散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

名越切通しを歩く(7)

法性寺
境内の様子
奥の院の更に山の上にある仏教施設
真下の奥の院まで行ったが、これは怖そうなので、確かめずにパス。後で調べたら、『山王権現祠』のようだ。怖いはずだ、周辺一帯を岩石採掘のために削ってしまったのだから。塔みたいに岩が残っているだけなのだ。
日蓮避難の法窟がある岩山頂上にある法性寺鎮守。法窟手前、日朗廟所正面に鳥居と参道石段があり、頂上に小祠と、左右に題目石碑、五重塔が置かれている。比叡山麓の日吉大社を本社とし、山王信仰に基づき日本全国に祀られた末社のひとつ。伝承によれば法性寺建立前よりこの地に山王社が祀られており、日蓮も名越路を通り鎌倉に入る際には必ずその社を拝んだとされる。古来、山王神の神使は猿とされている。この岩山はもともと尾根筋と連続していたものが、間が人工的に掘り下げられた結果、取り残されたものと考えられる。岩山の尾根側の崖面下にもやぐらが掘られている。
奥の院の更に山の上に_1
奥の院の更に山の上に_2
奥の院の更に山の上に_3
大切岸の下になるところ
墓地から見た。此処も石切り場だったのだろう。
大切岸の下になるところ
奥の院
祖師堂
境内山上にある。現祖師堂は大正13年1923年建立。法華経勧持品第十三を読経する日蓮の等身大坐像が安置されている。
祖師堂_1
祖師堂_2
日朗菩薩御廟所
祖師堂前、向かって右手にある四面堂で、堂内に石塔を納める。
日朗菩薩御廟所
御避難の法窟
祖師堂向かって左側の岩山に、祖師堂に面して開いた石窟(やぐら)があり、これが、松葉ヶ谷法難の際に日蓮が避難した場所であると伝えられている。法窟内には、題目が刻まれた石塔(五輪塔)が安置されている。この五輪塔には、観応3年(1352年)の日朗三十三回忌に、九老僧の一人、日輪が諷誦文を手向けたと伝えられる。なお、山を越えた松葉ヶ谷の安国論寺境内にも、同法難時に避難したとする「南面窟」と呼ばれる小洞窟がある。
御避難の法窟
境内の様子の続き
本堂に下る急坂
本堂に下る急坂
もしくはこちらの少しゆるやかな坂
曲がって長さが長い分、若干勾配は緩やかだった。山号にちなんだ白猿の石像もあった。
少しゆるやかな坂_1
少しゆるやかな坂_2
少しゆるやかな坂_3
本堂
扁額には『日朗菩薩墳墓霊場』と書かれてあるようだ。
本堂
本堂前
逗子の街
逗子の街
水仙も
水仙も
山門
横須賀線が名越のトンネルに入る直前に車窓から右手に見える山門だ。一度よく見ておきたいものだと思っていたが、念願がかなった。
山門
日蓮が鎌倉の松葉ヶ谷で焼き討ちに遭った際(松葉ヶ谷法難)、3匹の白猿が日蓮を助けこの寺にある岩窟に案内したという。
日蓮は弟子の日朗に寺を建てるようにいったが、日朗はその前に亡くなってしまったという。
奥の院前のお堂には、日朗の墓がある。


横須賀線のトンネル
ちょっとつらい思いをして通ってきた名越切通し。今はその真下を横須賀線のトンネルが走る。並行するように名越トンネル群の小坪隧道が走る。おばけがでるという話が昔から有るようだ。
「トンネルの真上に火葬場があってね、それでときどき車の脇を、おばあさんの生首が飛ぶんだって」(浅田次郎『夕暮れ隧道』より抜粋)
横須賀線のトンネル
こちらは道路の小坪隧道…Free画像を借用
小坪隧道

ここを線路伝いに歩けば、まもなく逗子駅に到着する。
以上で、『名越切通しを歩く』シリーズはおしまいです。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

Comments

 
おはようございます。
名越切通しシリーズ、楽しませていただきました。特に大切岸の大迫力は圧巻でした。
自分も一度歩いてみたいなぁと思わせてくれる写真の数々、ありがとうございました。
それにしても釈迦堂の切通しは残念でしたね。10年前に自分が歩いたときも崩落の
危険があるとの理由で立ち入り禁止になってましたが、無視して入っていくと、
地元の人達も生活道路として普通に歩いてました。↓

http://blog-imgs-75.fc2.com/s/i/l/silentphoto/2005-07-097.jpg

早く工事が終わって、retry できるといいですね。^^
有り難う御座いました! 
AzTakさん、お早う御座います!
何時も嬉しいコメントを頂き有り難う御座いました。
長い間HPやブログを続けてきましたが、15日で終わりしたいと決断しました。
AzTakさん、とは短い期間でしたが、色々と学ぶことが多かったです。
ブログを拝見して細かな配慮がなされていて凄いと思いました。
私には真似が出来ない内容の濃さに感服しました。
此からもお元気でご活躍することを遠くから応援しています。
色々と有り難う御座いました。
AzTakさん 
こんにちは
生首が飛ぶトンネル??
むかし、うちの近くの高速道路で事故が有りました。
ある時、墓だったので祟りじゃないかと、菩提寺の住職に言ったら「そんなもの迷信ジャ」と、一蹴されました。
迷信は人の心に住むようです。
Re: タイトルなし 
> おはようございます。

なかまちさん、こんにちは。

> 名越切通しシリーズ、楽しませていただきました。特に大切岸の大迫力は圧巻でした。
> 自分も一度歩いてみたいなぁと思わせてくれる写真の数々、ありがとうございました。

(ΦωΦ)フフフ…、有難うございます。

> それにしても釈迦堂の切通しは残念でしたね。10年前に自分が歩いたときも崩落の
> 危険があるとの理由で立ち入り禁止になってましたが、無視して入っていくと、
> 地元の人達も生活道路として普通に歩いてました。↓
>
> http://blog-imgs-75.fc2.com/s/i/l/silentphoto/2005-07-097.jpg
>
> 早く工事が終わって、retry できるといいですね。^^

さすが、なかまちさんです。既に歩いていらっしゃいましたか。相変わらず凄い写真ですね。
その後、あの手前の通行禁止の柵が補強されたようで、ちょっとやそっとでは通り抜けられないような感じらしいのです。それで、浄明寺郵便局側からのアプローチではなく、反対側から行けるところまで行きたいと考えたのです。
何のことはなく、大切岸が終わらない前に通行止めに遭うとは、…。
でも、途中の通行止めがなければ、さらに山道を数km歩いたはずで、その先の通行禁止の柵を前にしたらどうだったんでしょう。たとえ後戻りする体力が残っていたとしても、非常に面倒です。強行突破して、物議をかもしたかもしれません。

斯くなる上は、浄明寺郵便局側からのアプローチで、素通りできそうだったら素通りする作戦をとってみましょう。
Re: 有り難う御座いました! 
> AzTakさん、お早う御座います!

hiroさん、こんにちは。

> 何時も嬉しいコメントを頂き有り難う御座いました。
> 長い間HPやブログを続けてきましたが、15日で終わりにしたいと決断しました。
> AzTakさん、とは短い期間でしたが、色々と学ぶことが多かったです。
> ブログを拝見して細かな配慮がなされていて凄いと思いました。

決断は決断で尊重しなければいけませんが、何とも残念至極です。
ちょっとやそっとでは克服できない重い病気の重複では、本当に大変なことだと思います。
私だったら、とっくに諦めてしまっていたかもしれません。もしかしたら、難病の治療方法が将来見つかるかもしれません。その時に備えて、今できるのは、体力の維持温存でしょうか。その先どうするのか、掛ける言葉も持ちえません。無力なことが残念です。

> 私には真似が出来ない内容の濃さに感服しました。
> 此からもお元気でご活躍することを遠くから応援しています。
> 色々と有り難う御座いました。

ありがとうございます。
 
「真下の奥の院まで行ったが、これは怖そうなので、確かめずにパス」・・・出ました、AzTakさんのオハコ。大笑い。君子危うきに近寄らずですものね。詳しく道案内していただいてありがとうございました。歩いた気分になってます。僕が行くことがあれば岩山の上に行って怖いかどうか確かめておきます(笑)。水仙が挟み込まれてほっと一息。気持ちの良い差し込みでした。
 
AzTakさま こんにちは

寒中お見舞い申し上げます。

AzTakさまは正月早々から勢力的に取材活動されていますね。
名越切通しシリーズ、楽しく拝見させていただきました。

コメント頂きながらご返事が遅くなりましたが、正月早々パソコンが故障いたしましたので、失礼しておりました。

昨日やっと治って来ましたので、ぼつぼつブログを始めようかと思っております。
こんばんは 
私事ですが神社で生まれたものですから(神主の倅ではありません)それらしき佇まいを見ると懐かしいような気がしてきます。そんな事は別にしても歴史ある建造物を見ますと時代を生きた人の知恵とか努力とか何かを感じますよね。大切岸の地層などを見るとはるかな時間の一瞬を生きている自分を思わずにいられません。AzTakさんは良い時の空間を歩いておられますね。(^0_0^)
 
戦国時代(1600年代)でさえも、日常生活を横着に過ごしている者としては、とてもとても生きていけないなと思うのに、この時代の人たちはまさに日本の原点を造ったのではないかと・・・・少々オーバーですか。
明治維新の後で外国へ単身乗り込んだ人たちもすごいですが、・・・
タイムスリップがあれば、のぞきに行きたいですね(^^;
ご苦労様でした。昔住んでいた近くにこんな歴史があるとは知りませんでした。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 生首が飛ぶトンネル??
> むかし、うちの近くの高速道路で事故が有りました。
> ある時、墓だったので祟りじゃないかと、菩提寺の住職に言ったら「そんなもの迷信ジャ」と、一蹴されました。
> 迷信は人の心に住むようです。

ははは、ご住職はそういうでしょうね。
心優しい熊さんを脅かしてしまいましたかね。まあ、そういう話があるという紹介で、他意はなかったのですが。(__)
Re: タイトルなし 
HARUさん、こんばんは。

> 「真下の奥の院まで行ったが、これは怖そうなので、確かめずにパス」・・・出ました、AzTakさんのオハコ。大笑い。君子危うきに近寄らずですものね。詳しく道案内していただいてありがとうございました。歩いた気分になってます。僕が行くことがあれば岩山の上に行って怖いかどうか確かめておきます(笑)。水仙が挟み込まれてほっと一息。気持ちの良い差し込みでした。

笑われても何でも、怖いものは怖いんです。多分、見ただけで血圧が2-30程上がってしまうんじゃないかと思います。恥ずかしながら、断崖絶壁の写真を見ただけでもダメな方ですから。君子でもなんでもないのに、全く…(^_^;)

もし、行ったときも、『多少は怖いと感じる人が居るかもしれない』程度の書き方にしておいてくださいね。(^_^;)
Re: タイトルなし 
> AzTakさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 寒中お見舞い申し上げます。

ありがとうございます。今年もよろしくお願い致します。

> AzTakさまは正月早々から勢力的に取材活動されていますね。
> 名越切通しシリーズ、楽しく拝見させていただきました。

理由は想像がつくと思いますが、大晦日から全く動かずに駅伝をTV感染しながら食べて飲んでで、身体が異常に重たくなったからでした。少し身体を動かさなくちゃ、とばかりに張り切りました。
この名越切通しは良かったのですが、もののついでに挑戦した鷹取山では、相当に怖い思いをしました。
分を弁えなくちゃいけないなと思い知らされました。

> コメント頂きながらご返事が遅くなりましたが、正月早々パソコンが故障いたしましたので、失礼しておりました。
>
> 昨日やっと治って来ましたので、ぼつぼつブログを始めようかと思っております。

暑い時や寒い時は、HDDがうまく動作しないことがあるようですね。私も使用中のノートPCが壊れたら、すぐにアップグレードしようと思っているのですが、調子が悪い割には決定的には壊れません。所有者と同じ感じかもしれません。
Re: こんばんは 
千一也さん、こんばんは。

> 私事ですが神社で生まれたものですから(神主の倅ではありません)それらしき佇まいを見ると懐かしいような気がしてきます。そんな事は別にしても歴史ある建造物を見ますと時代を生きた人の知恵とか努力とか何かを感じますよね。大切岸の地層などを見るとはるかな時間の一瞬を生きている自分を思わずにいられません。AzTakさんは良い時の空間を歩いておられますね。(^0_0^)

神社で生まれましたか。同じ頃、私は、福島の港町で海まで10mくらいのところで生まれ、海から100mくらいのところで育ちました。親の世代は、東北や新潟など色んな所から来た次男坊、三男坊だったようです。寄せ集めの人達が集まったところで、漁業全盛時だったので、誰もがその時を生きるのに必死で、ろくに文化らしい文化が存在していなかったように思います。文化の香りに渇望していた少年時代だったかもしれません。
まあ、東京も考えて見れば同じようなところですが、それでも江戸以降の文化があります。鎌倉は中抜きで鎌倉時代の文化が。仕事をやめてから、動ける内にいろいろ見ておこうと思って、若干焦り気味に動いているかもしれません。
Re: タイトルなし 
cobo-feさん、こんばんは。

> 戦国時代(1600年代)でさえも、日常生活を横着に過ごしている者としては、とてもとても生きていけないなと思うのに、この時代の人たちはまさに日本の原点を造ったのではないかと・・・・少々オーバーですか。
> 明治維新の後で外国へ単身乗り込んだ人たちもすごいですが、・・・
> タイムスリップがあれば、のぞきに行きたいですね(^^;

鎌倉時代あたりから日本の歴史が俄然面白くなってきますよね。俄に天下を取ったので、何となく権力が身についていなかったような鎌倉武士たち。ぎこちない感じが、案外良かったりするのかもしれません。
鎌倉は完膚なきまでにやられてしまいましたが、条件の良くなかった名越切通しなどは、奇跡的に残ったんですね。良く『小さな政府』などと言われますが、鎌倉こそまさしく『小さな政府』ならぬ『小さな幕府』だったようです。

> ご苦労様でした。昔住んでいた近くにこんな歴史があるとは知りませんでした。

一時は、日本の中心だった鎌倉をよく見てみるのも、結構面白いのではないかと、最近思うようになりました。
 
こんばんは(゜∀゜ゞ)

凄いところに塔がたってますね。こりゃ、行かない方が良さそうです。立ち入り禁止でしょうかね?( ´艸`)

猿が日蓮を助けたとは、本当か?そういう話とか、ほんと?!とか思いますが、面白いお話をありがとうございました<(_ _)>(o゜▽゜)o
こんばんは 
トンネルには色んな逸話がありますよね。
僕は霊感が強い方なので、色んなものを見てきましたよ(^^;
信じてくれない人も沢山居ますが、見える人間にとっては
霊と言うのは余り見たくないものなんですよ・・・
Re: タイトルなし 
> こんばんは(゜∀゜ゞ)

keikoさん、こんばんは。

> 凄いところに塔がたってますね。こりゃ、行かない方が良さそうです。立ち入り禁止でしょうかね?( ´艸`)

立入禁止では無さそうです。もともとは、100mくらい離れた大切岸の絶壁とは同じ平面にあったようです。それを無茶苦茶切り出したもので、あそこだけが残ったようです。あそこは日蓮さん以前からある霊力の強い場所だったとかで、あそこを切り崩す勇気が出なかったのでしょうね。
今となっては非常に怖い場所になっていますが。

> 猿が日蓮を助けたとは、本当か?そういう話とか、ほんと?!とか思いますが、面白いお話をありがとうございました<(_ _)>(o゜▽゜)o

真相はどうだったのかわかりません。が、それに近い事実はあったのでしょう。
私は、日蓮さんを信奉する者ではありませんが、そう思いたいものです。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> トンネルには色んな逸話がありますよね。
> 僕は霊感が強い方なので、色んなものを見てきましたよ(^^;
> 信じてくれない人も沢山居ますが、見える人間にとっては
> 霊と言うのは余り見たくないものなんですよ・・・

私は人一倍の怖がりなので、正直言ってあまり見たいとは思いません。ゴツイ顔&ごつい体格で、口にするのは恥ずかしいのですが。

ここは、隧道の真上が、その昔から連綿として使われた葬祭の場です。中には、命を落とす気などさららなかったのに、無念の死を遂げた人も少なからずいたのかもしれません。怨念が渦巻いていても不思議は無さそうな気がするんです。
ま、こんなことを考えると、眠れなくなってしまうかも。
こんばんは 
有名なあのトンネルですね~
昼間に一度だけ通った事はありますが・・・
火葬場の近くは心霊スポットになりやすいですよね。
特にトンネルとなると^^;
おばあさんの話は耳にした事があります。
Re: こんばんは 
モカさん、こんばんは。

> 有名なあのトンネルですね~
> 昼間に一度だけ通った事はありますが・・・
> 火葬場の近くは心霊スポットになりやすいですよね。
> 特にトンネルとなると^^;
> おばあさんの話は耳にした事があります。

やっぱり聞いたことがありますか。あの隧道を通れなくなりそうで、困りました。(^_^;)

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR