散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

帝釈天~山本亭~矢切の渡し~スカイツリー(3)

柴又帝釈天(2)

1912年(明治45年・大正元年)に出版された夏目漱石の『彼岸過迄』の『須永の話』の二と十三都に帝釈天絡みの話が出てくる。漱石が活躍していた頃の帝釈天はどんなだったのだろうか。帝釈天堂本殿は、胴羽目を除き、明治四十年の完成なので存在し、祖師堂や釈迦堂ももちろんあった。
それ以外は、まだ存在しなかったはずだが、どんな佇まいだったのだろうか。その『彼岸過迄』の出版前後から、帝釈天の堂宇は今のような形に大きく変わっていったようだ。


以下では漱石も一部は見たかもしれない今の様子をご覧いただく。

帝釈堂
帝釈天堂本殿は、胴羽目を除き、明治四十年の完成だそうだ。そして内殿が大正四年、胴羽目十枚は昭和九年の完成だそうだ。更に拝殿が、昭和四年の完成。わずかに昭和に食い込んではいるが、なかなか年数を経た堂宇になっている。彫刻の見事さが評価される寺院でもある。詳細については、末尾にあるURLで確認していただきたい。
帝釈堂_1
帝釈堂_2
帝釈堂_3
帝釈堂_4
帝釈堂_5
帝釈堂の扁額『喜見城』
帝釈尊天がおわします帝釈堂の正面、堂々たる扁額に光る金文字は「喜見城」。遥かな高みの仏の天の忉利天にそびえる帝釈天の居城、喜見域を現世で拝礼する唯一の場が当山の帝釈堂に他ならない。
帝釈堂_6
帝釈堂_7
帝釈堂_8
帝釈堂_9
二天門を入った境内正面に位置する。手前の拝殿と奥の内殿から成り、ともに入母屋造瓦葺で、拝殿屋根には唐破風と大ぶりの千鳥破風を付す。内殿は大正4年(1915年)、拝殿は昭和4年(1929年)の完成。内殿には帝釈天の板本尊を安置し、左右に四天王のうちの持国天と多聞天(毘沙門天)を安置する(四天王の残り2体は二天門に安置)。内殿外側には全面に浮き彫りの装飾彫刻が施されている。
彫刻ギャラリー
これは次回以降に丁寧に取り上げさせていただく予定

祖師堂(本堂)
明治21年に建てられたそうだ。ちなみに祖師堂の奥殿も同年に建てられたそうだ。帝釈堂ができる以前は、こちらが帝釈堂だった。帝釈堂ができたあとに、大修理を施して祖師堂にしたとのこと。
祖師堂_1
祖師堂_2
祖師堂_3
祖師堂_4
帝釈堂の向かって右に建つ。帝釈堂と同様、入母屋造の拝殿と内殿が前後に並んで建つ。こちらが日蓮宗寺院としての本来の本堂であり、本尊は大曼荼羅である。

釈迦堂(開山堂)
このお寺にあって最古というが、江戸時代末期の事のようだ。他とそれほど差があるわけではなさそうだ。
釈迦堂(開山堂)
江戸時代末期に建立された、寺内最古の建築であり、奈良時代作という釈迦如来立像と、開山日栄、中興の祖日敬の木像を安置する。

水舎(向かって右側)
この水舎は昭和初期の作だそうだ。さり気なくおかれているようだが、なかなか立派な設えになっている。すべての建物が手を抜かずに作ってあるのにびっくり。
なお、向かって左側には、明治時代に作られたと言われる御神水・浄行菩薩がある。こちらは撮り漏らしてしまった。

水舎(向かって右側)
御神水
FREE画像を借用した
御神水

彫刻についての詳しい説明があるHPへjump
柴又帝釈天に関する詳しい説明があるHPへjump

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
学生時代の4年間は柴又帝釈天近くの金町に、
そして今は草加ですから、さほど離れていないところに住んでます!
灯台下暗しでよく行ったところですが、見方は大雑把 汗)
AzTakさんのようにな繊細な目を持ち合わせず・・・泣)
寅さんの撮影をよく観ました!
次回アップ予定の彫刻も山本亭の庭園もウル覚えです~泣)
素晴らしさの再発見、宜しくお願い致します♪
おはようございます 
拝見していてしばらくして気がついたのですが(^^;
京都の寺社はほぼ朱色の塗料が塗られていますが、帝釈天はシンプルですね。
何か落ち着いた感じがしていて・・やっぱり良いですね。こういうのも・・・
伏見稲荷大社なんか行くと、来ている服まで染まってしまうくらいの朱色ですよね。
あまり関係ないことですいません。







 
松の手入れ。
我家の冬囲いと同じです(笑)
 
大きな建物なんですね 立派です!
大事にして ずっと残して欲しいものですね
こんにちは。 
PCはもうスムーズに稼働してるようですね。すごい差し込み記事でした。
帝釈天、築年をはるかに上回る重厚さと歴史時間を感じさせます。ちゃちな増改築が多い多い寺院の中で、堂々と手間暇かけた意気込みを感じます。説明の通り、彫刻も素晴らしいですね。
AzTakさん 
こんにちは
帝釈堂の彫刻は一枚板でしょうか?
これだけ見事な一枚板の彫刻は見たことが有りません。
随所にある彫刻を全部見たいですよ~。
実物を見たいです。
往年のトラさんが羨ましいですね。
Re: おはようございます 
cobo-feさん、こんばんは。

> 拝見していてしばらくして気がついたのですが(^^;
> 京都の寺社はほぼ朱色の塗料が塗られていますが、帝釈天はシンプルですね。

京都は、ベンガラだったり、朱漆だったり、そういうもので木材を塗り立てる感じですよね。こちらでは素木造りというのか、あるいは、ごく薄い防腐剤を塗る程度の地味な寺社が多い感じですね。

> 何か落ち着いた感じがしていて・・やっぱり良いですね。こういうのも・・・
> 伏見稲荷大社なんか行くと、来ている服まで染まってしまうくらいの朱色ですよね。
> あまり関係ないことですいません。

ははは、確かに伏見稲荷大社はすごいですよね。あれくらい見事な色でないと伏見稲荷大社にいった気がしなくなることでしょうから、不思議なものです。
しかし、赤い色って一体いくつあるんでしょうね。朱、茜、緋、紅、桃、桜、臙脂、…。数限りなくあるのでしょう。目の良い人は微妙な色合いの違いにまでこだわるのでしょうね。
Re: タイトルなし 
S-masaさん、こんばんは。

> 松の手入れ。
> 我家の冬囲いと同じです(笑)

次に行った山本亭では見事な雪吊りがしてありました。こちらは、そんなものは必要がないというか、春先になれば観光客がドドっと押し寄せてくるだろうから、その前に手入れしておこうといったところでしょうか。
あの足場を組むだけでも大変なモノ入りですね。
一般家庭の雪吊りは、こういう仮設材料でやるんでしょうね。兼六園のような優雅な真似はしたくてもできないですよね。
Re: タイトルなし 
SONOMIさん、こんばんは。

> 大きな建物なんですね 立派です!
> 大事にして ずっと残して欲しいものですね

代々の住職が、大きくするのに力を注いだようです。うまい具合に人気のお寺さんになっていった感じなのでしょう。夏目漱石も書いているくらいですから。
これからは、敷地いっぱいに建物を立ててしまいましたから、維持管理するだけで手一杯かもしれませんね。多分、大事に守り通していってくれると思います。
こんばんは 
立派な建物ですね~
正面のサイドの扉に掘られているのは干支でしょうかね^^
こんばんは 
流石に歴史のあるお寺さんですね^^
僕の大好きな回廊、彫刻も
素晴らしいです!
こう言う歴史的建造物は大事に後世に
残していきたいですね^^
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> PCはもうスムーズに稼働してるようですね。すごい差し込み記事でした。

ははは、古いPCは起動するときにものすごい唸り声を上げるようになりました。このまま行けば、壊れるのは時間の問題でしょうね。多分HDDの劣化なんでしょうが、もともとの価格がそれほどでもないPCなので、買い増ししました。

すべてが移行し終わったら、フォーマットし直したりしてみようかと思います。

> 帝釈天、築年をはるかに上回る重厚さと歴史時間を感じさせます。ちゃちな増改築が多い多い寺院の中で、堂々と手間暇かけた意気込みを感じます。説明の通り、彫刻も素晴らしいですね。

これからすごいのが登場します。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 帝釈堂の彫刻は一枚板でしょうか?
> これだけ見事な一枚板の彫刻は見たことが有りません。

そんな感じですね。これから取り上げる胴羽目の10枚の彫刻は、とりかかってすぐの頃に関東大震災が起き、貴重な欅の板材がおしゃかになってしまったようです。そこからリスタートしたとかで、…。

> 随所にある彫刻を全部見たいですよ~。
> 実物を見たいです。

全部見たのですが、カメラもレンズも腕も、皆良いとは言いかねるものだったようです。撮っていいといっても三脚を立てて撮るわけにもいかないでしょうから、私レベルでは難しい物でした。

> 往年のトラさんが羨ましいですね。

それこそ、すごい優遇されたのでしょうね。柴又の振興の団恩人でしょうから。
秘仏から何から見て回ったことでしょう。
Re: こんばんは 
モカさん、こんばんは。

> 立派な建物ですね~
> 正面のサイドの扉に掘られているのは干支でしょうかね^^

そうみたいですね。お寺さんで干支を彫っているところがよくありますよね。『ああ、私のもあるぞ』って感じになる効果を狙っているのでしょうか。
こちらのはわかりやすいのですが、彫刻ギャラリーの方のは、非常に細かく経典に通じていないと細かい意味がとれないものが出てきます。まあ、そういう細かい問題は抜きにして見事な彫刻として、見てきました。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 流石に歴史のあるお寺さんですね^^
> 僕の大好きな回廊、彫刻も
> 素晴らしいです!

回廊は途中からカーペットがなくなり、庭園を見て回るとき、非常に足が冷えて大変でした。

> こう言う歴史的建造物は大事に後世に
> 残していきたいですね^^

これから歴史を重ねていくことが期待されている近世の建物ですが、これだけしっかり作ってあるので、ぜひ長保ちさせてもらいたいものです。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR