FC2ブログ

散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

次大夫堀公園民家園(2)

週末にはボランティアの皆さんにより、大工作業、鍛冶作業など、各種の実演が行われるそうだ。それを見学するのも面白いかもしれない。平日はそういうものがない分、落ち着いてみることができる。この種の文化施設が無料で楽しめるのは有難いことだ。

鍛冶屋
次に目に入ったのが鍛冶屋さん。私がかつて住んでいた地区の一角にも、漁具や農具をつくったり、修理したりする鍛冶屋さんがあった。子供心にその作業を見るのが楽しく、よく眺めていたものだった。小規模な村の鍛冶屋さんは、その後どうなったのだろうか?鉄工所に仕事を奪われていったのだろうか?
鍛冶屋_1
鍛冶屋_2
鍛冶屋_3
鍛冶屋_4
鍛冶屋_5
鍛冶屋_6
鍛冶屋_7
鍛冶屋_8

藍すくも小屋
藍染めの命である『すくも』をつくるための小屋のようだ。実際の作業シーンを見ないとよくわからない。この民家園では、藍を栽培するところから始め、すくもを作り、藍染めを行うまでの一連の工程を行っているようだ。気宇壮大なプロジェクトだ。
藍すくも小屋_1
藍すくも小屋_2
藍すくも小屋_3
藍すくも小屋_4
すくもは、藍の葉を乾燥し、初秋から師走にかけて約100日を費やして発酵~熟成させて作る染料。染め上がりの善し悪しの決め手となるすくもは、藍染めの命といえる。
『藍を知る』にjump

消防小屋と半鐘
世田谷区の資料には、『消防小屋と火の見櫓』と書かれてある。『消防小屋と半鐘』というのが適当であろうと思い、あえて、そういうタイトルにした。世田谷区宇奈根地区にあった詰め所だそうだ。明治や大正のころの消防の仕組みがわかるかな?
消防小屋と半鐘_1
消防小屋と半鐘_2_1
消防小屋と半鐘_2_2
消防小屋と半鐘_3
消防小屋と半鐘_4
消防小屋と半鐘_5
消防小屋と半鐘_6
消防小屋と半鐘_7
右側は『第四纏』だと思うが、左側の方は何と書いてあるのかなあ?
消防小屋と半鐘_8
消防小屋と半鐘_9
消防小屋と半鐘_10

 

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージボードα
Information from AzTak

8月11日(土)-13日(月)は、2泊3日の予定で甲子園球場に高校野球観戦&応援に行きます。その間、私からのアクセスは出来ません。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR