散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

江戸東京たてもの園に行った(5) 2018.07.10 12:27画像追加

丸二商店(荒物屋)
実に見事な看板建築だと思う。品川宿に残っている建物とは少しグレードが違う感じだ。昔は、こんな風に通りに面したところは店舗とし、裏側は長屋にするのが一般的だったのかもしれない。模様も洒脱なものにしてあるなあ。江戸小紋の模様だと聞いた。
丸二商店(荒物屋)_1
丸二商店(荒物屋)_2
店内の展示商品は、同業で廃業した商店からの寄贈品を展示しているとこことだ。懐かしいものが並んでいた。
丸二商店(荒物屋)_3
丸二商店(荒物屋)_4
丸二商店(荒物屋)_5
丸二商店(荒物屋)_6
丸二商店(荒物屋)_8
丸二商店(荒物屋)_9
江戸小紋の模様か。いくつ数えられるかなあ。
丸二商店(荒物屋)_10
丸二商店(荒物屋)_11
丸二商店(荒物屋)_12
丸二商店(荒物屋)_13
丸二商店(荒物屋)_14
名称丸二商店(荒物屋)(まるにしょうてん)
建築年代:昭和初期
所在地:千代田区神田神保町三丁目
解説:昭和初期に建てられた荒物屋です。小さい銅板片を巧みに組み合わせて模様をかたち作り、建物の正面を飾っているのが特徴です。店内は昭和10年代の様子を再現しています。裏手には長屋も移築し、それとともに路地の様子も再現しています。


植村邸
もともとは商売をしていたのか、単なる個人住宅だったのかは私は知らない。おそらくは後者だと思うのだが、自信はない。関東大震災後の昭和2年に造られた紛う方なき看板建築。植村三郎氏のイニシャル入りなのだから、相当に気合を込めて作った住宅なのだろう。
よく見ると小さな穴がたくさんある。第二次大戦において、連合軍の機銃掃射を受けた痕だそうだ。薄い銅板でもしっかり建物をガードしてくれたようだ。
植村邸_1
植村邸_2
植村邸_2_2
植村邸_3
植村邸_4
植村邸_5
名称植村邸(うえむらてい)
建築年代:1927年(昭和2)
所在地:中央区新富二丁目
解説:建物の前面を銅版で覆ったその姿は、〈看板建築〉の特徴をよくあらわしています。外観は、全体的に洋風にまとまっていますが、2階部分は和風のつくりとなっています。

 

« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月17日(火)-19日(木)は、京都と大阪とを観光します。この間、記事更新のみとし、私からのアクセスはお休みさせていただきます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR