散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

自然教育園と庭園美術館(1)

今季、福寿草は何とか見ることができたものの、節分草と雪割一華とにはお目にかかっていない。これを見たいものだと考えた。近くで観察できるとしたら、自然教育園だ。ついでに他の花をも見ることができれば、さらに嬉しい。そう考えた。
更についでといえば、隣接する東京都庭園美術館も昨年末にリニューアルオープンしていたんだ。こちらも見たい。


自然教育園(1)
路傍植物園
お出迎えの花達
この時期はほとんど何も無い。このエリアの福寿草も節分草も、やや元気がなかった。敷地奥の『武蔵野植物園』のエリアまで行かないとダメなようだ。
お出迎えの花達_1
お出迎えの花達_2
お出迎えの花達_3
シイの巨木
シイの巨木
土塁の様子
土塁の様子
赤樫の巨木
赤樫の巨木
ひょうたん池近辺
物語の松
その昔に手を入れて見事な枝ぶりにしたことが覗える。初代の松平讃岐守は1642年に高松藩主になった。その時の直後だとすると373年ほど経過する。少なくとも350年は経過する松なのだろう。立派な松だ。
この老松は江戸時代、松平讃岐守(まつだいらさぬきのかみ)の下屋敷の面影を伝えるものです。近くのひょうたん池などとともに、回遊式庭園であったと思われています。
物語の松
ひょうたん池
ひょうたん池と物語の松などで回遊式庭園をなしていたと思われているようだ。しかし、あまりに自然のままにしてあり草の勢いに負けてしまうのか、昔の庭園のイメージは想起しにくい。それでも、ひょうたん池が美しいことは間違いがないことだ。その名の通り、瓢箪の形をしているようだ。そうだったかなあ。
ひょうたん池では各種の野鳥が観察できると書いてはあるが、殆ど目撃したことがない。開園後の時間帯では遅すぎるのだろうか。学芸員はそれまでの時間帯に観察するのだろうが。

ひょうたん池
水生植物園
これは、季節が早過ぎた。惜しくもなんともないほどに。水生植物が見えてくると、楽しいエリアなのだが。
水生植物園_1
水生植物園_2
昨季の名残り
昨季の名残り_1
昨季の名残り_2
ツグミとキジバトかな
ツグミとキジバトかな
ふきのとうは薹が立つほど
ふきのとう
森の小径
自然教育園だけあって、ありのまま
森の小径_1
森の小径_2
森の小径_3
森の小径_4

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
節分草が見れて良かったですね!
あれっ?蕗の薹なんてありました?
よく見つけられましたね!
やっぱり、行き慣れているせいか私の目は節穴だらけのようです 汗)
ツグミがバッチリですね♪
雪割一華や隣の庭園美術館のレポートが楽しみです!
早く庭園美術館の庭園が出来上がってほしいものです!
「アール・デコと古典主義」 私には難しすぎたようです 汗)
 
春を待つ感じがひしひしと伝わってきますが、松平家ゆかりの物語の松はすごいですね。
4月、5月頃にはどんな展望の散策地になるのでしょう。
かなり広大な公園ですね。多くに市民がそれぞれの価値観で利用できそうで、なかなか立派な公園ですよね。
 
このあたり、病院に通う途中なのでおなじみの場所です。庭園美術館には何度も出かけました。それでも高松藩とのかかわりは初耳です。高松藩初代藩主の松平頼重は弟の徳川光圀の陰に隠れている感じがありますが、水戸藩を継がずに高松の殿様になったのはむしろ幸運であったとつねづね思っています。
今日は! 
植物園などでは春の花が咲き始めて来たようですね。
セツブンソウも見られて良いですね。
私は何時も栃木県の星野までセツブンソウを撮りに行ってました。
セツブンソウが群生していて見事ですよ。
 
こんにちは☆
工事、終わったのですね(^_^)/~
私も、またゆっくりと行ってみたいです。
春を告げるお花が咲き始めているのですね!早く暖かくなってほしいですね♪
AzTakさん 
こんにちは
福寿草もセツブンソウもやはり咲くのが早いですね。
こちらでは福寿草がやっと咲いてきて、セツブンソウは日当たりの良い所で咲き初めました。
自然植物園、うちの裏山の方が歩きやすいかも・・・

ドライドック、現在の巨大なコンテナ船やらタンカーやらの建造施設の元ですか?
こういった施設を残すことは、横須賀市の歴史の厚さを知らしめることのように思いますがどうでしょうか?
鏝絵の職人さんがまだ健在なんですねえ、驚きました。
こんにちは。 
新緑の色が濃くなるにはもう少しのようですね。
福寿草も節分草もそろそろ役目を終えて、次へのタッチ段階に入ったようですね。
(当地の福寿草、節分草、蕗の薹はまだタッチされていないようです・・苦笑)
 
福寿草がかわいいですね
でもかだコートがいりますか?
ダウンだと暑いでしょうか
こちらは まだまだ雪がちらついています・゜・(ノД`)・゜・
こんにちは。 
元は人工の森も、年月が経つとどんどん自然の形態が出てきます。ここの観察園はまさにそんな感じ。生き物たちのビオトープですね。一見、放りっぱなしに見えますが、実は勇気のいるこだわりです。とても好きです。
こんばんは 
福寿草も節分草それにフキノトウなどを枯草の中に見つけると嬉しくなりますね。
寒さに耐えて待ちかねたエネルギーが生き生きと開いているように見えます。
 
こんばんは!
確かに、お写真の花はちょっと元気がないようですね。
気候があまり良くなかったのかな?

この時期の植物園は、やはりどこもちょっと寂しい雰囲気がありますね。
ただ、あと数週間で綺麗な花たちを見ることが出来ると思いますが。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 節分草が見れて良かったですね!

武蔵野植物園エリアでは、もう少し状態が良い福寿草と節分草とが見られました。
雪割一華はやっぱりうまく撮れませんでした。極小で下向きの花は、私の腕前では難しいようです。

> あれっ?蕗の薹なんてありました?
> よく見つけられましたね!
> やっぱり、行き慣れているせいか私の目は節穴だらけのようです 汗)

行ったからにはなにかないかと、必死になって探しました。

> ツグミがバッチリですね♪

ツグミだけが出迎えてくれました。他の鳥さんたちは出張中だったようです。(^_^;)

> 雪割一華や隣の庭園美術館のレポートが楽しみです!

庭園美術館も無料で入っただけですので、内部の写真は当然ないんです。今回は3回だけで終わらせて、さっさと次のシリーズに進む予定です。

> 早く庭園美術館の庭園が出来上がってほしいものです!
> 「アール・デコと古典主義」 私には難しすぎたようです 汗)

庭園はさかんに植栽中でしたね。養母のお供で、庭園でなにか呑んだくれた記憶があるのですが。
自由に写真を撮らせてくれないのなら、星薬科大学に行って、また撮影してきますかね。あちらも、アール・デコだったと思います。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 春を待つ感じがひしひしと伝わってきますが、松平家ゆかりの物語の松はすごいですね。

松平家ゆかりの方たちも、びっくりかもしれませんね。

> 4月、5月頃にはどんな展望の散策地になるのでしょう。

在りし日は、壮麗な庭園だったことでしょうが、今は自然教育園ですから。周囲の緑があふれるように迫って、池も小さく見えてしまうかもしれませんね。野鳥ものびのびと飛び回っているかもしれませんね。

> かなり広大な公園ですね。多くに市民がそれぞれの価値観で利用できそうで、なかなか立派な公園ですよね。

好きな人には、飽きのこないフィールドかもしれませんね。今の時期が一番寂しい感じだったかもしれません。これからは、どんどん、楽しくなりそうです。
私の場合、田舎にいた頃しっかり見ておけば、此処に来なくてもすんだのかもしれませんが、当時は山菜ときのこしか興味がなく、あまり花は見ていなかったんです。特に極小の花さんたちは模様にしか映らなかったようです。
Re: タイトルなし 
たんめん老人さん、こんばんは。

> このあたり、病院に通う途中なのでおなじみの場所です。庭園美術館には何度も出かけました。それでも高松藩とのかかわりは初耳です。高松藩初代藩主の松平頼重は弟の徳川光圀の陰に隠れている感じがありますが、水戸藩を継がずに高松の殿様になったのはむしろ幸運であったとつねづね思っています。

確かに、下屋敷があったようです。よくは知りませんが、下屋敷は、それほど体裁を構わなかったのではないかと思います。それが今になっては有りがたかったのかなと思うところです。

鎌倉の英勝寺に行くと、松平頼重が建てた立派な山門(国指定重要文化財)が残されています。お家の事情があり、運命に翻弄された一人であったようですが、身を立てるように取り計らってくれた養母に対する恩義は生涯忘れなかったのでしょうね。そういう恩人でも死んでしまえば、知らんぷりのひとが少なくないのに、そんな非道なことはしなかったようですね。
Re: 今日は! 
hiroさん、こんばんは。

> 植物園などでは春の花が咲き始めて来たようですね。

植物園なら、それなりに植栽を元気よくするために手を入れるのでしょうが、此処は基本的には自然教育園なので、あるがままを見せます。もう少し風が来ないようにとか、そういうことはしないようです。
でも、なんとか咲き始めましたね。

> セツブンソウも見られて良いですね。
> 私は何時も栃木県の星野までセツブンソウを撮りに行ってました。
> セツブンソウが群生していて見事ですよ。

節分草は、次回取り上げる武蔵野植物園エリアに行くと、まだ状態の良いのが観察出来ました。
もうそろそろカタクリの花が咲いてもいるかなと思ったのですが、そちらはまだでした。
春の妖精は気まぐれです。
Re: タイトルなし 
> こんにちは☆

ブーくん様、こんばんは。

> 工事、終わったのですね(^_^)/~

庭園美術館は、庭園はまだ工事中です。建物の修復が終了したということで、リニューアルオープンに踏み切ったようです。

> 私も、またゆっくりと行ってみたいです。

楽しむことができるのでは。私のようながさつな者には、よくわからない肩が凝る世界かもしれません。(^_^;)

> 春を告げるお花が咲き始めているのですね!早く暖かくなってほしいですね♪

春の妖精の代表のカタクリがそろそろ咲き出すのではないかと思います。さかな今でも、いろいろな植物が一斉に緑の葉を地上に出して、急にモノクロームの世界からカラーの世界に様変わりすることでしょう。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 福寿草もセツブンソウもやはり咲くのが早いですね。
> こちらでは福寿草がやっと咲いてきて、セツブンソウは日当たりの良い所で咲き初めました。

(ΦωΦ)フフフ…、信州の標高の高いところから比べると、相当に温かいことでしょうから、それなりに早いのかもしれません。福寿草もセツブンソウも、此処よりも武蔵野植物園エリアのほうが状態は良かったですが、まもなく季節は終わりそうな感じでした。
これからは、カタクリの花の天下かも。

> 自然植物園、うちの裏山の方が歩きやすいかも・・・

そういう風に見えるかもしれませんが、一応小道はしっかりついています。

> ↓
> ドライドック、現在の巨大なコンテナ船やらタンカーやらの建造施設の元ですか?

ドックは、どちらかと言えば、船舶の修理を行うところです。水を入れて、修理する船を引き込み、水をポンプで排出して、それで、修理を行い、完了するば、また水を張りゲートを開けて船舶を送ります。そういう設備です。
そこから、人間ドックという言葉も派生したようです。

> こういった施設を残すことは、横須賀市の歴史の厚さを知らしめることのように思いますがどうでしょうか?

そう思うのですが、首長はなかなか決断しないようです。

> 鏝絵の職人さんがまだ健在なんですねえ、驚きました。

そうです。ただ、不景気もあるでしょうし、生活様式も代わり、鏝絵だけで身を立てるのは難しいことなんだと思います。風前の灯かもしれません。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 新緑の色が濃くなるにはもう少しのようですね。

2月末はそんな感じでした。でも、3月の声を聞きましたから、そろそろアクセルが踏まれる頃でしょう。

> 福寿草も節分草もそろそろ役目を終えて、次へのタッチ段階に入ったようですね。
> (当地の福寿草、節分草、蕗の薹はまだタッチされていないようです・・苦笑)

そろそろカタクリなどにバトンタッチかもしれませんね。律儀に次の花が咲くまでは頑張って枯れずに立っているようです。新潟県よりはかなり温かいのかもしれませんね。
Re: タイトルなし 
SONOMIさん、こんばんは。

> 福寿草がかわいいですね

太陽のようですね。レンズ越しでも眩しいような感じです。

> でもまだコートがいりますか?
> ダウンだと暑いでしょうか
> こちらは まだまだ雪がちらついています・゜・(ノД`)・゜・

東京は暖かかったり寒かったり、日によって大きく違いますが、底は脱したような感じです。
今年は雪かきせずに済ませられそうです。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 元は人工の森も、年月が経つとどんどん自然の形態が出てきます。ここの観察園はまさにそんな感じ。生き物たちのビオトープですね。一見、放りっぱなしに見えますが、実は勇気のいるこだわりです。とても好きです。

おっしゃられるとおりでしょうね。水生植物園も、今は何も無いような感じですが、アサザ、コウホネなどが咲き出すと華やかです。ガマもマコモも賑やかしになることでしょう。底には、トンボも、いろいろな生物も飛び回り、鳥さんも集まってくることでしょう。
でもお願いだからヘビさんだけは出てこないでほしい。
Re: こんばんは 
Meguruさん、こんばんは。

> 福寿草も節分草それにフキノトウなどを枯草の中に見つけると嬉しくなりますね。
> 寒さに耐えて待ちかねたエネルギーが生き生きと開いているように見えます。

そうですね。彼らは春の魁で、続いてカタクリなどが咲き出すのでしょうかね。
見つけたら嬉しくなりますよね。『エネルギーの大爆発だあ』と岡本太郎大先生なら言いそうですねえ。
Re: タイトルなし 
> こんばんは!

きみひと@さん、こんばんは。

> 確かに、お写真の花はちょっと元気がないようですね。
> 気候があまり良くなかったのかな?

エントランス部分は、あまり日当たりが良くないところです。やや、元気が無いかもしれませんね。
奥の武蔵の植物園エリアは、もう少しまともでした。(^_^;)

> この時期の植物園は、やはりどこもちょっと寂しい雰囲気がありますね。
> ただ、あと数週間で綺麗な花たちを見ることが出来ると思いますが。

植物園でもそうでしょうから、ましてや自然教育園では、かなり厳しいことでしょうね。
もう少しすると、カタクリの花も咲き、緑の勢いが、それこそ萌え出づるという感じに、そこかしこにあふれだすことでしょうね。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR