散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

帝釈天~山本亭~矢切の渡し~スカイツリー(1)

たまには、東京の名所も見ておきたいと考えた。殆んどの日本人が知っているだろう『柴又の帝釈天』を見てみることにした。そして、すごい味わいがあると言われる山本亭をも。
月曜日の午前10時だから、人通りは少なかった。でも、暫くすると、お客さんがどんどん到着する感じだった。観光バスやマイカーで来る人は、どうしても到着が少し遅くなるようだ。

都立大学駅から東横線で渋谷駅に行き、改札口を出ずにメトロ半蔵門線で押上駅まで行く。そこから京成押上線(ジョルダンの案内では京成本線と記載されていたが、押上駅のところは押上線が正しい。多分、途中から本線になるのだろう)で京成高砂駅に行く。そこで一旦改札をでて、10mほど先の改札から、京成金町線に乗り換えて柴又駅に行く。イヤになるほど面倒だった。

まずは柴又帝釈天を目指す
目指す先には、こんなお堂がある
これは帝釈堂で本堂ではない。普通のお寺さんの場合は、本堂に参拝するのだろうが、ここの場合は帝釈堂に対して参拝するようだ。
そして『瑞龍の松』は植木職人が入ってお手入れ中。見事な枝振りだ。

目指す先には帝釈堂が
京成押上駅
ここは、スカイツリー前でもある。帰りに少し立ち寄ることにする。もちろん、スカイツリーに上ったりはしない。私の趣味ではない。
京成押上駅
柴又駅
相当にローカルな駅だ。池上本門寺近くの池上駅よりも、まだ小さな感じかも。
柴又駅_1
柴又駅_2
柴又駅前
柴又駅_1
寅次郎の銅像もある。これがなくちゃ話しにならないのだろう。日曜日などは人がいっぱい居て、撮るのも大変なことだろう。
柴又駅前_2
柴又駅前_3
柴又駅前_4
帝釈天参道
行きには無粋な工事車両が駐車していたので、帰りにも撮った。帰りに撮った時には、随分空模様が怪しい感じになっていた。常夜灯は渥美清が寄贈したようだ。
帝釈天参道_1
帝釈天参道_2
山田洋次監督が書いた字のようだ。あの有名なセリフだ。
山田洋次監督が書いた字のようだ
反対側には『帝釈天王安置』の石塔があった。この先に帝釈天王が安置されているという予告の標識なのだろうか。
『帝釈天王安置』の石塔
お店が続く
お店が続く_1
お店が続く_2
お店が続く_3
映画でもお馴染みの団子屋さんかな
お店が続く_4
月曜の朝一番なのでお客さんの姿はまばら
お店が続く_5
あっという間に帝釈天に到着
二天門が見えてきた。相当にすごいぞ。
二天門が見えてきた

Comments

おはようございます 
フーテンの寅さんですよね。シリーズ物何回も見ているので、映画の中だけでしか知りませんが、何か懐かしく感じます。
やはりそれなりに観光客も多いのでしょうね、あの時代に青春を過ごした人にとっては聖地(?)みたいなものでしょう。
 
いつもコメントをありがと(^_^)/~
なかなか、コメントを残せずごめんなさい。

帝釈天には一度しか行ったことがないのですが、改めてお写真で拝見するとやっぱり立派ですごいですね!
私が行ったのはお正月でものすごい人ごみでしたので、平日の早い時間に改めて行ってみたくなりました。
こんにちは。 
叔父が新小岩にいましたので、帝釈天は何回も訪れたことがあります。
寅さんですっかり有名になりましたね。
高木屋の草団子は美味しいです・・。
 
こんにちは

柴又帝釈天ですか、またまた楽しい企画ですね。
半世紀前に過ごした学生時代が懐かしく思い出されます。
帝釈堂前の 「瑞龍の松」は名にふさわしい見事な松ですね。
寅さんシリーズは楽しくて何度も見に行きましたね。
私生まれも育ちも葛飾柴又です・・・・・・・名セリフは忘れもしません。
立派な渥美清の銅像が建っているのですね。
次回からが楽しみですね。
お邪魔します 
こんにちは。
帝釈天、まだ一度も行ったことがなかった。
イッテミヨウ。
AzTakさんの解説、いつもニヤリとしてしまいます。
こんにちは 
旧・千一也ですが、只今ブログの移行中で失礼をしております<(_ _)>

関西人にはよくわからないけど柴又というところは庶民的な感じがしますね。
山田洋次さんの寅さんドラマで葛飾柴又・帝釈天はあまりにも有名です。
あのドラマのような義理と人情の町をゆっくり歩いてみたい気もしますが、遠いよね(^^)
こんばんは 
瑞龍の松 立派ですね!
松の下を通って参拝、いい雰囲気ですね^^
くず餅にお団子にお煎餅、甘いモノに目がいってしまいますw
 
こんばんは<(_ _)>

行くのが大変だったんですね。横浜から用事があって押上まで行行ったことがありますがそれも大変なのにもっとかかるんですね。

山門の彫りは気合いが入ってますね。こういう細かい彫りは大好きなタイプです。
Re: おはようございます 
cobo-feさん、こんばんは。

> フーテンの寅さんですよね。シリーズ物何回も見ているので、映画の中だけでしか知りませんが、何か懐かしく感じます。
> やはりそれなりに観光客も多いのでしょうね、あの時代に青春を過ごした人にとっては聖地(?)みたいなものでしょう。

東京暮らしも相当長くなりました。でも、恥ずかしながら、東京の下町の方はあまり行ったことがなく、柴又も例外ではありませんでした。(^^ゞ
帝釈天は、歴史の割にはすごい立派なお寺さんなので、驚いています。
若い人もいましたが、平日の午前中にふらふらしているのは、私よりも上の世代のようです。寅さんミュージアムは自分の中のイメージが壊れないように今回はパスしました。なので、割と私にしては真面目な内容になっています。

PS.PCが不調なので、新規に移行作業中です。今夜アップする記事も全く準備できなくて、ちょっと焦り気味です。
Re: タイトルなし 
ブーくんさま、こんばんは。

> いつもコメントをありがと(^_^)/~
> なかなか、コメントを残せずごめんなさい。

気にせずに、子育てに集中してくださいね。

> 帝釈天には一度しか行ったことがないのですが、改めてお写真で拝見するとやっぱり立派ですごいですね!
> 私が行ったのはお正月でものすごい人ごみでしたので、平日の早い時間に改めて行ってみたくなりました。

私も今回初めていきました。有料ゾーンも無料ゾーンも共に充実していて、遠征した甲斐があった感じです。
平日にお出かけになれば、ゆっくり楽しむことができそうですね。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 叔父が新小岩にいましたので、帝釈天は何回も訪れたことがあります。

それは羨ましいです。なかなか見応えがありますよね。有料ゾーンも写真を取りながらゆっくり回ったのですが、途中から回廊のカーペットがなくなり、足が冷たくて参りました。でも、彫刻や庭が立派だったので、大満足でした。

> 寅さんですっかり有名になりましたね。

そのようですね。元々福島の片田舎にいたので、昔のことは知らなくて、…。

> 高木屋の草団子は美味しいです・・。

そう見えました。男の一人歩きなので、基本的に飲み食いせずに腰掛けもせず、…。連れがいないと徹底してダメな爺さんです。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 柴又帝釈天ですか、またまた楽しい企画ですね。

楽しいというより、意外に素晴らしいところだったのでびっくりしました。
地元の人達もまじめな人が多いような印象でした。

> 半世紀前に過ごした学生時代が懐かしく思い出されます。

この近くで過ごされたのでしょうか?

> 帝釈堂前の 「瑞龍の松」は名にふさわしい見事な松ですね。

ほんとうに見事です。でも、あれほどになると、宗教法人でなければ、処分したくなるくらいかも。

> 寅さんシリーズは楽しくて何度も見に行きましたね。
> 私生まれも育ちも葛飾柴又です・・・・・・・名セリフは忘れもしません。
> 立派な渥美清の銅像が建っているのですね。
> 次回からが楽しみですね。

渥美清さんの話はもう出てきません。m(_ _)m
彼の自宅は目黒区にあったようですが、下町の気風が失せるといけないと思ったのか、撮影中は自宅には戻らなかったようです。
Re: お邪魔します 
> こんにちは。

うづらさん、こんばんは。

> 帝釈天、まだ一度も行ったことがなかった。
> イッテミヨウ。

なかなか見応えがありました。無料ゾーンも有料ゾーンも。有料ゾーンは写真OKなので、できるだけ良いカメラとtレンズを持っていけばよかったと思いました。が、考えて見れば、カメラもレンズも安物で固めてあるので、五十歩百歩だと気づきました。(^^ゞ

> AzTakさんの解説、いつもニヤリとしてしまいます。

解説と呼べる手合ではありませんが、書いている私がとぼけた感じなんでしょうかね。
Re: こんにちは 
Meguruさん、こんばんは。

> 旧・千一也ですが、只今ブログの移行中で失礼をしております<(_ _)>

一瞬誰なんだろうと思いました。ブログの移行中でしたか。私の方は、いままでのメインPCが不調につき、新機を注文していました。待たせた挙句、本日やっと届き、同様に引っ越し作業中です。

> 関西人にはよくわからないけど柴又というところは庶民的な感じがしますね。
> 山田洋次さんの寅さんドラマで葛飾柴又・帝釈天はあまりにも有名です。
> あのドラマのような義理と人情の町をゆっくり歩いてみたい気もしますが、遠いよね(^^)

基本的にはお金持ちは少なく、その分、気取らない人が多い街かもしれません。義理と人情に触れるようになるには、かなり通い詰めないと無理かもしれません。(笑)
わたしの自宅からも横浜のMM21に行くのに比べて2倍ほどの時間がかかります。関西からだと、途中で引っかかって、なかなか柴又には行けない可能性大かもしれません。
寅さん 
もう4年ほど前になりますか。女房と東京へ行った時に立ち寄りました。
寅さんの銅像の前で写真を取りました。
帝釈天通りも歩きました。団子も食べました。
懐かしいです。
Re: こんばんは 
モカさん、こんばんは。

> 瑞龍の松 立派ですね!
> 松の下を通って参拝、いい雰囲気ですね^^

なかなか立派な松でした。相当に手入れ代が掛かりそうです。
気分がイイ感じでしたよ。

> くず餅にお団子にお煎餅、甘いモノに目がいってしまいますw

女性だと素通りできない感じかもしれませんね。爺さんが一人だと、なんとなく入りづらくて、…。
Re: タイトルなし 
> こんばんは<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> 行くのが大変だったんですね。横浜から用事があって押上まで行行ったことがありますがそれも大変なのにもっとかかるんですね。

押上まで行けば、あとちょっとです。ごちゃごちゃ乗り換えはあるのですが。

> 山門の彫りは気合いが入ってますね。こういう細かい彫りは大好きなタイプです。

あれは二天門ですが、その他に西門、南大門があり、大鐘楼があります。圧倒されることまちがいなしでしょう。それから、有料ゾーンの彫刻は、これまた見事。全部写真を撮りました。そしてお庭も見事。満足が行くものでした。
デザインの勉強に一度見てみたらいかがでしょうか。
Re: 寅さん 
大坊峠のツッチーさん、こんばんは。

> もう4年ほど前になりますか。女房と東京へ行った時に立ち寄りました。
> 寅さんの銅像の前で写真を取りました。
> 帝釈天通りも歩きました。団子も食べました。
> 懐かしいです。

あれまあ、東京の活性化にご協力いただきありがとうございます。恥ずかしながら、私は東京に長年住んでいるのに、あちら方面は行ったことがありませんでした。
ご夫婦で行動とは羨ましい限りです。お団子も美味しくいただけたことでしょう。我が家は基本的にまるっきり別行動です。放っておかれている爺様です。(^^ゞ
 
帝釈天で産湯を使い・・・フィクションもここまで来ると実在ですよね。フィクションとリアルの境目がない町。いいなあ、大好きです。門前の参道、寅さん、ふらっと歩いている情景を想像してしまいます。
Re: タイトルなし 
HARUさん、こんばんは。

> 帝釈天で産湯を使い・・・フィクションもここまで来ると実在ですよね。フィクションとリアルの境目がない町。いいなあ、大好きです。門前の参道、寅さん、ふらっと歩いている情景を想像してしまいます。

もともと江戸に有名になったお寺さんで、寅さんシリーズで以上に人気沸騰し、今はやや沈静化している感じのようです。渥美清さんが生き返って、参道をふらっと歩いてくれないかと心中密かに思っている関係者も少なくないのではないでしょうか。
下町なので、もっとバタ臭いさんどうかとおもいきや、意外や意外、上品な感じでした。帝釈天はもっとすごかった。というのが私の印象です。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR