散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

北鎌倉で花を愛でた(5)

明月院(5)
思いがけず長く続けることになった明月院の記事。今だったら、おそらく花菖蒲の開花の時期でもあり、本堂裏の庭園が公開されているかもしれない。先の週末などは、ものすごい人出かもしれない。思い入れはあるが、今回までとしたい。
茶所月笑軒
お抹茶と菓子とをいただける。男一人では何となく入りにくく、いつもパスしている。
茶所月笑軒
北条時頼廟
五代執権北条時頼の廟所。37歳での死か。平均寿命が今のように長くはない時代でも、かなりの若死にだったのでは。執権を辞して出家したのは30歳だったのか。う~~ん。
北条時頼廟_1
北条時頼廟_2
北条時頼墓(宝篋印塔)
廟所の奥の宝篋印塔は時頼の墓と伝えられている。確かに宝篋印塔だが、随分小さく質素なものだ。
北条時頼墓(宝篋印塔)_1
北条時頼墓(宝篋印塔)_2
北条時頼墓(宝篋印塔)_3
かつて、この辺りには時頼が建てた最明寺があった。
『吾妻鏡』は、1256年(康元元年)、時頼が出家の準備のために建立した寺と記している。
時頼は、この年の11月22日に執権を辞し、翌日には、最明寺で蘭渓道隆を戒師として出家する(法名は「覚了房道崇」)。
以後、最明寺で隠居生活を送り、「最明寺入道」と呼ばれていた。
出家からちょうど7年後の1263年(弘長3年)11月22日、最明寺で没(37歳)。
最明寺は時頼の死後廃絶するが、子の北条時宗が最明寺を前身とする禅興寺を創建し(開山は蘭渓道隆)、明月院は禅興寺の支院の首位に置かれていた。

花壇
色とりどりの季節の花が美しかった
花壇_1
花壇_2
花壇_3
花壇_4
花壇_5
花壇_6
花壇_7
花壇_8
花壇_9
花壇_10

花壇_11
花壇_12
花壇_13
花壇_14
花壇_15
花壇_16
花壇_17
花壇_18
花壇_19
花壇_20

花壇_21
花壇_22
花壇_23
花壇_24
花壇_25
花壇_26
花壇_27
花壇_28
花壇_29
花壇_30

明月院を後にして、東慶寺に向かう

 

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージボードα
Information from AzTak

5月10日(木)-11日(金)は、所用で自宅に殆どいません。私からのアクセスはかなり遅くなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR