FC2ブログ

散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

次大夫堀公園民家園(3)

旧城田家住宅主屋
古民家で二階建てのところはかなりの比率で存在する。だが、実際に二階まで上がらせてくれるケースはごく僅かだ。こちらは、その有難い例だ。半農半商の家だったらしく、なんとなく中に入りやすい感じになっている。店舗設計の勘所を踏まえた家なのかもしれない。
所在地の説明文に『筏道』なんてのがあった。何の道かと思ったが、この土地特有の道だったんだ。

外観はこんな風
外観はこんな風_1
外観はこんな風_2
外観はこんな風_3
魚眼擬きでも撮ってみた。ちょっと暗く撮れるのかなあ。
外観はこんな風_4
外観はこんな風_5
何となくエネルギー切れの兆候があったので、ちょいとエネルギー補給。江戸時代は居酒屋ではなく、酒類の小売店だったのかなあ。
外観はこんな風_6
内部はこんな風
結構しっかりした普請の家屋だ。それなりにお金をかけている感じだった。
内部はこんな風_1
内部はこんな風_2
内部はこんな風_3
内部はこんな風_4
有難いことに囲炉裏には火が入っていた。訳もなくうれしくなる。
内部はこんな風_5
内部はこんな風_6
内部はこんな風_7
内部はこんな風_8
内部はこんな風_9
内部はこんな風_10
内部はこんな風_11
内部はこんな風_12
内部はこんな風_13
内部はこんな風_14
内部はこんな風_15
内部はこんな風_16
魚眼擬きでも撮ってみた
内部はこんな風_17
内部はこんな風_18
内部はこんな風_19
内部はこんな風_20
内部はこんな風_21
内部はこんな風_22
内部はこんな風_23
内部はこんな風_24
内部はこんな風_25
内部はこんな風_26
内部はこんな風_27

この主屋は、喜多見にある城田家の屋敷から移築しました。城田家屋敷は登戸道と筏道が交わる辻にあって、江戸時代末には酒屋を営んでいたといわれています。主屋は弘化3年(1846)以前に建築されたと推定しています。間取りは喰違い四ッ間型ですが、ドマに広く張り出した板床や厨子二階などの店造りが特徴です。
店舗を併用した江戸時代の古民家の特徴を生かして、園内の売店として活用しています。

 -----+----------+----------+----------+----------+----------+----------+----------+-----
筏道
筏道が意味することは、奥多摩方面で木材を伐採し、青梅市辺りで筏を組み、竿一本で操作し多摩川を下り、大田区の六郷、羽田付近で陸揚げして、回漕問屋に納める。この間、三日から四日にかけて下るそうです。
問屋は、そこから更に東京湾を進み本所深川の材木問屋などに納める。
そして、筏で多摩川を下った筏師は、問屋に納め役目を終えて、再び奥多摩の方へと向っていく。その帰りの道を筏道と言います。

 

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージボードα
Information from AzTak

8月11日(土)-13日(月)は、2泊3日の予定で甲子園球場に高校野球観戦&応援に行きます。その間、私からのアクセスは出来ません。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR