散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜の港と洋館とを見て歩く(15)

山手111番館
ここの雛飾りが私には一番好きな感じだった。
外観
山手111番館の外観_1
山手111番館の外観_2
雛飾りの様子
本格的な雛飾りという感じで、素晴らしいと思った。
「ひな・HINA・雛あそびのテーブル」
ひな祭りのテーブルコーディネートと装飾をお楽しみください。

山手111番館の雛飾りの様子_1
山手111番館の雛飾りの様子_2
山手111番館の雛飾りの様子_3
山手111番館の雛飾りの様子_4
山手111番館の雛飾りの様子_5
山手111番館の雛飾りの様子_6
山手111番館の雛飾りの様子_7
山手111番館の雛飾りの様子_8
山手111番館の雛飾りの様子_11
山手111番館の雛飾りの様子_10
山手111番館の雛飾りの様子_11
山手111番館の雛飾りの様子_12
山手111番館の雛飾りの様子_13
山手111番館の雛飾りの様子_14
山手111番館の雛飾りの様子_15
山手111番館の雛飾りの様子_16
山手111番館の雛飾りの様子_17
山手111番館の雛飾りの様子_18

イギリス館の南側、噴水広場を挟んで立っているスパニッシュスタイルの洋館が、山手111番館です。
ワシン坂通りに面した広い芝生を前庭とし、ローズガーデンを見下ろす建物は、大正15(1926)年にアメリカ人ラフィン氏の住宅として現在地に設計されました。
設計者は、べーリック・ホールを設計したJ.H.モーガンです。玄関前の3連アーチが同じ意匠ですが、こちらは天井がなくパーゴラになっているため、異なる印象を与えています。大正9(1920)年に来日したモーガンは、横浜を中心に数多くの作品を残していますが、山手111番館は彼の代表作の一つと言えるでしょう。
赤い瓦屋根に白壁の建物は地階がコンクリート、地上が木造2階建ての寄棟作りです。
創建当時は、地階部分にガレージや使用人部屋、1階に吹き抜けのホール、厨房、食堂と居室、2階は海を見晴らす寝室と回廊、スリーピングポーチを配していました。


以上で『横浜の港と洋館とを見て歩く』シリーズは終了です。最期までご覧頂き有り難うございました。

Comments

 
洋館に和雛・・・これはすごいです。
こちらで飾ってあるのとインフラがちがいますね~
平安朝一辺倒ですから・・・。
それにひきかえ、洋館の洗練された室内装飾と雛人形・・・とても高貴な雰囲気ですね。
もちろん人形の質感も最上級ですね。
こんにちは。 
この洋館の中にお雛様が飾ってあるなんて、思いもかけませんね、ここのお雛様の飾り方は珍しいですね、一番初めのお内裏様は京飾りで、後は東飾り、男雛が右と左に座る位置が違うんです、お顔も端整で気品が感じられます。
AzTakさん 
こんにちは
これはまた、豪華なお雛様ですねえ・・・
招き猫のお雛様も有るんですか。
知りませんでした。
こんにちは 
『横浜の港と洋館とを見て歩く』シリーズ、最終回なんですね。
お疲れ様でした。
洋館の中にお雛様、和洋折衷ですね^^
風情のあるお雛様の表情、素敵ですね^^
こんばんは 
日本の今の住宅もかなり洋間が多くなってきてますからあんまり違和感がありません。
お雛様はよくわからないものの高級なものなのか気楽に触れそうにありませんがなかなか繊細な人形ですね。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 洋館に和雛・・・これはすごいです。
> こちらで飾ってあるのとインフラがちがいますね~
> 平安朝一辺倒ですから・・・。

横浜には悲しいかなペリー来航以前は殆ど何も無い漁村でしたから、平安朝の雅な世界など、演出したくてもできません。

> それにひきかえ、洋館の洗練された室内装飾と雛人形・・・とても高貴な雰囲気ですね。
> もちろん人形の質感も最上級ですね。

新しい、家でもこんなふうに飾り立てることができるという参考事例でしょうかね。それにしては、室内調度が贅沢すぎるし、雛人形も素晴らしすぎます。
寝る場所も食べる場所もなくなってしまいます。(^_^;)
Re: こんにちは。 
みこたんさん、こんばんは。

> この洋館の中にお雛様が飾ってあるなんて、思いもかけませんね、ここのお雛様の飾り方は珍しいですね、一番初めのお内裏様は京飾りで、後は東飾り、男雛が右と左に座る位置が違うんです、お顔も端整で気品が感じられます。

そう言われてみるとそうですね。一番目立つ飾り付けは、京飾りですね。それ以外は、東飾りですね。
玄関を入ってすぐ目にしたお雛様に強烈な印象が残ったのは、一つにはそれがあったのかもしれません。しかし、良いお顔のお雛様ばかりです。
私にお似合いはあの豚猫さんかなあ。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> これはまた、豪華なお雛様ですねえ・・・

本当に印象に残る凄さだと思いました。

> 招き猫のお雛様も有るんですか。
> 知りませんでした。

あれは、決して私ではありませんから。(笑)
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 『横浜の港と洋館とを見て歩く』シリーズ、最終回なんですね。
> お疲れ様でした。

あまり続けると見せられる方も、取り上げる方も、ともに疲れてしまいますね。

> 洋館の中にお雛様、和洋折衷ですね^^
> 風情のあるお雛様の表情、素敵ですね^^

今どきは、この洋館以上に洋風化した住まいが少なくないのでは。その意味では、飾り付けの参考にはなるのでしょうが、ちょっと凄すぎですよね。まあ、夢を見させてもらった感じかもしれません。
Re: こんばんは 
Meguruさん、こんばんは。

> 日本の今の住宅もかなり洋間が多くなってきてますからあんまり違和感がありません。

私もそう思いました。


> お雛様はよくわからないものの高級なものなのか気楽に触れそうにありませんがなかなか繊細な人形ですね。

撮影するとき、かなり近づいて撮る方なんですが、うっかりお人形さんを引っ掛けて床下に落ちしてしまったりしたらと思ったら、腰が引けてしまいました。図々しさの片鱗を発揮できないまま、…。(^_^;)

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR