散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

善福寺から清正公まで(5)

途中散歩分を省略して、最終目的地の『清正公』を取り上げる。東京駅南口発等々力行きのバスに乗ると、途中で『清正公前』の案内がアナウンスされる。うかつなことに暫くは、『せいしょう高校前』だと思い込んでいた。とんだ勘違いをしていたものだった。

覚林寺
覚林寺は、小湊誕生寺十八世可観院日延上人が開山となり、寛永8年(1631)に創建した。可観院日延上人は、朝鮮の王族出身だが、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に加藤清正に捕えられ、後に小湊誕生寺十八世となり、この地に隠居、覚林寺を創建したという。捕えられ、異国の地に連れて来られたというのに、このようにお堂を造ってまで故人を偲ぶとは、加藤清正公を恨んでは居なかったようだ。
現代韓国人の対日感情とは随分違うようだ。国家間というよりも対人間の問題だからなのだろうか。

先ず目につく大石標『鎮守清正公大神儀』
黒ずんでよく見えないが、『鎮守清正公大神儀』と書かれてある。既に神格化しているのだろうか。境内に掲示された由緒書きには、『清正公大尊儀』と表記されている。由緒書きの方は、神仏分離後の言い方なのだろうか。
大石標『鎮守清正公大神儀』
境内掲示の『略縁起』
『清正公大尊儀』と表記されているものの、内容からすると、神格化されているように読むことができる。それがいけないと言っているわけではなく、そういうものなんだなあと思った次第。
通称白金の清正公さまと呼ばれる当山は、最正山覚林寺と号し寛永8年(1631)可観院日延(韓国の王族)によって開創されたお寺であります。
開創と同時に上人によってご奉安申し上げられた清正公大尊儀は古く江戸時代より開運の神さまとして霊験まことにあらたかで広く庶民大衆に崇敬されてまいりました。
毎年五月四日五日の両日に行われる清正公大祭には人生の苦悩に打ち勝つお守りとして「しょうぶ入り御勝守」が授与され、東都における清正公信仰のみなもととしていまもなお各界の参詣祈願者でにぎわいます。

境内掲示の『略縁起』
山門
簡素といえば簡素だが、なかなか風情がある感じ。
山門_1
山門_2
山門_3
清正公堂
清正公大祭(毎年5月4・5日)では、清正公像が特別開帳され、「勝守り」が授与されるのか。武運の強かった清正公にちなんだ「勝守り」は、あらゆる勝負に勝つという意味を持つと解釈されているようだ。大祭に限り、菖蒲の入った勝守りを受けることができる。 菖蒲が、勝負や尚武に通じ、縁起がいいとされ、江戸時代から人気が高かったのか。う~~ん。
加藤家の本来の家紋は蛇の目紋。だが、桔梗の紋も使われていたそうだ。そこに人をうまく使った加藤清正の器量がありそうだ。
清正が肥後に赴くにあたり、秀吉は前年に改易した讃岐の尾藤知定の武具・調度一切を清正に与えました。侍大将から領主への大出世ですが、それに相応しい兵力も道具も当然不足します。秀吉が親心から配慮したものでしょう。
その尾藤家の紋が「桔梗」。清正は桔梗紋の入った武具・調度をそのまま使い、自分の家紋にしたのです。また、清正は旧尾藤家の家臣300名余りを、自分の家臣として召し抱えていましたので、彼等も誇りを傷つけられることなく存分に働いたと言われています。
また、清正はあとひとつ「折墨(おれずみ)」と呼ばれる家紋も使っていました。戦には「蛇の目」、慶事には「桔梗」、文化的な事には「折墨」というふうに、用途により3種類を使い分けていたそうです。

清正公堂_1
有栖川宮熾仁親王の書かれた「破魔軍」の大額
清正公堂_2
清正公堂_3
清正公堂_4
清正公堂_5
清正公堂_6
清正公堂_7
清正公堂_8
清正公堂_9
清正公堂_10
清正公堂_11
港区教育委員会の説明板
港区教育委員会の説明板

以上で、『善福寺から清正公まで』のシリーズは終了です。最後までご覧頂き有り難うございました。

Comments

 
お疲れ様でした。
善福寺、さらに清正港堂まで、
詳しく知らなかったものですから、勉強になりました。
昔の武将も今のサラリーマンと共通点がありますね。
出世をするためには国替えも必要なのは今も変わらず、
家族を引き連れて・・・なんとなく現役のころを思い出しますね~(^^)
 
こんにちは
どこか子供っぽいような(失礼)加藤清正、いまだに人気が有りますねえ。
五月人形の鐘馗様のモデルにもなっるような髭面、豪快だがどこか憎めない所が有ります。
こんにちは 
加藤清正と可観院日延上人の話は興味深いです。
かの国の恨の文化といわれる思想や民族性は感じられませんね。
それにしても古い寺院が大小のビルの谷間にありますと妙な感じが・・・(笑)
はるか未来の寺院はコンクリートのビルになっているかもしれませんね。
こんにちは。 
家紋の話は清正さんの考え方や生き様の片りんを見たようで面白かったです。家紋は代々引き継がれるのが普通ですが、戦国期にはかえって自由な発想でいいとこ取りだったのですね。秀吉公ゆずりの人心掌握術に長けていたのが、この話からも頷けます。毒殺説の消えない清正さんですが、徳川幕府のおひざ元の江戸で神様になっているのも興味あります。
 
こんにちは
『善福寺から清正公まで』のシリーズ、楽しく拝見いたしました。
戦国の武将、加藤清正公を祀る覚林寺は、可観院日延(韓国の王族)によって創建されたようですが、加藤清正の人柄でしょうか、当時としては考えられないことのように思われますが・・・・・・

加藤清正が三つの家紋を使い分け、戦には「蛇の目」、慶事には「桔梗」、文化的な事には「折墨」というふう三種類の家紋を用途によって使い分けていたのは興味深いですね。


 
こんばんは<(_ _)>

家紋って、一個しか使ってはだめかと思ってました。

下から三枚目のお写真は、Az様には、珍しい構図のように思えました。色々アングルを変えて撮るのもいいですよね~
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> お疲れ様でした。
> 善福寺、さらに清正公堂まで、
> 詳しく知らなかったものですから、勉強になりました。

恥ずかしながら私も今回初めて行ったところばかりでした。
江戸以降の歴史しか無いだろうと思っていたのに、善福寺に至っては、弘法大師とも親鸞聖人とも縁があり、勅願寺でもあったとは。京都のお寺さんだったらごく普通のことかもしれませんが、東京都区内ではやはり驚くような歴史だと思いました。
覚林寺も、可観院日延上人が恨み骨髄に徹するのではなく、温かい感情がそこにある感じで、ちょっぴり嬉しかったです。

> 昔の武将も今のサラリーマンと共通点がありますね。
> 出世をするためには国替えも必要なのは今も変わらず、
> 家族を引き連れて・・・なんとなく現役のころを思い出しますね~(^^)

そうでしたか。こちらは首都圏べったりの会社だったので、転勤しても、電車の乗り方が変わる程度で、…。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> どこか子供っぽいような(失礼)加藤清正、いまだに人気が有りますねえ。
> 五月人形の鐘馗様のモデルにもなっるような髭面、豪快だがどこか憎めない所が有ります。

(ΦωΦ)フフフ…、江戸時代は負けないお方ということで、拝まれたようですね。
何やらドクターXを思い出してしまいます。
『私失敗しないんです』
『儂は絶対に負けないよ』
一度口にしてみたい勇ましいセリフですね。
Re: こんにちは 
Meguruさん、こんばんは。

> 加藤清正と可観院日延上人の話は興味深いです。
> かの国の恨の文化といわれる思想や民族性は感じられませんね。

もしかしたら、うんと年若くして、日本に来た方なのかもしれませんね。

> それにしても古い寺院が大小のビルの谷間にありますと妙な感じが・・・(笑)
> はるか未来の寺院はコンクリートのビルになっているかもしれませんね。

最近は神社でもビルの上の方にあり、地面と繋がっていなくてはならないというので、地上からパイプで神社までつなぎ、その中に土を詰めて、地面と繋がっているとしているくらいです。
それに、鉄筋コンクリート造りの寺院が国指定重要文化財になっている時代ですから。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 家紋の話は清正さんの考え方や生き様の片りんを見たようで面白かったです。家紋は代々引き継がれるのが普通ですが、戦国期にはかえって自由な発想でいいとこ取りだったのですね。秀吉公ゆずりの人心掌握術に長けていたのが、この話からも頷けます。毒殺説の消えない清正さんですが、徳川幕府のおひざ元の江戸で神様になっているのも興味あります。

清正公は、豪放磊落な人物だったのでしょうかね。その分、ガードが甘かったきらいがあったのかもしれませんね。加藤家の血筋が耐えるまで、あっという間でしたね。
徳川の陰険さにしてやられたのでしょうか。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 『善福寺から清正公まで』のシリーズ、楽しく拝見いたしました。
> 戦国の武将、加藤清正公を祀る覚林寺は、可観院日延(韓国の王族)によって創建されたようですが、加藤清正の人柄でしょうか、当時としては考えられないことのように思われますが・・・・・・

そうですね。寛永年間は徳川の治世が最強力になった頃でしょうから、寺院の創設も難しい時代だったのかもしれません。どういう経緯で許されたのかわかりませんが、大変なことだったのでしょうね。

> 加藤清正が三つの家紋を使い分け、戦には「蛇の目」、慶事には「桔梗」、文化的な事には「折墨」というふう三種類の家紋を用途によって使い分けていたのは興味深いですね。

柔軟な考えができる御仁だったようですね。
Re: タイトルなし 
> こんばんは<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> 家紋って、一個しか使ってはだめかと思ってました。

そうでもないようですね。関西では『女紋』などという習慣もあるようです。家紋が一つの家には、…などということもあったようですから。

> 下から三枚目のお写真は、Az様には、珍しい構図のように思えました。色々アングルを変えて撮るのもいいですよね~

よくよく見たら、失敗でした。蛇の目紋も桔梗紋も使われている例にしようと思って撮ったのですが、よくよく見たら桔梗紋だけが使われている例でしたね。う~~ん。こうなると、完全に桔梗紋も第二の家紋として扱っていたようですね。
こんばんは 
覚林寺って加藤清正公ゆかりのお寺なんですね!
熊本城を建てた戦国時代の武将、
戦国時代が大好きな僕達にはとても興味深いです^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 覚林寺って加藤清正公ゆかりのお寺なんですね!

他にもあるのでしょうが、此処もそいういうお寺さんです。

> 熊本城を建てた戦国時代の武将、
> 戦国時代が大好きな僕達にはとても興味深いです^^

加藤家は清正の死後、あっという間の家系断絶ですから、可観院日延上人は、清正公を偲ぶことができる数少ない関係者だったのかもしれません。そういう家系が途絶えてしまったとはちょっと残念な話ですねえ。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR