散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

再び浦賀を歩く(2)

西叶神社
源氏再興の願いが成就した頼朝が、文治2年(1186年)に『叶大明神』と尊称したと伝えられる神社か。本当に縁起が良い神社なんだなあ。拝殿の彫刻装飾も社務所の鏝絵も出色のものだ。旧郷社の社格だというのに、この豪華さは何なのだろうか。
社務所入口の鏝絵
こちらは石川善吉の作品。『司馬温公の甕割り』を描いたものだそうだ。鏝で仕上げたとは思えぬほどの精細な作品なのに、本当に感心する。
西浦賀の西叶神社社務所玄関欄間壁には「司馬温公」の鏝絵があります。司馬温公は中国北宋の人。ある日、友人と遊んでいる時、友人が誤って瓶の中に落ちたのを、温公が直ちに石で瓶を壊したという故事を、二間にわたって表したものである。昭和5年(1930年)に社務所建立の際、石川善吉が制作したという。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
干鰯問屋(ほしか)と廻船問屋で栄えた浦賀には、土蔵造りが盛んであったことから漆喰壁を塗る左官職人も多く、中でも川間(西浦賀)に住む石川善吉は「三浦の善吉」として「伊豆の長八(入江長八)」とともに、全国的に知られる漆喰細工の名人でした。浦賀には善吉とその息子吉蔵(9代目)、梅尾(10代目)の作品が残っています。また、岩田辰之助、岩田徳太郎兄弟の作品も残っています。
鏝絵『司馬温公の甕割り』_1
鏝絵『司馬温公の甕割り』_2
鏝絵『司馬温公の甕割り』_3
拝殿と向拝の龍
向拝の龍などは、後藤利兵衛義光の代表作と言われる。この人も、幕末から明治にかけて活躍した名工だったようだ。見どころは『向拝の龍』だけではない。うっかり撮り漏らしてしまった。
拝殿と向拝の龍_1
拝殿と向拝の龍_2
拝殿と向拝の龍_3
遊廓の主人で僧侶に転身した江戸屋半五郎が寄進した水屋の石の漱盤
江戸屋半五郎は、この地で娼家を経営していたが、世の無常を知り、芸妓、娼婦を解放。深本と名乗って諸国の霊場をめぐった人物。晩年、浦賀に戻り文化六年(1809)四月、念仏を唱えつつ、この世を去ったそうだ。
江戸屋半五郎が寄進した水屋の石の漱盤

叶神社(西浦賀)は、誉田別尊と、比売大神、息長帯比売命(神功皇后)を祭神とする。
伊豆国で配流の身だった源頼朝と知遇を得た北面武士出身の僧・文覚が、源氏再興のために養和元年(1181年)石清水八幡宮を当地に勧請し創建、源氏再興成就した頼朝が文治2年(1186年)に叶大明神と尊称したと伝えられる。
現在の社殿は、天保8年(1837年)に焼失し、天保13年(1842年)に再建された。権現造で、彫刻装飾は安房国千倉の代表的な彫刻師であった後藤利兵衛義光の作。


東福寺
鏝絵
こちらの鏝絵は、西叶神社に飾られている鏝絵の作者石川善吉の弟子に当たる岩田辰之助の作品。こちらも見事な出来栄えだ。
本堂の外壁に鶴、龍、唐獅子、亀などのみごとな鏝絵8点があります。昭和7(1932)年に岩田辰之助(1893-1955年)が制作したものです。
一見すると彩色された木彫とみまごう出来ですが、これは漆喰細工です。辰之助37歳の時の傑作になります。
辰之助は、喜兵衛を父に代々左官を家業としてきた家系に生まれています。
喜兵衛は石川善吉(1855-1945年)と同時代に浦賀で活躍していました。また、兄に徳太郎(1893-1955年)がいて、辰之助は兄弟で東浦賀の法幢寺(ほうだいじ)に「唐獅子」の鏝絵を遺しています。
徳太郎、辰之助兄弟の鏝絵の師匠は石川善吉と言われます。

東福寺の鏝絵_1
東福寺の鏝絵_2
東福寺の鏝絵_3
東福寺の鏝絵_4
東福寺の鏝絵_5
東福寺の鏝絵_6
東福寺の鏝絵_7
八重咲きニホンズイセン
こういうのもあるんだ。いっぱい水仙を見てきたのに、今まで気づかなかった。同行したこの方に教えてもらった。そういえば、以前にmakiraさんのブログで拝見したような。
八重咲きニホンズイセン_1
八重咲きニホンズイセン2
八重咲きニホンズイセン3
こんな石像も
こんな石像も

このお寺は、徳川家康が江戸に入城した折に、三浦半島の代官となった長谷川七左衛門長綱によって改宗され、禅宗のお寺になりました。
江戸幕府から御朱印地二石をもらっており、浦賀奉行も就任すると必ず仏参しました。
本堂には江戸時代中期を代表する画家・酒井抱一が描いた大きな「亀」の絵馬があります。
本堂より一段低いところある観音堂の観音菩薩は「海難よけの観音様」として信仰されており、次のような伝説があります。
江戸時代の初期、西浦賀紺屋町にあった淡路屋治兵衛の回船が上方から荷物を積んで浦賀に向かっている時に、時化にあい、船が沈みそうなりました。船頭はじめ乗組員が日頃から信仰する観音様に助けを求めていると、不思議なことに船の舳先に観音様が現れ、それと同時に海は穏やかになりました。船頭や乗組員は、観音様が自分たちの命を救ってくれたとして、浦賀に入港すると東福寺に観音像を安置しました。

Comments

おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!

鏝絵の素晴らしさはAzTakさんから教えて頂きました。
八重咲き日本水仙のステキさは私がAzTakさんにお教えいたしました♪笑)
 
叶神社も東福寺も拝殿の彫刻装飾も社務所の鏝絵も素晴らしいものばかりですね。いながらにして学べるのも素晴らしいことです(^v^)
推薦で八重咲きが在りましたか・・・いろいろ知らないことが在り、驚きの連続です。M2しっかり仕事していますね。私も先日買ってきました。
 
AzTakさん、おはようございます!

拝殿の彫刻装飾も社務所の鏝絵、すごいですね!こんなんは、写真でも見たことないです!
こんにちは。 
前回もしっかり拝見しましたが、今回、コテ絵がよく分かります。素晴らしい職人の技に脱帽です。西、東の叶神社、名前がシンプルでいいですね。
↓ 最後の幕臣の一人と称された中島三郎助さん、やはり浦賀ではレジェンドなんですね。それから、レンガ組のドッグがまだ残っていたんですね。まさに歴史遺産です。必死に手を伸ばして撮影するAzTakさんを想像してしまいました(笑)。
 
AzTakさま こんにちは

鏝絵は以前も掲載されて楽しませていただきましたが、今回の西叶神社の拝殿や向殿の龍の彫刻・鏝絵、それに東福禅寺の鏝絵は金粉で装飾され一段と立派な物ですね。

何時もいろいろと珍しいものが拝見できてとても楽しみです。
AzTakさん 
こんばんは
彫刻、鏝絵ともに素晴らしいです。実物を見たいですがナカナカ行けません。
当地方のを見て回ります。
鏝絵は小規模ながら有るんですよ。
三浦知地方から学んだと思います。
機会が有ったら調べてみましょう。
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 鏝絵の素晴らしさはAzTakさんから教えて頂きました。
> 八重咲き日本水仙のステキさは私がAzTakさんにお教えいたしました♪笑)

makira大先生には、数えきれないほど教えていただきました。悲しいかな、非常に出来の悪い生徒なもので、教えていただいたものが、なかなか覚えきれなくて。(__)
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 叶神社も東福寺も拝殿の彫刻装飾も社務所の鏝絵も素晴らしいものばかりですね。いながらにして学べるのも素晴らしいことです(^v^)
> 水仙で八重咲きが在りましたか・・・いろいろ知らないことが在り、驚きの連続です。M2しっかり仕事していますね。私も先日買ってきました。

八重咲きのニホンスイセンは、気づいたばかりです。(^_^;)
横須賀に住んでいて、水仙はかなり見ていたはずなのに、まったく気づきませんでした。何を見ていたんでしょうね。

もしかしたら、来週、M3などの大発表があるかもしれません。内容が素晴らしかったらM3を買い増し、そうでもなかったら、値崩れするだろうM2を買い増そうと思っています。結構、気に入っています。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、おはようございます!

kazさん、こんばんは。

> 拝殿の彫刻装飾も社務所の鏝絵、すごいですね!こんなんは、写真でも見たことないです!

お嬢さんの様子を見に上京することがあれば、見にいきませんか。横須賀は、結構見どころがありますよ。たまには、カワセミのことを忘れるのもフレッシュかもしれませんよ。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 前回もしっかり拝見しましたが、今回、コテ絵がよく分かります。素晴らしい職人の技に脱帽です。西、東の叶神社、名前がシンプルでいいですね。

これでも、関東では歴史が古い神社なんでしょうね。神社の名前としては、最高に良い名前のように思います。私も此処で願をかければ、もう少しまともな人間になっていたかもしれません。今さら、遅いですが。

> ↓ 最後の幕臣の一人と称された中島三郎助さん、やはり浦賀ではレジェンドなんですね。それから、レンガ組のドッグがまだ残っていたんですね。まさに歴史遺産です。必死に手を伸ばして撮影するAzTakさんを想像してしまいました(笑)。

もう一つ、川間のドック跡もあるんですよ。こちらは、普通に撮ることが出来ました。
第1ドックの方は、コンクリ塀の下部にあったビスの上に足を載せ、塀の上を片手で掴んでもう一方の手でシャッターを切りました。普通に見学できると思っていたので、踏み台のようなものは一切持参していかなかったので、大変な目に遭いました。あと10cmくらい足長だと、楽勝だったのですが。
Re: タイトルなし 
> AzTakさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 鏝絵は以前も掲載されて楽しませていただきましたが、今回の西叶神社の拝殿や向殿の龍の彫刻・鏝絵、それに東福禅寺の鏝絵は金粉で装飾され一段と立派な物ですね。
> 何時もいろいろと珍しいものが拝見できてとても楽しみです。

歴史が関西中心に動いてきましたが、漸く鎌倉や江戸になって、少しは歴史の表舞台にも登場するようになりましたかね。
こんなところもあったんだということで、興味本位で健康維持をも兼ねて訪ね歩いています。
また、どこか面白いところがないか、探してみようと思っています。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 彫刻、鏝絵ともに素晴らしいです。実物を見たいですがナカナカ行けません。
> 当地方のを見て回ります。
> 鏝絵は小規模ながら有るんですよ。
> 三浦地方から学んだと思います。
> 機会が有ったら調べてみましょう。

御地には諏訪大社という素晴らしい神社があります。見どころは書き尽くせないほどあるのでは。わざわざ鏝絵を探さなくても、私が見に行きたいくらいです。
随分、あちらには通ったのですが、皆昔話になってしまったことが残念です。
こんばんは 
漆喰細工って美しいですね~~
素晴らしい芸術です!
これも日本の美ですよね^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 漆喰細工って美しいですね~~
> 素晴らしい芸術です!
> これも日本の美ですよね^^

鏝にも色いろあるのでしょうが、いずれにしてもそう簡単にできるものではないことでしょう。
それに、いくら腕があっても、注文する施主が居なければ成り立ちません。
そういう気風の良い土地柄に発達した職人芸なんでしょうね。それもとびきり極上の。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR