散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

鷹取山を歩く(8)

いよいよ頂上へ
鎖場を上り切った
もうちょっとで一旦平坦な道にになる。そう思ったのだが、甘かった。
鎖場を上り切った_1
鎖場を上り切った_2
鎖場を上り切った_3
鎖場を上り切った_4
鎖場を上り切った_5
鎖場を上り切った_6
鎖場を上り切った_7
道が2つに分かれる
やや上の方の道では先ほどのパーティーが何やら装備中。ヘルメットなどの安全装備を緊張の面持ちで着けていた。そうか、道理で歩き慣れているはずだ。
先ほどのパーティーが何やら装備中
私はロッククライミング等する気はないので、一旦下って上る道を進む
一旦下って上る道を進む_1
一旦下って上る道を進む_2
一旦下って上る道を進む_3
おおーっ、頂上だ
見えてきたぞ。すごい圧倒的な断面だ。
すごい圧倒的な断面だ_1
すごい圧倒的な断面だ_2
と思って足元を見たら、このご婦人がいた。ベテランのご様子。泰然自若としている。そして、今まで見えなかった東京湾側の景色が一望できるではないか。
と思って足元を見たら
少し前に出ると、もっとはっきり見える。右側が横須賀市で左側が横浜市だ。
少し前に出ると
本当の頂上展望台
本当の頂上展望台_1
本当の頂上展望台_2
この右手に階段があって、そこから上ることができるようだ。体力的にはなんということはなかったが、我がキチン・ハートがゴー・サインを出そうとしなかった。正直に言えば、怖くて行く気がしなかった。
本当の頂上展望台_3
本当の頂上展望台_4
ちなみに頂上展望台からはこんなふうに見えるようだ。長浦港辺りで、海上自衛隊の艦船が多く停泊している。FREE画像を借用
頂上展望台の眺望
こちらも頂上からの展望だと思う。但し、1970年代のもので、石仏などが見える。FREE画像を借用
1970年台の眺望
付近の様子
付近の様子_1
付近の様子_2
付近の様子_3
付近の様子_4
付近の様子_5
付近の様子_6
付近の様子_7
付近の様子_8
付近の様子_9
付近の様子_10
付近の様子_11
付近の様子_12

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
やっと頂上!と思ったらまだ上があったのですね!
鎖場のことを思えば登れたかもしれませんね 笑)
>少し前に出ると、もっとはっきり見える。
柵の所までは行かれたのですか?
ほんとの頂上との展望には差がありますが
東京湾側の景色が一望出来ただけでも
苦労して登ってきた甲斐がありましたね!
 
この森から東京湾が見えるのですね
この建物はいつごろまできちんと存在していたんですか?
 
おはようございます(∩´∀`∩)

やりましたね。頂上ですか。いままでの辛い道のりもわすれたことでしょうね?
 
頑張ったかいがありましたですね。
頂上付近の眺望は素晴らしいです。
山全体が岩といった感じですね。
展望台は心残りだったでしょうか(^v^)
とにかく、お疲れ様でした。
 
AzTakさま こんにちは

遂にやりましたね。
「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」という歌を江戸時代後期、米沢藩主の上杉鷹山が家臣に教訓として詠み与えたという話は有名ですが、先ずは失敗を恐れず挑戦することが大事ですね。

という私は、AzTakさまのような行動派ではありませんが・・・・・
苦労をして頂上を極めた瞬間は、何にも代えがたい気分でしょうね。

私も少し見習って、飛び出して行かなければならないと思っております。
こんにちわ! 
軽いハイキングコースですか? ヘルメットをかぶらなければ・・・・。

頂上の岩場は、自然の岩なんでしょうか? 切り立った崖を見ると何か建造物の跡のように見えますが・・・。でも、頂上からの景色を見ると気持ちいいですね!
AzTakさん 
こんばんは
すご~い、垂直な断崖絶壁ですねえ。
なるほど、ここで訓練したんですか。
熊に近づけません。縮み上がっちゃう~。
アイガー北壁には、ここを何千回も繰り返すんですね。
凄い精神力。
こんにちは。 
面白い山ですね鷹取山!
横須賀にこんな山が在るとは知りませんでした。
ロッククライミングの良い練習場所になりそうです。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> やっと頂上!と思ったらまだ上があったのですね!
> 鎖場のことを思えば登れたかもしれませんね 笑)

そう責めないでくださいな。あそこに上れば、必然的に展望台に上らなくてはいけません。あんな殆ど周りを削られた怖いところに行くなんて、私には到底できやしません。
でもあそこからだと、長浦港も磨崖仏も八景島もくっきりはっきり見えたのでしょうね。房総半島も伊豆半島も富士山もです。それを考えればかなりもったいない話でした。(^_^;)

> >少し前に出ると、もっとはっきり見える。
> 柵の所までは行かれたのですか?

あそこは落ちてもヤブの中に落ちるだけなので、安心して近寄りました。

> ほんとの頂上との展望には差がありますが
> 東京湾側の景色が一望出来ただけでも
> 苦労して登ってきた甲斐がありましたね!

おかげさまで、下でもなかなかの眺望でした。
こんばんは 
やっと頂上についたんですね^^
お疲れ様でした。
絶景じゃないですか~~
東京も横浜も見えるんですね^^
夜景が綺麗そう♪
Re: タイトルなし 
SONOMIさん、こんばんは。

> この森から東京湾が見えるのですね

そうなんです。多分頂上展望台からは、反対側の相模湾も見えたと思います。

> この建物はいつごろまできちんと存在していたんですか?

この頂上でしょうか?何時頃まであったのでしょうね。
とにかく関東大震災までは盛んに石を切り出していたそうです。昔の技術でほぼ垂直に切り出していたんですね。すごいものです。

1923年の関東大震災以前は加工のしやすさからここから切り出される凝灰岩が横須賀市や逗子市で塀などに利用されていたが、関東大震災により多くが倒壊、下敷きになって死傷者が多く出たことと、同時に切り出した凝灰岩の輸送に利用していた鷹取川が隆起のため航行が困難になり、石材の切り出しは廃れていった。
Re: タイトルなし 
> おはようございます(∩´∀`∩)

keikoさん、こんばんは。

> やりましたね。頂上ですか。いままでの辛い道のりもわすれたことでしょうね?

現金なもので、ほんのちょっと前まではべそをかいていたのに、この先は安全そうだという予感がして、急に元気になりました。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 頑張ったかいがありましたですね。
> 頂上付近の眺望は素晴らしいです。
> 山全体が岩といった感じですね。

何とかてっぺん近くまで来ました。やれやれです。しかしすごい絶壁なので、またまた驚きました。

> 展望台は心残りだったでしょうか(^v^)
> とにかく、お疲れ様でした。

心残りじゃありません。

ですが、あそこからだと三浦半島の端っこ、観音埼、剣埼、城ヶ島はもちろん、房総半島も伊豆半島も富士山も皆見えるはずだろうと思います。もしかしたら、真下を見なければ、大丈夫だったのかな、なんて助平心は若干ありますが。
Re: タイトルなし 
> AzTakさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 遂にやりましたね。
> 「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」という歌を江戸時代後期、米沢藩主の上杉鷹山が家臣に教訓として詠み与えたという話は有名ですが、先ずは失敗を恐れず挑戦することが大事ですね。

(ΦωΦ)フフフ…、ちょっと無謀すぎたかもしれまs前。もう少し、下調べをしてから出かけることにsじます。さしあたって、日曜日は、浦賀ドックを見に行こうと思います。年に2日ほどしか見る機会が無さそうなので、頑張って行ってきます。

> という私は、AzTakさまのような行動派ではありませんが・・・・・
> 苦労をして頂上を極めた瞬間は、何にも代えがたい気分でしょうね。
> 私も少し見習って、飛び出して行かなければならないと思っております。

少しずつ、可能性を高めていくのが良さそうです。いきなり、張り切ると、筋肉が悲鳴を上げるかもしれません。少し、物足りないくらいから始めて、…。
Re: こんにちわ! 
kazさん、こんばんは。

> 軽いハイキングコースですか? ヘルメットをかぶらなければ・・・・。

動きやすい格好で、足元だけはトレッキングシューズ着用が無難かなあと思いました。
ヘルメットまでは不要でしょう。

> 頂上の岩場は、自然の岩なんでしょうか? 切り立った崖を見ると何か建造物の跡のように見えますが・・・。でも、頂上からの景色を見ると気持ちいいですね!

石切り場だったんです。石が切りだされた後なんですね。断面に凹みがあるのは、ロック・クライミングで、金具を打ち込んだ後かもしれません。柔らかい石なので、そういうやり方は禁止されているようです。
頂上広場でもよく見えましたから、頂上展望台からは、さぞかし良い眺めだったことでしょうね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> すご~い、垂直な断崖絶壁ですねえ。
> なるほど、ここで訓練したんですか。

今井通子さんも長谷川恒男さんも訓練したそうですよ。彼らにとっては、自身をつけるほんの足馴しに過ぎなかったのでしょうが。

> 熊に近づけません。縮み上がっちゃう~。

右に同じ。

> アイガー北壁には、ここを何千回も繰り返すんですね。
> 凄い精神力。

すごいものですねえ。遠目にアイガー北壁を見ましたが、あんなところを登るのはとても同じ人間じゃないような気がしました。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 面白い山ですね鷹取山!
> 横須賀にこんな山が在るとは知りませんでした。
> ロッククライミングの良い練習場所になりそうです。

面白いという方が多いようです。私だけはちょっと違った感想を持ちましたが。
ロッククライミングの練習にはよさそうです。高さも手頃(想像ですが)なんでしょうし、都心からも比較的行きやすいし。大学生や社会人の練習には最適なのかもしれません。
しかし、70歳を過ぎたおばあさんたちが平気でトライしていると聞くと、落ち込んでしまいます。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> やっと頂上についたんですね^^
> お疲れ様でした。
> 絶景じゃないですか~~
> 東京も横浜も見えるんですね^^

これは良かったです。多分、本当の頂上展望台からだと、もっともっと眺望が良いはずです。

> 夜景が綺麗そう♪

そうなんでしょうね。でも、途中が真っ暗でしょうから、やめたほうが良いかもしれません。
こんばんは。 
自然の山と人工造作の痕跡。かなり独特な風景ですね。
達成感ありますね。惜しむらくはちょいその上に(笑)。
70年代の写真に大きな磨崖仏のようなものがありますが、現在はどうなってしまったのでしょう。石切り工事で壊れてしまったのですか。なんとも気になる写真でした。
Re: こんばんは。 
HARUさん、こんばんは。

> 自然の山と人工造作の痕跡。かなり独特な風景ですね。

かなり独特ですよね。関東では何と言っても武甲山の石灰岩採取跡が有名ですが、こちらも相当なものですね。いまは採取をしていないということでかろうじて、山がわずかに残った感じですね。

> 達成感ありますね。惜しむらくはちょいその上に(笑)。

あはは、と言いつつ、顔がひきつっています。あそこは周囲が切り崩されているので、中途半端じゃない怖さがありそうです。

> 70年代の写真に大きな磨崖仏のようなものがありますが、現在はどうなってしまったのでしょう。石切り工事で壊れてしまったのですか。なんとも気になる写真でした。

磨崖仏は次回出てきます。あちらだけ残っています。磨崖仏は大分で見て以来です。結構な大きさでした。
こんにちは 
お邪魔します。

ワタクシをクライミングに誘ってくださった方、泰然自若とされてるご婦人です!!びっくりーーーw
Re: こんにちは 
> お邪魔します。

うづらさん、こんばんは。

> ワタクシをクライミングに誘ってくださった方、泰然自若とされてるご婦人です!!びっくりーーーw

あれまあ、そうでしたか。私よりだいぶ年長の方なのに、しっかりした様子の方だと、一目でそう思いました。向こう様は、『人目で太った締りのない身体つきの野郎だ』と思っただろうことは確かだと思います。
やっぱり鍛えていらっしゃったんですね。うーーん。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR