に自国領土化しようと考えているようです。
日本は戦わないと宣言すれば、戦争になることはないかもしれません。但し、沖縄などは中国の領土に組み入れられる可能性は非常に大きいでしょう。そんな勝手なことはさせないというのが、日本のいまのスタンスでしょう。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 軍艦にも余り詳しく無い僕ですが
> 画から迫力が伝わってきます!
> 200mもあるんですか~
> 凄いですね!

色々な目的があるから大きくせざるをえないのでしょうね。食料や水などを保管し補給する貨物船&補給船の代用、宿泊船の代用、救難船としての役目、その他、明らかにできない任務遂行もあることでしょう。そういうものをすべて賄うには、相応の大きさが必要なのでしょう。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR