散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

釈迦堂口切通~瑞泉寺~頼朝の墓~宝戒寺(4)

源頼朝の墓
頼朝の死には謎が多いようだが、兎にも角にも建久10年(1199)1月に死去したことは間違いがないようだ。そして、現在の白旗神社になっているところが、大倉法華堂であり、そこに葬られたそうだ。そして、江戸になって、島津氏によって、現在の場所に墓が建てられたという。
建久9年(1199)12月27日源頼朝は、御家人の稲毛重成の亡妻の供養のために、相模川にかけた橋の完成祝いに出掛け、その帰り稲村ガ崎で落馬した。その落馬が原因で、翌年の建久10年(1199)1月13日に53歳で亡くなった。大倉法華堂(現在の白旗神社)に葬むられた。現在の墓は白旗神社のすぐ横の階段を登った所にあり、江戸時代に島津氏によって建てられたもので、高さ186cmの五層の石塔である。
建久6年(1196)から頼朝が亡くなった正治元年(1199)までの3年間、鎌倉幕府の公式記録「吾妻鏡」から頼朝の死亡に関する記録が抜けている(仏事の記録はあり)。頼朝の死は謎に包まれていると言われている。

頼朝の墓
頼朝の墓_1
頼朝の墓_2
頼朝の墓_3
頼朝の墓_4
白旗神社
白旗神社
源頼朝顕彰碑
『君出でて 民もしづまり 九重の 塵もをさまる 世とはなりにけり』とあった
源頼朝顕彰碑
「法華堂跡」の石碑
「法華堂跡」の石碑
「法華堂跡」は、大倉幕府跡の裏山にある源頼朝墓を中心とする史跡。
「法華堂」とは、1189年(文治5年)、源頼朝が聖観音像を本尊として建立した持仏堂のことで、1191年(建久2年)には、文覚に命じて京都で描かせた阿弥陀三尊像が掛けられた。
平治の乱で源頼朝が帯びていたという源氏重代の太刀「髭切」)も持仏堂に納められていたという(現在は京都の北野天満宮の所蔵(一条戻橋の伝説))。
持仏堂は、頼朝の死後「法華堂」と呼ばれるようになり、現在、源頼朝墓が建てられている場所が法華堂の跡だといわれている。
『吾妻鏡』によれば、本尊の聖観音像は、頼朝が京都の清水寺から下されたもので、挙兵の際、髷の中に納めていたものだという。


『元祖島津豊後守忠久石塔道』
表示の石塔
頼朝の墓の脇にこれが建っていた。『元祖島津豊後守忠久石塔道』と書かれてあった。どう考えても元々の道標のようだ。
『元祖島津豊後守忠久石塔道』
ちょっと厳しい道
見回してみると道らしきものはこれしか無い。『えーっ、これを上るの』と思ったが、確かめない訳にはいかない。仕方がないので、上った。
手すりも何も無い急な階段。露出している木の根を掴みながら、この坂を登り切った。そうすると、獣道のような道があった。崖下には少し広い平坦な土地があり、その先には最初に鎌倉幕府が置かれた『大蔵幕府』の辺りが見える。

ちょっと厳しい道_1
ちょっと厳しい道_2
ちょっと厳しい道_3
大江広元、島津忠久、毛利季光の墓と思しきやぐら
キジバトらしき鳥が道案内をしてくれた。心細い思いで歩いた先にやぐらが見えた。大江広元、島津忠久、毛利季光の墓だろう。よく見ると、下から、かなり長い階段が伸びてきているではないか。何も危ない思いをする必要はなかったようだ。
大江広元、島津忠久、毛利季光の墓と思しきやぐら

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
江戸になって、島津氏によって、現在の場所に墓が建てられたとは
眉唾の島津忠久の源頼朝ご落胤説からか、
頼朝から薩摩と大隅の守護職に任ぜられたからか
よほど島津氏は頼朝に恩があったようですね♪

 
頼朝の墓は、さすがに大きいですね。
歴史上の偉大な人物の一人ですが、墓は島津氏によるものなのですね。
後々まで影響を与えた頼朝はすごい人なのですね。
タイムカプセルがあればぜひ訪ねてみたい時代ですね(^'^)

 
こんにちは<(_ _)>

お墓上の方にありますね。ひとつ疑問なのですが、お墓って、上に造られるほど、その人の位というか、そう言うのが上なんですかね?墓を比べて見たことがないので、よくわかりませんけどね( ´艸`)
 
先日、葉室 麟の「実朝の首」を読み終えたばかりでして、非常に興味のそそられる写真の数々に狂喜しています。
鎌倉には二度訪れていますが、ここはまだ見たことがありませんでした。いつか自分も直にこの目で見てみたいと
今、痛切に思っています。とてもいい記事をアップしてくださって感謝いたします。
こんばんは。 
頼朝の墓・・・武家政治の先駆者、幕府開創の征夷大将軍の墓としては、きわめて質素ですね。いかにも鎌倉というふうで。あまりにきらびやかな東照宮などとつい比べてそんなこと思ってしまいます。お金がかかっているから徳があるというものでもないのでしょうが。ひっそりとお休みで好ましい感じがしました。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 江戸になって、島津氏によって、現在の場所に墓が建てられたとは
> 眉唾の島津忠久の源頼朝ご落胤説からか、
> 頼朝から薩摩と大隅の守護職に任ぜられたからか
> よほど島津氏は頼朝に恩があったようですね♪

島津忠久は、最近では「惟宗忠康の子」とする説が有力だそうですが、忠久父親が誰であれ、頼朝に重用され、南九州の守護を任されたことが、島津家発展の礎であったことは間違いがないことでしょう。
その意味で、恩義を感じていたものの後世の人に顧みられなかった頼朝の墓をきちんと建てたいというのは、忠久の子孫としては自然な思いだったのではないでしょうか。

次回もこれに関連した記事にします。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 頼朝の墓は、さすがに大きいですね。

敷地はかなり広いのですが、墓そのものはそんなに大きなものではありませんでした。
どちらかと言えば、簡素なものだったかもしれません。でも、島津の心がこもったものだと思います。

実はちょうど3年ほど前に、このお墓を壊した大馬鹿者がいました。その後、修復がなされて、再び、我々も見ることができるようになったのですが、あきれた奴も居るものです。
http://hamarepo.com/story.php?story_id=852

> 歴史上の偉大な人物の一人ですが、墓は島津氏によるものなのですね。
> 後々まで影響を与えた頼朝はすごい人なのですね。
> タイムカプセルがあればぜひ訪ねてみたい時代ですね(^'^)

島津家の後々の発展を考えれば、そのきっかけを与えてくれた頼朝に対する感謝の気持は当然のことでしょう。
次回は、薩長の藩祖の墓が並んでいるところを取り上げます。不思議な因縁があったものです。本当にタイムカプセルで行ってみたいものです。
Re: タイトルなし 
> こんにちは<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> お墓上の方にありますね。ひとつ疑問なのですが、お墓って、上に造られるほど、その人の位というか、そう言うのが上なんですかね?墓を比べて見たことがないので、よくわかりませんけどね( ´艸`)

地位が高いから高いところに墓を建てるということはないと思います。ですが、統治した主君の場合、その領地を見下ろすところに建てるのは、もしかしたら当然のことかもしれませんね。
真下の辺りが、最初に鎌倉幕府の中心だった場所で、『大蔵幕府』と呼ばれています。
Re: タイトルなし 
なかまちさん、こんばんは。

> 先日、葉室 麟の「実朝の首」を読み終えたばかりでして、非常に興味のそそられる写真の数々に狂喜しています。
> 鎌倉には二度訪れていますが、ここはまだ見たことがありませんでした。いつか自分も直にこの目で見てみたいと
> 今、痛切に思っています。とてもいい記事をアップしてくださって感謝いたします。

そうでしたか。鎌倉幕府も源から北条に実権が移ってしまいましたが、その陰で、実にごちょごちょと揉め事があったようですね。
薩長の藩祖が眠る墓がすぐ近くにあります。次回はそちらを取り上げますが、無知蒙昧だったので、彼らが頼朝と大きなかかわり合いを持っていたとは、まったく知りませんでした。
その後、数百年の時を経て、再び手を携えたんですね。うーーん。
Re: こんばんは。 
HARUさん、こんばんは。

> 頼朝の墓・・・武家政治の先駆者、幕府開創の征夷大将軍の墓としては、きわめて質素ですね。いかにも鎌倉というふうで。あまりにきらびやかな東照宮などとつい比べてそんなこと思ってしまいます。お金がかかっているから徳があるというものでもないのでしょうが。ひっそりとお休みで好ましい感じがしました。

如何にも鎌倉ですね。一敗地に塗れた鎌倉幕府ですから、頼朝も後世の人に忘れられても仕方がなかったのですが、島津の人達は、義理堅いところがあったようです。
それにしても、頼朝の墓の直ぐ側に、薩長の藩祖が並んで眠っているとは、意外でした。というか、恥ずかしながら、彼らと頼朝の繋がりを全く知りませんでした。(^_^;)
こんばんは 
頼朝のお墓ですか~~
僕は歴史が好きなんですが、恥ずかしながら
源平時代のことは殆ど知りません。
今度、少し勉強してみようかなと思います^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 頼朝のお墓ですか~~
> 僕は歴史が好きなんですが、恥ずかしながら
> 源平時代のことは殆ど知りません。
> 今度、少し勉強してみようかなと思います^^

私は恥ずかしながら、歴史全般にわたって知識不足の状態をキープしています。
大学4年の時に受講した『計量経済史』の講義が面白く、それだけはまじめに聞きましたが、時既に遅し。もうちょっと早くに知っていれば、今頃はしがない研究者になっていたかもしれませんが、…。
いや~ 
そうだったんですか、知らなかったです。
島津家と毛利家、維新を成し遂げた雄藩の元祖が
ここに葬られているとは、驚きですね。
正直、毛利氏はそんな歴史のある家系だと
知らなかったです。
そもそも今の頼朝のお墓は島津氏が作ったのですね。
そう考えると、源氏を実質的に追いやって執権職を得た北条氏は、
政治的には元寇を撃退するなど、実績は大きいのに、
滅亡させられてしまったのは、
やっぱり源氏に対して行った蛮行の因果応報なのでしょうかね。
そんな感じがします。
貴重な情報をいつもありがとうございます、AzTakさん、
またお邪魔します。
Re: いや~ 
kozoh55さん、おばんです。
昨日は、ちょっと早めに寝てしまい、返信が大幅に遅れました。m(_ _)m

> そうだったんですか、知らなかったです。
> 島津家と毛利家、維新を成し遂げた雄藩の元祖が
> ここに葬られているとは、驚きですね。

そうなんですよ。

> 正直、毛利氏はそんな歴史のある家系だと
> 知らなかったです。

毛利季光は三浦氏の娘婿で、北条勢にやられて自刃したんです。彼の四男のみが生き延びて、家系が途絶えること無く続いたようですよ。

> そもそも今の頼朝のお墓は島津氏が作ったのですね。
> そう考えると、源氏を実質的に追いやって執権職を得た北条氏は、
> 政治的には元寇を撃退するなど、実績は大きいのに、
> 滅亡させられてしまったのは、
> やっぱり源氏に対して行った蛮行の因果応報なのでしょうかね。
> そんな感じがします。

その辺は、微妙なところでしょう。もともとそんなに強い権力基盤ではなかったので、…。

> 貴重な情報をいつもありがとうございます、AzTakさん、
> またお邪魔します。

またおいでください。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR