散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

多摩動物公園に行ってきた(6)


居たのはシロフクロウのみだった。メスは抱卵中だった。何もしていない時より変わったシーンが見られるかもと期待した。が、解説のイラストに描かれていた給餌行為は見ることができなかった。
こんな狭い檻の中では給餌の役目を果たすなんて無理だよね
シロフクロウ_1
シロフクロウ_2
抱卵中の雌。梟って、眼球は固定のようで、脇などを見るときは頭部全体をまわすようだ。ということで、良く動く首の構造になっているんだなあ。
シロフクロウ_3
シロフクロウ_4
シロフクロウ_5
手持無沙汰そのものの雄。精々周辺を警戒するくらいかな。
シロフクロウ_6
シロフクロウ_7
ワシ
フライングケージだった。確かにワシの飛翔シーンは何度も見ることができた。しかし、鉄の格子が邪魔になって撮影が難しかった。静止シーンでさえもやっとだった。説明板には、『ヒメコンドル』『ダルマワシ』『ニホンイヌワシ』『オジロワシ』『オオワシ』の5種類の猛禽類がいるような表示があった。多分、EOS7DmarkIIなら難なく撮れたと思うが、意外や意外、LUMIX DMC-G8Mは金網が弱点のようだ。見るに堪えるものだけ取り上げる。
やはり鳥さんは飛んで何ぼの生き物だ。相応の距離分を飛ばないと、体調を維持できないのかもしれない。
ダルマワシ
ダルマワシ
ニホンイヌワシ
ニホンイヌワシ_1
ニホンイヌワシ_2
ニホンイヌワシ_3
ニホンイヌワシ_4
オオワシ
琵琶湖北岸ではよく見えなかったが、ここではくっきりはっきり見えた。この鳥さんに狙われる立場にはなりたくないと思った。
オオワシ_1
オオワシ_2
オオワシ_3
オオワシ_4
オオワシ_5
コウノトリ
抱卵中なので、ペアの鳥さんだけ隔離しているようだ。雄は手持無沙汰だった。自然界ならば、餌を運ぶなどの役目があるのだろうが、…。
こちらが主役
コウノトリ_1
こちら可哀そうなことに放置されている番かな?
コウノトリ_2
コウノトリ_3

 

« »

05 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

5月10日(木)-11日(金)は、所用で自宅に殆どいません。私からのアクセスはかなり遅くなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR