散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

一条恵観山荘の庭園ほかを見て回った(4)

一条恵観山荘の庭園(3)
かふぇ楊梅(やまもも)亭
一条恵観公が愛してやまなかった楊梅(やまもも)にちなんで名づけられたとか。山桃が和名で楊梅が漢名なのだそうだ。漢名まで出てきたのでは、浅学菲才の私はお手上げだ。
かふぇ楊梅(やまもも)亭
ヤマアジサイはまだまだ続く
後日、浄妙寺(地名は浄明寺だが、寺名は浄妙寺)にてヤマアジサイの小径を歩いたが、いろいろな種類があるものだと再確認できた。でも、私には数え上げることができそうにない。
ヤマアジサイはまだまだ続く_1
ヤマアジサイはまだまだ続く_2
ヤマアジサイはまだまだ続く_3
ヤマアジサイはまだまだ続く_4
ヤマアジサイはまだまだ続く_5
ヤマアジサイはまだまだ続く_6
ヤマアジサイはまだまだ続く_7
大きな楓の木の下から庭園を見る
随分感じが変わって見えた。流れ蹲踞が良いアクセントになっているのかな?
大きな楓の木の下から庭園を見る
かふぇ楊梅(やまもも)亭の店内から
その眺め。暫し、心を落ち着かせる。
かふぇ楊梅(やまもも)亭の店内から_1
かふぇ楊梅(やまもも)亭の店内から_2
かふぇ楊梅(やまもも)亭の店内から_3
かふぇ楊梅(やまもも)亭の店内から_4
注文した茶菓。和生菓子はホタルブクロをイメージしたものだった。何か理由をつけては甘いものを食しているなあ。
かふぇ楊梅(やまもも)亭の店内から_5
茶席『時雨』の円窓
もう少しうまく撮らなければ
茶席『時雨』の円窓_1
茶席『時雨』の円窓_2
茶席『時雨』の円窓_3
茶席『時雨』の円窓_4
茶席『時雨』の円窓_5
最後にもう一度庭園を眺めた
四阿
最後にもう一度庭園を眺めた_1
流れ蹲踞
最後にもう一度庭園を眺めた_2
件の案内人が言うには、関西に多い赤松が植えられてある。山荘内から雨の日に眺めると、赤のグラデーションが鮮やかで、思わず見入ってしまうほどだとか。そうはいっても、『見学』を申し込んだ日に都合よく雨が降るものかなあ。
最後にもう一度庭園を眺めた_3

 

« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月17日(火)-19日(木)は、京都と大阪とを観光します。この間、記事更新のみとし、私からのアクセスはお休みさせていただきます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR