散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

旧東海道品川宿近辺を歩いた(6)

品川寺
『ほんせんじ』と読ませる。真言宗醍醐派の別格本山。私の好きな粋な建屋がある。歴史をおさらいすると、『海照山品川寺は、品川左京亮(しながわさきょうのすけ)伝の水月観音・聖観音両菩薩霊像を本尊とし奉り、後花園天皇長禄年間、太田道灌公の創建、後光明天皇承応年間、弘尊上人の中興によるところなり。世々「品川観音」と称せられる』とある。太田道灌の創建なのか。う~~ん。
最初から心をつかむ配置構成だ
最初から心をつかむ配置構成だ
銅造地蔵菩薩坐像〈都指定有形文化財(彫刻)〉
坐像の場合は、立てば丈六ということで、半分の8尺の像を丈六像と呼ぶそうだ。ということで立派な大仏様だろう。
銅造地蔵菩薩坐像〈都指定有形文化財(彫刻)〉_1
銅造地蔵菩薩坐像〈都指定有形文化財(彫刻)〉_2
銅造地蔵菩薩坐像〈都指定有形文化財(彫刻)〉_3
江戸六地蔵の由来は、『刊本江戸六地蔵建立之略縁起』によれば、江戸深川の地蔵坊正元が不治の病にかかり、病気平癒を両親とともに地蔵菩薩に祈願したところ無事治癒したことから、江戸に入る6つの街道の入り口に地蔵菩薩の建立を宝永3年(1706)に発願し、多くの人々の浄財を集め、1躯ずつ造立したものです。各尊の前身及び蓮台、台座には勧進者、造立年代などが陰刻されており、神田鍋町鋳物師太田駿河守正義によって鋳造されたことがわかります。六地蔵のうち、深川にあった永代寺の地蔵菩薩(第6番)は、廃仏毀釈で取り壊され、5軀が残っています。
海照山品川寺の六地蔵は、1番古く宝永5年(1708)に造立されたものです。像高は、現存するものの中で1番大きく275cmあり、かつては鍍金が施されていました。
江戸時代中期の鋳造像としては大作であり、かつ遺例の少ないものであることから文化財に指定されました。

山門
山門_1
山門_2
本堂
文句なしの堂々たる風格を示す。鴟尾も見事なものだ。どこの国の寺院か判然としないような外観。これが堪らなく良い。
本堂_1
本堂_2
本堂_3
本堂_4
本堂_5
庫裏(?)
本堂とトーンを合わせてある
庫裏(?)
柴燈大護摩・火渡り荒行を行うスペース
柴燈大護摩・火渡り荒行を行うスペース
柴燈大護摩・火渡り荒行のページにjump

小さな鐘が2つ
大きな鐘とは別に小さな鐘がある。日常の寺務の合図に使っているのだろう。
小さな鐘が2つ_1
小さな鐘が2つ_2
役行者像
役行者像
銀杏
推定樹齢600年。見事なものだ。正面に立つ石塔は庚申塔だと思われる。台座の猿や鶏ははっきり見えるのだが、肝心の部分が良くわからない。
銀杏_1
銀杏_2
銀杏_3
こちらはわかりやすいが、かなり新しそうだ
銀杏_4
弘法大師像
弘法大師と花梨とはなにやら因縁があるようだ。
弘法大師像
『弘法大師(空海)とカリン』のページにjump

稲荷堂
堂内も撮ったが、ピンボケになってしまった
稲荷堂_1
稲荷堂_2
毘沙門天像
東海七福神の毘沙門天とは、これのことだろう
毘沙門天像

大鐘楼と大梵鐘(国指定重要美術品)
大梵鐘は徳川昭武公とともにパリ万博へ出たものの、その後の日本国内の政変で、日本側からの連絡が十分でなかったのか、一時所在不明になっていたのか。よくぞ、見つけて持ち帰ることができたものだ。
大鐘楼と大梵鐘(国指定重要美術品)
明暦3年(1657年)の銘があり、徳川幕府第四代将軍徳川家綱の寄進とされる。鐘身に六観音像を鋳出する。この鐘は幕末に海外へ流出し、パリ万博(1867年)・ウィーン万博(1873年)に展示されたと伝えるが、その後所在不明となっていた。大正8年(1919年)、当時の住職であった仲田順海は鐘がスイス・ジュネーヴ市のアリアナ美術館に所蔵されていることを突き止め、返還交渉を開始した。外務大臣幣原喜重郎ほか多くの人々の尽力により、ジュネーヴ市議会は鐘を日本へ戻すことに同意し、昭和5年(1930年)、同市の好意により品川寺に返還された。
平成3年(1991年)には品川寺からジュネーヴ市に新しい梵鐘が贈られた。品川区とジュネーヴ市は平成3年に友好都市となったが、交流の契機となったのはこの梵鐘である。

もう一度本堂を見る
何度見ても素晴らしい
もう一度本堂を見る

寺伝によると、弘法大師空海を開山とし、大同年間(806-810年)に創建されたという。長禄元年(1457年)、江戸城を築いた太田道灌により伽藍が建立され、寺号を大円寺と称した。その後戦乱により荒廃するが、承応元年(1652年)に弘尊上人により再興され、現在の寺号となった。スイス・ジュネーヴ市と深い縁を持つ梵鐘を始め、江戸六地蔵の第一番にあたる地蔵菩薩像や東海七福神の毘沙門天などがある。
-------------+-------------+-------------+-------------+-------------+-------------+-------------
真言宗醍醐派の品川寺は、海照山普門院と号し、真言宗醍醐派の別格本山です。品川寺の創建年代は不詳ですが、当初金華山大円寺と称し、弘尊が承応元年に中興開山しました。戦国時代、兵火により焼失しましたが、海照山普門院と改称して復興しております。江戸三十三観音霊場31番霊場、東海三十三観音霊場21番札所、東海七福神の毘沙門天となっている他、山門前には江戸六地蔵の一つが安置されています。

 

« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月17日(火)-19日(木)は、京都と大阪とを観光します。この間、記事更新のみとし、私からのアクセスはお休みさせていただきます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR