散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

葉山と浦賀(8)

浦賀
浦賀に行ったのは、『近代造船の先駆者たち ~浦賀と横須賀~』という講演会を聞きに行くのが目的だった。
造船所の建設から、船の建造に至るまでの間に活躍した多くの技術者たちの姿を浦賀のまちの発展の様子を交えながら紹介します。
講演会は非常に面白い内容だった。これはこれで大満足。そして、その後に、産業遺産の見学があったのだ。
ところが、こちらの撮影分はのWEBなどへ公開はしないでほしいという所有者の意向があり、せっかく撮影したデータが使用できない。
横須賀市の対応が一向に前進しないことを恨めしく思った次第だ。


他で撮った写真をいくつか取り上げる。

浦賀行政センターでの展示から
船番所の模型
浦賀奉行所の出先機関という位置づけになる。今で言えば、海上保安庁のような感じかな。船を陸に揚げたり海に浮かべたりをまめに行っていたので、長保ちしたようだ。そして、マメに修繕を繰り返しもしていたので、その後の浦賀における船舶建造及び船舶修理の下地が出来上がっていったようだ。
船番所の模型
干鰯問屋の模型
浦賀に繁栄をもたらせた干鰯。問屋にはこんな風にして保管されていたようだ。
干鰯問屋の模型_1
干鰯問屋の模型_2
幕末の西浦賀の街の模型
現在より、建物が密集している。私のイメージでは江戸の下町のような感じに見える。
幕末の西浦賀の街の模型_1
幕末の西浦賀の街の模型_2
幕末の西浦賀の街の模型_3
浦賀奉行所の模型
下田から移ってから幕府の大政奉還まで、かなり長いこと設置されていた。こちらを元の土地に復元し、ドライ・ドックを買収すれば、大変な観光遺産になるのだが。どちらも交渉相手は、住友重機械工業株式会社か。
浦賀奉行所の模型
日米の帆船
日米の帆船_1
日米の帆船_2
日米の帆船_3
FREE画像を借用した
鳳凰丸
辰巳忠志氏作の鏝絵
現役の鏝絵職人さんの作品だ
辰巳忠志氏作の鏝絵

敷地外から見た浦賀ドック
敷地外から見た様子。当然だが、遠いので様子ははっきりはわからない。
敷地外から見た浦賀ドック_1
敷地外から見た浦賀ドック_2
敷地外から見た浦賀ドック_3
敷地外から見た浦賀ドック_4

以上で『葉山と浦賀』シリーズは終了です。最後までご覧頂き、有り難うございました。

Comments

 
葉山と浦賀シリーズお疲れ様でした。
浦賀のドライドックはすごい遺産ですね。
当時そのあたりをウロウロして造船所があることは知っていました。
ドライドックのことはよくわかっていませんでした。
ぜひ、観光資源にすべきでしょう。収入の面もさることながら、多くの国民に知ってもらい、先人の偉業をたたえるべきです。
 
こんにちは<(_ _)>

船の一枚目のお写真のは、かっこいいです。こんなに、日本は技術があるんですね。
こんばんは 
お、僕の大好きなジオラマですね^^
こう言う画が撮れるんですね~
楽しそうです^^
僕も撮ってみたいな^^
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 葉山と浦賀シリーズお疲れ様でした。
> 浦賀のドライドックはすごい遺産ですね。

そうですね。当日はドライドックの階段を降りて、中程まで行きました。情けないほどの高所恐怖症なので、おっかなびっくりを絵に描いたような格好で、行きました。相当な迫力がありました。

> 当時そのあたりをウロウロして造船所があることは知っていました。
> ドライドックのことはよくわかっていませんでした。

いらっしゃった頃は、当然のことですが、現役施設だったでしょうから、部外者に見せたりするものではなかったのでしょう。

> ぜひ、観光資源にすべきでしょう。収入の面もさることながら、多くの国民に知ってもらい、先人の偉業をたたえるべきです。

そう思います。どうも横須賀市長は器の小さい若造のようで、財政負担がのしかかるようなプロジェクトには後ろ向きなようです。
Re: タイトルなし 
> こんにちは<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> 船の一枚目のお写真のは、かっこいいです。こんなに、日本は技術があるんですね。

『咸臨丸』は、残念ながら日本の造船ではなく、オランダで建造された船です。『鳳凰丸』の方は浦賀で建造した船です。
中島三郎助がペリーの船に乗り込んで交渉にあたった時に、随行した船大工の親子が、見よう見まねで建造したのが、『蒼隼丸』です。やっとの思いで建造した蒼隼丸でしたが、火災事故で失ってしまいます。関係者はかなり落胆しましたが、老中阿部正弘の強い後押しを受けて『鳳凰丸』を建造したそうです。この辺りから日本の造船技術が磨かれていったようです。

というような話を当日の講演会で聞きました。その受け売りです。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> お、僕の大好きなジオラマですね^^
> こう言う画が撮れるんですね~
> 楽しそうです^^
> 僕も撮ってみたいな^^

裏が行政℃の展示物は、いくらでも撮っても良いようです。ただ、中島三郎助の肖像画だけは撮影禁止の扱いになっています。何故ですかね。
数年後には、行政側がこの浦賀ドックの跡地を買収して、公開すると思うんです。そうしたら、迫力ある写真をバンバン撮って、どこにでも発表できるようになると思います。その時のほうが良いのでは。もしかしたら、裏が微行書も復元されるかも。難しいかなあ。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR