散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

帝釈天~山本亭~矢切の渡し~スカイツリー(13)

山本亭を後にして、江戸川河川敷に向かう。寅さんの映画にも出てくるし、あの矢切の渡しもある。天気の良い日であれば、映画の舞台のように最高の行き先なのだろうが、あいにくどんよりした肌寒い日だったので、少し残念な感じだった。

江戸川河川敷
河川敷に行くために柴又公園を上がる
河川敷に行くために柴又公園を上がる_1
河川敷に行くために柴又公園を上がる_2
そのまま河川敷に出る
そのまま河川敷に出る_1
そのまま河川敷に出る_2
画面やや左寄りの河畔に樹木があるところが『矢切の渡し』
そのまま河川敷に出る_3
随分とモグラが活躍しているようだ
随分とモグラが活躍しているようだ
矢切の渡しを見る
正直がっかりした。もう少し、しっかりつくってあるのかと思いきや、掘っ立て小屋的なイメージ。それも、この時期は週末しか営業していない。二重に残念。
矢切の渡し_1
矢切の渡し_2
矢切の渡し_3
矢切の渡し_4
矢切の渡し_5
対岸の様子
対岸の様子_1
対岸の様子_2
河川敷の様子
河川敷の様子_1
河川敷の様子_2
河川敷の様子_3
河川敷の様子_4
河川敷の様子_5
『葛飾や桃の籬も水田べり』…水原秋櫻子の句のようだ。
籬は「まがき」で、垣根のこと。現代の東京都葛飾(かつしか)区というと、私などには工場のたくさんある地帯というイメージが強い。が、句の葛飾は、江戸期以来の隅田川より東の地域全般の地を指している。近代に入ってから、東京、千葉、埼玉に三分割された。昔の東京の小中学校からは遠足の地として絶好だったらしく、少年時の作者も何度か遠足で訪れた土地だという。そのときから作者は葛飾の風景に魅かれ、吟行でも再三訪れており、この地に材をとった句をたくさん作っている。なかでもこの句は、さながら絵に画いたように美しさだ。いや、こうなるともう俳句ではなくて、一枚の風景画だと言ったほうがふさわしい気すらしてくる。葛飾句についての秋桜子のコメントが残っている。「私のつくる葛飾の句で、現在の景に即したものは半数に足らぬと言ってもよい。私は昔の葛飾の景を記憶の中からとり出し、それに美を感じて句を作ることが多いのである」。胸の内で長い間あたためられてきた葛飾のイメージは、夾雑物がすべて削がれて、かくのごとく桃の花のように見事に開いたのであった。『葛飾』(1930)所収。
『葛飾や桃の籬も水田べり』
もう一度山本亭を眺める
もう一度山本亭を眺める_1
もう一度山本亭を眺める_2

スカイツリー
帰途、乗り換えの押上駅はスカイツリーの真下なので、ついでに眺めてみた。見ていたら首が痛くなった。
スカイツリー_1
スカイツリー_2
スカイツリー_3
スカイツリー_4
スカイツリー_5

以上で、『帝釈天~山本亭~矢切の渡し~スカイツリー』はおしまいです。最後までご覧頂きありがとうございます。

Comments

 
江戸川河川敷は広いですね~
矢切りの渡しもヒットしたのはもう何十年も前なのですかね。
そして古きを訪ねて、最後は超最新技術の粋のスカイツリー(^.^)
長い間お疲れ様でした。勉強になりました。
次回からも楽しみです(^.^)
 
こんにちは
柴又公園は綺麗に手入れされておりますね。
河川敷も広々として、公園のように手入れが行き届いていまする。
映画や歌でも有名な矢切の渡しですが、写真を見る限りでは期待を裏切りますね。
もっと整備されて観光の目玉にでもなっているのかと思っておりましたが・・・・・
でも、シリーズの最後の締めは観光名所のスカイツリーで良かったです。
次のシリーズも楽しみにしております。
こんにちは。 
↓ 山本亭は、カメラ部品会社を経営していた個人の家ということですが、長屋門まであって、しかも庭園の評価もすごいのですね。柴又には知らない遺産がたくさんあるのだと改めて思いました。
矢切の渡しは、まだ現役なんですか。これも再認識です。とっくに風化していると思ってました。荒れた河川、こちらではイノシシが里に頻繁に出没して同じようにミミズを掘り返してます。田舎ばかりでなく都会に住みついた獣も必死ですね。奮闘が見えるようです。
AzTakさん 
こんにちは
矢切の渡し、考えてみれば単に人と多少の荷物を運ぶだけですからこんなモノかしら
多摩川の,昔の担いで移動させる小屋が有る方がまだ風情が有りますね。

広大な河川敷が溢れるほどの洪水にはなることは無いでしょうね。
そうなれば帝釈天も山本亭も危ないかな?
変な心配をしちゃった。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 江戸川河川敷は広いですね~

まあまあの広さがありますね。

> 矢切りの渡しもヒットしたのはもう何十年も前なのですかね。

もう古い曲になってしまいましたね。尤も新しい歌のインプットが止まっている私には、依然として生きている歌ですが。

> そして古きを訪ねて、最後は超最新技術の粋のスカイツリー(^.^)
> 長い間お疲れ様でした。勉強になりました。
> 次回からも楽しみです(^.^)

次回は『葉山と浦賀』というシリーズで取り上げたいと考えています。
浦賀のドライ・ドックの見学ができたのです。私にしては良い部類の撮影も出来ました。しかし、現在の持ち主がインターネットへの画像公開を拒んでいるので、その分の画像はUPできません。蚤の心臓の横須賀市長が決断をしないようです。なぜ貴重な文化遺産の取得保存に立ち上がらないのでしょうね。早く取得して、多くの人を呼ぶことができる施設にすべきなのに、…。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 柴又公園は綺麗に手入れされておりますね。
> 河川敷も広々として、公園のように手入れが行き届いています。

天気の良い日は気持ちのよい草っ原ないなると思います。たまたま行った日が非常に冴えない天気の日でしたので、印象が良くなくなってしまいましたが。

> 映画や歌でも有名な矢切の渡しですが、写真を見る限りでは期待を裏切りますね。
> もっと整備されて観光の目玉にでもなっているのかと思っておりましたが・・・・・

私もそう思いました。矢切の渡しは位置づけ的には、番外のサービス程度なのでしょうかね。

> でも、シリーズの最後の締めは観光名所のスカイツリーで良かったです。
> 次のシリーズも楽しみにしております。

次回は御用邸にある葉山町の海岸べりと浦賀とを少しだけ取り上げます。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> ↓ 山本亭は、カメラ部品会社を経営していた個人の家ということですが、長屋門まであって、しかも庭園の評価もすごいのですね。柴又には知らない遺産がたくさんあるのだと改めて思いました。

山本亭がすごいとは聞いていましたが、柴又の帝釈天がこんなにすごいなんて思いもよらず、ほとんど何も持たず、体調もあまり良くないのに、のこのこ出かけました。見落としはするし、はっきりしない画像がいっぱいになってしまうし、風邪はぶり返すし、全く冴えない結果に終わってしまいました。
次回行くことがあれば、もう少し準備していきたいと思います。

> 矢切の渡しは、まだ現役なんですか。これも再認識です。とっくに風化していると思ってました。荒れた河川、こちらではイノシシが里に頻繁に出没して同じようにミミズを掘り返してます。田舎ばかりでなく都会に住みついた獣も必死ですね。奮闘が見えるようです。

矢切の渡しは、ちょっとがっかりの風情でした。もう少し小奇麗にしておいてくれても罰が当たらないように思いました。
江戸川はわかりませんが多摩川では中洲にたぬきが住み着いているようです。
目黒区には人面カバがいますけれど。はーーい、それは私です。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 矢切の渡し、考えてみれば単に人と多少の荷物を運ぶだけですからこんなモノかしら
> 多摩川の、昔の担いで移動させる小屋が有る方がまだ風情が有りますね。

割り切れば、大したものじゃないんだからこれで構わないということになるのでしょうが、あまりにお粗末で夢も萎みそうです。多摩川の『菅の渡し』は、昭和48年まで存続し、私も見た記憶があるのですが、まったく思い出せません。

> 広大な河川敷が溢れるほどの洪水にはなることは無いでしょうね。
> そうなれば帝釈天も山本亭も危ないかな?
> 変な心配をしちゃった。

上流に水量を調節する仕掛けがあるようで、洪水は起きにくくなっているようです。如何に水門があろうともそれをこす降水量があれば、絶対の保証などありませんが。
こんばんは 
矢切の渡し・・・この歌が流行ったのは
もう何十年も前ですよね^^
今でも渡しがあるんですね~~
一度は是非、乗って渡ってみたいです^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 矢切の渡し・・・この歌が流行ったのは
> もう何十年も前ですよね^^
> 今でも渡しがあるんですね~~
> 一度は是非、乗って渡ってみたいです^^

船は対岸にある船外機付きの和船を使うようです。但し、伝馬船のように櫓で漕ぐ昔ながらのやり方のようです。そこのところだけは情緒がありますが。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR